一覧に戻る
  • 重要刀剣
  • 室町時代 後期

かたな めい びぜんこくじゅうおさふねじゅうろうさえもんのじょうはるみつ

刀 銘 備前国住長船十郎左衛門尉春光

刀 銘 備前国住長船十郎左衛門尉春光

本刀は、明治時代の日本海軍元帥(げんすい)「東郷平八郎」(とうごうへいはちろう)遺愛の1振です。春光は、「末備前」(すえびぜん)の刀工のひとり。同銘を切る刀工は、複数名が存在しますが、その中でも本刀を制作したとされる「十郎左衛門」(じゅうろうざえもん)の名が、最もよく知られています。
「天文16年」(1547年)紀がに切られている本刀は、反りは浅く先反りが付く、室町時代後期の特色をよく示した造り込みであることが窺えるのです。また、鍛えは板目肌がよく練れて詰み地沸(じにえ)が厚く付き、広直刃調(ひろすぐはちょう)に小が入るなど、末備前物の作風が顕著に示されており、十郎左衛門尉春光の代表作でもあります。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
室町時代 後期
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
長船十郎左衛門尉春光
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
東郷平八郎 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
67.1
反り 反り
(cm)
1.2
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 備前国住長船十郎左衛門尉春光」の関係についてご紹介します。

刀 銘 備前国住長船十郎左衛門尉春光の動画

刀 銘 備前国住長船十郎左衛門尉春光

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 備前国住長船十郎左衛門尉春光」は室町時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る