時代と共に徐々に形を変え、各時代の歴史人達を魅了してきた日本刀。そんな名刀を生み出した名工達にスポット当てた「五箇伝の名工」では、名工の歴史や、こだわり、特徴などを刀工別にご紹介します。

大和伝の名工

大和伝では、日本刀の制作が最も古い時代行なわれていたと考えられています。大和伝は寺社とのかかわりが密接であり、僧兵の需要に応じて造られました。そのため、実用重視ともとれる無骨ともいえる姿が特徴です。

大和伝の流派

大和伝(やまとでん)は、活躍の場が政治の中心地・大和国(やまとのくに:現在の奈良県)だったことにより、常に都の政治の影響を受け盛衰してきました。「大和鍛冶」(やまとかじ)として名が残っている「大和五派」(やまとごは)には…

詳細はこちら
大和伝の流派

山城伝の名工

「山城伝」は、都があったことから宮中を中心として刀剣の需要があり、実用性より美しさが求められていました。そのため、「山城伝」では優美な姿や、「うるおい」がある地鉄(じがね)といった美しさを強く感じさせる刀剣が多く作られたのです。

山城伝の流派

「山城伝」(やましろでん)とは、平安時代後期以降に「山城国」(やましろのくに:現在の京都府)で輩出された刀工やその一派による日本刀の制作法です。794年(延暦13年)の「平安京」遷都(せんと:都を他の地に移すこと)によっ…

詳細はこちら
山城伝の流派

備前伝の名工

「備前伝」は古刀期において、全国一の刀剣生産量でした。これは、素材として良質な砂鉄が取れることに加え、流通においても山陽道や瀬戸内海といった、都への供給に適していたことに由来します。長い歴史を経て様々な流派が発展した「備前伝」は日本刀文化の中心的存在と言えるでしょう。

長船鍛冶の歴史

「備前長船」(びぜんおさふね)とは、備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)の刀工流派。今で言う、日本刀の一流ブランドです。中でも、「長光」(ながみつ)・「真長」(さねなが)・「景光」(かげみつ)の3人は、鋒(きっさき)の中…

詳細はこちら
長船鍛冶の歴史

長船鍛冶

備前国(びぜんのくに:現在の岡山県南東部)は、古来より鉄資源に恵まれた刀剣王国です。質・量ともに全国1位を誇り、刀匠の数も突出して多く、現存する名刀の70パーセントが備前の物と言うことからも、その繁栄ぶりが窺えます。中で…

詳細はこちら
長船鍛冶

備前伝の流派

「備前伝」(びぜんでん)とは、平安時代から室町時代に、日本一の日本刀の産地として栄えた「備前国」(びぜんのくに:現在の岡山県東部)と、その近辺で輩出された刀工やその一派による日本刀の制作法です。特に、備前国を南北に流れる…

詳細はこちら
備前伝の流派

相州伝の名工

「相州伝」は、鎌倉時代に政権が鎌倉に移ったことがきっかけで隆盛します。刀工の中で最も有名な「正宗」は「相州伝」の刀工であり、日本刀の技術を大幅に飛躍させたのも「相州伝」です。そのため、現存する数は少ないものの、相州伝は日本刀の歴史に大きな影響を与えました。

正宗十哲

日本刀の歴史の中でも、とりわけ名刀が多く作られたのが、鎌倉時代です。そして、その鎌倉時代後期に登場したのが、かの有名な「正宗」(まさむね)。正確な生没年も不明であり、銘入りの作品が極めて少ないことなどから、その存在自体を…

詳細はこちら
正宗十哲

貞宗三哲

「正宗」(まさむね)の弟子のひとり「貞宗」(さだむね)もまた、日本刀史上に多大な影響を与えた人物として知られています。相州伝を目指した後代の刀匠たちは、貞宗を模した「貞宗写し」に取り組みました。この貞宗の下にも技術力の高…

詳細はこちら
貞宗三哲

正宗

「正宗」(まさむね)は、「相模国」(さがみのくに:現在の神奈川県)で鎌倉時代末期から南北朝時代初期に活躍した刀工です。名刀を鍛える刀工として世間一般にも広く周知されており、日本刀の歴史の中でも、最も有名な刀工のひとりと言…

