拵・刀装具
拵とは?
拵・刀装具
拵とは?

このコンテンツをシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
文字サイズ

「拵」(こしらえ)とは、日本刀の外装のことを言い、「つくり」などとも言います。鞘(さや)、茎(なかご)を入れる柄(つか)、鐔(つば)を総称した言葉です。時代の流れと共に、刀や拵は形を変えていきますが、使いやすさを追求するばかりではありません。武士の魂を帯刀しているも同然ですから、身分や家柄、そして武士の威厳を示す物でもあるのです。

柄・鞘はどのように作られた?

日本刀は基本的に、2つとして同じ物がない一点物。反りの角度も1振りずつ違い、また、持ち主が変われば、背丈によって長さを縮める「摩り上げ」を行なうこともあります。常に刀は万全の状態で持ち歩くことができ、なおかつ見た目も洗練させるために、「柄」や「鞘」には様々な工夫がされているのです。柄や鞘には、どのような材料が選ばれ、そして、どのように作られたのでしょうか。

柄に使われている木材は、朴(ほお)の木です。朴の木に「鮫皮」(さめがわ)と呼ばれるエイの皮を着せるのが一般的。鮫皮を乾燥させて柄を覆うと固くなり、強度を保つことができます。また、表面に凹凸があるので、握ったときに滑りにくく、柄糸も巻き付けやすいのです。鮫皮は、国内では採れない高級品なので、光沢のある美しい皮は「飾り鮫」として板に張り、大名の間で贈答品になっていました。魚の皮という性質上、水分を含むとやわらかくなってしまうため、黒漆を塗るという加工も誕生したのです。

柄の巻き方は、柄下地に鮫皮を貼り付け、「目貫」(めぬき)を据え、それらを柄糸の間から見えるように、巻き締めるのですが、目貫は手溜りと滑り止めの要にもなっていました。また、巻きを施さず、鮫皮をそのまま装飾と滑り止めに活かしたタイプもあります。

皮巻柄

皮巻柄

江戸時代になると、幕府によって刀に関する厳格な決まりが制定されました。長すぎる刀の帯刀や、武士以外の大小帯刀は禁じられます。しかし、ルールの中でも可能な範囲でアレンジを楽しんでいたようで、柄巻は、巻き方のバリエーションが増えていきます。中には、鮫皮をより強調するために、柄巻の菱形を大きくする者もおり、柄は、新年を迎える前に新しく巻き替えるのが通例で、「柄巻師は年の瀬に忙しい」などと言われていました。

柄巻の種類

柄巻の種類

そして、自由度が奪われた反面、決められた様式内での技術的発展が進んだのは柄だけではありません。鞘にも様々な技巧を凝らす名工が多く誕生することになるのです。

鞘と白鞘

鞘にも朴の木が使われており、朴を白木のまま用いた物を「白鞘」(しらさや)と言い、漆を塗り込めた物を鞘と言いますが、この2つは用途が異なります。白鞘は、木が呼吸して鞘内の湿度を調整してくれるため、刀身を錆びにくくする働きがあるのです。そういった性質を活かし、保管用の鞘として使われてきました。白鞘は、中を手入れしやすいように、「続飯」(そくい)と呼ばれるお米を練った糊で接着され、簡単に割れるようにできています。

一方鞘は、朴に漆を塗り込めて作ってあるので、刀身を雨から保護してくれますが、その分通気性は良くありません。そのため、刀身を錆から守るには、保管用の白鞘と、外出用の鞘を使い分けるのが良いと言われています。

鞘の装飾にも種類が色々あり、シンプルに漆を塗り込めるだけでなく、艶消し加工された物や、一定間隔で鞘に刻みを付けた物も。金粉や青貝なども鞘に用いられる素材として好まれました。また、鮫皮の表面にある突起の隙間に漆を塗り込め、表面を研ぎ出すという技法も見られます。以下は、鞘装飾の例です。

蝋色塗・蛭巻・蛭巻塗

蝋色塗・蛭巻・蛭巻塗

蝋色塗(ろいろぬり)
表面を研磨して蜜蝋のような光沢を出す装飾。
蛭巻(ひるまき)
蛭が巻き付いたように薄い金属板を螺旋状に巻いた装飾。
蛭巻塗(ひるまきぬり)
塗りによって蛭巻模様を施す装飾。
梨子地塗・螺鈿・青貝微塵塗

梨子地塗・螺鈿・青貝微塵塗

梨子地塗(なしじぬり)
金粉や銀粉を透漆で塗り施した装飾。
螺鈿(らでん)
青貝や光彩のある貝を薄く削いで、鞘に塗り込める装飾。
青貝微塵塗 (あおがいみじんぬり)
微細な青貝を漆で塗り込めた装飾。
石目地塗・印籠刻・笛巻塗

石目地塗・印籠刻・笛巻塗

石目地塗(いしめじぬり)
滑り止めや艶消しを目的に、石や岩の肌に似せた細かい砂状の粒子模様に仕上げた装飾。
印籠刻(いんろうきざみ)
鞘表面の円周方向に一寸(3cm)程の間隔で印籠のような一定の幅の刻み模様を施した装飾。
笛巻塗(ふえまきぬり)
一定の幅と間隔で円周方向に塗り分けた段塗り模様を施す装飾。
鮫鞘・梅花皮鮫

鮫鞘・梅花皮鮫

鮫鞘(さめざや)
鮫皮の突起物の隙間に黒漆を塗り込め、表面を研ぎ出す装飾。
梅花皮鮫(かいらぎざめ)
鮫皮の突起物を梅の花のように研ぎ出す装飾。

お国拵とそれぞれの特徴

徳川譜代の武将たちが全国に配置されると同時に、組織的な作刀活動を行なっていた美濃鍛冶も全国に移住します。徳川政権下では物資の流通が安定。そして、刀の寸法・様式などが定められ、刀は均一化の傾向にありますが、拵には、土地の個性や剣術の理念が色濃く表れ始めます。以下が、「お国拵」とその特徴です。

肥後拵(ひごこしらえ)
肥後拵

肥後拵

細川忠興が考案したと言われ、茶道の感覚と居合いの実用性を持つ、雅で堅牢な拵。「頭」(かしら)と「鐺」(こじり)は丸みを帯びています。柄が短いという特徴も持ちますが、柄が短いと、両手で切り込むよりも刀の届く距離が延び、片手打ちに向いていると言います。また、全体の寸法も短く、抜き打ちに適しているのです。

薩摩拵(さつまごしらえ)
薩摩拵

薩摩拵

無駄な装飾を一切省いた無骨な拵。鮫皮の替わりに厚手の牛革を用いる物、目貫を使用しない物が多く、また、柄が柄頭に向かって太くなっていくという特徴があります。「鐔」に小さな穴が2つ開いているのは、これに針金を通して栗形と結び、刀を抜かないようにしていますが、平常は決して刀を抜かず、やむを得ず抜いたときには必ず相手を仕留めよという薩摩示現流の戒めによる物です。

柳生拵(やぎゅうこしらえ)
柳生拵

柳生拵

大きく透かしの入った軽量な鐔や、目貫が通常と逆の位置に付いている「逆目貫」が特徴。尾張藩主2代徳川光友の兵法指南役であった柳生連也斎厳包の愛刀が起源になっています。

秀吉が持ち主を言い当てた五大老の拵

五大老が、伏見城に伺候した際のことです。豊臣秀吉が、広間の刀架けにある個性豊かな5振りを見て、各刀の持ち主を、間違えずに言い当てたと伝えられています。この様子を見ていた前田玄以は驚きますが、秀吉なりの推理がありました。以下が、そのとき秀吉が語ったとされる見立てです。

「黄金を散りばめた拵は、美麗好みの宇喜多秀家の物だ。そして、父(謙信)を尊敬している上杉景勝は、父も好んだ長大な刀を選ぶはず。前田利家は、大名になっても昔を忘れてはならないと考えているから、古ぼけた皮で巻いてある柄は、彼の物と見て間違いないだろう。毛利輝元は異風を好むから、変わった飾りの付いたこれだ。徳川家康は、真の勇気を持ち、一剣を頼りにする気持ちはない。それは、取り繕うこともなく平凡な拵が物語っている」

このように、桃山時代の大名が愛用していた拵には、各々の強烈な個性がよく表れていたことが分かります。

「拵・刀装具」の記事を読む

拵の基本解説

拵の基本解説
日本刀(刀剣)の見どころでメジャーな部分と言えば、刃文(はもん)や地鉄(じがね)など刀身にかかわる部分。しかし、その刀身を納めるための鞘(さや)や、茎(なかご)が覆われている柄(つか)と言った「拵」(こしらえ)と呼ばれる刀装具の部分にも、鑑賞のポイントとなる箇所がいくつもあるのです。ここでは、拵の基本的な部位における、それぞれの名称や役割などについてご説明します。

拵の基本解説

刀装具のすべて①(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・鎺・柄・鞘)

刀装具のすべて①(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・鎺・柄・鞘)
「刀装具」(とうそうぐ)とは、日本刀(刀剣)の拵(こしらえ)に付いているすべての部品のことです。刀装具が付けられている目的や種類は多岐に亘り、日本刀(刀剣)が持つひとつの特徴でもあります。ここでは、刀装具について詳しくご紹介していきます。

刀装具のすべて①(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・鎺・柄・鞘)

刀装具のすべて②(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・三所物・鎺・呑込み)

刀装具のすべて②(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・三所物・鎺・呑込み)
日本刀(刀剣)は刃の部分だけではなく、刀装具にも注目して頂きたいと思います。刀装具の中には、一見するとどのような目的で付けられているのか分からない物でも、その意味や歴史を知ると興味を持つことができます。また、美術品としても扱われた刀装具は、それぞれ異なる形や美しさが見どころです。今回は、そのような刀装具に関する知識をご紹介します。

刀装具のすべて②(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・三所物・鎺・呑込み)

刀装具のすべて③(鞘・柄・下緒)

刀装具のすべて③(鞘・柄・下緒)
刀装具の種類の中でも、分かりやすい部品が「鞘」(さや)と「柄」(つか)です。実際に日本刀(刀剣)を手に取る際に触れる柄と、日本刀(刀剣)を納める際に使う鞘。また、その鞘に装着して用いる「下緒」(さげお)は、よく目にするのではないでしょうか。今回は、これらの種類や歴史についてご紹介します。

刀装具のすべて③(鞘・柄・下緒)

刀装具の歴史

刀装具の歴史
「刀装具」(刀剣の外装)は、刃物である「日本刀」を安全に持ち運ぶことや、日本刀を最良の状態で保つことを目的に作られています。日本刀は武具ですが、信仰心や美意識を見せるために装飾も重視されていました。今回は、時代によって刀装具がどのように変化していったのかをご紹介します。

刀装具の歴史

日本刀の拵の種類

日本刀の拵の種類
「日本刀」に「太刀」(たち)や「打刀」(うちがたな)、「腰刀」(こしがたな)といった違いがあるように、日本刀の外装である「拵」(こしらえ)にも違いがあるのです。ここでは、それぞれの代表的な拵と特徴について、ご紹介します。

日本刀の拵の種類

日本刀と刀装具

日本刀と刀装具
「刀装具」とは、「日本刀」の外装のことで、元々は日本刀を守る役割の保護具でした。しかし、時代を経るにしたがい、歴史に名を残す将軍や戦国武将をはじめ、武士階級以外の者もそれぞれの嗜好に合わせた刀装具をあつらえるなどしたため、見た目を意識した物へと変化していったのです。

日本刀と刀装具

刀装具彫刻の種類

刀装具彫刻の種類
刀装具は、元来「日本刀(刀剣)」を保護したり、使いやすくしたりする目的で制作された物でしたが、時代の変化と共にその役割も変化していきました。すなわち、日本刀(刀剣)を所用する武士の身分や権力を示す物になっていったのです。特に、天下泰平の世となった江戸時代においては、武士達は競い合うようにして刀装具を飾り立てるように。ここでは、刀装具装飾における手段のひとつ、刀装具彫刻について考察します。

刀装具彫刻の種類

刀装具の名工

刀装具の名工
室町時代になると、足利将軍家による技芸に秀でた人々を集める「同朋衆」(どうぼうしゅう)政策などの影響もあり、日本刀(刀剣)制作の分業化・専業化が進みました。従来、刀装(とうそう)金具については、すべて下地から制作されていましたが、下地作りは「白銀師」(しろがねし)が行ない「鍔」(つば)については「鍔師」(つばし)が、そして彫刻(金工)については彫刻の専門家が行なうようになっていったのです。ここでは、刀装具を制作する職人、及び「金工師」(きんこうし)の名工についてご紹介します。

刀装具の名工

注目ワード

ページトップへ戻る