「刀剣販売・日本刀販売」では、お住まいの地域で刀・脇差・短刀・拵・刀装具の販売を行なっている刀剣商(刀剣店)が検索できます。掲載している刀剣販売店は「全国刀剣商業協同組合」の会員として登録されている信頼性の高い刀剣商です。刀剣商で扱う商品や、刀剣、日本刀、剣、刀を購入する際の注意事項などのお役立ち情報も掲載しておりますので、刀剣や日本刀の販売店をお探しの方や購入をご検討されている方は、ぜひご覧下さい。

※当サイトは、原則「リンクフリー」としております。 リンクについて

刀剣販売・日本刀販売について

近年、刀剣・日本刀が登場する漫画や映画、ゲームなどが話題を集め、日本刀への関心も高まっています。もともと日本刀に興味を持っていた刀剣愛好家だけでなく、様々なコンテンツを通して日本刀ファンになった方も多いのではないでしょうか。

そして日本刀ファンであれば、真剣を所有してみたいと思うのも無理はありません。

そんな日本刀ファンの方々が刀剣・日本刀を購入する場合、おすすめする販売店は刀剣を専門に扱う「刀剣商」(刀剣店・刀剣ショップ・刀屋)です。

刀剣ショップ・刀屋ではどのように刀剣販売・日本刀販売を行なっているのか、また、刀剣や日本刀を購入する前に確認しておきたい点について、これからご紹介していきます。

日本刀流通のしくみ(刀剣の買取・刀剣の販売関連図) 日本刀買取 日本刀販売 日本刀売却 日本刀購入
日本刀流通のしくみ(刀剣の買取・刀剣の販売関連図)

刀剣・日本刀の購入は専門の販売店がおすすめ


まず販売店が持つ古物商許可証を確認

刀剣販売・日本刀販売を行なう「刀剣商」とは、刀剣に関する専門知識を持ち、取り扱いの許可を得ている「古物商」のことです。

日本刀について高い知識を有していることはもちろん、日本刀やその外装である「」(こしらえ)などは「古物商業法」における「古物」に該当するため、刀剣ショップ・刀屋は「古物商許可証」を取得していなければなりません。

古物商業法は、盗難等の犯罪被害品が勝手に売買され、社会へ流通してしまうのを防ぐために許可制を取っています。刀剣ショップ・刀屋を含む古物商は、盗難などの犯罪の防止に協力する義務を負っているのです。

古物商の標識(プレート)の一例

古物商の標識(プレート)の一例

そのため、刀剣の購入を希望する場合は、刀剣販売・日本刀販売を行なっている刀剣店でも、古物商許可証を取得していることを念のため確認しておくと良いでしょう。

古物商許可証には、取得したことの証しとなる「古物商許可番号」があり、これは標識(プレート)に記載して店舗の目立つ位置に掲げることが義務付けられています。また、刀剣商のホームページや通販サイトにもトップページに記載されていると思いますので、そちらでも確認をしておけば安心でしょう。

日本刀の購入は専門の刀剣ショップ・刀屋で

古物商許可証を取得している古物商であれば、一般的な骨董店や古美術商でも日本刀の販売は可能であり、購入することができます。しかし日本刀の購入を希望するときは、やはり専門店である刀剣ショップ・刀屋を選ぶのがベストです。専門の刀剣商ではない骨董店などでは、日本刀に詳しい専門家を置いていることはほとんどなく、日本刀の価値を正しく判断できなかったり、偽銘(ぎめい:有名な刀工のを別の人が作った日本刀に入れること)を見抜けなかったりすることがあるからです。

その点、刀剣販売・日本刀販売を専門とする刀剣ショップ・刀屋の実店舗であれば、専門家であるスタッフからの助言を得ることができるので心強いでしょう。なかでも「刀剣評価鑑定士」がいる店舗なら、より安心して購入することができます。

刀剣店(霜剣堂 帝国ホテル店)

刀剣店(霜剣堂 帝国ホテル店)

刀剣評価鑑定士とは、全国の刀剣商によって組織されている「全国刀剣商業協同組合」が創設した、日本刀の専門家であることを証明する民間資格です。この資格試験を受験するためには、全国刀剣商業協同組合に5年以上加入していることや、古物商許可証を取得してから5年以上が経過していることなどの基準をクリアしなければなりません。

また、試験では100点満点中80点以上が合格ラインとなっています。

このような試験に合格した刀剣評価鑑定士に相談できるからこそ、決して安価ではない日本刀を購入するときは、専門の刀剣ショップ・刀屋を選ぶのが最適と言えるのです。

刀剣販売・日本刀販売で扱う商品


刀剣ショップ・刀屋では、刀の専門店ならではの様々な刀剣や日本刀が揃っています。以下は一般的な刀剣ショップ・刀屋で取り扱っている刀剣類の一例になります。

刀剣販売・日本刀販売で扱う刀剣・日本刀の種類(例)

さらに、日本刀の刀身以外の外装である「刀装具」も多くの刀剣店が販売しています。

刀剣販売・日本刀販売で扱う刀装具(例)

店頭販売・出張販売・通信販売について


刀剣販売・日本刀販売には一般的な「店頭販売」の他に、刀剣商(刀剣店・刀剣ショップ・刀屋)のスタッフが自宅まで商品を持って訪問してくれる「出張販売」、メールやインターネットを利用した「通信販売」などがあります。

それぞれの販売方法について、どのようなメリットがあるのか、また購入を希望する方が注意するべき点について見ていきましょう。

店頭販売

初めて日本刀を購入するという初心者の方にとって、刀剣ショップ・刀屋を訪ねるのはハードルが高いと感じられるかもしれません。

しかし、ご心配は無用です。初心者の方も、知識に自信がないという方も刀剣ショップ・刀屋は歓迎してくれます。まずは気軽にお店を訪ねてみましょう。

刀剣ショップ・刀屋では、歴史的に貴重な日本刀を目の前でじっくり鑑賞できるばかりでなく、豊富な専門知識を持ったスタッフの方が、1振1振の詳しい来歴や、古美術品としての価値を教えてくれるのも魅力のひとつです。その日本刀を手にしたのはどんな武将なのか、そしてどのような経緯(いきさつ)をたどって、今ここで巡り会うことができたのか、説明を聞くだけでも惹き込まれることは間違いありません。

刀剣・日本刀・刀装具が並ぶ店内(霜剣堂 原宿店)

刀剣・日本刀・刀装具が並ぶ店内
(霜剣堂 原宿店)

また、ほとんどの刀剣ショップ・刀屋では日本刀の現物を手に持って鑑賞することができます。お店の方が、日本刀を持つときのマナーや注意点もレクチャーしてくれるので安心です。

もちろん、買わずに観るだけでも構いません。むしろ、来店したその日に購入を勧める刀剣ショップ・刀屋はなく、良く考えてから決めるようにアドバイスしてくれます。

そして、日本刀を購入したいという気持ちが変わらなければ、刀剣店の方に希望や予算を伝えて、心ゆくまで相談を。分からないことや疑問点などは残さず質問をして、納得した上で日本刀を購入しましょう。

出張販売

刀剣販売・日本刀販売を行なっている店舗へ出向かなくても、日本刀を購入できる方法のひとつが出張販売です。これは、刀剣店のスタッフが自宅などの指定場所まで商品を持ってきてくれる販売スタイルですが、長年その刀剣ショップ・刀屋と懇意にしている、言わばお得意様向けのサービスと言えるでしょう。

出張販売を行なっていない刀剣ショップ・刀屋もありますので、希望する方はまずお店に問合せてみましょう。

通信販売

刀剣ショップ・刀屋の店舗へ足を運ぶのが難しい方にとって、最も利用しやすいのが通信販売です。

身の回りにある、ほとんどの商品がインターネット通販で購入できる今日。刀剣・日本刀も例外ではありません。

通信販売の商品ページ(一例)

通信販売の商品ページ(一例)

通信販売のメリットは、遠くの店舗まで出掛ける必要がないため、地元に刀剣店がなくても家にいながらにして利用できる点が挙げられます。しかも、インターネット上に通販サイトを公開している刀剣ショップ・刀屋は多く、そこに掲載されている日本刀の画像や解説文を見ながら、膨大な量の商品から好みに合った1振を選ぶことができるのです。

また、実店舗を構えていない通販専門の刀剣ショップ・刀屋の場合は、実店舗を運営する経費が節約できるので、その分商品の値段が割安になるというメリットもあります。

一方、日本刀の実物を観ることができないため、画像だけでは分からない細かな傷や錆の状態、手にしたときの感覚などは、商品が届くまでは確認できないという不安な一面は否めません。返品が可能かどうかも重要なポイントとなります。

さらに、輸送中にトラブルがあった場合の対応なども知っておくことが大切です。事前にお店の方と電話やメールで連絡を取り、不安な点は解消してから購入するようにしましょう。

【3つの販売方法】

3つの販売方法 3つの販売方法

刀剣ショップ・刀屋での買取


刀剣販売・日本刀販売が専門の刀剣ショップ・刀屋のほとんどは刀剣・日本刀の買取も行なっています。

「以前購入した刀剣を売って、さらに良い1振へ買い換えたい」、「家から刀剣が出てきたが、自分ではちゃんと保管できない」といった場合などは、刀剣店に相談するのがおすすめです。

買取の値段は、購入するときの値段には及びませんが、複数の刀剣ショップ・刀屋へ査定を依頼しても構いませんので、買取の場合も納得した上で日本刀を手放すようにしましょう。

刀剣・日本刀の委託販売


刀剣販売・日本刀販売では、店頭販売、通信販売と同様の販売スタイルを取っているものの、やや性質の違う売り方があります。それが「委託販売」です。

前述した「買取」では、手持ちの日本刀を売却したいと希望したとき、刀剣ショップ・刀屋に査定をしてもらい、提示された金額に納得できれば譲り渡す方法で、契約が完了すればその日本刀の所有者は買取したお店へ移ります。

一方の委託販売は、刀剣ショップ・刀屋が刀剣・日本刀を売却したい一般の方から商品を預かり、代わりに販売するスタイルです。売却希望の方はお店に一定額の手数料を支払うことになりますが、それでも買取よりも高い値段が付く可能性があると判断した場合は、委託販売を依頼するのも良いでしょう。

委託販売には、「店頭委託販売」と「オークション委託販売」があります。2種類の委託販売について詳しく見ていきましょう。

店頭委託販売

店頭委託販売とは、売却希望者の方から委託された刀剣・日本刀を、文字通り刀剣店の店頭で販売するスタイルです。また、お店のホームページやその他の広告媒体に掲載されることもあります。

思わぬ掘り出し物が出てくることも考えられるため、日本刀ファンの間でも注目される店頭委託販売。刀剣店の方が優れた日本刀であると判断すれば、お得意様に紹介してくれることもあります。

委託期間及びホームページへの掲載期間はお店ごとに決められ、おおむね1~数ヵ月ほどですので、購入を希望する方は、気になる日本刀を見付けたらすぐお店へ連絡するようおすすめします。

オークション委託販売

東京美術倶楽部

東京美術倶楽部

オークション委託販売は、専門業者の間で行なわれる「刀剣専門交換会」への出品を依頼して販売してもらうスタイルのことです。

東京美術倶楽部」(東京都港区新橋)では定期的に刀剣専門の交換会が開催されています。なかでも最も長い歴史をもつ「全国美術刀剣会」が最大手として良く知られてりおり、毎月16日に刀剣専門の交換会を行なっています。

ただし、これらの刀剣専門交換会には古物商許可証がなければ参加できません。そのため、出品を希望する一般の方は、刀剣専門交換会に参加する刀剣ショップ・刀屋へ日本刀を委託して販売してもらうことになります。

交換会では、全国から集まった専門業者によってオークションにかけられ、最も高い値段を高い値を付けた人が落札する流れで進められます。

落札が決定した場合、日本刀の売却希望者は交換会の市場手数料と刀剣ショップ・刀屋への販売手数料を支払うことになります。オークション委託販売では多くの業者が競り合うため、優れた日本刀であれば高値が付くことも期待できるのです。

一方、一般の方が刀剣専門交換会に出品される日本刀を購入したいときは、参加する刀剣ショップ・刀屋へ購入を依頼しなければなりません。これまで知られていなかった逸品が出てくる可能性がある反面、値段が高くなることも考えられますので、資金に余裕のある方におすすめしたい購入方法です。

ネットオークションのメリット・デメリット


インターネット上で日本刀を購入する方法として、専門業者による通信販売の他にネットオークションが挙げられます。ネットオークションのみで日本刀販売を行なっている刀剣店もあり、日本刀についてより多くの人々に知ってもらい、身近に感じてもらう方法として一役買っています。

ネットオークションには、刀剣販売・日本刀販売の専門業者ではない個人の出品も多くあります。この誰でも参加できるオープンなスタイルは大きなメリットです。

ただ、個人が出品している日本刀を購入する場合、その商品の正確な価値が理解されているのか、詳細情報が提示されているのか、しっかり見極める必要があります。購入を希望する方は、写真と商品説明だけで入札するかどうか決めることになるからです。

ネットオークションには、偽銘が切られた作品や、レベルの低い作品も数多く出品され、その点はデメリットと言えます。さらに、返品不可、クレームは受け付けないとする出品者が大半を占めるため、購入には慎重な判断が求められるのです。

刀剣ショップ・刀屋が一堂に会する「大刀剣市」


全国の刀剣ショップ・刀屋がひとつの会場に集まって行なわれる、刀剣・刀装具・武具甲冑を中心とした展示・即売会があります。それが全国刀剣商業協同組合が主催する「大刀剣市」です。

刀剣・日本刀の販売風景(2019年[令和元年]の大刀剣市)

刀剣・日本刀の販売風景
(2019年[令和元年]の大刀剣市)

大刀剣市は、1988年(昭和63年)に「全刀商オークション」と称して、オークション形式で初開催されました。その後、1989年(平成元年)より「のれん方式」(値段が決められている正札販売)となり、1991年(平成3年)からは、大刀剣市の名称で毎年1回開催されるようになりました。

東京美術倶楽部を会場として、数多くの刀剣商(刀剣店・刀剣ショップ・刀屋)が選りすぐりの逸品を展示・即売することから、一度にたくさんの作品を鑑賞できる好機として、国内の日本刀愛好家やファンだけでなく外国の方も訪れ、人気を博しています。

会場を回って、実物の日本刀を間近に鑑賞するだけでも楽しく、勉強にもなるのではないでしょうか。

全国刀剣商業協同組合とは

全国刀剣商業協同組合は刀剣の販売や買取を行なう全国の刀剣商が集まって作られた組合で、警察庁の許認可を受け、唯一の内閣総理大臣認可の組合として発足しました。

全国刀剣商業協同組合は、刀剣類の評価鑑定や相続評価を行なっており、日本の文化遺産である日本刀を次の世代に橋渡しをする役割も担っています。

さらに組合では「刀剣界新聞」などの、機関誌の発行や刀剣評価査定士の育成、寄付など慈善事業も行なっています。

銃砲刀剣類登録証は必須


刀剣・日本刀を購入する際は必ず確認を!

銃砲刀剣類登録証

銃砲刀剣類登録証

刀剣や日本刀には必ず「銃砲刀剣類登録証」(登録証)が付いていなければなりません。登録証がない場合は「銃砲刀剣類所持等取締法」(銃刀法)違反となり、刀剣・日本刀を所持することはできないのです。

刀剣販売・日本刀販売を行なっている刀剣ショップ・刀屋で購入したときは、銃砲刀剣類登録証も付いてきますので、購入者は購入したその日から許可を得たと見なされます。

万が一、この登録証なしで販売されている商品があれば、法律違反です。決して購入しないで下さい。特に、専門店ではない個人の方からネットオークションなどで購入する場合は注意が必要です。

また、登録証がない商品は「模造刀」(もぞうとう:亜鉛合金やアルミ合金で作られ刃のない物)などのレプリカである可能性もあるため、日本刀購入の際には必ず登録証を確認するようにします。

なお、模造刀として正規に販売されている商品については、銃砲刀剣類登録証は必要ありません。

銃砲刀剣類登録証の所有者変更は20日以内に!

刀剣・日本刀を購入したら、銃砲刀剣類登録証の所有者変更手続を行ないます。購入日から20日以内に、該当する刀剣・日本刀を登録した都道府県の教育委員会へ届け出て下さい。

届出用紙は、ほとんどの刀剣ショップ・刀屋に用意されていますので相談してみましょう。

刀剣ショップ・刀屋で届出用紙が入手できなかった場合は、各都道府県にある教育委員会のホームページからダウンロードできます。

銃砲刀剣類登録証の内容を間違えないよう転記し、登録証のコピーを添えてホームページに記載されている届出先まで郵送して下さい。都道府県によっては、電子申請・届出システムも利用できます。

都道府県によって詳細が異なりますので、事前にホームページで確認しておくと安心です。

刀剣・日本刀の持ち運びに注意

銃砲刀剣類所持等取締法により、刀剣・日本刀は正当な理由なしに持ち運ぶことはできません。正当な理由とは、購入した日本刀を刀剣店から持ち帰る場合と、売却したい日本刀を刀剣店へ持って行く場合、また、日本刀を使用する現代武道の「居合道」や「抜刀道」の試合・稽古に行く場合などです。「護身用に」、「人に見せるため」などは正当な理由にはなりませんのでご注意を!

正当な理由により持ち運ぶ場合も、刀剣・日本刀は鞘に収めるだけでなく、専用の刀袋や風呂敷、ゴルフバッグ、ジュラルミンケースなどに入れて、刀剣類を持っているとは分からない状態にします。公共の場で刀剣類を持っていることが分かると、周囲の人々に恐怖心を与えてしまう心配があるからです。

  • ジュラルミンケース 外観
  • ジュラルミンケース 日本刀を収納

ジュラルミンケース(左:外観、右:日本刀を収納)

さらに、銃砲刀剣類登録証も一緒に携行します。コピーでは効力を発揮しないため、必ず原本を所持して下さい。

この、「正当な理由なく持ち歩かない」、「持ち歩く場合は刀と分からないよう刀袋等に入れる」という規定は、刃のない模造刀にも適用されます。コスプレなどで模造刀を使用する場合、刀袋等から出しても良いのは決められた会場内で写真撮影をするときだけです。模造刀であっても、公共の場である観光地や公園などで使用することはできません。

現代では美術品としての価値が認められている刀剣や日本刀ですが、本来は武器ですので、取り扱いには細心の注意を払う必要があります。基本的には家に飾るのみで、持ち運びは禁止と考えて良いでしょう。そして登録証は必ず一緒に保管して下さい。

刀剣・日本刀を宅配する場合の注意点

刀剣・日本刀を運搬する際、所有者(購入者)自身が携行できない場合は宅配(運送)を利用することになります。

宅配キット

宅配キット

宅配の場合も持ち運ぶときと同様に、鞘に収めた日本刀を専用の刀袋や風呂敷に入れ、さらに運送の途中で傷付くことがないよう緩衝材で包んで下さい。付随している銃砲刀剣類登録証も一緒に入れます。そして段ボール箱や木箱、ジュラルミンケースなどに入れ、厳重に梱包しましょう。

不安な方は、刀剣・日本刀を購入した刀剣商へ相談するのがおすすめです。店舗によっては、段ボール箱や緩衝材、送り状などがセットになった宅配キットを用意してくれる場合もあります。

刀剣・日本刀の運搬に関しては、慎重の上にも慎重を期すことが重要なのです。

お手入れの相談・研磨の依頼


多くの刀剣ショップ・刀屋では、刀剣販売・日本刀販売だけでなく、日本刀のお手入れ方法や研磨に関する相談にも応じてくれます。

日本刀のお手入れについては、お店にお手入れ用品が揃っていますので、正しい方法をレクチャーしてもらいましょう。

また、お手入れの際、日本刀に錆が浮いているのを見付けても、購入者の方がご自身で磨くのは厳禁です。必ず刀剣店を通して研磨を専門に行なう「研師」(とぎし:研磨師)の方に依頼し、美しくよみがえらせてもらうことが日本刀の価値を保つことにつながるのです。

日本刀の値段・相場


鑑定書の種類による値段・相場

刀剣・日本刀を購入する方にとって、最も気になる点のひとつが値段ではないでしょうか。

もとより日本刀は美術品ですので、刀剣販売・日本刀販売での定価というものはありません。日本刀の種類や、刀工、状態、人気の有無など、様々な要因で値段は決められています。なかでも、日本刀の相場に大きな影響を与えるのが「鑑定書」の種類です。

鑑定書

鑑定書

日本刀に鑑定書が付いていれば、ある程度値段の相場を知ることができます。「公益財団法人日本美術刀剣保存協会」が発行する鑑定書では、刀剣は4つのランクに分類され、その評価は高い信頼性を誇っています。

それぞれのランクにはどのような意味があるのか、値段の目安と共に見ていきましょう。

保存刀剣

南北朝時代までに制作された刀剣の中で、有名な刀工の銘がある作品、または江戸時代までに作られた作品で銘が真正と証明されている1振を指します。一方、銘が不明瞭であったり、無銘であったりしても、制作年代や生産地、刀工の系統が明らかで、少々の傷が見られても鑑賞するのに十分な作品であれば含まれます。

値段の相場は10~100万円程度です。

特別保存刀剣

保存刀剣の中でも特に出来栄えが優れ、保存状態の良い作品を指します。ただし、美観を損なう傷や錆などがある作品は特別保存刀剣には認定されません。

値段の相場は、おおむね30~300万円です。

重要刀剣

特別保存刀剣の中でも、平安時代から江戸時代に制作された作品であり、かつ優秀な出来で保存状態も申し分のない1振が重要刀剣となります。国が認定する重要美術品と同等か、それに次ぐ品質でなければなりません。

値段の相場は100~500万円ほどです。

特別重要刀剣

重要刀剣のうち、特別に出来栄えの優れた傑作で保存状態の良い1振が最上級の特別重要刀剣として認定されます。国が指定する重要文化財や重要美術品の中でも上位の作品と同等の価値が認められる日本刀です。

希少性が高いため、値段の相場は500万円以上、1,000万円を超える作品もあります。

歴代の最高額が付いた国宝の刀剣

筋金入りの日本刀ファンであっても、数億円を超える日本刀を購入できる個人は稀かもしれません。

そんな、なかなか手が届かない憧れの日本刀が国指定の国宝です。

これまで最も高い値段で取引された作品は、現存する日本刀では最高傑作とされる「大包平」(おおかねひら)。平安時代後期に備前国(現在の岡山県)で活躍した「古備前派」の刀工「包平」が鍛えました。

姫路城」(兵庫県姫路市)の修復にも携わった安土桃山時代の戦国武将「池田輝政」(いけだてるまさ)が所持し、その後代々池田家に伝えられた大包平は、1967年(昭和42年)に、当時の文部省が6,500万円で買い上げています。

