末古刀検索結果 [ 1/6 ]


鑑定区分順[ 1〜10振/59振 ]

末古刀の刀剣写真・日本刀画像 目次

指定・認定区分

  • 国宝 … 国宝
  • 重文 … 重要文化財
  • 重美 … 重要美術品
  • 特重 … 特別重要刀剣
  • 重要 … 重要刀剣
  • 特保 … 特別保存刀剣
  • 保存 … 保存刀剣
  • 特貴 … 特別貴重刀剣
  • 貴重 … 貴重刀剣
  • 未鑑 … 未鑑定

刀 銘 備前国住長船忠光

本刀は、宇和島藩(うわじまはん:現在の愛媛県宇和島市)藩主・伊達家に伝来した1振で、付属の拵は江戸時代末期の物です。 「忠光」は、「勝光」(かつみつ)や「宗光」(むねみつ)と共に、室町...

鑑定区分 重要美術品 時代 室町時代 中期(末古刀)
五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国/岡山県)
刀工 忠光
鑑定区分 重要美術品
時代 室町時代
五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国/岡山県)
刀工 忠光

薙刀 銘 和泉守兼定作

小浜藩(おばまはん:現在の福井県)の初代藩主「京極高次」(きょうごくたかつぐ)が所持したと伝えられているのが、この薙刀です。 高次は、「織田信長」に仕えた人物で、信長の姪である「初」が正室...

鑑定区分 重要刀剣 時代 室町時代中期(末古刀)
五箇伝
(制作国)
美濃伝
(美濃国/岐阜県)
刀工 和泉守兼定
鑑定区分 重要刀剣
時代 室町時代
五箇伝
(制作国)
美濃伝
(美濃国/岐阜県)
刀工 和泉守兼定

刀 銘 村正

鑑定区分 重要刀剣 時代 室町時代 後期(末古刀)
五箇伝
(制作国)
-
(-)
刀工 村正
鑑定区分 重要刀剣
時代 室町時代
五箇伝
(制作国)
-
(-)
刀工 村正

刀 銘 兼元

本刀の作者「兼元」(かねもと)は、「関の孫六」の通称で有名な室町時代末期の美濃を代表する刀工です。「兼元」の名乗りは数代あり、「孫六兼元」はその2代目。 戦国時代、実用第一の刀剣を量産...

鑑定区分 重要刀剣 時代 室町時代 後期(末古刀)
五箇伝
(制作国)
美濃伝
(美濃国/岐阜県)
刀工 兼元
鑑定区分 重要刀剣
時代 室町時代
五箇伝
(制作国)
美濃伝
(美濃国/岐阜県)
刀工 兼元

刀 銘 兼延

本刀は、明治時代に陸軍軍人として、陸軍一等主計(大尉相当)及び宮内庁御用掛(ごようがかり:宮内庁などに任じられて用務を担当する職)を務めた「今村長賀」(いままむらながよし/ちょうが)が所有し...

鑑定区分 重要刀剣 時代 室町時代 中期(末古刀)
五箇伝
(制作国)
-
(尾張国)
刀工 兼延
鑑定区分 重要刀剣
時代 室町時代
五箇伝
(制作国)
-
(尾張国)
刀工 兼延

刀 銘 備前国住長船十郎左衛門尉春光

本刀は、明治時代の日本海軍元帥(げんすい)「東郷平八郎」(とうごうへいはちろう)遺愛の1振です。春光は、「末備前」(すえびぜん)の刀工のひとり。同銘を切る刀工は、複数名が存在しますが、その中...

鑑定区分 重要刀剣 時代 室町時代 後期(末古刀)
五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国/岡山県)
刀工 長船十郎左衛門尉春光
鑑定区分 重要刀剣
時代 室町時代
五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国/岡山県)
刀工 長船十郎左衛門尉春光

刀 銘 村正 俊次 俊広

本刀は、「村正 俊次 俊広」と、3人の銘が切られた合作。 「村正」とは、伊勢国桑名(現在の三重県桑名市)で3代に渡って繁栄した名工のこと。初代は1501~1504年(文亀年間)、2代は...

鑑定区分 重要刀剣 時代 室町時代(末古刀)
五箇伝
(制作国)
-
(伊勢国)
刀工 村正 俊次 俊広
鑑定区分 重要刀剣
時代 室町時代
五箇伝
(制作国)
-
(伊勢国)
刀工 村正 俊次 俊広

脇差 銘 重次慶定作(鞍馬関)

本脇差は、山城国(やましろのくに:現在の京都府南部)の刀工集団「鞍馬関」(くらまぜき)の刀工、「重次」と「慶定」による合作の1振。鞍馬関は、初代「吉次」(よしつぐ)が美濃国(みののくに:現在...

鑑定区分 重要刀剣 時代 室町時代(末古刀)
五箇伝
(制作国)
山城伝
(山城国/京都府)
刀工 重次・慶定
鑑定区分 重要刀剣
時代 室町時代
五箇伝
(制作国)
山城伝
(山城国/京都府)
刀工 重次・慶定

大身槍 銘 尾州住兼武

「兼武」は、尾張国犬山(現在の愛知県犬山市)に住して作刀していた、いわゆる「犬山鍛冶」の祖として知られています。犬山鍛冶がいつ発したのか、その歴史は定かではありませんが、「美濃鍛冶」の影響を...

鑑定区分 特別保存刀剣 時代 室町時代(末古刀)
五箇伝
(制作国)
-
(尾張国)
刀工 兼武
鑑定区分 特別保存刀剣
時代 室町時代
五箇伝
(制作国)
-
(尾張国)
刀工 兼武

槍 銘 村正

「槍 銘 村正」は、伊勢国桑名(現在の三重県桑名市)の刀工「村正」(むらまさ)の手による作品で、表に見事な「村正」の銘が入れられています。 本槍は磨上げ(すりあげ)られており、三角造で...

鑑定区分 特別保存刀剣 時代 室町時代(末古刀)
五箇伝
(制作国)
-
(伊勢国)
刀工 村正
鑑定区分 特別保存刀剣
時代 室町時代
五箇伝
(制作国)
-
(伊勢国)
刀工 村正

①「すべての刀から検索」、②「刀・槍の種類から検索」、③「刀の鑑定区分から検索」、④「刀の制作時代から検索」、⑤「五箇伝から検索」、⑥「名工・名匠から検索」、⑦「刀の時代分類から検索」の中から、目的の情報にたどり着きやすい方法で刀剣・日本刀を検索できる「刀剣写真・日本刀画像」。
このページは、「末古刀」の検索結果です。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード