刀剣難解辞典
(工事中)

刀剣難解辞典は、現代でもよく使われる難読・難解な刀剣用語をまとめた刀剣辞典です。各用語ごとに、初心者向けに分かりやすい解説(一部イラスト付)と、上級者向けの詳しい解説の2種類でご紹介しています。刀剣難解辞典を上手に活用し、刀剣への知識向上へお役立て下さい。

用語掲載数
162 件 (掲載予定数 :164 件)

カテゴリから
刀剣の難解用語を検索

カテゴリごとに刀剣の難解用語をご覧頂けます。

状態(じょうたい)

状態

日本刀を愛玩するにも、購入するにも、「状態」は大事です。
人間と同じように、刀剣も健体であったり、疲れていたり、特徴があったりと、コンディションや個性の差があり、同じくそれら表現する言葉が存在します。
刀剣の状態を表す用語を、分かりやすく解説します。

匂(におい)

匂

匂(におい)は、刀剣を焼入れしたときに生まれる働きで、匂口(においぐち)と合わせて、刀剣の良し悪しを決める大切な要素と言えます。
匂や匂口の用語は、刀剣を鑑賞する上で重要な用語のため、丁寧に解説します。

沸(にえ)

沸

沸(にえ)は、匂(におい)と同じく焼入れした時に生まれる働きで、肉眼で見える程の大きい粒子を指し、地鉄にこぼれると地沸(じにえ)と呼ばれます。
相州伝や、その伝法を汲む刀工には、特に重要な働きで、多くの難解な刀剣用語があるのです。
沸の働きや見え方に関する表現を、詳細に解説します。

刃文(はもん)

刃文

日本刀を鑑賞するに際、「刃文」が最初に多くの人の目に留まります。刀工の持ちうる最高の技術で焼きを入れた部分は、白く明るく冴えて、正しく用の美を司っています。
刀工や時代によって、形も種類も千差万別。数多くの表現が存在する刃文の用語を、分かりやすく解説します。

地鉄(じがね)

地鉄

地鉄は、刃文や姿と共に日本刀の美しさを表現する大切な要素の1つです。
粟田口物を「青い」と称したり、古刀と新刀の地鉄の美しさの違いなど、地鉄には数々の表現や、用語が存在します。種類や働きなどと共に、地鉄そのものを分かりやすく解説します。

「地鉄(じがね)」の
用語を見る

茎(なかご)

茎

茎は、刀身を素手で触れられる持ち手部分の名称です。
日本刀にとっての茎は、刀匠が銘を切る重要な箇所である上に、日本刀の多くの事柄が分かる大切な部分です。
ここでは、茎に関する様々な用語を、分かりやすく解説します。

瑕欠点(きずけってん)

瑕欠点

日本刀は、古い物を中心に、長い年月を経て来たことによって、多くの物にキズや後天的な欠点などが存在します。これは歴史的に仕方のないことなのです。
しかし、先人達が刀剣を大切にしてきた証しでもあり、しっかりと学ぶことでもあります。ここでは、瑕欠点(きずけってん)に関連する用語をご紹介します。

鑑刀用語(かんとうようご)

鑑刀用語

鑑刀用語(かんとうようご)とは、日本刀を鑑賞する際に使用する専門的な用語です。
ここでは、刀の解説がより深く理解できる鑑刀用語をイラストと共にご紹介します。

「鑑刀用語(かんとうようご)」の
用語を見る

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣難解辞典」のページです。
現代でも使われる刀剣の難解用語を、初心者向けにイラスト付きの分かりやすい解説と、上級者向けの詳しい解説の2種類でご紹介。ご自身の刀剣知識向上にお役立て下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑、浮世絵や書画の基礎知識をはじめ、刀剣の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑、浮世絵や書画に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード