一覧に戻る
  • 保存刀剣
  • 室町時代

かたな めい びしゅうおさふねもりしげ

刀 銘 備州長船盛重

刀 銘 備州長船盛重

「盛重」は、備前国(びぜんのくに:岡山県南東部)において、鎌倉時代後期以降に栄えた刀工集団「長船」(おさふね)派「大宮」(おおみや)系を代表する刀工のひとり。大宮系は、備前の中でも相州伝(そうしゅうでん)の技法を取り入れた「相州備前」に取り組み、その技を「兼光」(かねみつ)一門と競い合っていました。

また、盛重は、事実上の大宮系刀工の祖とされている「盛景」(もりかげ)の一族、あるいは門人として伝わっています。しかし、その一方で、作風に「応永杢」(おうえいもく)と称される美しい杢目を交えた地鉄(じがね)が見られ、逆鏨(ぎゃくたがね)を多用するが非常によく似ていることから、「応永備前」の代表刀工である「盛光」(もりみつ)の子、もしくは門人であったとする見方もあるのです。

本刀は、室町時代初期に作刀された物。地鉄は、杢目交じりの小板目肌(こいためはだ)で流れごころがあり、棒映りが鮮やかに立ち、さらに刃文は、直刃仕立てに金筋が盛んに働き、覇気に溢れるものになっています。
集団の接近戦で使いやすく、それに加えて組討(くみうち:敵と組み合って戦うこと)にも即座に移行できる実戦的な造込みが施されており、片手打ちに最も適した刀姿です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
保存刀剣
時代 時代
室町時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
盛重
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
61.4
反り 反り
(cm)
2
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 備州長船盛重」の関係についてご紹介します。

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 備州長船盛重」は室町時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード