甲冑は、基本的に頭にかぶる「兜(かぶと)」と、体を守る「鎧(よろい)」の二つを総称して「甲冑」と言います。鑑賞として楽しむものだけでなく、時代によって形状や呼び方が異なり、様々な歴史があるのも面白さのひとつです。 ここでは、代表的な甲冑(鎧兜)のご紹介をはじめ、甲冑(鎧兜)の分類、甲冑(鎧兜)の歴史など、様々なカテゴリ(テーマ)に分けて、初めての方にも解りやすい内容で、甲冑に関する基礎知識が学べます。

カテゴリ別に読む

カテゴリ別の記事一覧をご覧頂けます。

甲冑(鎧兜)の基礎を学ぶ

  • 甲冑とは

    甲冑とは

    「甲冑」(かっちゅう)と聞くと、何かとっつきにくそうなんて感じてしまう人もいるのではないでしょうか?その原因のひとつは、甲冑(鎧兜)の名前にあると考えられます。例えば「徳川家康」が所用した甲冑(鎧兜)として知られている「伊予札黒糸縅胴丸具足」(いよざねくろいとおどしどうまるぐそく)という名前を聞いたとき、初心者の方はこう思うでしょう。「漢字ばかりで、何だか難しそうだな」。しかし、そうではありません。むしろ逆。名前のルールが分かってしまえば、その甲冑(鎧兜)を鑑賞するためのヒントが詰まっているのです。今回は、甲冑(鎧兜)を楽しむための準備運動として、甲冑(鎧兜)について大まかにご紹介します。

  • 甲冑の基本解説

    甲冑の基本解説

    甲冑(鎧兜)を鑑賞する上で、知っておくべきこと。それは、各部の名称です。甲冑(鎧兜)は、合戦における戦い方の変化に伴って進化していきました。そのため、同じ名称であっても、形状などが異なっており、それも見どころのひとつであると言えます。「日本式甲冑(鎧兜)」には、「大鎧」(おおよろい)と「当世具足」(とうせいぐそく)という2つの大きな転換点がありました。すなわち、大鎧は平安時代に登場した日本式甲冑(鎧兜)のはしりであり、室町時代後期あたりに登場したと言われている当世具足は、日本式甲冑(鎧兜)の完成形という位置付けです。ここでは、各時代における甲冑(鎧兜)の違いについて、各部の名称を中心に、基本的な内容をご紹介します。

  • 甲冑面・面頬を観る

    甲冑面・面頬を観る

    近日公開

  • 甲冑(鎧兜)を鑑賞する

    甲冑(鎧兜)を鑑賞する

    近日公開

  • 甲冑とは

    「甲冑」(かっちゅう)と聞くと、何かとっつきにくそうなんて感じてしまう人もいるのではないでしょうか?その原因のひとつは、甲冑(鎧兜)の名前にあると考えられます。例えば「徳川家康」が所用した甲冑(鎧兜)として知られている「伊予札黒糸縅胴丸具足」(いよざねくろいとおどしどうまるぐそく)という名前を聞いたとき、初心者の方はこう思うでしょう。「漢字ばかりで、何だか難しそうだな」。しかし、そうではありません。むしろ逆。名前のルールが分かってしまえば、その甲冑(鎧兜)を鑑賞するためのヒントが詰まっているのです。今回は、甲冑(鎧兜)を楽しむための準備運動として、甲冑(鎧兜)について大まかにご紹介します。

  • 甲冑の基本解説

    甲冑(鎧兜)を鑑賞する上で、知っておくべきこと。それは、各部の名称です。甲冑(鎧兜)は、合戦における戦い方の変化に伴って進化していきました。そのため、同じ名称であっても、形状などが異なっており、それも見どころのひとつであると言えます。「日本式甲冑(鎧兜)」には、「大鎧」(おおよろい)と「当世具足」(とうせいぐそく)という2つの大きな転換点がありました。すなわち、大鎧は平安時代に登場した日本式甲冑(鎧兜)のはしりであり、室町時代後期あたりに登場したと言われている当世具足は、日本式甲冑(鎧兜)の完成形という位置付けです。ここでは、各時代における甲冑(鎧兜)の違いについて、各部の名称を中心に、基本的な内容をご紹介します。

  • 甲冑面・面頬を観る

    甲冑面・面頬を観る

    近日公開

  • 甲冑(鎧兜)を鑑賞する

    甲冑(鎧兜)を鑑賞する

    近日公開

甲冑(鎧兜)の分類

  • 甲冑を比較する

    甲冑を比較する

    「甲冑(鎧兜)」(かっちゅう)とは、武士の命を守る戦闘用具。平安時代中期から江戸時代末期まで、身分や戦闘方法の変化に応じて著しい進化を遂げてきました。防御としての実用面はもちろん、見目麗しい美術面においても。ここでは、「大鎧」、「胴丸」、「腹巻」、「当背具足」の種類や変遷、その違いや見分け方について、詳しくご説明します。

  • 古代の甲冑

    古代の甲冑

    日本における甲冑の歴史は、弥生時代から始まりました。当初は「短甲」(たんこう)や「挂甲」(けいこう)が制作されていましたが、時代を経るにつれて、日本独自の進化が見て取れるように。平安時代になると「大鎧」(おおよろい)が登場し、ここから「日本式甲冑」が発展していったのです。今回は、日本における甲冑制作の黎明期において制作されていた古代の甲冑についてご紹介します。

  • 甲冑の装備

    甲冑の装備

    「甲冑」と言えば、「甲」(よろい)と「冑」(かぶと)を合わせた名称。そのため、どうしても鎧(甲)と兜(冑)の2つに注目が集まりがちです。もっとも、甲冑の魅力はそれだけではありません。甲冑の模型(型紙)であり、設計図の役割も果たしている「鎧雛形」(よろいひながた)や、胴以外の腕や足を防御する「籠手」(こて)、「佩楯」(はいだて)、「臑当」(すねあて)の「小具足」(こぐそく)。これらの様々な関連品も甲冑の魅力を構成する一部。今回は、そんな甲冑の周辺にある物についてご紹介します。

  • 時代別の甲冑の特徴

    時代別の甲冑の特徴

    近日公開

  • 甲冑を比較する

    「甲冑(鎧兜)」(かっちゅう)とは、武士の命を守る戦闘用具。平安時代中期から江戸時代末期まで、身分や戦闘方法の変化に応じて著しい進化を遂げてきました。防御としての実用面はもちろん、見目麗しい美術面においても。ここでは、「大鎧」、「胴丸」、「腹巻」、「当背具足」の種類や変遷、その違いや見分け方について、詳しくご説明します。

  • 古代の甲冑

    日本における甲冑の歴史は、弥生時代から始まりました。当初は「短甲」(たんこう)や「挂甲」(けいこう)が制作されていましたが、時代を経るにつれて、日本独自の進化が見て取れるように。平安時代になると「大鎧」(おおよろい)が登場し、ここから「日本式甲冑」が発展していったのです。今回は、日本における甲冑制作の黎明期において制作されていた古代の甲冑についてご紹介します。

  • 甲冑の装備

    「甲冑」と言えば、「甲」(よろい)と「冑」(かぶと)を合わせた名称。そのため、どうしても鎧(甲)と兜(冑)の2つに注目が集まりがちです。もっとも、甲冑の魅力はそれだけではありません。甲冑の模型(型紙)であり、設計図の役割も果たしている「鎧雛形」(よろいひながた)や、胴以外の腕や足を防御する「籠手」(こて)、「佩楯」(はいだて)、「臑当」(すねあて)の「小具足」(こぐそく)。これらの様々な関連品も甲冑の魅力を構成する一部。今回は、そんな甲冑の周辺にある物についてご紹介します。

  • 時代別の甲冑の特徴

    時代別の甲冑の特徴

    近日公開

甲冑(鎧兜)を知る

  • 甲冑師の流派と記録

    甲冑師の流派と記録

    「甲冑」は、「日本刀」と並び称される日本の代表的な美術品です。もっとも、その鑑賞方法は対照的。日本刀鑑賞では作られた場所や時代、作者の作風(特徴)を勉強し、目の前の作品でそれが実現していることを確かめる楽しみ方があるのに対し、甲冑では、形式の違いによって、作られた時代に着目することを除き、ほとんどそれがありません。その理由として甲冑は、日本刀とは異なり銘がないことが多く、作者が明らかな作品がほとんどないからです。ここでは、「甲冑師」(流派)と甲冑等の古美術品を収録した江戸時代の図録集、「集古十種」についてご紹介します。

  • 甲冑着用時の所作

    甲冑着用時の所作

    戦場における甲冑(鎧兜)は、敵の攻撃から生命・身体を守るという防具としての役割はもちろん、着用している武将の権威誇示という役割も担っていました。もっとも、戦(いくさ)においては、守っているだけでは勝つことはできません。攻撃するためには甲冑(鎧兜)を着用していても、体が滑らかに動くことができる必要がありましたが、甲冑(鎧兜)の各部分をつなぎ合わせる技術と工夫がそれを可能にしました。甲冑(鎧兜)は、日本刀(刀剣)と共に武士が武士たることを示す物で、そこには様々な作法が存在します。ここでは、甲冑(鎧兜)着用時における所作について考察します。

  • 甲冑を作る・保存する

    甲冑を作る・保存する

    平安時代に制作が始まった「日本式甲冑」は、膨大な数の部品によって構成されており、日本固有の工芸品として、世界的な知名度・人気を誇っています。現代においては、武具(防具)としての存在意義は失っていますが、美術品としてだけではなく、歴史的な遺品としての価値をも有する物。そのため、歴史の継承という要請から、保存においても細心の注意を払わなければなりません。ここでは、甲冑(鎧兜)制作の過程と共に、その保存についてご紹介します。

  • 女性と甲冑

    女性と甲冑

    「日本刀」(刀剣)を愛する女性を表す「刀剣女子」という言葉はすっかり定着し、現在では、その甲冑版とも言うべき「甲冑女子」という言葉も生まれているほど、甲冑も身近になりました。甲冑の一般的なイメージは、屈強な武将が戦場で身にまとっている戦闘服といったところでしょうか。つまり男性の物というイメージ。 しかし、愛媛県にある「大山祇神社」(おおやまづみじんじゃ)の宝物殿には、女性用の甲冑だと伝えられている1領が収蔵・展示されています。それが、国指定重要文化財の「紺糸裾素懸威胴丸」(こんいとすそすがけおどしどうまる)。 ここでは、甲冑と女性にまつわる話をご紹介します。

  • 甲冑の雑学

    甲冑の雑学

    甲冑に興味を持って頂いている皆さんは、今、こう思っているかもしれません。「もっと色々な甲冑の話を知りたい!」。興味を持った世界のことを知れば知るほど、もっと知りたくなるのは、どの世界でも同じ。ここでは、甲冑にまつわる「あんな話」や「こんな話」をご紹介します。肩の力を抜いて読んで頂ければ幸いです。

  • 甲冑師の流派と記録

    「甲冑」は、「日本刀」と並び称される日本の代表的な美術品です。もっとも、その鑑賞方法は対照的。日本刀鑑賞では作られた場所や時代、作者の作風(特徴)を勉強し、目の前の作品でそれが実現していることを確かめる楽しみ方があるのに対し、甲冑では、形式の違いによって、作られた時代に着目することを除き、ほとんどそれがありません。その理由として甲冑は、日本刀とは異なり銘がないことが多く、作者が明らかな作品がほとんどないからです。ここでは、「甲冑師」(流派)と甲冑等の古美術品を収録した江戸時代の図録集、「集古十種」についてご紹介します。

  • 甲冑着用時の所作

    戦場における甲冑(鎧兜)は、敵の攻撃から生命・身体を守るという防具としての役割はもちろん、着用している武将の権威誇示という役割も担っていました。もっとも、戦(いくさ)においては、守っているだけでは勝つことはできません。攻撃するためには甲冑(鎧兜)を着用していても、体が滑らかに動くことができる必要がありましたが、甲冑(鎧兜)の各部分をつなぎ合わせる技術と工夫がそれを可能にしました。甲冑(鎧兜)は、日本刀(刀剣)と共に武士が武士たることを示す物で、そこには様々な作法が存在します。ここでは、甲冑(鎧兜)着用時における所作について考察します。

  • 甲冑を作る・保存する

    平安時代に制作が始まった「日本式甲冑」は、膨大な数の部品によって構成されており、日本固有の工芸品として、世界的な知名度・人気を誇っています。現代においては、武具(防具)としての存在意義は失っていますが、美術品としてだけではなく、歴史的な遺品としての価値をも有する物。そのため、歴史の継承という要請から、保存においても細心の注意を払わなければなりません。ここでは、甲冑(鎧兜)制作の過程と共に、その保存についてご紹介します。

  • 女性と甲冑

    「日本刀」(刀剣)を愛する女性を表す「刀剣女子」という言葉はすっかり定着し、現在では、その甲冑版とも言うべき「甲冑女子」という言葉も生まれているほど、甲冑も身近になりました。甲冑の一般的なイメージは、屈強な武将が戦場で身にまとっている戦闘服といったところでしょうか。つまり男性の物というイメージ。 しかし、愛媛県にある「大山祇神社」(おおやまづみじんじゃ)の宝物殿には、女性用の甲冑だと伝えられている1領が収蔵・展示されています。それが、国指定重要文化財の「紺糸裾素懸威胴丸」(こんいとすそすがけおどしどうまる)。 ここでは、甲冑と女性にまつわる話をご紹介します。

  • 甲冑の雑学

    甲冑に興味を持って頂いている皆さんは、今、こう思っているかもしれません。「もっと色々な甲冑の話を知りたい!」。興味を持った世界のことを知れば知るほど、もっと知りたくなるのは、どの世界でも同じ。ここでは、甲冑にまつわる「あんな話」や「こんな話」をご紹介します。肩の力を抜いて読んで頂ければ幸いです。

代表的な甲冑(鎧兜)

  • 大鎧①

    大鎧①

    平安時代に入ると「短甲」(たんこう)、「挂甲」(けいこう)に代わって「大鎧」(おおよろい)が登場します。その理由は、戦い方の変化。騎馬武者が戦いやすいよう改良が加えられた結果、鎧は日本独自の進化を遂げていきました。現存する大鎧の中で、最古の物とされているのは愛媛県「大山祇神社」(おおやまづみじんじゃ)所蔵の「沢潟威鎧」(おもだかおどしよろい)。この一領が、国内外において古美術品や工芸品として高く評価されている「日本式甲冑」の出発点であると評価することができるのです。ここでは、鎌倉時代より前に制作された大鎧の中で、国宝に指定されている物を中心にご紹介します。

  • 大鎧②

    大鎧②

    日本刀や槍、弓などが攻撃用の武器であるのに対して、甲冑(鎧兜)は自身の身を守る防具(武具)です。平安時代に登場した日本特有の甲冑「大鎧」は、時代を経るにつれて形や性能も変化していきました。当初、大鎧は裾広がりの豪壮な形状でしたが、鎌倉時代頃になると、腰の辺りを絞るように。その目的は、25kgはあると言われている大鎧の重量を肩だけで支えるのではなく、腰の部分でも支えることで、着用者が長時間、馬上で動きやすくすることでした。また、鉄板に絵韋(えがわ)を貼り付けた脇板で左脇の下をカバーすることで隙間をなくし、さらに守りを固めたのです。もっとも、室町時代以降は大鎧の実戦使用は皆無に。ここでは鎌倉時代、南北朝時代に制作された国宝の大鎧、及びそれ以降に制作された代表的な大鎧をご紹介します。

