• 未鑑定
  • 室町時代

じゅうもんじやり むめい

十文字槍 無銘(牛角十文字槍)

十文字槍 無銘(牛角十文字槍)

は、室町時代末期に美濃国武儀郡鞍智郷関村(現在の岐阜県関市)で制作された「牛角十文字槍」(ぎゅうかくじゅうもんじやり)です。

十文字槍は、姿形によっていくつかの種類があり、本槍のように、両方の枝刃がわずかに湾曲しており、その形状が牛の角に似ている物を、牛角十文字槍と呼びます。

本槍は、非常に洗練された姿をした入念作。地鉄(じがね)は小杢目肌(こもくめはだ)に柾目肌(まさめはだ)が混じり、刃文互の目(ぐのめみだれ)に尖り刃を焼く、「末関物」(すえせきもの)の特徴がよく現われています。

関物」とは、五箇伝のひとつである「美濃伝」の一流で、美濃国武儀郡鞍智郷関村に在住した刀工集団が作刀した刀剣のこと。特徴としては、芸術性よりも実用性が重視され、特に末関物と呼ばれる物は、刀剣需要が高まった戦が頻発する時代に大量生産され、実戦で活用されていました。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
室町時代
刀剣種別 刀剣種別
刀工 刀工
-
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
美濃伝
(美濃国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
20.6
反り 反り
(cm)
0
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「十文字槍 無銘(牛角十文字槍)」の関係についてご紹介します。

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「十文字槍 無銘(牛角十文字槍)」は室町時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード