• 重要刀剣
  • 室町時代

かたな めい むらまさ としつぐ としひろ

刀 銘 村正 俊次 俊広

刀 銘 村正 俊次 俊広

本刀は、「村正 俊次 俊広」と、3人の銘が切られた合作。

村正」とは、伊勢国桑名(現在の三重県桑名市)で3代に渡って繁栄した名工のこと。初代は1501~1504年(文亀年間)、2代は1532~1555年(天文年間)、3代は1573~1592年(天正年間)に活躍し、特に2代は出来が良いと言われています。

「俊次」とは相模国(さがみのくに:現在の神奈川県)の小笠原鍛冶。「俊広」とは、恐らく俊次の兄弟であろうと思われる人物です。

村正には相州伝を思わせる作品があり、合作も多く遺っていることから、積極的に技術的交流を行なっていたと考えられます。

刃文は、大湾れ(おおのたれ)に互の目(ぐのめ)交じり、地鉄(じがね)は板目に杢交じり肌立ちごころで、2代村正の特色をよく示した日本刀身幅が広く、先反りが付き、重ねが薄く、覇気がある、相州伝風の美麗な1振です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
室町時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
村正 俊次 俊広
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(伊勢国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
73.2
反り 反り
(cm)
1.8
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 村正 俊次 俊広」の関係についてご紹介します。

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けする、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「刀 銘 村正 俊次 俊広」は室町時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード