一覧に戻る
  • 未鑑定
  • 室町時代 後期

おおたち めい かねたかさく

大太刀 銘 兼高作

大太刀 銘 兼高作

太刀は、備前岡山藩(現在の岡山県)「池田家」伝来の「大太刀」です。実際に戦場で使用することを前提としていたため、「野太刀」(のだち/のたち)とも呼ばれ、人馬諸共に裁断するほどの豪刀であったと伝えられています。
本太刀の制作者である「兼高」(かねたか)は、美濃(現在の岐阜県)「三阿弥派」(さんあみは)を代表する刀工のひとり。その作品である本太刀は、身幅(みはば)重ね(かさね)共にしっかりとしており、鋒/切先(きっさき)が心持ち延びた姿は長大。地鉄(じがね)は良く詰んで地沸(じにえ)が付き、刃中には線状の砂流しがかかっています。帽子(ぼうし:鋒/切先の刃文)は地蔵風(地蔵尊の頭のような形)の小丸で、返りは長めです。
これだけ長大な大太刀を破綻なく作刀している兼高の技量は見事と言う他ありません。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
室町時代 後期
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
兼高
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
美濃伝
(美濃国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
池田家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
107
反り 反り
(cm)
4
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「大太刀 銘 兼高作」の関係についてご紹介します。

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真の詳細情報ページです。
「大太刀 銘 兼高作」は室町時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード