刀剣四文字熟語集

日本刀は武家の表道具として、生活の一部であったことから、長い間大切にされてきました。普段何気なく使っている言葉の中にも、日本刀が由来になっている四文字熟語は数多くあります。刀剣にまつわる四文字熟語をイラスト付きでご紹介します。

文字サイズ

あ・か行

天叢雲剣

あめのむらくものつるぎ

三種の神器に数えられる刀剣のこと。天皇家が受け継いできた皇位継承の証。

天叢雲剣

一刀三礼

いっとうさんらい

仏像を彫る際に、一度彫るごとに三度礼をしたことから、深い敬意を持って仕事をすることを意味する。

一刀三礼

一刀両断

いっとうりょうだん

一太刀で真っ二つに切り裂くことから、物事をためらわず、すみやかに処理することを意味する。

一刀両断

鉛刀一割

えんとういっかつ

切れ味の悪い鉛の刀でも、一回なら何かを断ち切ることができるように、
凡人にも一度くらいは力を発揮する機会があることを意味する。

鉛刀一割

快刀乱麻

かいとうらんま

絡み合った麻をあっさりと断ち切るように、複雑な問題を華麗に解決することを意味する。

快刀乱麻

干将莫邪

かんしょうばくや

名剣の名で、「干将」が呉の刀鍛冶、「莫邪」がその妻の名前。

干将莫邪

琴心剣胆

きんしんけんたん

琴の心得も、武道の心得もあることから、
風流な心と強さをかね備えた人のことを意味する。

琴心剣胆

剣戟森森

けんげきしんしん

剣や槍といった武器が立ち並んでいるような、激しい性格のことを意味する。

剣戟森森

剣山刀樹

けんざんとうじゅ

地獄にあるとされる、無数の剣が上を向いて刺さっている山や、刀の林のこと。

剣山刀樹

口蜜腹剣

こうみつふくけん

口では良いことを言いながらも、心の中では悪意があることを意味する。

口蜜腹剣

小刀細工

こがたなざいく

小刀を用いて細工を施すように、小手先の策略を講じることを意味する。

小刀細工

さ行

紫電一閃

しでんいっせん

「紫電」とは、刀剣を一振りするときの光のことであり、事態の急激な変化を意味する。

紫電一閃

秋霜三尺

しゅうそうさんじゃく

「秋霜」とは、秋の霜が鋭く光る様子を表している。研ぎ澄まされた美しい刀剣の例え。

秋霜三尺

十年一剣

じゅうねんいっけん

長期間、剣の技術をはじめとする武道の訓練をし、力を発揮できる機を待つことを意味する。

十年一剣

十年磨剣

じゅうねんまけん

武道の腕を長期間磨き、活躍する好機を待つことを意味する。

十年磨剣

正真正銘

しょうしんしょうめい

偽りがなく本物であることを意味する。「正銘」はもともと、刀に正しい銘が刻まれていることを指す言葉。

正真正銘

笑裏蔵刀

しょうりぞうとう

笑顔の裏に刀を隠し持っている意から、見た目は柔和であるが、心の底はとても陰険なことを意味する。

笑裏蔵刀

真剣勝負

しんけんしょうぶ

「真剣」とは本物の刀のことであり、本気で勝ち負けを争うことを意味する。

真剣勝負

錐刀の利

すいとうのり

「錐刀」と呼ばれる小さな刀のように、わずかばかりの利益を意味する。

錐刀の利

清新剛健

せいしんごうけん

清くさわやかで、刀の材料である鋼のように強靭なさまを意味する。

清新剛健

操刀傷錦

そうとうしょうきん

熟練していない者が刀で錦を切ろうとすると、失敗して錦を傷つけてしまうことから、未熟な人に大切な仕事は任せられないことを意味する。

操刀傷錦

た~ら行

単刀直入

たんとうちょくにゅう

単刀を持って一人で切り込むことから、物事の要点を突くこと。まわり道をしないですぐさま本題に入ることを意味する。

単刀直入

湛盧之剣

たんろのけん

「湛盧」とは、中国の呉の王が持っていたとされる美しい剣のことであり、黒く澄んだ宝剣のこと。

湛盧之剣

丁々発止

ちょうちょうはっし

刀などで、音を立てて打ち合う様子のこと。転じて、激しい議論を行なうことを意味する。

丁々発止

刀耕火種

とうこうかしゅ

山林を伐採し、草木を焼き払ったあとに種を蒔く農耕手段のこと。

刀耕火種

刀光剣影

とうこうけんえい

刀が光り、剣の影が見える程、いつ争いが起こってもおかしくない切迫した状況のことを意味する。

刀光剣影

刀槍矛戟

とうそうぼうげき

刀、槍、矛、戟などの武器のこと。

刀槍矛戟

銅頭鉄額

どうとうてつがく

刀や槍を通さない程の甲冑の兵士のことを指し、きわめて勇猛であることを意味する。

銅頭鉄額

弩張剣抜

どちょうけんばつ

弩を張り、剣を抜くことから、戦いが始まる前のような緊張感のこと。また、書道において筆跡に勢いがあることを意味する。

弩張剣抜

呑刀刮腸

どんとうかっちょう

刀を飲み込んで悪い部分を身体から削り取るように、心を入れ替えて善人になることを意味する。

呑刀刮腸

長刀会釈

なぎなたあしらい

長刀で敵を払うように、相手に対してずさんな対応をすることを意味する。

長刀会釈

売剣買牛

ばいけんばいぎゅう

刀を売って牛を買うことから、戦争をやめて農業に力を入れることを意味する。

売剣買牛

名字帯刀

みょうじたいとう

名字を名乗り、日本刀を持つという武士特有の権利が、功績などによって平民にも許されたこと。

名字帯刀

流星光底

りゅうせいこうてい

日本刀を振り下ろす閃光を、流星に例えたことから、一瞬のきらめきを意味する。

流星光底

両刀論法

りょうとうろんぽう

大小二つの刀のように、相反する二つの選択肢のうち、どちらを選んでも不利益が生じることを意味する。

両刀論法

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣四文字熟語集」のページです。
こちらでは、刀剣や歴史にまつわる四文字熟語を、どなたにも分かりやすいようイラスト付きでご紹介しております。あなたが何気なく使っていた四文字熟語が、思わぬところで繋がっているかもしれません。
バーチャル刀剣博物館の掲載内容は、日本刀・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
ページトップへ戻る