岐阜県関市は世界でも有数の刃物の産地。日本刀(刀剣)の流派「美濃伝」の本拠地として知られる関市の日本刀(刀剣)は、かつての戦国武将にも「美濃刀」として愛されてきました。約700年にも亘って鍛刀技術が継承され、数々の名刀も生み出した関市について、①「歴史」、②「刃物の特長」、③「催事・祭事」、④「刃物と観光」という4つの観点からご紹介。刃物の町の魅力に触れてみて下さい。

関市における刃物の歴史

関市に鍛刀技術が伝わったのは鎌倉時代です。それから、鍛刀技術は室町、戦国、明治といった時代を超えて、現在まで継承されてきました。関市における刃物の歴史を振り返るとともに、町の現在、そして未来についてご紹介します。

美濃伝の起源~鎌倉時代~

美濃伝の起源~鎌倉時代~

近日公開
関(現在の岐阜県関市)における日本刀(刀剣)作りの技術は、鎌倉時代後期から室町時代初期に伝承されたと伝わります。室町時代には南北朝争乱もあり、関の刀鍛冶は確立され発展したのでした。ここでは室町時代、関の日本刀(刀剣)作りはどのように発展を遂げたのか、1467年(応仁元年)の「応仁の乱」が起こるまでの室町時代に絞って、その歴史を振り返ります。
詳細はこちら
戦国時代には日本刀(刀剣)のニーズが高まり、刀鍛冶の技術はますます磨かれていくことになります。戦国時代をいつからいつまでと区切るのかについては定義がありませんが、ここでは1467年(応仁元年)の「応仁の乱」から、1603年(慶長8年)に徳川家康が江戸幕府を開くまでの約140年間と仮に定義します。この時代の関鍛冶や美濃刀についてご紹介します。
詳細はこちら
「散切り頭を叩いてみれば文明開化の音がする」のフレーズに象徴されるように、明治時代は長く続いた武家制度が廃止された時代。日本刀(刀剣)をはじめとする刀の需要が激減しました。変化の時を迎えた、明治時代における関(現在の岐阜県関市など)の刀剣産業についてご紹介します。
詳細はこちら
鎌倉時代から積み重ねられてきた岐阜県関市の刀剣技術。2度の戦争を経験した大正・昭和時代には、新たな転換期を迎えます。ここでは戦時中と戦後、関市の刃物産業がどのような変化を遂げたのかをご紹介します。
詳細はこちら
鎌倉時代から歴史を紡いできた、岐阜県関市における日本刀(刀剣)作りの技術。国内で争乱や戦争がなくなった平和な時代になった今、伝統の技を受け継ぐ刀匠たちはどのような活動を行なっているのでしょうか。今回は、関市における刀匠の現在や、活動などについてピックアップしてご紹介します。
詳細はこちら
関市は、鎌倉時代から美濃伝の本拠地として、日本刀(刀剣)作りの技術を培ってきました。そして、その技術は様々な刃物に活かされ、関市は「刃物の街」として知られるようになっています。そんな関市の刃物は、世界中から高く評価され、世界各国へ供給されるまでになりました。 戦国の世から、平和な時代へと日本が移り変わり、日本刀(刀剣)が武器としてのニーズを失ってから、これまで関市の刃物はどうやって世界へ市場を広げてきたのでしょうか。また、世界を視野に入れた関市の新しい活動などをご紹介します。
詳細はこちら

関市における刃物の特長

関市の刃物は数々の特長を持っています。切れ味の鋭さ、芸術性の高さ、刀身の頑丈さなどです。こういった特長がどのようにして育まれたのかに関連する、「関で活躍した名工」、「関に伝わる鍛刀法」などについて、ご紹介します。

刃物の町として全国に知られる岐阜県関市。関に日本刀(刀剣)の本格的な制作技術が伝わったのは鎌倉時代です。当時、刀工達がこの地域に惹き付けられたのは、日本刀(刀剣)を作るのに理想的な風土条件が揃っていたことが理由のひとつと考えられています。では、日本刀(刀剣)作りにとって理想的な風土条件とはどのようなものだったのでしょうか。かつての岐阜県関市近辺の風土について振り返ってみましょう。
詳細はこちら
美濃伝の名工・和泉守兼定

美濃伝の名工・和泉守兼定

近日公開
全国に知られる岐阜県関市の刃物。鎌倉時代から現代に至るまで、数々の優れた刀剣職人達が輩出されてきましたが、なかでも有名なのが和泉守兼定と孫六兼元です。ここではそのうち、孫六兼元についてご紹介します。
詳細はこちら
日本刀(刀剣)を製造する技術のことを鍛刀法と呼びます。鉄を打ち、鍛え、日本刀(刀剣)にするためこの呼び名となりました。日本刀(刀剣)は刀鍛冶や刀工と呼ばれる職人の技術、さらに地域ごとにより、いろいろな鍛刀法があります。いくつかある鍛刀法のなかで、最も難しいとされる四方詰めとは、どんな鍛刀法なのでしょうか。
詳細はこちら
岐阜県関市にある春日神社。関鍛冶の守護神とされる神社で、奈良にある春日大明神より勧請(かんじょう)して、関に建立されました。日本には山城、大和、備前など五箇伝と呼ばれる日本刀(刀剣)の生産地があります。その中のひとつが関で作られる美濃伝。関は五箇伝で唯一、鍛冶仲間で作られた鍛冶座と呼ばれる自治組織があったことで知られています。なぜ、刀鍛冶達だけで組織を作り、しかも今日まで途切れることなく日本刀(刀剣)作りを行なうことができたのか。その秘密を読み解くには、七流と呼ばれる流派、さらに関鍛冶の守護神である春日神社について知る必要があります。
詳細はこちら

関市における刃物の催事・祭事

約700年にも亘って刃物を作り続けてきた関市。長い歴史のなかで、「関市刃物まつり」、「刃物の日・刃物供養祭」、「古式日本刀鍛錬打ち初め式」などの刃物についての催事や祭事を生み出しました。刃物の町で行なわれる催しについて、ご紹介します。

「刃物のまち」と呼ばれる岐阜県「関市」では、毎年10月に「関市刃物まつり」が開催されます。関市は、世界的な刃物の一大産地と知られており、関市と刃物は強くつながっています。 そんな関市の一大イベントである「関市刃物まつり」には毎年20万人以上の人々が来場。様々な催しが開かれており、中でも関市の刃物企業や刃物店が、何店舗も軒を連ねて高品質な刃物をリーズナブルな価格で販売する「刃物大廉売市」はもっとも賑わいを見せ、刃物の購入をするためにプロの料理人も全国から集まるほど魅力がいっぱいです。 ここでは2日間に亘って開催される「関市刃物まつり」の歴史から見どころについて詳しくご紹介します。
詳細はこちら
刃物の町として知られる岐阜県関市では、毎年11月8日に「刃物供養祭」を開催。この日、刃物業に携わる人々は鋼や火をつかさどる神々に祈りを捧げます。かつてこの時期に鍛冶師の伝統行事「鞴祭」(ふいごまつり)が行なわれていたことと、「いい刃」の語呂合わせで、11月8日は「刃物の日」。そんな刃物と深いかかわりを持つ関市ならではの記念日「刃物の日」について、その由来や歴史などを詳しくご紹介します。
詳細はこちら
関市の「古式日本刀鍛錬打ち初め式」とは、関市の刀工らが、年初である1月2日に日本刀(刀剣)の鍛錬を奉納し、仕事と繁栄を祈念する行事です。関市の「古式日本刀鍛錬打ち初め式」は、刀匠らの仕事始めの儀式でもありますが、迫力のある鍛錬の様子を一般の見学者が間近で見ることできる貴重な機会にもなっています。このページでは、そもそも日本刀鍛錬とはどういうものなのかという説明や、また「古式日本刀鍛錬打ち初め式」を見学するために事前に知っておきたい知識や情報をまとめました。その他「古式日本刀鍛錬打ち初め式」で行なわれる内容や流れも網羅。鍛錬の音が、刃物の街「関市」に新春の訪れを告げる「古式日本刀鍛錬打ち初め式」について、詳しくご紹介します。
詳細はこちら

関市における刃物と観光

昔、日本刀(刀剣)を大量生産していた関市ですが、現在では剃刀、包丁などの家庭用刃物を主に生産しています。また、「関鍛冶伝承館」や「フェザーミュージアム」などの観光施設や、日本刀(刀剣)にまつわるキャンペーンも開催。関市の刃物にまつわる産業や観光についてご紹介します。

鎌倉時代に誕生したと伝えられる、関市の刀鍛冶。700年を超える歴史と技の伝承を目的として設けられたのが、関鍛冶伝承館です。関市の刀匠が鍛えた日本刀(刀剣)を所蔵・展示する同施設について紹介します。
詳細はこちら
九州から刀匠「元重」が移り住み、関市で初めて日本刀(刀剣)が作られたのは鎌倉時代。その後、室町時代には孫六兼元、兼定といった有名な刀匠を輩出しました。明治時代以降は家庭用刃物の生産に転向したものの、関市は今も刃物の町としてその名を知られています。 質の高い家庭用刃物を作る関市は、家庭用刃物の全国シェアの50%近くを占め、全国1位です。日本刀(刀剣)の時代から移り変わっても、包丁、ハサミ、ナイフなどの家庭用刃物の生産にシフトし、刃物産業を支え続ける関市。そんな刃物産業の中で重要な一角を担う関市の家庭用刃物についてご紹介します。
詳細はこちら
刃物の町として知られる岐阜県関市。その歴史は、鎌倉時代にはじまった日本刀(刀剣)の鍛造にあります。室町時代には孫六兼元、兼定という刀匠を輩出しており、多いときには300人を超える刀匠がいたと伝えられています。その後、明治時代以降に家庭用刃物の生産に転向し、現代でも包丁やハサミといった家庭用刃物の需要に応えています。そして関市の家庭用刃物は、日本だけでなく、世界中に供給されています。そんな日本刀(刀剣)を起源に発展した関市の刃物産業界。歴史を受け継ぎつつ、現代につむがれた関市の刃物産業の企業は様々で、企業形態も多種多様です。
詳細はこちら
日本のほぼ中央に位置する岐阜県関市。2014年(平成26年)の刃物製品の出荷額は369億円、同年の輸出額は106億円(出典:岐阜県輸出関係調査、平成29年度[関市の工業])を誇ります。名実共に、日本の刃物産業を支えているのが関市です。輸出額はピーク時の1985年(昭和60年)より減少していますが、日本を代表する刃物の産地であることに変わりはありません。 鵜飼いと清流で有名な長良川の中流部にあり、人口約8万9,000人(2018年[平成30年]4月1日現在)を数える関市で、なぜ刃物産業が勃興したのでしょうか。刀匠が関市に移り住んだところから始まる関市の刃物産業の歴史。こちらのページでは、関市独特の刃物産業の構造をご紹介しましょう。
詳細はこちら
関市の刃物 包丁の製造工程

関市の刃物 包丁の製造工程

近日公開
世界に認められた関市の日本刀

世界に認められた関市の日本刀

近日公開
医療の現場で活躍する関市の刃物

医療の現場で活躍する関市の刃物

近日公開
関市で生まれたフェザー安全剃刀株式会社

関市で生まれたフェザー安全剃刀株式会社

近日公開
世界初の刃物博物館 フェザーミュージアム

世界初の刃物博物館 フェザーミュージアム

近日公開
美濃伝を生んだ関市ならではの日本刀企画

美濃伝を生んだ関市ならではの日本刀企画

近日公開
刃物のまち関市の町並み散策と歴史巡り

刃物のまち関市の町並み散策と歴史巡り

近日公開

五箇伝について詳しくご紹介します。

美濃国の地図

美濃国の地図

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは「美濃伝 関市」のトップページです。
一口に日本刀(刀剣)と言っても、実は歴史が長い日本刀(刀剣)。あなたが知らない新事実もまだまだたくさんあるかもしれません。日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に関する様々な記事があるので、ぜひご覧下さい。
また、刀剣ワールドでは、他にも日本刀(刀剣)に関するコンテンツをご用意しております。刀剣ワールドをご覧頂き、日本刀(刀剣)についての新しい知識を学んで下さい!

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る