有名な武将・偉人と日本刀は密接な関係があります。 「歴史の偉人と日本刀」では、武将・偉人のエピソードや、関連のある日本刀(刀剣)をご紹介します。

武将・偉人

日本刀に関係のある武将・偉人を時代順にご紹介します。

坂上田村麻呂

坂上田村麻呂
「坂上田村麻呂」(さかのうえのたむらまろ)は、平安時代に活躍した武将。桓武天皇より征夷大将軍に任命され、大和朝廷が異民族と見なしていた東北地方に住む「蝦夷」(えぞ)を平定した人物です。「毘沙門の化身」と恐れられた田村麻呂の人物像と、彼にまつわる名刀についてご紹介します。
詳細はこちら

足利尊氏

足利尊氏
室町幕府の初代将軍(在位:1338~1358年)である「足利尊氏」(あしかがたかうじ)。 この足利将軍家の重宝として伝わった日本刀(刀剣)として、「二つ銘則宗」(ふたつめいのりむね)や「鬼丸国綱」(おにまるくにつな)などが挙げられます。 ここでは、尊氏の歴史とともに愛刀をご紹介します。
詳細はこちら

楠木正成

楠木正成
「楠木正成」(くすのきまさしげ)ゆかりの日本刀(刀剣)は、国宝「小竜景光」(こりゅうかげみつ)。 「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)による鎌倉幕府の打倒計画に参加した正成は、「太平記」にも描かれている程です。正成の歴史の一部と日本刀(刀剣)をご紹介します。
詳細はこちら

新田義貞

新田義貞
「新田義貞」(にったよしさだ)と言えば、難攻不落の鎌倉幕府を滅ぼした凄い人物。南北朝の動乱においては、南朝の「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)側に付き、ライバル・足利尊氏(あしかがたかうじ)と対立します。「日本一の至誠の武将」と言われた悲劇のヒーロー・新田義貞の生涯に迫ります。
詳細はこちら

足利義満

足利義満
京都にある「金閣寺」は、現代においても有名な建物です。公家文化と武家文化が融合した華やかな北山文化の象徴として、国内外の人が観光で訪れています。この金閣寺を建立した足利義満の経歴と、彼が所持したと伝えられる日本刀(刀剣)をご紹介します。
詳細はこちら

明智光秀

明智光秀
「明智光秀」と言えば、我が国史上最大のクーデター「本能寺の変」を首謀した人物。織田信長に謀反を起こした「主君殺し」・「逆賊」と嫌われている印象が強い反面、頭脳明晰で教養も深く、気配りのできる愛妻家だったという一面も。光秀の人物像と、彼にまつわる名刀についてご紹介します。
詳細はこちら

朝倉教景

朝倉教景
「朝倉教景」(あさくらのりかげ)は、戦国時代の武将で、越前国(えちぜんこく:現在の福井県)の戦国大名・朝倉氏の家臣です。朝倉家当主3代に亘って事実上の当主に近い政務を行ない、その時代に朝倉家は全盛期を迎えました。「教景」は、朝倉氏の重要な諱(いみな:実名)で、複数名が名乗っているので、ここでご紹介する「教景」は、区別のため出家後の名である「朝倉宗滴」(あさくらそうてき)と呼びます。
詳細はこちら

池田輝政

池田輝政
「池田輝政」は姫路城の大規模改築や「岐阜城の戦い」などで有名な武将です。この輝政ゆかりの刀剣では、国宝の「大包平」や重要文化財の「池田来国光」をはじめ、数多く存在します。では、これらの刀剣は輝政とどのような関係があったのでしょうか。輝政の経歴と共にご紹介します。
詳細はこちら

石田三成

石田三成
石田三成と言えば、徳川家康と戦った「関ヶ原の戦い」を思い出す人も多いと思いますが、軍事と言うよりは、豊臣秀吉の政務担当として、政治や経済面で優れた能力を発揮しました。そんな石田光成にも、つねに腰にしていた愛刀がありました。ここでは、石田三成の生涯とその愛刀についてご紹介します。
詳細はこちら

上杉謙信

上杉謙信
上杉謙信は、誰もが知る戦国最強の武将です。 また、謙信は日本刀(刀剣)の愛好家としても知られ、謙信所有の日本刀(刀剣)はどれもすばらしい物だと言われます。ここでは、謙信が戦国時代最強の武将と言われるまでの生い立ちと、名刀についてご紹介していきます。
詳細はこちら

織田信長

織田信長
「織田信長」は、日本で最も有名な武将のひとりです。信長は、「桶狭間の戦い」や「長篠の戦い」を代表とする数々の戦いを勝ち抜いてきた名将として有名ですが、無類の日本刀(刀剣)好きとしても広く知られており、数多くの日本刀を所持していました。今回は、信長の経歴と共に、信長ゆかりの日本刀をご紹介します。
詳細はこちら

加藤清正

加藤清正
「加藤清正」ゆかりの日本刀(刀剣)は、「加藤国広」、「同田貫正国」(どうたぬきまさくに)と国宝「日光助真」(にっこうすけざね)の3振り。「賤ヶ岳の戦い」(しずがたけのたたかい)や「朝鮮出兵」、「関ヶ原の戦い」などで活躍した清正とどのような関係があったのでしょうか? 清正の歴史とともにご紹介します。
詳細はこちら

黒田官兵衛

黒田官兵衛
「黒田官兵衛」ゆかりの日本刀は、国宝「圧切長谷部」(へしきりはせべ)、国宝「日光一文字」(にっこういちもんじ)と国宝「菊一文字」(きくいちもんじ)の3振り。「豊臣秀吉」の側近として、数々の知略と戦術で少ない兵力で勝利を収めた官兵衛ですが、その生涯とどのような関係があったのでしょうか?官兵衛の歴史と共にご紹介します。
詳細はこちら

小早川秀秋

小早川秀秋
天下分け目の「関ヶ原の戦い」において、東軍の勝利を決定付けたのが、「小早川秀秋」(こばやかわひであき)の寝返りだと言われています。ここでは、秀秋の人物像と、彼にまつわる名刀についてご紹介します。
詳細はこちら

伊達政宗

伊達政宗
「遅れてきた武将」・「最後の戦国大名」。後世の私たちは「伊達政宗」をこう呼びます。彼があと20年、いやせめて10年早く、東北ではなくもう少し京の近くに生まれていたら、歴史は大きく変わり、あるいは彼が天下を取っていたかもしれないと言われているからです。それ程の器量の持ち主である政宗の人物像と、彼にまつわる愛刀についてご紹介します。
詳細はこちら

徳川家康

徳川家康
「徳川家康」(とくがわいえやす)は、戦国から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名で、天下を統一し、江戸幕府の初代征夷大将軍になりました。家康として伝わる、でっぷりとしたタヌキ親父のような肖像画からは想像できませんが、家康は武芸の達人で、剣豪だったと言われています。
詳細はこちら

豊臣秀吉

豊臣秀吉
農民の子から大出世を果たし、天下統一を成し遂げた豊臣秀吉。現代でその名を知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。「水攻め」や「兵糧攻め」など、日本刀は極力使わない戦術を採る秀吉でしたが、無類の名刀コレクターでもありました。ここでは、天下人 豊臣秀吉の生涯と、秀吉がこよなく愛した日本刀についてご紹介します。
詳細はこちら

直江兼続

直江兼続
「直江兼続」(なおえかねつぐ)は、戦国時代の越後(現在の新潟県)及び会津(現在の福島県)の大名であり、のちに米沢(現在の山形県)の藩主となった上杉家の家老です。戦国屈指の武将で、内政にも長けていた上杉謙信亡き後の上杉家を支え、発展させた名家老として知られています。
詳細はこちら

本多忠勝

本多忠勝
「本多忠勝」(ほんだただかつ)と言えば、徳川家康の側近として、江戸幕府樹立に貢献した「徳川四天王」のひとり。四天王の中でも、屈指の剛勇の者として知られています。そんな忠勝が戦場で手にしていたのが槍。長さ2丈(約606cm)、刃長1尺4寸4分5厘(約43.7cm)の「蜻蛉切」(とんぼきり)は、家康の「守護槍」とも言うべき存在。また、晩年に入手したと言われているのが「中務正宗」(なかつかさまさむね)でした。この2振りは、忠勝の生き様も映し出している名刀です。
詳細はこちら

前田利家

前田利家
「前田利家」は、「加賀百万石」と称される加賀藩の礎を築いた人物。織田信長、豊臣秀吉に仕え、両武将の発展を支えてきました。ここでは利家の経歴と、利家にゆかりのある日本刀をご紹介します。
詳細はこちら

松永久秀

松永久秀
「松永久秀」(まつながひさひで)は乱世の「梟雄」(きょうゆう)と呼ばれ、悪役のイメージが強い武将です。そんな松永久秀はどのようなことを成し、悪役のイメージが定着したのか、また彼に関する日本刀についてもご紹介します。
詳細はこちら

沖田総司

沖田総司
「沖田総司」(おきたそうじ)は、江戸時代末期の武士で、幕末の京都の警察組織である「新選組」(しんせんぐみ)最強の剣豪です。労咳(ろうがい:結核)により夭折(ようせつ)した天才剣士という彼の悲劇的な生涯は、小説や映画、ゲームなどの世界で「薄幸の美青年」と脚色されて描かれてきました。
詳細はこちら

勝海舟

勝海舟
幕末・明治の政治家である「勝海舟」(かつかいしゅう:1823[文政6年]~1899年[明治32年])。山岡鉄舟(やまおかてっしゅう)・高橋泥舟(たかはしでいしゅう)とともに「幕末三舟」と言われました。 この勝海舟の愛刀として伝わった日本刀(刀剣)として、抜かれることがなかった「水心子正秀」(すいしんしまさひで)や徳川慶喜から贈られた「海舟虎徹」(かいしゅうこてつ)などが挙げられます。 ここでは、勝の歴史とともに愛刀をご紹介します。
詳細はこちら

西郷隆盛

西郷隆盛
2018年(平成30年)にNHK大河ドラマ「西郷どん」が放送され、再び脚光を浴びることになった西郷隆盛。日本人であれば、一度は彼の名を聞いたことがあると思います。誰もが認める偉人である一方、「西郷さん」などと親しみを持って呼ばれる、不思議な人物です。そこで今回は、彼の詳しい生涯やエピソード、そして、少年時代に負った傷によって日本刀(刀剣)を握れなくなっていたにもかかわらず、趣味としていた刀剣収集についてご紹介します。
詳細はこちら

坂本龍馬

坂本龍馬
幕末の志士として人気の高い「坂本龍馬」。小説をはじめ、ドラマ・映画で何度も取り上げられ、好きな偉人や尊敬する歴史上の人物といったアンケートでも必ず上位にランクインしています。知名度の高い龍馬ですが、実際どのような人生を送ったのか、深く知らない人も多いでしょう。ここでは、坂本龍馬という人物について、彼の愛刀とともにご紹介します。
詳細はこちら

土方歳三

土方歳三
ドラマや小説、漫画やゲームなどの登場人物として、没後100年経っても愛されている土方歳三(ひじかたとしぞう)。「新撰組」を盤石な組織にするために、規律を破る者は容赦なく切腹させ、「鬼の副長」と呼ばれていました。彼の生涯とは、どんな物だったのでしょうか。愛刀が持つ逸話とともにご紹介します。
詳細はこちら
城ワールド 城ワールド
日本全国のお城や城跡を検索できる国内最大級の情報サイト
  • 城と武将~武将列伝~

    日本全国にある多くの城と、城に縁のある武将をご紹介。

  • 歴史上の偉人

    日本の歴史に登場する戦国武将をイラスト付きでご紹介します。

日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは「歴史の偉人と日本刀」の一覧ページです。
一口に日本刀と言っても、実は歴史が長い日本刀。あなたが知らない新事実もまだまだたくさんあるかもしれません。日本刀・甲冑に関する様々な記事があるので、ぜひご覧下さい。また、刀剣ワールドでは、他にも様々な日本刀に関する様々なコンテンツをご用意しております。刀剣ワールドをご覧頂き、日本刀についての新しい知識を学んで下さい!

もっと見る▼
ページトップへ戻る