  • 大鎧の機能

    大鎧の機能

    「大鎧」は、平安時代に登場した「日本式甲冑」。その最大の特徴は、「騎射戦」(きしゃせん)での防御力に優れていることです。大鎧の造りは頑丈で、大きめの箱の中に身体を入れる感じで着用されていました。もっとも、どれだけ頑丈な造りであっても、完全無欠という訳ではなく、隙ができてしまっていたのも、また事実。ここでは、いかにして大鎧の防御力を確保したのかについて、その付属品の機能を通して考察します。

  • 胴丸鎧

    胴丸鎧

    愛媛県にある「大山祇神社」(おおやまづみじんじゃ)には、「大鎧」(おおよろい)と「胴丸」(どうまる)の折衷型のような鎧が所蔵されています。それが国宝「赤糸威胴丸鎧」(あかいとおどしどうまるよろい)。「胴丸鎧」(どうまるよろい)の存在については、「平治物語絵巻」などの合戦絵巻のなかで描かれていることで知られていますが、現存しているのは大山祇神社所蔵の赤糸威胴丸鎧1領のみ。ここでは、幻の鎧とでも言うべき胴丸鎧についてご紹介します。

  • 胴丸・腹当・腹巻

    胴丸・腹当・腹巻

    平安時代初期まで、武装して甲冑を着る人は「高級武官」が中心でした。ところが、平安時代中期に「武士」が誕生すると、社会体制が変化。武士は武士団を結成し、互いに闘争をはじめます。朝廷は、武士団の実力を認め反乱を抑えようと、宮中や地方などの警護・警備を任せ、治安維持に当たらせるようになるのです。さらに武士は「上級武士」、「一般武士」、「下級武士」へと細分化。ここでは、上級武士が着用した「大鎧」に代替する甲冑として注目された「胴丸」、「腹当」、「腹巻」について詳しくご紹介します。

  • 当世具足①

    当世具足①

    平安時代に登場した「大鎧」(おおよろい)から始まった「日本式甲冑」の系譜は、室町時代末期に大きな転換期を迎えました。それが「当世具足」(とうせいぐそく)の登場です。今の世の中を意味する「当世」と、十分備わっていることを意味する「具足」を呼称としているこの甲冑(鎧兜)は、構造、意匠、素材などにおいて多種多様であり、定まった物がないという風変わりな物。ここでは、それまでに制作されていた日本式甲冑とは一線を画した、新様式の甲冑(鎧兜)である当世具足について概観します。

  • 当世具足②

    当世具足②

    「当世具足」(とうせいぐそく)には、槍や鉄砲などのこれまで以上に貫通力の強い武器による敵の攻撃から身を守ることが求められました。そこで胴の材料として、主に用いられていたのが鉄板などの堅固な素材。これらを用いた胴は「板物胴」(いたものどう)と呼ばれ、それまでとは異なる方法で制作されていたのです。ここでは、当世具足の胴制作の主流となっていた板物胴について詳しくご紹介します。

  • 当世具足③

    当世具足③

    「当世具足」(とうせいぐそく)における胴の主流は、(鉄)板を用いた「板物胴」(いたものどう)でしたが、それ以外の材料でも制作されていました。その他の代表的な材料として挙げられるのが、鉄や革などで作られている「伊予札」(いよざね)。この札の両端を浅く重ね合わせて綴じていく手法は、従来に比べ、つなぎ合わせる作業を簡易に行なえることもあり、当世具足制作の現場でも用いられていたのです。ここでは伊予札製の胴をはじめとした、板物胴以外の制作について考察します。

  • 変わり兜

    変わり兜

    中世においては、初期の兜である「星兜」(ほしかぶと)に改良を加えた「小星兜」(こぼしかぶと)や「筋兜」(すじかぶと)、「頭形兜」(ずなりかぶと)が出現しました。そして、室町時代末期から江戸時代にかけては、鉄板を打ち出したり、紙や革で様々な物を形作ったりした「形兜」(なりかぶと)や、「張懸兜」(はりかけかぶと)など、従来の兜の概念に収まりきらない兜も登場。武将達は、自らの思想・信条を兜に込めた「変わり兜」を身にまとって戦場に立ったのです。ここでは、数多くの個性豊かな作品が作られた当世具足に付属していた、変わり兜について考察します。

  • 大鎧①

    平安時代に入ると「短甲」(たんこう)、「挂甲」(けいこう)に代わって「大鎧」(おおよろい)が登場します。その理由は、戦い方の変化。騎馬武者が戦いやすいよう改良が加えられた結果、鎧は日本独自の進化を遂げていきました。現存する大鎧の中で、最古の物とされているのは愛媛県「大山祇神社」(おおやまづみじんじゃ)所蔵の「沢潟威鎧」(おもだかおどしよろい)。この一領が、国内外において古美術品や工芸品として高く評価されている「日本式甲冑」の出発点であると評価することができるのです。ここでは、鎌倉時代より前に制作された大鎧の中で、国宝に指定されている物を中心にご紹介します。

