刀剣用語集

日本刀は、単なる武器としてだけでなく、邪気といった物から身を守る神聖な存在として、古くから愛され、独自の言葉が多く存在します。ここでは、日本刀に関する用語をイラスト付きで解説します。

カテゴリから刀剣用語を探す

カテゴリごとに用語を検索できます。

五箇伝

五箇伝

日本刀は特徴や作風、産地により五つの分類に分けることができます。 安土桃山時代以前の日本は、六十二の国に分かれており、日本刀の製作で代表的な五つの国の刀剣の特徴を「五箇伝」と呼び、それぞれが古刀の時代を代表とする作風となっています。

「五箇伝」の用語を見る

※50音順に表示しております。

  • 五箇伝
    ごかでん
  • 相州伝
    そうしゅうでん
  • 備前伝
    びぜんでん
  • 美濃伝
    みのでん
  • 山城伝
    やましろでん
  • 大和伝
    やまとでん
  • 脇物
    わきもの

人物

人物

日本刀制作において欠かせないのは、刀工の存在です。ここでは、日本刀制作において代表的な刀工や、有名な作品を多く排出した一派についてご紹介します。

「人物」の用語を見る

※50音順に表示しております。

  • 粟田口吉光
    あわたぐちよしみつ
  • 江戸三作
    えどさんさく
  • 長船三作
    おさふねさんさく
  • 長船四天王
    おさふねしてんのう
  • 尾張三作・三傑
    おわりさんさく・ さんけつ
  • 景光
    かげみつ
  • 郷義弘
    ごうのよしひろ
  • 後藤家
    ごとうけ
  • 五郎入道正宗
    ごろうにゅうどうまさむね
  • 貞宗
    さだむね
  • 貞宗三哲
    さだむねさんてつ
  • 真長
    さねなが
  • 三条宗近
    さんじょうむねちか
  • 志津三郎兼氏
    しづさぶろうかねうじ
  • 天下三作
    てんがさんさく
  • 長曾祢興里虎徹
    ながそねおきさとこてつ
  • 長光
    ながみつ
  • 日本三名匠
    にほんさんめいしょう
  • 長谷部国重
    はせべくにしげ
  • 左安吉
    ひだりやすよし
  • 本阿弥家
    ほんあみけ
  • 孫六兼元
    まごろくかねもと
  • 正宗十哲
    まさむねじってつ
  • 村正
    むらまさ

刀剣鑑定書のランク

刀剣鑑定書のランク

日本刀は、「国宝」や「重要文化財」といった国から指定される鑑定区分だけでなく、公益財団法人「日本美術刀剣保存協会」によって定められる鑑定区分が存在します。ここでは、日本刀に付けられる鑑定区分についてご紹介します。

「刀剣鑑定書のランク」の用語を見る

※鑑定区分順に表示しております。

  • 国宝
    こくほう
  • 重要文化財
    じゅうようぶんかざい
  • 重要美術品
    じゅうようびじゅつひん
  • 特別重要刀剣
    とくべつじゅうよう とうけん
  • 重要刀剣
    じゅうようとうけん
  • 特別保存刀剣
    とくべつほぞんとうけん
  • 保存刀剣
    ほぞんとうけん

刀装

日本刀は、刀自身の美しさもさることながら、外装である刀装に用いられている品々も数々の趣向が凝らされています。ここでは、刀装のポイントごとに用いられている名称をはじめとした用語についてご紹介します。

「刀装」の用語を見る

※50音順に表示しております。

  • 青貝微塵塗
    あおがいみじんぬり
  • 足・根
    あし・ね
  • 沃懸地塗
    いかげじぬり
  • 厳物造太刀
    いかものづくりのたち・いかのあたま
  • 石目地塗
    いしめじぬり
  • 糸巻太刀
    いとまきたち
  • 打鮫
    うちざめ
  • 漆柄
    うるしづか
  • 応仁鍔
    おうにんつば
  • 返角
    かえりづの
  • 掛巻
    かけまき
  • かしら
  • かた
  • 片手巻
    かたてまき
  • 頭椎大刀
    かぶつちのたち
  • 栗形
    くりがた
  • 鯉口
    こいくち
  • こうがい
  • 笄櫃
    こうがいびつ
  • 黒漆白金物太刀
    こくしつしろかなもの たち
  • 黒漆太刀
    こくしつたち
  • こしらえ
  • こじり
  • 小柄
    こづか
  • 小柄櫃
    こづかびつ
  • さお
  • 下緒
    さげお
  • 鮫皮
    さめかわ
  • さや
  • 蛇腹巻
    じゃばらまき
  • 責金
    せきがね
  • 切羽
    せっぱ
  • 反り柄
    そりづか
  • 太刀鎺
    たちはばき
  • 力金
    ちからがね
  • 柄巻
    つかまき
  • 摘巻
    つまみまき
  • 茎櫃
    なかごびつ
  • 梨子地塗
    なしじぬり
  • 二重鎺
    にじゅうはばき
  • 抜穴
    ぬけあな
  • はばき
  • 菱巻
    ひしまき
  • 捻巻
    ひねりまき
  • 平巻
    ひらまき
  • 蛭巻塗
    ひるまきぬり
  • 笛巻塗
    ふえまきぬり
  • 覆輪
    ふくりん
  • ふち
  • 縁頭
    ふちがしら
  • 蒔絵
    まきえ
  • 三所物
    みところもの
  • みみ
  • 耳掻
    みみかき
  • 目釘
    めくぎ
  • 目貫
    めぬき
  • 寄鏨
    よせたがね
  • 螺鈿
    らでん
  • 蝋色塗
    ろいろぬり
  • 割笄
    わりこうがい・さきこうがい

刃中の働き

刃中の働き

刃中の働きとは、刃文に加えて日本刀の刃に見られる文様であり、刃文と同じく刀匠の特徴や技量を示すポイントです。ここでは、代表的な刃中の働きについてご紹介します。

「刃中の働き」の用語を見る

※50音順に表示しております。

  • あし
  • 稲妻
    いなずま
  • 打徐け
    うちのけ
  • 金筋
    きんすじ
  • 金線
    きんせん
  • 喰違刃
    くいちがいば
  • 逆足
    さかあし
  • 直刃ほつれ
    すぐはほつれ
  • 砂流し
    すながし
  • 角足
    つのあし
  • 沸足
    にえあし
  • 匂足
    においあし
  • 二重刃
    にじゅうば
  • 刃中の働き
    はちゅうのはたらき
  • ほつれ
    ほつれ
  • 湯走り
    ゆばしり
  • よう

刃文

刃文

刃文は、時代や流派、個々の刀匠の特徴や技量の高さを示しており、様々な文様が種類としてあります。ここでは、代表的な刃文の種類についてご紹介します。

「刃文」の用語を見る

※50音順に表示しております。

  • 足長丁子
    あしながちょうじ
  • 虻の目
    あぶのめ
  • 蛙子丁子
    かわずこちょうじ
  • 互の目
    ぐのめ
  • こし
  • 腰刃
    こしば
  • 腰開互の目
    こしひらきぐのめ
  • 小乱
    こみだれ
  • 三本杉
    さんぼんすぎ
  • 重花丁子
    じゅうかちょうじ
  • 直崩れ刃
    すぐくずれば
  • 直刃
    すぐは
  • 簾刃
    すだれば
  • たま
  • 丁子
    ちょうじ
  • 丁子足
    ちょうじあし
  • 濤瀾乱刃
    とうらんみだれば
  • 鋸刃
    のこぎりば
  • 湾れ
    のたれ
  • 箱乱刃
    はこみだれば
  • 刃区焼込み
    はまちやきこみ
  • 刃文
    はもん
  • 皆焼
    ひたつら
  • 袋丁子
    ふくろちょうじ
  • 乱刃
    みだれは
  • 棟焼
    むねやき
  • 焼き落とし
    やきおとし
  • 焼き出し
    やきだし
  • 焼きの頭
    やきのかしら
  • 焼きの谷
    やきのたに

地鉄

地鉄

地鉄とは、日本刀における鉄そのものの材質や文様を総合した言葉であり、木目のような見た目を示します。ここでは、地鉄に表れる種類や特徴についてご紹介します。

「地鉄」の用語を見る

※50音順に表示しております。

  • 綾杉肌
    あやすぎはだ
  • 板目肌
    いためはだ
  • 渦巻肌
    うずまきはだ
  • 鏡肌
    かがみはだ
  • 鍛肌
    きたえはだ
  • 小糠肌
    こぬかはだ
  • 小杢目肌
    こもくめはだ
  • 地鉄
    じがね
  • 地斑
    じふ
  • 如輪杢
    じょりんもく
  • 地景
    ちけい
  • 梨子地肌
    なしじはだ
  • 肌立つ
    はだたつ
  • ひじき肌
    ひじきはだ
  • 柾目肌
    まさめはだ
  • 松皮肌
    まつかわはだ
  • 杢目肌
    もくめはだ

帽子

帽子

刀工の個性が表れやすい場所としても知られている「帽子」。日本刀の見どころや華のひとつと言われている、帽子の用語をご紹介します。

「帽子」の用語を見る

※50音順に表示しております。

  • 一枚帽子
    いちまいぼうし
  • 大丸帽子
    おおまるぼうし
  • 火焔帽子
    かえんぼうし
  • 小丸帽子
    こまるぼうし
  • 地蔵帽子
    じぞうぼうし
  • 弛み帽子
    たるみぼうし
  • 中丸帽子
    ちゅうまるぼうし
  • 掃掛け帽子
    はきかけぼうし
  • 帽子
    ぼうし
  • 乱込帽子
    みだれこみぼうし
  • 焼詰帽子
    やきづめぼうし

日本刀の手入れ

日本刀の手入れ

日本刀は、数百年というときを経て現代に受け継がれている作品が数多くあります。次代に日本刀を受け継ぐために必要な手入れの道具などについてご紹介します。

「日本刀の手入れ」の用語を見る

※50音順に表示しております。

  • 打粉
    うちこ
  • 刀当て木槌
    かたなあてきづち
  • 刀掛け
    かたなかけ
  • 刀袋
    かたなぶくろ
  • 刀まくら
    かたなまくら
  • セーム革
    せーむがわ
  • 丁子油
    ちょうじゆ
  • 拭紙
    ぬぐいがみ
  • 袱紗
    ふくさ
  • ベンジン
    べんじん
  • 目釘抜き
    めくぎぬき

日本刀関連

日本刀関連

日本刀に関連する出来事や日本刀を称する独自の表現は数多くあります。ここでは、日本刀に関する用語についてご紹介します。

「日本刀関連」の用語を見る

※50音順に表示しております。

  • 赤羽刀
    あかばねとう
  • 荒沸
    あらにえ
  • 打刀
    うちがたな
  • 内反り
    うちぞり
  • 映り
    うつり
  • 裏銘
    うらめい
  • 大太刀
    おおだち
  • 大薙刀
    おおなぎなた
  • おそらく造
    おそらくづくり
  • 表銘
    おもてめい
  • 折返し銘
    おりかえしめい
  • 折紙
    おりがみ
  • 額銘
    がくめい
  • 片切刃造
    かたきりはづくり
  • 刀狩り
    かたながり
  • 鎌槍
    かまやり
  • 環頭大刀
    かんとうのたち
  • 冠落造
    かんむりおとしづくり
  • 菊池槍
    きくちやり
  • 切刃造り
    きりばづくり
  • 金象嵌銘
    きんぞうがんめい
  • 慶長新刀
    けいちょうしんとう
  • 毛抜太刀
    けぬきだち
  • けん・つるぎ
  • 現代刀
    げんだいとう
  • 腰反り
    こしぞり
  • 小太刀
    こだち
  • 古刀
    ことう
  • 冴える
    さえる
  • 先反り
    さきぞり
  • 可然物
    しかるべきもの
  • 地中の働き
    じちゅうのはたらき
  • 地沸
    じにえ
  • 鎬造り
    しのぎづくり
  • 銃砲刀剣類登録証
    じゅうほうとうけんるいとうろくしょう
  • 朱銘
    しゅめい
  • 上古刀
    じょうことう
  • 菖蒲造
    しょうぶづくり
  • 新々刀
    しんしんとう
  • 新刀
    しんとう
  • 直槍
    すやり
  • 全長
    ぜんちょう
  • 反り
    そり
  • 帯刀
    たいとう
  • 筍反り
    たけのこぞり
  • 竹光
    たけみつ
  • 太刀
    たち
  • 試し銘
    ためしめい
  • 短刀
    たんとう
  • 直刀
    ちょくとう
  • 疲れ
    つかれ
  • 詰む
    つむ
  • 天下五剣
    てんがごけん
  • 中反り
    なかぞり
  • 長銘
    ながめい
  • 薙刀
    なぎなた
  • 薙刀直造
    なぎなたなおしづくり
  • なまくら
    なまくら
  • にえ
  • におい
  • 二字銘
    にじめい
  • 寝刃
    ねたば
  • 野太刀
    のだち
  • 佩刀
    はいとう
  • 廃刀令
    はいとうれい
  • 踏張り
    ふんばり
  • ほこ
  • 真砂沸
    まさごにえ
  • 乱映り
    みだれうつり
  • 峰打ち
    みねうち
  • 無反り
    むぞり
  • 棟を卸す
    むねをおろす
  • 無銘
    むめい
  • めい
  • 名物
    めいぶつ
  • やり
  • 鎧通し
    よろいどおし
  • 脇指
    わきざし
  • 業物
    わざもの