現在の貨幣価値に換算すると、およそ2億6,000万円です。

大包平は「東京国立博物館」(東京都台東区上野)に収蔵されていますので、展示される機会があれば足を運んで鑑賞してみてはいかがでしょうか。

大包平

大包平

大包平
様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。

刀剣・日本刀の種類による値段の違い

日本刀の値段は、刃長を基準とした種類によっても違ってきます。

一般的に刃長が60cm以上で、身に付けるときに刃を下にして佩く刀剣が「太刀」(たち)、刃を上にして帯びる刀剣が「打刀」(うちがたな)です。刃長が30~60cmの刀剣は「脇差」(わきざし)、刃長が30cm以下の刀剣は「短刀」と呼ばれています。

太刀と打刀が最も値段が高く、短刀はその半分くらいで、脇差は3割が相場です。もちろん、作品の出来栄えや刀工、時代などの要素により大きく変わってきますので、単純に刃長の長いものが高価というわけではありません。しかし脇差や短刀は比較的手頃な価格が多く、なかには数万円で購入できるものもありますので、はじめて日本刀を手にするという方にもおすすめです。

日本刀の種類による刃長の違い(一例)

日本刀の種類による刃長の違い(一例)

名のある刀工の作品は高価

日本刀を鍛えた刀工によっても値段には差があり、有名な刀工や人気の高い刀工の作品は高くなります。

さらに、日本刀の出来栄えによって刀工を格付けした「位列」(いれつ)も値段に影響する評価基準です。位列には「最上作」、「上々作」、「上作」、「中上作」、「中作」の5段階があります。

また、日本刀の切れ味を基準とした刀工の評価もあり、これは江戸幕府の試し斬り役を務めた「山田浅右衛門吉睦」(やまだあさえもんよしむつ)が、刀工ごとに作品の切れ味を分類して「懐宝剣尺」(かいほうけんじゃく)という書物にまとめました。

そこには最も切れ味の優れた「最上大業物」から、「大業物」、「良業物」、「業物」、「大業物・良業物・業物混合」までが記載され、刀工の評価基準となっています。

1876年(明治9年)3月18日に発布された「廃刀令」(はいとうれい)以降に制作された日本刀を指す「現代刀」でも、重要無形文化財保持者(人間国宝)クラスの刀工の作品は、200万円を超えることも珍しくありません。

刀剣・日本刀の市場価値

平安時代中期に登場した日本刀は、それまで用いられてきた剣や直刀の大刀(たち)に取って代わる武器として戦場で活用されてきました。戦国時代が幕を閉じ、平和な江戸時代が訪れると、日本刀は武士の象徴として受け継がれていくことになります。

現代では伝統的な価値を持つ美術品として尊ばれているため、傷や錆のない状態の良い作品に高値が付けられる傾向にあり、江戸時代以降に作刀された「新刀」では、保存状態の良い在銘の作品が求められますが、戦国時代以前に作刀された「古刀」においてはその限りではありません。傷や研ぎ減りが見られる無銘の作品でも、新刀よりも古刀の方が高値で取引され、さらに現代でも人気の高い有名武将が所有した日本刀や、印象的な逸話を持つ日本刀は相場よりも高い値段で取引が行なわれます。

また、歴史漫画の主人公が使う日本刀と同じ刀工の作品や、ゲームで人気を博す流派や刀工の作品は高い注目を集め、値段も高くなっているのです。

日本刀の市場価値もまた、社会情勢や流行によって左右されることは間違いありません。

刀剣情報を見る

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」 刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」
刀剣ワールドでは、美術的に価値の高い刀剣や甲冑(鎧兜)にまつわる様々なコンテンツを公開しています!
名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク) 名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)
名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)では、重要文化財などの貴重な日本刀をご覧頂くことができます。

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣販売・日本刀販売」は、お住まいの地域の全国刀剣商業協同組合の会員として登録されている刀剣商(刀剣店)のうち、刀剣販売・日本刀販売を行なっている刀剣商(刀剣店)を検索できます。
刀剣販売・日本刀販売についてのお役立ち情報も掲載しておりますので、刀剣購入の際や、お住まいの地域にある刀剣商(刀剣店)の店舗情報としてもご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
全国の刀剣施設情報
全国の刀剣施設情報