  • 大鎧②

    日本刀や槍、弓などが攻撃用の武器であるのに対して、甲冑(鎧兜)は自身の身を守る防具(武具)です。平安時代に登場した日本特有の甲冑「大鎧」は、時代を経るにつれて形や性能も変化していきました。当初、大鎧は裾広がりの豪壮な形状でしたが、鎌倉時代頃になると、腰の辺りを絞るように。その目的は、25kgはあると言われている大鎧の重量を肩だけで支えるのではなく、腰の部分でも支えることで、着用者が長時間、馬上で動きやすくすることでした。また、鉄板に絵韋(えがわ)を貼り付けた脇板で左脇の下をカバーすることで隙間をなくし、さらに守りを固めたのです。もっとも、室町時代以降は大鎧の実戦使用は皆無に。ここでは鎌倉時代、南北朝時代に制作された国宝の大鎧、及びそれ以降に制作された代表的な大鎧をご紹介します。

  • 大鎧の機能

    「大鎧」は、平安時代に登場した「日本式甲冑」。その最大の特徴は、「騎射戦」(きしゃせん)での防御力に優れていることです。大鎧の造りは頑丈で、大きめの箱の中に身体を入れる感じで着用されていました。もっとも、どれだけ頑丈な造りであっても、完全無欠という訳ではなく、隙ができてしまっていたのも、また事実。ここでは、いかにして大鎧の防御力を確保したのかについて、その付属品の機能を通して考察します。

  • 胴丸鎧

    愛媛県にある「大山祇神社」(おおやまづみじんじゃ)には、「大鎧」(おおよろい)と「胴丸」(どうまる)の折衷型のような鎧が所蔵されています。それが国宝「赤糸威胴丸鎧」(あかいとおどしどうまるよろい)。「胴丸鎧」(どうまるよろい)の存在については、「平治物語絵巻」などの合戦絵巻のなかで描かれていることで知られていますが、現存しているのは大山祇神社所蔵の赤糸威胴丸鎧1領のみ。ここでは、幻の鎧とでも言うべき胴丸鎧についてご紹介します。

  • 胴丸・腹当・腹巻

    平安時代初期まで、武装して甲冑を着る人は「高級武官」が中心でした。ところが、平安時代中期に「武士」が誕生すると、社会体制が変化。武士は武士団を結成し、互いに闘争をはじめます。朝廷は、武士団の実力を認め反乱を抑えようと、宮中や地方などの警護・警備を任せ、治安維持に当たらせるようになるのです。さらに武士は「上級武士」、「一般武士」、「下級武士」へと細分化。ここでは、上級武士が着用した「大鎧」に代替する甲冑として注目された「胴丸」、「腹当」、「腹巻」について詳しくご紹介します。

  • 当世具足①

    平安時代に登場した「大鎧」(おおよろい)から始まった「日本式甲冑」の系譜は、室町時代末期に大きな転換期を迎えました。それが「当世具足」(とうせいぐそく)の登場です。今の世の中を意味する「当世」と、十分備わっていることを意味する「具足」を呼称としているこの甲冑(鎧兜)は、構造、意匠、素材などにおいて多種多様であり、定まった物がないという風変わりな物。ここでは、それまでに制作されていた日本式甲冑とは一線を画した、新様式の甲冑(鎧兜)である当世具足について概観します。

  • 当世具足②

    「当世具足」(とうせいぐそく)には、槍や鉄砲などのこれまで以上に貫通力の強い武器による敵の攻撃から身を守ることが求められました。そこで胴の材料として、主に用いられていたのが鉄板などの堅固な素材。これらを用いた胴は「板物胴」(いたものどう)と呼ばれ、それまでとは異なる方法で制作されていたのです。ここでは、当世具足の胴制作の主流となっていた板物胴について詳しくご紹介します。

  • 当世具足③

    「当世具足」(とうせいぐそく)における胴の主流は、(鉄)板を用いた「板物胴」(いたものどう)でしたが、それ以外の材料でも制作されていました。その他の代表的な材料として挙げられるのが、鉄や革などで作られている「伊予札」(いよざね)。この札の両端を浅く重ね合わせて綴じていく手法は、従来に比べ、つなぎ合わせる作業を簡易に行なえることもあり、当世具足制作の現場でも用いられていたのです。ここでは伊予札製の胴をはじめとした、板物胴以外の制作について考察します。

  • 変わり兜

    中世においては、初期の兜である「星兜」(ほしかぶと)に改良を加えた「小星兜」(こぼしかぶと)や「筋兜」(すじかぶと)、「頭形兜」(ずなりかぶと)が出現しました。そして、室町時代末期から江戸時代にかけては、鉄板を打ち出したり、紙や革で様々な物を形作ったりした「形兜」(なりかぶと)や、「張懸兜」(はりかけかぶと)など、従来の兜の概念に収まりきらない兜も登場。武将達は、自らの思想・信条を兜に込めた「変わり兜」を身にまとって戦場に立ったのです。ここでは、数多くの個性豊かな作品が作られた当世具足に付属していた、変わり兜について考察します。

兜の役割

  • 兜の種類と特徴、立物、面頬、機能

    兜の種類と特徴、立物、面頬、機能

    人体の最重要部分が頭部であると認識されていることは、古今東西を問いません。「兜」(かぶと)とは、頭部を守る現在のヘルメットと同様の役割を果たす防具です。日本において、兜が出現したのは古墳時代。当初は防具としての役割を担っていましたが、時代の変遷と共に、武将達の威厳を表現したり、個性を主張したりする役割をも担うように。特に戦国時代以降の時代においては、兜は武将の宗教観・人生観を如実に反映すると同時に、機能面においても改良が続けられ、防具としても進化していました。ここでは、兜とその付属品(立物、面具)、及びその機能を通して、兜の役割についてご紹介します。

