• 未鑑定
  • 室町時代

やり めい びっちゅうこくえばらじゅうくにしげさく

槍 銘 備中国荏原住国重作

槍 銘 備中国荏原住国重作

は、江戸時代に制作された「上向片鎌槍」(うわむきかたかまやり)です。

「片鎌槍」とは、真直ぐな穂の片方にだけ鎌が横に出た物、または両方に出ていて、一方が極端に短い槍のこと。また、片鎌槍には上向・下向・横向の3種あり、本槍は「上向片鎌槍」に該当します。

片鎌槍を使用した武将として名高いのが、「加藤清正」(かとうきよまさ)です。元々十文字槍を愛用していた加藤清正ですが、戦中に片鎌のみ折れてしまった物をそのまま使用していたというのは有名な話。

娘「八十姫」(やそひめ)が、「徳川家康」の10男で、のちの紀州徳川初代藩主「徳川頼宣」(とくがわよりのぶ)に輿入れする際、嫁入り道具として持参した加藤清正愛用の片鎌槍が、東京国立博物館に現存しています。

本槍は、備中国(現在の岡山県西部)水田一派の刀工、「荏原住国重」(えばらじゅうくにしげ)による作品。備中国水田一派は、室町時代後期に備中国荏原(現在の岡山県井原市)で興り、江戸時代の新刀期までで、60余名もの同鍛冶師を輩出するほど繁栄した刀工集団です。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「槍 銘 備中国荏原住国重作」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
室町時代
(末古刀)
刀剣種別 刀剣種別
刀工 刀工
国重
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(備中国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
21.5
反り 反り
(cm)
0

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「槍 銘 備中国荏原住国重作」は室町時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード