武将や戦国時代にまつわる芸術品は、刀剣・日本刀や甲冑(鎧兜)以外にも多数あります。
合戦で敵味方を区別する他に、自軍の勢力を誇示する目的で使用された「旗指物」(はたさしもの)もそのひとつ。 大将の居場所が分かるようにするために使われた「馬標」(うまじるし)や、独特な形の物が多い「指物」(さしもの)など、様々な種類が存在します。
戦場で使用する陣具としての一面だけではなく、戦場を彩った美術品としてもご覧下さい。

合戦旗指物・幟の解説イラスト

合戦旗指物 幟の解説イラスト

は、合戦において敵味方を区別するために、平安時代以降から使われています。

当初使われたのは、旗の上部のみに竿を通し、下部は固定しない「流れ旗」でしたが、のちに風の影響を防ぐため、旗を竿に固定する「幟旗」(のぼりばた)が使用されるようになります。

武士のひとりひとりが「指物」(さしもの)を背負うようになったのは、室町時代末期からです。旗の形や模様は様々で、旗だけでなく立体的な「作物」(つくりもの)も登場。
また、甲冑の腰に小さな旗を付ける武士もいました。

合戦において大将の所在を示したのが「馬標」(うまじるし)。大きさによって大馬標と小馬標があり、主家を表す数メートル規模の大馬標は、2~3人で持ちました。

幟旗と馬標イラスト 幟旗と馬標イラスト

指物掲載数90
(掲載予定数 :90 点)
幟掲載数4
(掲載予定数 :4 点)
馬標掲載数5
(掲載予定数 :5 点)
小旗掲載数33
(掲載予定数 : 点)
流れ旗掲載数9
(掲載予定数 : 点)

指物

戦場で自分の階級や所属を相手に示す「指物」(さしもの)は、武士の腰や背中に差したり、従者が持ったりして使われていました。形状も「幟」と同じ物や、四方の形をした物などいくつか存在します。形によって異なる表情を見せる指物をご覧下さい。

自軍の戦力を敵に示したり、敵味方の見分けを付けたりする「幟」(のぼり)。
目的は「流れ旗」と同じですが、その形状に違いがあり、幟は現代でもお店やお祭りの場で見かけることが多い形です。その印象的な幟の姿をお楽しみ下さい。

馬標

自分の階級や所属を相手に示す「馬標」(うまじるし)。馬験、馬幟、馬印とも書きます。
役割は「指物」と同じですが、こちらは武将が自身の居場所を示すために使用していました。威厳溢れる馬標をご覧下さい。

小旗

戦場で目印のために用いられた「小旗」(こばた)。
「指物」、「馬標」よりも小さい布で作られており、「笠標」(かさじるし)、「袖標」(そでじるし)などの種類があります。小旗の魅力をお楽しみ下さい。

流れ旗

長い布の短編に紐を通し、旗竿の先端に吊り上げる「流れ旗」(ながればた)。
戦において自軍の戦力を示したり、敵味方の区別を付けたりするために用いられました。戦場を彩った流れ旗をご覧下さい。

刀剣・日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けする、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「合戦旗指物・幟写真/画像」のページです。
かつて戦場で使われていた旗指物を、「流れ旗」、「幟」、「指物」、「馬標」、「小旗」の種類ごとにまとめ、写真と合わせて解説しました。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード