一覧に戻る
  • 特別保存刀剣
  • 室町時代 後期

たんとう めい むらまさ

短刀 銘 村正

短刀 銘 村正
村正」は、伊勢国桑名(いせのくに・くわな:現在の三重県桑名市)で栄えた刀工の一派。同工にまつわる伝説「妖刀村正」(ようとうむらまさ)はあまりにも有名ですが、その由来は、1535年(天文4年)、「徳川家康」の祖父「松平清康」(まつだいらきよやす)が村正で暗殺されたことから始まります。その後、家康の父・「松平広忠」(まつだいらひろただ)も村正で殺害され、家康の長男・信康(のぶやす)が切腹させられたときの介錯にも、村正が用いられました。また、「関ヶ原の戦い」では、家康自身が村正の槍で負傷。そのため徳川家では、村正を不吉な日本刀(刀剣)として忌み嫌ったと伝えられています。 村正帯刀禁止令が出されたという説もあり、非常に多くの村正の短刀が、その銘を削り取ったり、改ざんされたりしているのです。その反面、反徳川派であった大名は、密かに村正を求めていたとも言われています。 しかし、現代においては、徳川家が村正を恐れて嫌ったという説は否定されており、妖刀村正の伝説も、後世の創作であるとされているのです。実際に「徳川美術館」には、家康の遺品として、「尾張徳川家」(おわりとくがわけ)に伝来した村正が所蔵されています。 本短刀の作風は、湾れ(のたれ)調に小互の目(ぐのめ)、小湾れが交じり、砂流しがかかって小沸(こにえ)が付き、匂口(においぐち)は明るく、表裏に揃った刃文を焼くなど、村正の特徴をよく示すもの。 また、附帯する短刀拵は江戸時代末期に制作され、金梨子地に獅子と牡丹の蒔絵が施された作品。その金具も獅子と牡丹の1作となっており、華やかで美しい1振です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別保存刀剣
時代 時代
室町時代 後期
刀剣種別 刀剣種別
短刀
刀工 刀工
村正
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(伊勢国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
徳川家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
22
反り 反り
(cm)
0
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「短刀 銘 村正」の関係についてご紹介します。

短刀 銘 村正の動画

短刀 銘 村正

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「短刀 銘 村正」は室町時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る