一覧に戻る
  • 保存刀剣
  • 室町時代

おおみやり めい なんとじゅうかなぼうひょうえのじょうまさつぐ

大身槍 銘 南都住金房兵衛尉政次

大身槍 銘 南都住金房兵衛尉政次

室町時代後期に大和国(やまとのくに:現在の奈良県)で活躍した、「金房一派」(かなぼういっぱ)を代表する刀工、「政次」(まさつぐ)の作刀です。鎌倉時代に「大和伝」を代表した「大和五派」(やまとごは:千手院派当麻派保昌派手掻派尻懸派の5流派)には属さない刀工集団ですが、手掻派の末流とする説も。しかし作風に大和伝系を感じさせる物は見られないため、大和伝の系統ではない枝葉の系統とされています。

「大身」(おおみやり)とは、刀身の長さが約1尺(30.3cm)以上の直槍(すぐやり:枝分かれしていない直線的な形状の槍)を指しており、通常の槍の倍以上の重さがあるため、扱いは難しいですが、威力は充分です。本槍は表に「南都住金房兵衛尉政次」のがあります。重量を軽減するため樋(ひ)が彫られており、平三角の姿。地鉄柾目肌に、白け映りが見られます。刃文直刃調(すぐはちょう)の出来(にえでき)です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
保存刀剣
時代 時代
室町時代
刀剣種別 刀剣種別
刀工 刀工
-
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
大和伝
(大和国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
67
反り 反り
(cm)
0
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「大身槍 銘 南都住金房兵衛尉政次」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「大身槍 銘 南都住金房兵衛尉政次」は室町時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る