製造

製造

日本刀は製造過程において、様々な過程を経ることが他国の一般的な刀剣類と比較して異なるポイントです。ここでは、日本刀がどのような製造過程を経て制作されるかの工程と、その工程が必要な理由について説明致します。

「製造」の用語を見る

※50音順に表示しております。

  • 一文字鍛え
    いちもんじきたえ
  • 内曇砥石
    うちぐもりといし
  • 鍛冶押
    かじおし
  • 皮鉄
    かわがね
  • 鞘師
    さやし
  • 十文字鍛え
    じゅうもんじきたえ
  • 白銀師
    しろがねし
  • 心鉄
    しんがね
  • ずく
  • 素延べ
    すのべ
  • 続飯
    そくい
  • 踏鞴
    たたら
  • 玉鋼
    たまはがね
  • 鍛錬
    たんれん
  • 柄巻師
    つかまきし
  • 造込み
    つくりこみ
  • 土置き
    つちおき
  • 鍔師
    つばし
  • 積み沸かし
    つみわかし
  • 研師
    とぎし
  • 塗師
    ぬりし
  • 樋かき
    ひかき
  • 火造
    ひづくり
  • 水圧し・水減し
    みずへし
  • 銘切り
    めいきり
  • 両刃造
    もろはづくり
  • 焼き入れ
    やきいれ
  • 沸かし
    わかし

部位

部位

日本刀は、その姿かたちの中に、様々な部位が存在し、独特の名称が与えられています。ここでは、各部位の名称についてご紹介します。

「部位」の用語を見る

※50音順に表示しております。

  • 庵棟
    いおりむね
  • 猪首切先
    いくびきっさき
  • 入山形
    いりやまがた
  • 生ぶ茎
    うぶなかご
  • 大筋違
    おおすじかい
  • 大磨上げ茎
    おおすりあげなかご
  • 角棟
    かくむね
  • 重ね
    かさね
  • 片筋違
    かたすじかい
  • 勝手下り
    かってくだり
  • かます切先
    かますきっさき
  • 上身
    かみ
  • 雉子股形
    きじももがた
  • 切先、鋒
    きっさき
  • 切先両刃造
    きっさきもろはづくり
  • 切り(茎尻)
    きり
  • 切り(鑢目)
    きり
  • 倶利伽羅
    くりから
  • 栗尻
    くりじり
  • 化粧
    けしょう
  • 剣形
    けんぎょう
  • 腰樋
    こしび
  • 御幣形
    ごへいがた
  • 鎬筋
    しのぎすじ
  • 筋違
    すじかい
  • 磨上げ茎
    すりあげなかご
  • せんすき
    せんすき
  • 添樋
    そえび
  • 鷹ノ羽
    たかのは
  • たなご腹形
    たなごはらがた
  • ちり
  • 連樋
    つれひ
  • 刀身
    とうしん
  • なかご
  • 茎尻
    なかごじり
  • 刃長
    はちょう
  • 刃縁
    はぶち
  • 刃区
    はまち
  • 平造り
    ひらづくり
  • 平肉
    ひらにく
  • ふくら
    ふくら
  • 二筋樋
    ふたすじひ
  • 船形
    ふながた
  • 振袖形
    ふりそでがた
  • 棒樋
    ぼうひ
  • 彫物
    ほりもの
  • 梵字
    ぼんじ
  • まち
  • 区送り
    まちおくり
  • 丸棟
    まるむね
  • 三つ頭
    みつがしら
  • 三つ棟
    みつむね
  • 身幅
    みはば
  • むね
  • 棟区
    むねまち
  • 目釘穴
    めくぎあな
  • 物打
    ものうち
  • 鑢目
    やすりめ
  • 横手・横手筋
    よこて・よこてすじ

50音から刀剣用語を探す

50音順で、刀剣の用語を検索できます。

日本刀・甲冑に秘められた幾多の魅力も皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀・刀剣に関する用語を集めた刀剣用語集です。
刀剣の文化は私たちが生まれるずっと前に誕生し、これまでその歴史を脈々と紡ぎ続けてきました。様々な時代を通り過ぎてきた刀剣の文化ですので、関連する言葉の中には現代では使われないような言葉もあります。ここでは様々な刀剣用語の説明をご覧頂くことができます。検索方法は「カテゴリから刀剣用語を探す」、「50音から刀剣用語を探す」、「フリーワードから刀剣用語を探す」の3種類。刀剣の知識を深める上で、とても便利な用語集となっておりますので、どうぞご活用下さい。

もっと見る▼
ページトップへ戻る