  • 陣笠

    陣笠

    室町時代末期になると、戦い方が大きく変化しました。それまでの一騎打ちが影を潜め、集団での白兵戦(はくへいせん:近接した距離で行なわれる戦闘)に移行。各武将は農民などを最前線で戦う兵士として招集するようになったのです。「足軽」(あしがる)と呼ばれて戦闘に参加した彼らの頭部を守っていたのは、兜よりも安価で大量生産が可能な「陣笠」(じんがさ)でした。ここでは、足軽の象徴である陣笠についてご紹介します。

  • 兜の種類と特徴、立物、面頬、機能

    人体の最重要部分が頭部であると認識されていることは、古今東西を問いません。「兜」(かぶと)とは、頭部を守る現在のヘルメットと同様の役割を果たす防具です。日本において、兜が出現したのは古墳時代。当初は防具としての役割を担っていましたが、時代の変遷と共に、武将達の威厳を表現したり、個性を主張したりする役割をも担うように。特に戦国時代以降の時代においては、兜は武将の宗教観・人生観を如実に反映すると同時に、機能面においても改良が続けられ、防具としても進化していました。ここでは、兜とその付属品(立物、面具)、及びその機能を通して、兜の役割についてご紹介します。

  • 陣笠

    室町時代末期になると、戦い方が大きく変化しました。それまでの一騎打ちが影を潜め、集団での白兵戦(はくへいせん:近接した距離で行なわれる戦闘)に移行。各武将は農民などを最前線で戦う兵士として招集するようになったのです。「足軽」(あしがる)と呼ばれて戦闘に参加した彼らの頭部を守っていたのは、兜よりも安価で大量生産が可能な「陣笠」(じんがさ)でした。ここでは、足軽の象徴である陣笠についてご紹介します。

甲冑(鎧兜)と武将

  • 上杉謙信・武田信玄・伊達政宗・直江兼続

    上杉謙信・武田信玄・伊達政宗・直江兼続

    「甲冑」(かっちゅう)とは、胴部を守る「鎧」(よろい)と、頭部を守る「兜」(かぶと)からなる武具です。今回は、戦国時代を生きた4武将、「上杉謙信」(うえすぎけんしん)、「武田信玄」(たけだしんげん)、「伊達政宗」(だてまさむね)、及び「直江兼続」(なおえかねつぐ)と甲冑にまつわる話をご紹介します。

  • 織田信長・豊臣秀吉・徳川家康

    織田信長・豊臣秀吉・徳川家康

    尾張国、及び三河国(現在の愛知県)にゆかりがあり、戦国時代に天下を統一に導いた「織田信長」、「豊臣秀吉」、及び「徳川家康」。彼らは、「三英傑」と呼ばれており、戦国時代における最も有名な武将と言っても過言ではありません。今回は、三英傑と甲冑にまつわる話をご紹介します。

  • 井伊の赤備え・真田の赤備え・村上水軍

    井伊の赤備え・真田の赤備え・村上水軍

    「甲冑」(鎧兜)などの武具を、同じ色で統一した部隊を「備え」と呼びます。なかでも「赤備え」とは、武具を赤色や朱色を主体とした色彩で整えた精鋭部隊のことです。今回は、「武田の赤備え」と同様に有名な「井伊の赤備え」、及び「真田の赤備え」についてご紹介します。また、甲冑(鎧兜)を使用していたのは、武将だけではありません。「村上水軍」と呼ばれる海賊衆が使用していた甲冑(鎧兜)も、あわせてご説明します。

  • 戦国武将と甲冑①

    戦国武将と甲冑①

    武将の甲冑(鎧兜)は「武具」であると共に、武将としての「威厳」や「地位」の高さを誇示する物でした。特に、個性的で目立つデザインの兜を「変わり兜」と言い、室町時代末期から始まり安土桃山時代に全盛期を迎えます。ここでは、戦国時代に活躍した「武田信玄」、「上杉謙信」、「森可成」(もりよしなり)、「山中幸盛」(やまなかゆきもり)の変わり兜と人物像について詳しくご紹介します。

  • 戦国武将と甲冑②

    戦国武将と甲冑②

    集団の中で目立ち、頭ひとつ抜き出るためには、強い個性が必要でした。それを表現する物こそが、「甲冑」(鎧兜)。特に、前立、脇立、後立という立物に、自分の信条や信念を込め、敵はもちろん味方にも心理的な衝撃を与えたのです。ここでは、その勇猛さで恐れられた「立花宗茂」、「佐竹義重」、「明智光春」、「蒲生氏郷」の変わり兜と人物像について詳しくご紹介します。

  • 戦国武将と甲冑③

    戦国武将と甲冑③

    甲冑は日本刀と同じく、戦功の贈答品として主君から家臣に下賜されることが多かったようです。家臣はそれを誇りに思い、主君は戦場で変わり兜を身に付けた家臣を見付けやすく、その活躍ぶりを伝聞し、恩賞を与える判断にしたのかもしれません。ここでは「豊臣秀吉」、「黒田官兵衛」、「前田利家」が所有し、家臣に贈ったことが伝わる変わり兜について詳しくご紹介します。

  • 関ヶ原の個性的な甲冑対決(西軍)

    関ヶ原の個性的な甲冑対決(西軍)

