• 保存刀剣
  • 室町時代 後期

よろいどおし めい むねみつさく(でんそうしゅう)

鎧通 銘 宗光作(伝相州)

鎧通 銘 宗光作(伝相州)

短刀は、重ね厚く鋭い鎧通しの体配。焼き高く板目の入った地刃から、一見末備前と見紛う出来口ですが、強く湯走り掛かり、表裏の彫物が相州彫りであることから、末相州(すえそうしゅう)の宗光と鑑せられました。

類例がなく、末相州の研究上、貴重な作と言えます。宗光は、鑑漏れの刀工で、室町時代後期に相模国(現在の神奈川県)にて作刀したと伝わります。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「鎧通 銘 宗光作(伝相州)」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
保存刀剣
時代 時代
室町時代 後期
(末古刀)
刀剣種別 刀剣種別
鎧通
刀工 刀工
宗光
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
相州伝
(相模国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
20.5
反り 反り
(cm)
0

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「鎧通 銘 宗光作(伝相州)」は室町時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード