刀剣用語集

日本刀(刀剣)は、単なる武器としてだけでなく、邪気といった物から身を守る神聖な存在として、古くから愛され、独自の言葉が多く存在します。ここでは、日本刀(刀剣)に関する用語をイラスト付きで解説します。

カテゴリから刀剣用語を探す

カテゴリごとに用語を検索できます。

五箇伝

五箇伝

日本刀(刀剣)は特徴や作風、産地により5つの分類に分けることができます。 安土桃山時代以前の日本は、62の国に分かれており、日本刀(刀剣)の制作で代表的な5つの国の刀剣の特徴を「五箇伝」と呼び、それぞれが古刀の時代を代表とする作風となっています。

「五箇伝」の用語を見る

「五箇伝」の分類は、日本刀(刀剣)制作を行なっていた刀工たち自身が称していたわけではなく、あくまでも後世に日本刀(刀剣)研究が進められていく中で作り出されたもの。しかし、師匠から弟子、さらにその弟子へと地域独自の作風が伝えられただけではなく、それらを習得した刀工が別の地域へ移住することで、各伝法に様々な流派が生まれて発展を遂げ、高い技量を持つ名工が世に送り出されていったのです。五箇伝それぞれの成り立ちや特徴を知ることは、日本刀(刀剣)の歴史のみならず、日本刀(刀剣)そのものへの理解を深める第1歩となります。

人物

人物

日本刀(刀剣)制作において欠かせないのは、刀工の存在です。ここでは、日本刀(刀剣)制作において代表的な刀工や、有名な作品を多く輩出した一派についてご紹介します。

刀剣鑑定書のランク

刀剣鑑定書のランク

日本刀(刀剣)は、「国宝」や「重要文化財」といった国から指定される鑑定区分だけでなく、公益財団法人「日本美術刀剣保存協会」によって定められる鑑定区分が存在します。ここでは、日本刀(刀剣)に付けられる鑑定区分についてご紹介します。

「刀剣鑑定書のランク」の用語を見る

日本刀(刀剣)の鑑定区分に使われる用語の中には、耳慣れない言葉もあるかもしれません。しかし、これらは、膨大な数の日本刀(刀剣)について審査を行なってきた実績に基づいて作成された、資料などによって認定されている区分。日本刀(刀剣)におけるランク付けとしての単なる用語であるだけでなく、日本刀(刀剣)初心者の方にとって、その価値を判断する手助けとなる役割も果たします。

刀装

日本刀(刀剣)は、刀自身の美しさもさることながら、外装である刀装に用いられている品々も数々の趣向が凝らされています。ここでは、刀装のポイントごとに用いられている名称をはじめとした用語についてご紹介します。

「刀装」の用語を見る

「拵」(こしらえ)とも呼ばれる日本刀(刀剣)の「刀装」は、刀身を携帯するのはもちろん、保管や保護のために必要不可欠な物。ひとくちに「刀装」と言っても、様々な技法や部品が用いられ、それらは、日本刀(刀剣)を所有したり佩用(はいよう:体に付けて用いること)したりする人の身分や好み、そして時代ごとの流行に合わせて変化しているのです。刀装具(とうそうぐ:拵に附属する部品)それぞれの詳細が分かれば、刀装の各部位の見どころについても着目できるようになります。

刃中の働き

刃中の働き

刃中の働きとは、刃文に加えて日本刀(刀剣)の刃に見られる文様であり、刃文と同じく刀匠の特徴や技量を示すポイントです。ここでは、代表的な刃中の働きについてご紹介します。

「刃中の働き」の用語を見る

刃中の働きは、日本刀(刀剣)制作における焼き入れの際、その温度や刀身に乗せられた「焼刃土」(やきばつち)の調節具合などの影響を多分に受けます。そのため、刀工の技量に大きく左右されるところであり、また、刃中に生じる働きが多彩であればあるほど、日本刀(刀剣)の材料である「鋼」(はがね)が、よく精錬されていることを示しているのです。刃中の働きを表すには独特の表現が用いられますが、これらを十分に理解することが、より豊かな日本刀(刀剣)鑑賞に繋がります。

刃文

刃文

刃文は、時代や流派、個々の刀匠の特徴や技量の高さを示しており、様々な文様が種類としてあります。ここでは、代表的な刃文の種類についてご紹介します。

地鉄

地鉄

地鉄とは、日本刀(刀剣)における鉄そのものの材質や文様を総合した言葉であり、木目のような見た目を示します。ここでは、地鉄に表れる種類や特徴についてご紹介します。

「地鉄」の用語を見る

「地鉄」に見られる美しい文様は、日本刀(刀剣)制作において最も重要な工程のひとつである「折り返し鍛錬」(おりかえしたんれん)によって現れ、「地肌」(じはだ)と呼ばれます。地肌には、刃文同様に数多くの種類があり、それらが複数組み合わさって現れるのが通常。この地肌の現れ方は、鍛錬の際に行なう折り返しの方法で決まり、その方法は、伝法によって異なっているのです。そのため日本刀(刀剣)鑑賞の際には、地鉄に注目することも、伝法や流派を推測する糸口になります。

帽子

帽子

刀工の個性が表れやすい場所としても知られている「帽子」。日本刀(刀剣)の見どころや華のひとつと言われている、帽子の用語をご紹介します。

「帽子」の用語を見る

「帽子」は、刀工の個性が表れる部位であると同時に、その技量の良し悪しが顕著になる部位でもあります。帽子が入れられる部位である「鋒/切先」(きっさき)が、刀身の中で最も範囲が狭い箇所であり、その焼き入れには高い技術が求められることがその理由。また、帽子における乱込(みだれこみ)の具合や形状は、「古刀」(ことう)や「新刀」(しんとう)など、大まかな時代を判別する指標にもなります。

日本刀の手入れ

日本刀の手入れ

日本刀(刀剣)は、数百年というときを経て現代に受け継がれている作品が数多くあります。次代に日本刀(刀剣)を受け継ぐために必要な手入れの道具などについてご紹介します。

「日本刀の手入れ」の用語を見る

一見難しいように思われる日本刀(刀剣)の手入れ方法。しかし、こちらで取り上げる道具をきちんと揃えれば、誰でも簡単に行なうことが可能。日本刀(刀剣)の手入れを定期的に行なえば、研磨したばかりのような刀身の美しさを長きに亘って維持することができるのです。また、錆の有無を確認する目的もあり、同時に鑑賞も多く行なわれます。すなわち、日本刀(刀剣)の手入れは、実際に日本刀(刀剣)を手に取り、日本刀(刀剣)の細部にまで及ぶ美しさを実感できる機会にもなるのです。

日本刀関連

日本刀関連

日本刀(刀剣)に関連する出来事や日本刀(刀剣)を称する独自の表現は数多くあります。ここでは、日本刀(刀剣)に関する用語についてご紹介します。

「日本刀関連」の用語を見る

日本刀(刀剣)関連の用語は非常に多く、そのすべてを正しく理解するのは難しく思われるかもしれません。しかし、これらの用語は、日本刀(刀剣)そのものやその情報に触れる機会を増やせば増やすほど、少しずつ覚えていくことができます。日本刀(刀剣)の持つ魅力を表現するのに、そして知るために欠かせないこれらの用語を知り、日本刀(刀剣)鑑賞の持つ醍醐味をぜひ堪能してみましょう。

製造

製造

日本刀(刀剣)は製造過程において、様々な過程を経ることが他国の一般的な刀剣類と比較して異なるポイントです。ここでは、日本刀(刀剣)がどのような製造過程を経て制作されるかの工程と、その工程が必要な理由について説明致します。

「製造」の用語を見る

日本刀(刀剣)を製造する過程は、先人の刀工たちが試行錯誤を重ねて発展させた、言わば努力の結晶。そしてその一つひとつに、日本刀(刀剣)を強靭で美しくするための役割があります。また、日本刀(刀剣)の製造には、刀身を作る刀工のみならず様々な職人が、かかわっているのです。製造の用語を知れば、武具である日本刀(刀剣)が、日本の伝統工芸の技術を結集した「鉄の芸術作品」でもあることが分かります。

部位

部位

日本刀(刀剣)は、その姿かたちの中に、様々な部位が存在し、独特の名称が与えられています。ここでは、各部位の名称についてご紹介します。

「部位」の用語を見る

日本刀(刀剣)の部位の名称を知ることは、日本刀(刀剣)鑑賞の出発点です。また、同じ部位であっても、その形状などによって細かな違いがあり、それぞれに異なる名称が付けられています。このような日本刀(刀剣)の各部位に、作刀の時代や流派、そして作者となる刀工などを窺い知るヒントが詰まっているため、日本刀(刀剣)鑑賞における最も重要なポイントであると言えます。

50音から刀剣用語を探す

50音順で、刀剣の用語を検索できます。

日本刀・甲冑に秘められた幾多の魅力も皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀・刀剣に関する用語を集めた刀剣用語集です。
刀剣の文化は私たちが生まれるずっと前に誕生し、これまでその歴史を脈々と紡ぎ続けてきました。様々な時代を通り過ぎてきた刀剣の文化ですので、関連する言葉の中には現代では使われないような言葉もあります。ここでは様々な刀剣用語の説明をご覧頂くことができます。検索方法は「カテゴリから刀剣用語を探す」、「50音から刀剣用語を探す」、「フリーワードから刀剣用語を探す」の3種類。刀剣の知識を深める上で、とても便利な用語集となっておりますので、どうぞご活用下さい。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る