詳細はこちら
正宗

新藤五

「新藤五一派」(しんとうごいっぱ)は、「相模国」(さがみのくに:現在の神奈川県)で鎌倉時代後期に活躍した刀工一派です。「粟田口派」(あわたぐちは)の「国綱」(くにつな)が、「北条時宗」(ほうじょうときむね)に招かれ、「山…

詳細はこちら
新藤五

美濃伝の名工

五箇伝と称される伝法の中で最も新しい時代に興るのが美濃伝です。美濃伝は室町時代後期に盛んになるのですが、美濃の周辺に織田信長や斎藤道三、徳川家康といった群雄が割拠しており、彼らの強い刀剣需要によって栄えました。

美濃伝の流派

「美濃伝」(みのでん)とは、美濃国(現在の岐阜県)で南北朝時代に誕生し、戦国時代の戦乱期に急激に繁栄した五箇伝の中でもいちばん新しい流派。繁栄の理由は、ちょうど新東海道(現在の東海道線に近い、京都・美濃・尾張・東国ルート…

詳細はこちら
美濃伝の流派

その他の名工

日本刀は、五箇伝以外にも日本各地で作られてきました。各地域においても代表的な刀工や流派は存在し、数々の名工を生み出したのです。

天下三作

「天下三作」(てんがさんさく)とは、「名物三作」(めいぶつさんさく)とも呼ばれており、「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)と言う「名物」(めいぶつ:古来有名で、通名がある日本刀)の日本刀台帳に「天下の3名工」として…

詳細はこちら
天下三作

日本三名匠

日本刀には作者の名前が刻まれています。それは銘(めい)と呼ばれますが、歴史の中で最初に銘が切られたのは、平安時代。「日本三名匠」と呼ばれる3人は、銘が切られている刀鍛冶の中で、最も古い時代の刀匠です。現代まで語り継がれて…

詳細はこちら
日本三名匠

尾張三作

愛知県の尾張地区と言えば、「織田信長」と「豊臣秀吉」の出身地であり、また「徳川家康」にもゆかりのある地域です。彼ら三英傑が活躍した室町末期から江戸初頭というのは、権力の変遷が目まぐるしい激動の時代。そして、刀剣史上でも、…

詳細はこちら
尾張三作

青江派

「青江派」(あおえは)とは、備中国青江(びっちゅうのくにあおえ:現在の岡山県倉敷市)で活躍したとされる刀匠の一派です。隣国である備前国邑久郡長船(びぜんのくにおくぐんおさふね:現在の岡山県瀬戸内市)の「備前長船派」とほぼ…

詳細はこちら
青江派

左文字

「左文字一派」(さもんじいっぱ)は、「筑前国」(ちくぜんのくに:現在の福岡県)で鎌倉時代後期から室町時代初期に日本刀を制作し、活躍した一派です。九州地方で最も卓越した技巧を持つ一門とされています。筑前国のある九州地方は、…

詳細はこちら
左文字

村正

「村正」(むらまさ)は、伊勢国桑名郡(いせのくにくわなぐん:現在の三重県桑名市)で室町時代から江戸時代初期にかけて活躍した刀工一派です。徳川家の人間の死や負傷にかかわった凶器が、ことごとく村正の日本刀だったことから「妖刀…

詳細はこちら
村正

日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド」では、日本刀・甲冑に関する様々な情報を掲載しています。こちらの「五箇伝の名工」では、様々な歴史人に愛され、そして今もなお人々を魅了する名刀を生み出した「名工」にスポットを当てました。ひと口に日本刀と言っても、実は1,000年以上にわたって制作されている日本刀。それぞれの時代によって形などが少しずつ違います。流派によっても特徴は様々。「五箇伝の名工」では、それぞれの名工の歴史、こだわり、特徴などの詳しい情報を名工別にまとめてご紹介しています。各名工の流派や活躍した時代もひと目で分かるように掲載致しました。 また、「刀剣ワールド」では、他にも様々な日本刀にまつわるエピソードやゲームアプリなどをご用意していますので、そちらも併せてお楽しみ下さい。

もっと見る▼
ページトップへ戻る