古い日本刀や刀装具などが出てきて、お困りではありませんか。
全国の刀剣買取・日本刀買取では、お住まいの地域で刀剣買取・日本刀買取を行なっている刀剣商(刀剣店)が検索できます。刀剣商(刀剣店)は、警察庁の許認可を受け、唯一内閣総理大臣認可の組合として発足・事業展開をしている全国刀剣商業協同組合の登録会員です。
刀剣買取・日本刀買取までの流れや、刀剣買取・日本刀買取に関するQ&Aなどのお役立ち情報も掲載しておりますので、ぜひご活用下さい。

※当サイトは、原則「リンクフリー」としております。 リンクについて

刀剣の買取について

「家に刀剣があるが、手放したい」、あるいは「手持ちの刀剣を売って、よりグレードの高い1振に買い換えたい」など、買取を希望する理由は様々。では、刀剣を購入するのではなく、売りたい場合は、どうすれば良いのでしょうか。

その場合、刀剣商に相談するのがオススメです。刀剣商では、刀剣を売りたいという方を歓迎しており、専門家による査定ののち、買い取ってもらえます。

ここでは、売り手側に必要な手順と、刀剣商での買取について、ご説明します。

まずは刀剣商へ連絡を


最初に、刀剣商へ電話などで連絡を入れましょう。いきなり訪ねても、すぐに買取の流れにはなりません。刀剣商の方は、専門知識を持ったプロフェッショナル揃いですが、実際に刀剣の買取ができる方は、お店のオーナーなどに限られているからです。

連絡を入れたときに、買取希望であることと、所有している刀剣の状態や付属品について、簡単に伝えて下さい。そのとき、刀剣商の方から写真を送ってほしいと言われることもあるので、刀剣の状態が分かるように、できる限り仔細に撮影して、メールやLINEなどでデータを送ります。

ただし、査定や買取は、刀剣商の方が現物の刀剣を観て行なうのが基本。写真だけでは、作品の出来栄えや、細かな疵(きず)、研ぎの状態など、詳しいことが分からないからです。

査定・買取へと流れが決まったら、双方都合の良い日時に刀剣商を訪れます。足を運ぶのが難しい場合は、宅配便などで手持ちの刀剣を送ることもできますが、直接持ち込むのがベストです。

刀剣の査定・買取のために必要な一式


査定・買取の際、刀剣そのものの他にも、いくつかの品物が必要となります。

銃砲刀剣類登録証

銃砲刀剣類登録証

  1. 銃砲刀剣類登録証

  2. 身分証明書

  3. 刀剣本体と付属品
    (鑑定書、拵、箱、折紙など)

鑑定書、、 箱、折紙などの付属品は、あれば一緒に持っていくようにしましょう。
※拵は、白鞘以外の装飾された(なかご)を入れる(つか)、(つば)の総称

また、刀剣が納められていた箱に、由来や歴代の所有者などを記した箱書きがあれば、査定の一助になります。

折紙は、鑑定書と同義。正式な折紙には、刀剣の、寸法、特徴、代付(だいづけ:価格)、年月日、鑑定者の姓名が記入され、裏に「本」という角印が押されています。

詳しくは、以下の「日本刀を売却する」をご覧下さい。

はじめて日本刀を売却する場合に、知っておくと役に立つ、売却の注意点についてご紹介します。

宅配便で送る場合の注意


刀剣を直接持ち込むのが難しい場合は、刀剣商に連絡を入れたのち、刀剣を宅配便で送り、査定してもらうことも可能です。ただし、刀剣を送るときの梱包方法は、刀剣が傷付かないように、しっかりと包み、刀剣を納める箱には、緩衝材を詰めましょう。送る途中で傷付く場合もあるため、 梱包方法には注意が必要です。

なお、宅配便の送り状には、品名として「工芸品」、「木工品」などと記入します。品名を「刀剣類」とすると、宅配便で送れない場合があるため、心配なときは宅配会社に相談しましょう。

出張査定・買取をしてもらえる場合もあり


刀剣商の方が、刀剣を売りたい方の所まで出張してくれる場合もあります。それは10、20振と多数の刀剣がある場合や、刀剣以外にも甲冑(鎧兜)や銃砲、書画等の武具・美術品がある場合、また重要刀剣以上の刀の鑑定区分が高い場合などです。

「ぜひ、出張してきてほしい」と希望する方は、刀剣商へ、その理由を伝えます。

鑑賞ポイントの紹介や日本刀の鑑定・ランクについてもご覧頂けます。

持ち込みでの査定から買取価格が決まるまで


刀剣を持ち込むと、いよいよ査定です。刀剣商の方が査定するポイントは多角的と言えます。無銘の刀剣を除き、茎に切られた銘が、本当にその作品を鍛えた刀工の名前かどうか、銘の真偽を判断するのです。

さらに、サビが浮いていないかなど、刀剣の保存状態を確認。また疵については、実際に使用したことによる疵だけでなく、鍛える段階で生じる「鍛え疵」や、研ぎによる疵などもあり、専門家でなければ判別できないものもあります。

こうした査定を経て、買取価格が決定されますが、一般の家庭にあった刀剣の場合、価格はほとんどが数千円から数万円です。稀に数十万円から数百万円と判断される名品もありますが、まず少ないと考えた方が良いでしょう。

数十万円以上の価格がなかなか出ないのには、理由があります。

刀剣商が買い取った刀剣は、そのままでは売りに出すことができません。多くの場合、正しい方法で刀剣が保存されていなかったため、刀身の状態が良いとは言えず、研ぎ直さなければならないケースが多いためです。この研ぎ直しには、20万円ほどかかると言われています。

その他、白鞘や鎺(はばき)も完全な状態であることが少なく、作り直しが必要なため、必要となる経費は安くはないのです。

納得できる刀剣商に買取してもらう


刀剣の買取を希望するときは、複数の刀剣商で査定してもらうのが良いとされています。その上で、最も納得できるお店で買い取ってもらいましょう。

刀剣コレクションのグレードアップを考えている方は、買取価格を元手に、新しい刀剣を選んでみてはいかがでしょうか。

全国の刀剣情報を見る

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館のコンテンツ「全国の刀剣買取・日本刀買取」は、お住まいの地域の全国刀剣商業協同組合の会員として登録されている刀剣商のうち、刀剣買取・日本刀買取を行なっている刀剣商を検索できます。地域、都道府県、市区町村にまとめておりますので、お住まいの地域から、検索したい地域もカバーしております。
刀剣買取・日本刀買取についてのお役立ち情報も掲載しておりますので、刀剣売却の際や、お住まいの地域にある刀剣商の店舗情報としてもご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑、浮世絵や書画の基礎知識をはじめ、刀剣の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑、浮世絵や書画に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャル世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
全国の刀剣施設情報
全国の刀剣施設情報