    全国の大名の運命を左右した「天下分け目」の合戦である「関ヶ原の戦い」。「毛利輝元」(もうりてるもと)を総大将とし、「石田三成」(いしだみつなり)を中心に結成された西軍は、軍全体の結束力不足や、幾人もの武将による裏切りなどが要因となり、「徳川家康」(とくがわいえやす)率いる東軍に敗れる結果となりました。そんな中でも最後まで豊臣家に忠義を誓い、戦い抜いた武将達がいたのです。ここでは、その中の代表的な3人の武将の人となりを、彼らが愛用していた甲冑を通して見ていきます。

  • 関ヶ原の個性的な甲冑対決(東軍)①

    関ヶ原の個性的な甲冑対決(東軍)①

    「徳川家康」を率いる「東軍」が勝利を収めたのは、家康が見事な采配を取ったのはもちろんのこと、「武官派」としてその名を轟かせた家臣団が付き従っていたことが、その大きな要因でした。ここでは家康を含め、そのような家臣団の中でも「最強」と評されていた「本多忠勝」(ほんだただかつ)と「井伊直政」(いいなおまさ)について、その強さの秘密を甲冑を通して見ていきます。

  • 関ヶ原の個性的な甲冑対決(東軍)②

    関ヶ原の個性的な甲冑対決(東軍)②

    「関ヶ原の戦い」の「東軍」には、家康を勝利に導くため忠義の限りを尽くした「名将」達がいました。しかし、名将と称される武将は周囲を圧倒するような個性を持っているもの。それを戦場でもアピールし強さを自己演出するため、彼らは甲冑(鎧兜)に様々な装飾を施していたのです。特に兜には遠くからでもその存在を示すことができるように、奇抜な意匠が用いられた「変わり兜」が多く見られます。ここでは、関ヶ原で大いに武功を挙げた東軍の4人の武将が身に付けていた変わり兜を中心に、それぞれの甲冑(鎧兜)に込められた思いやエピソードを、甲冑(鎧兜)を通して見ていきます。

  • 関ヶ原の個性的な甲冑対決(東軍)③

    関ヶ原の個性的な甲冑対決(東軍)③

    「徳川家康」が日本の天下人となることを決定付けた「関ヶ原の戦い」。その際に家康の「東軍」に属することをいち早く決めた武将達は、「先見の明」に優れていたと言えます。その決断の一助となっていたのは、彼らが持って生まれた性格や気質のみならず、身に付けてきた文化や教養を素地とした知性に富んでいたことにあったのかもしれません。そして、そんな武将達の個性は、彼らが戦の際に身に付けていた甲冑(鎧兜)にも現れていました。ここでは、関ヶ原において、武力はもちろん自身の知略を巡らせて東軍の勝利に貢献した4人の武将の生涯と、彼らが所用していた甲冑(鎧兜)についてご紹介します。

  • 江戸時代も活躍した武将の甲冑

    江戸時代も活躍した武将の甲冑

    武士と言えば、「戦う」イメージが強いと思いますが、実際は、戦場には出ず「内政」を行なっていた優秀な武将が存在していました。たとえ戦場に行かなくても、出世を果たし、立派な甲冑を所有していたのです。ここでは、名奉行と言われた「板倉勝重」(いたくらかつしげ)、偉大な僧侶「天海」(てんかい)、情けの有馬と謳われた「有馬忠頼」(ありまただより)の変わり兜と人物像について、詳しくご紹介します。

  • 三英傑と本多忠勝の 甲冑を復元

    三英傑と本多忠勝の 甲冑を復元

    近日公開

  • 上杉謙信・武田信玄・伊達政宗・直江兼続

    「甲冑」(かっちゅう)とは、胴部を守る「鎧」(よろい)と、頭部を守る「兜」(かぶと)からなる武具です。今回は、戦国時代を生きた4武将、「上杉謙信」(うえすぎけんしん)、「武田信玄」(たけだしんげん)、「伊達政宗」(だてまさむね)、及び「直江兼続」(なおえかねつぐ)と甲冑にまつわる話をご紹介します。

  • 織田信長・豊臣秀吉・徳川家康

    尾張国、及び三河国(現在の愛知県)にゆかりがあり、戦国時代に天下を統一に導いた「織田信長」、「豊臣秀吉」、及び「徳川家康」。彼らは、「三英傑」と呼ばれており、戦国時代における最も有名な武将と言っても過言ではありません。今回は、三英傑と甲冑にまつわる話をご紹介します。

  • 井伊の赤備え・真田の赤備え・村上水軍

    「甲冑」(鎧兜)などの武具を、同じ色で統一した部隊を「備え」と呼びます。なかでも「赤備え」とは、武具を赤色や朱色を主体とした色彩で整えた精鋭部隊のことです。今回は、「武田の赤備え」と同様に有名な「井伊の赤備え」、及び「真田の赤備え」についてご紹介します。また、甲冑(鎧兜)を使用していたのは、武将だけではありません。「村上水軍」と呼ばれる海賊衆が使用していた甲冑(鎧兜)も、あわせてご説明します。

  • 戦国武将と甲冑①

    武将の甲冑(鎧兜)は「武具」であると共に、武将としての「威厳」や「地位」の高さを誇示する物でした。特に、個性的で目立つデザインの兜を「変わり兜」と言い、室町時代末期から始まり安土桃山時代に全盛期を迎えます。ここでは、戦国時代に活躍した「武田信玄」、「上杉謙信」、「森可成」(もりよしなり)、「山中幸盛」(やまなかゆきもり)の変わり兜と人物像について詳しくご紹介します。

  • 戦国武将と甲冑②

    集団の中で目立ち、頭ひとつ抜き出るためには、強い個性が必要でした。それを表現する物こそが、「甲冑」(鎧兜)。特に、前立、脇立、後立という立物に、自分の信条や信念を込め、敵はもちろん味方にも心理的な衝撃を与えたのです。ここでは、その勇猛さで恐れられた「立花宗茂」、「佐竹義重」、「明智光春」、「蒲生氏郷」の変わり兜と人物像について詳しくご紹介します。

  • 戦国武将と甲冑③

    甲冑は日本刀と同じく、戦功の贈答品として主君から家臣に下賜されることが多かったようです。家臣はそれを誇りに思い、主君は戦場で変わり兜を身に付けた家臣を見付けやすく、その活躍ぶりを伝聞し、恩賞を与える判断にしたのかもしれません。ここでは「豊臣秀吉」、「黒田官兵衛」、「前田利家」が所有し、家臣に贈ったことが伝わる変わり兜について詳しくご紹介します。

  • 関ヶ原の個性的な甲冑対決(西軍)

    全国の大名の運命を左右した「天下分け目」の合戦である「関ヶ原の戦い」。「毛利輝元」(もうりてるもと)を総大将とし、「石田三成」(いしだみつなり)を中心に結成された西軍は、軍全体の結束力不足や、幾人もの武将による裏切りなどが要因となり、「徳川家康」(とくがわいえやす)率いる東軍に敗れる結果となりました。そんな中でも最後まで豊臣家に忠義を誓い、戦い抜いた武将達がいたのです。ここでは、その中の代表的な3人の武将の人となりを、彼らが愛用していた甲冑を通して見ていきます。

  • 関ヶ原の個性的な甲冑対決(東軍)①

    「徳川家康」を率いる「東軍」が勝利を収めたのは、家康が見事な采配を取ったのはもちろんのこと、「武官派」としてその名を轟かせた家臣団が付き従っていたことが、その大きな要因でした。ここでは家康を含め、そのような家臣団の中でも「最強」と評されていた「本多忠勝」(ほんだただかつ)と「井伊直政」(いいなおまさ)について、その強さの秘密を甲冑を通して見ていきます。

  • 関ヶ原の個性的な甲冑対決(東軍)②

    「関ヶ原の戦い」の「東軍」には、家康を勝利に導くため忠義の限りを尽くした「名将」達がいました。しかし、名将と称される武将は周囲を圧倒するような個性を持っているもの。それを戦場でもアピールし強さを自己演出するため、彼らは甲冑(鎧兜)に様々な装飾を施していたのです。特に兜には遠くからでもその存在を示すことができるように、奇抜な意匠が用いられた「変わり兜」が多く見られます。ここでは、関ヶ原で大いに武功を挙げた東軍の4人の武将が身に付けていた変わり兜を中心に、それぞれの甲冑(鎧兜)に込められた思いやエピソードを、甲冑(鎧兜)を通して見ていきます。

  • 関ヶ原の個性的な甲冑対決(東軍)③

    「徳川家康」が日本の天下人となることを決定付けた「関ヶ原の戦い」。その際に家康の「東軍」に属することをいち早く決めた武将達は、「先見の明」に優れていたと言えます。その決断の一助となっていたのは、彼らが持って生まれた性格や気質のみならず、身に付けてきた文化や教養を素地とした知性に富んでいたことにあったのかもしれません。そして、そんな武将達の個性は、彼らが戦の際に身に付けていた甲冑(鎧兜)にも現れていました。ここでは、関ヶ原において、武力はもちろん自身の知略を巡らせて東軍の勝利に貢献した4人の武将の生涯と、彼らが所用していた甲冑(鎧兜)についてご紹介します。

  • 江戸時代も活躍した武将の甲冑

    武士と言えば、「戦う」イメージが強いと思いますが、実際は、戦場には出ず「内政」を行なっていた優秀な武将が存在していました。たとえ戦場に行かなくても、出世を果たし、立派な甲冑を所有していたのです。ここでは、名奉行と言われた「板倉勝重」(いたくらかつしげ)、偉大な僧侶「天海」(てんかい)、情けの有馬と謳われた「有馬忠頼」(ありまただより)の変わり兜と人物像について、詳しくご紹介します。

  • 三英傑と本多忠勝の 甲冑を復元

    三英傑と本多忠勝の 甲冑を復元

    近日公開

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド(刀剣広場)」。こちらのページは「甲冑(鎧兜)の基礎知識【刀剣ワールド(刀剣広場)】」の一覧ページです。
一口に日本刀(刀剣)と言っても、実は歴史が長い日本刀(刀剣)。あなたが知らない新事実もまだまだたくさんあるかもしれません。日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に関する様々な記事があるので、ぜひご覧下さい。また、刀剣ワールド(刀剣広場)では、他にも日本刀(刀剣)に関するコンテンツをご用意しております。刀剣ワールド(刀剣広場)をご覧頂き、日本刀(刀剣)についての新しい知識を学んで下さい!

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る