武将や戦国時代にまつわる芸術品は、刀剣・日本刀や甲冑(鎧兜)だけではありません。刀剣・日本刀と同じく、戦で活躍した武具である弓も、解説と写真でご紹介しています。弓や矢籠、矢屏風、鏃(やじり)といった芸術品の数々に触れることで、武器としての歴史的側面のみならず、装飾における美術的価値の高さや魅力についても、ぜひ「弓・矢屏風・鏃写真/画像」からご覧下さい。

弓・矢の解説イラスト

弓・矢の解説イラスト

弓矢は、古くから世界中で使用されてきた狩猟用の武具で、日本の弓矢は「和弓」とも呼びます。
世界の弓矢と比較して特筆すべき点は、長さ2m以上にもなる大きさ。長大なために弓を握る位置が中央ではなく、やや下部であることも特徴のひとつです。

合戦においては、平安時代から戦国時代まで長きにわたり主力の武器として使用され、双方から「鏑矢」(かぶらや)を射る「矢合わせ」が、合戦開始の合図とされていました。

戦が減った江戸時代以降も、弓術は武士のたしなみとして重視されたのです。
元々は狩猟や合戦に用いられた弓矢ですが、神事や呪術などにも使用されるようになり、現代でも「破魔矢」(はまや)や「破魔弓」(はまゆみ)などは、家内安全を願うお守りとして浸透しています。

矢の解説イラスト

弓の解説イラスト

弓掲載数14
(掲載予定数 : 張)
矢籠・矢屏風掲載数8
(掲載予定数 :9 点)
鏃掲載数415
(掲載予定数 :549 本)

鉄砲が普及するまで戦場で活躍した弓は、かつては狩猟道具や武将の主力武器のひとつとして愛用され、時代の流れとともに武道や、祭事など儀式にも用いられるようになりました。美術品としても価値の高い弓をご覧頂けます。

矢籠・矢屏風

木製の枠の間に矢を差して並べる飾り道具「矢屏風」(やびょうぶ)や、矢を携帯するために使用する「矢籠」(しこ)を掲載しています。
日本の歴史における、矢屏風や矢籠の美術的価値の高さ、装飾の美しさをご覧下さい。

「鏃」(やじり)とは矢の先端に取り付けて、矢を射たときに対象へ突き刺さる部位のことです。こちらでは様々な形状の鏃や在銘の鏃、珍しい透かしの鏃などを掲載しています。
歴史上の史料価値の高い鏃をご覧下さい。

刀剣・日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けする、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「弓・矢屏風・鏃写真/画像」のページです。
弓・矢屏風・鏃写真/画像では、「弓」「矢籠」「矢屏風」「鏃(やじり)」などを解説や写真にてご覧頂けます。古くから、戦だけでなく武芸や祭礼などにも使われてきた弓矢をはじめ、矢屏風に施された芸術的な装飾や佇まいを、解説や写真にてお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード