一覧に戻る
  • 保存刀剣
  • 室町時代 後期

かたな めい かねもと

刀 銘 兼元

刀 銘 兼元

本刀の刀工「兼元」は、室町時代後期の初代から現代までそのが受け継がれていますが、本刀の作者は初代の子、すなわち2代・兼元であり、通称「孫六兼元」(まごろくかねもと)と呼ばれています。兼元一門の中でも特に優れた作刀技術の持ち主であった初代・孫六兼元は、「兼定」(かねさだ)と共に、「末関物」(すえせきもの:戦国時代の美濃[みの:現在の岐阜県南部]鍛冶による作刀の総称)を代表する名工と謳われているのです。
初代・孫六の作風は、「関の孫六三本杉」とも称されていたことからも分かるように、尖り互の目(とがりぐのめ)の乱刃(みだれば)が、山のように連続する「三本杉」の刃文を焼くことが最大の特徴。初代、及び2代孫六の三本杉は形が不揃いで変化に富み、その焼きの頭(やきのかしら)はやわらかな丸みのある匂口が主体となっています。しかし、後代になると、三本杉が規則的に並び、匂口が締まった鋭角的な焼きの頭となるのです。
初代・孫六は切れ味に優れていたことから「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)に列せられ、「武田信玄」(たけだしんげん)、「黒田長政」(くろだながまさ)など多くの有名武将が佩用していました。中でも「豊臣秀吉」が初代・孫六を高く評価したことが、その名声を広めたと伝わっているのです。
本刀の造込みは、鎬(しのぎ)造り庵棟(いおりむね)、身幅やや狭く、重ねはわずかに薄くなっており、貴重な生ぶ茎(うぶなかご:磨上げなどが行なわれず、作刀当時のままの)。表裏には元(はばきもと)で丸止(まるどめ)になる棒樋が施されているだけでなく、刀身彫刻梵字添樋が見られます。
また、刃文は不規則に連なる尖り互の目の三本杉となり、帽子は乱れ込んで返り、地鉄は小板目肌(こいためはだ)がよく詰んで白けるなど、初代・孫六の典型的な作風を示す優品です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
保存刀剣
時代 時代
室町時代 後期
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
兼元
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
美濃伝
(美濃国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
75.7
反り 反り
(cm)
2.6
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 兼元」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 兼元」は室町時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る