刀剣ことわざ集

  刀剣ことわざ集

  刀剣ことわざ集

日本刀にまつわることわざをイラスト付きでご紹介します。日本刀は武家の表道具として、生活の一部であったことから、長い間大切にされてきました。普段何気なく使っている言葉の中にも、日本刀が由来になっていることわざは数多くあります。

文字サイズ

あ・か行

匕首に鍔を打ったよう

あいくちにつばをうったよう

「匕首(あいくち)」のような小さい刀に立派な鍔(つば)を付けたような、不釣合いな物のこと。

匕首に鍔を打ったよう

相槌を打つ

あいづちをうつ

鍛冶屋の師匠と弟子がタイミングよく交互に刀を打つように、話し手の調子に合わせて反応すること。

相槌を打つ

雨が降ろうが槍が降ろうが

あがふろうがやりがふろうが

槍が降るような厳しい状況でも、何があっても決行するという意志であると言うこと。

雨が降ろうが槍が降ろうが

一本槍

いっぽんやり

一本の槍しか持たない下級武士が、敵を倒すのに槍を使うしか方法がなかったことから、ただひとつの手段のこと。また、ただひとつの手段を押し通すこと。

一本槍

受け太刀

うけだち

敵からの攻撃を太刀で防ぐことから、口論で一方的にまくしたてられ守りに入ること。

受け太刀

えせ侍の刀弄り

えせざむらいのかたないじり

半人前の侍にかぎって人前で刀を披露するように、実力がない者程、見た目を意識し虚勢を張ること。

えせ侍の刀弄り

押っ取り刀

おっとりがたな

刀を腰に付けずに手に持ったまま急いで駆けつけるように、突然の出来事にあわてること。

押っ取り刀

男は腰の物、女は衣装

おとこはこしのもの、おんなはいしょう

男には腰に付ける刀が必要であり、女には衣装が必要であることから、人によって大切にすべきものが違うということ。

男は腰の物、女は衣装

折り紙つき

おりがみつき

鑑定書である「折り紙」がついた日本刀のように、品質が保証された物のこと。

折り紙つき

快刀乱麻を断つ

かいとうらんまをたつ

よく切れる刀で、複雑にからまった麻を切る如く、複雑に絡み合った問題をものの見事に解決すること。

快刀乱麻を断つ

返す刀

かえすかたな

斬りつけた刀をすばやく翻して他の敵に斬りかかるが如く、ある者を攻撃した勢いを生かして他の者に攻撃すること。

返す刀

影腹を切る

かげばらをきる

歌舞伎などで演者が刀を持ち、観客に隠れて切腹し現れる演技から、痛みを我慢しながら感情を伝える場面のこと。

影腹を切る

刀折れ矢尽きる

かたなおれやつきる

武器である刀や矢が使えなくなるように、状況に対処する手段がなくなってしまうこと。

刀折れ矢尽きる

刀にかけて

かたなにかけて

武士が刀を振るうように、腕ずくで物事を解決しようとすること。または、刀を持った武士の名誉に懸けること。

刀にかけて

刀の錆にする

かたなのさびにする

人間の血液が刀を錆びさせることから、刀で人を斬ることの意。

刀の錆にする

刀の柄前

かたなのつかまえ

刀を差している武士の威厳にかけて、ということ。

刀の柄前

刀を売りて子牛を買う

かたなをうりてこうしをかう

戦で使った刀を売って農業用の牛に換えることから、争いから離れて平和に過ごすこと。

刀を売りて子牛を買う

剃刀に鞘なし

かみそりにさやなし

日本刀に付いているような鞘(さや)が剃刀にはないように、一見あってもよさそうなものが現実にはないこと。

剃刀に鞘なし

代わりばんこ

かわりばんこ

複数の人が交代しながら物事に取り組むこと。鍛冶屋で刀を作るとき、「番子」とよばれる労働者が交代しながら「踏鞴」という送風機を踏んでいたことから。

代わりばんこ

急刃凌ぎ

きゅうばしのぎ

戦場で刀の刃が欠けてもその場にある石で刃を磨いて対処することから、その場凌ぎの工夫で状況を切り抜けること。

急刃凌ぎ

極め付き

きわめつき

「極め書き」とよばれる鑑定書が付いた刀剣の如く、確かな品質を持った物のこと。

極め付き

口に蜜あり腹に剣あり

くちにみつありはらにけんあり

口元では蜜のような甘いことを言いつつも、内心には危険な刀を隠し持っているような悪意を抱いていること。

口に蜜あり腹に剣あり

剣術十年、槍三年

けんじゅつじゅうねん、やりさんねん

剣術を身に着けるには10年、槍術は3年掛かることから、技術を習得するには時間が掛かることの例え。

剣術十年、槍三年

鯉口を切る

こいぐちをきる

すぐに刀を抜けるように、刀を少し引き出しておくこと。

鯉口を切る

郷と化物は見たことがない

ごうとばけものはみたことがない

鎌倉末期の名工で天下三作である「郷義弘(ごうよしひろ)」による刀は少なく、存在するとは言われながらも、化け物と同様に見たことがある人はいないということ。

郷と化物は見たことがない

鐺咎め

こじりとがめ

武士のすれ違いざまに刀の鐺が当たるとき、無礼だとしてそのことを批判することから、ささいなことで相手を責め立てること。

鐺咎め

小手先

こてさき

刀を小手の先で細かく打つように、ささいな機転を利かせること。

小手先

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣ことわざ集」のページです。武家にとって表道具であった日本刀は、武士たちの間でとても大切な物として扱われてきました。私たちが普段使っている言葉の中にも日本刀に関する言葉は多く残っています。あなたが何気なく使っていたことわざが、日常生活と思わぬところで繋がっているかもしれません。 バーチャル刀剣博物館の掲載内容は、日本刀・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
ページトップへ戻る