「鬼滅の刃」とは、2016年(平成28年)から2020年(令和2年)の間、「週刊少年ジャンプ」で連載していた「吾峠呼世晴」(ごとうげこよはる)氏によるダークファンタジーです。家族を鬼に殺された心優しい少年・竈門炭治郎(かまどたんじろう)を主人公とした作品で、大正時代を舞台に、鬼と人間の戦い、兄妹や仲間との絆などが描かれています。
マンガ・アニメ・映画はすべて大ヒット。映画館での公開後73日で累計観客動員数2,404万9,907人、興行収入324億7,889万円を突破し、興行収入ランキング歴代1位の記録を打ち立てました。映画館でしか味わえないようなアトラクション要素のある体感型映画も上映されています。またコミックスは累計発行部数が1億5,000万部を突破しました。
鬼滅の刃 特集では、マンガ・アニメ・映画についてや登場人物の紹介、各キャラクターの名言・名場面などをまとめています。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』公開中PV

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編
劇場版「鬼滅の刃」上映時間スケジュール
劇場版「鬼滅の刃」無限列車編を上映している映画館が検索できます。
エンタメール
「エンタメール」は、日本全国の映画館・劇場・ホールを検索できる情報サイトです。

鬼滅の刃とは

「鬼滅の刃」(きめつのやいば)は、2016年(平成28年)から2020年(令和2年)にかけて「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載された漫画。登場人物達が鍛練を積んで成長し、それぞれが「全集中の呼吸」を極めて剣技を繰り出し、鬼との戦いに挑むという作品です。アニメ放送との相乗効果で読者が急増し、コミックスが売り切れ、入荷待ちも出るほどの人気となりました。
また映画も大ヒットし、映画館の累計観客動員数は2,400万人以上を記録。コロナ禍で大打撃を受けていた映画館ですが、鬼滅の刃の映画ヒットを受けて救われたとの説もあるほどです。漫画、アニメ、映画、さらにスピンオフ作品まで取り上げながら、鬼滅の刃の全体像をご紹介します。

目次

マンガ・アニメ・映画の紹介

漫画「鬼滅の刃」について

「鬼滅の刃」とは
鬼滅の刃

鬼滅の刃

漫画「鬼滅の刃」とは、2016年(平成28年)2月から4年3ヵ月にわたり、週刊少年ジャンプ(集英社)に連載された、ダークファンタジーに分類される剣劇少年漫画です。ファンの間では「鬼滅」(きめつ)と略されており、老若男女問わず多くの人々に愛読されています。

漫画を原作とした「劇場版鬼滅の刃 無限列車編」は映画館に多くの人を呼び込み、興行収入は1位を記録しました。

2020年(令和2年)5月18日に全208話が完結し、単行本は全23巻が出版中。アニメや映画の放映で爆発的な人気を誇ることになった鬼滅の刃は、「オリコン年間本ランキング2020」の「コミックランキング・単巻別」で、集計開始以来初の1~22位を独占する快挙を達成し、社会現象と呼ばれるまでになりました。

漫画鬼滅の刃のあらすじ
鬼滅の刃は、大正時代を舞台に、に家族を殺された主人公が修業を積み、仲間と共に鬼を討っていく物語です。大正時代を舞台に、家族を鬼に殺された主人公「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)が、鬼と化してしまった妹「竈門禰󠄀豆子」(かまどねずこ)を人間に戻すため、様々な修業や苦難を乗り越え、仲間と共に鬼を退治していきます。

鬼を退治することができる唯一の機関である「鬼殺隊」(きさつたい)の一員となり、入隊同期の「我妻善逸」(あがつまぜんいつ)や「嘴平伊之助」(はしびらいのすけ)と共に鬼の謎に迫っていくのです。また「鬼殺隊」の幹部は個性的な「柱」と呼ばれる人物達。柱には映画館で観客を魅了し、主人公らに大きな影響を与えた「煉獄杏寿郎」(れんごくきょうじゅろう)、主人公兄妹を見守る冷静な戦闘スタイルの「冨岡義勇」(とみおかぎゆう)らが存在しています。

およそ1,000年にわたる鬼と鬼殺隊の戦いという設定のため、戦国時代や江戸時代にまで遡る展開も見どころとなる、ダイナミックなストーリー。大正時代らしい素朴な山暮らしの風景や、詰め襟の隊服に重ねる羽織などの細やかな描写も、物語に深みを与え、魅力的にしています。

鬼滅の刃の原作者

原作者である「吾峠呼世晴」(ごとうげこよはる)氏は、1989年(平成元年)生まれの漫画家です。週刊少年ジャンプに応募した読み切り作品「過狩り狩り」が第70回(2013年4月期)JUMPトレジャー新人漫画の佳作を受賞したことをきっかけに、2014年(平成26年)にデビュー。その後2作の読み切りが掲載されるものの、なかなか連載には至りませんでした。

そのとき、原点となった新人賞受賞作である「過狩り狩り」の構想を練り直し、日本中を巻き込む大ヒット作品となる鬼滅の刃が誕生したのです。コミックスなどに自画像として描かれるのは、眼鏡をかけたワニ。

イラストと共に日常生活のエピソードや読者への感謝が毎巻綴られている他、映画のヒットに関しては、アニメスタッフや映画館を訪れたファンに対する感謝、そして映画を観た感想をイラスト入りのコメントで伝えました。吾峠呼世晴氏が温かい人柄であることが分かります。

アニメ鬼滅の刃について

放映の概要とあらすじ
アニメ鬼滅の刃は、2019年(平成31年)4月から6ヵ月間にわたり、原作コミックス第1~7巻冒頭までの物語が合計26話で放映されました。企画原案を「アニプレックス」、アニメーション制作は、美しい作画とダイナミックな戦闘シーンを制作することがファンの間で称されている「ufotable」(ユーフォーテーブル)が担当。ufotableは劇場版も手掛けており、映画館のスクリーンに映し出される映像は話題になりました。特に冒頭の墓地のシーンは光の揺らぎ方は複雑で、映画館で観なければ感じ取れないほど繊細な表現だったと評されています。

原作のストーリーや原画に忠実な形で制作され、TOKYOMXやBS11、メ~テレなど全国20局で放送されました。原画に近い筆跡のような線を用いて浮世絵の画風を参考に戦闘シーンを描くなど、深みのある映像となっています。

母親と兄弟に囲まれて、穏やかに暮らしていた主人公・竈門炭治郎が、鬼に襲われたことをきっかけに鬼殺隊を志す第1話から、アニメの終盤では、柱(はしら:鬼殺隊における9名の実力者)全員が集う「柱合会議」(ちゅうごうかいぎ)の場面が華やかに描かれました。物語の主要メンバーが出揃ったところでアニメ第1期は終了し、劇場版へと引き継がれるのです。

アニメ鬼滅の刃の声優と主題歌
アニメ版鬼滅の刃の声優には、主人公・竈門炭治郎役に「花江夏樹」(はなえなつき)さん、その妹の竈門禰󠄀豆子役に「鬼頭明里」(きとうあかり)さん、鬼殺隊同期の我妻善逸役は「下野紘」(しものひろ)さん、嘴平伊之助役は「松岡禎丞」(まつおかよしつぐ)さんが担当しています。

主要キャラクターであるこの4名はオーディションで選ばれ、その他は制作側の指名で決定。竈門炭治郎役の花江夏樹さんの素晴らしい演技はもちろん、竈門炭治郎の兄弟子である「冨岡義勇」役には「櫻井孝宏」(さくらいたかひろ)さんが参加し、ファン垂涎の豪華声優によるキャスティングも、作品の魅力を高めました。

アニメの主題歌は、オープニング・エンディング共に作曲家・作詞家の「梶浦由記」(かじうらゆき)氏と「椎名豪」(しいなごう)氏が担当し、アーティストの「LiSA」が歌手を務めています。オープニング曲の「紅蓮華」(ぐれんげ)は、ミリオンセラーのヒットとなりました。

LiSA氏は劇場版のエンディングテーマ「炎」も歌唱しています。ストーリーと歌詞が相まって、映画館は大きな感動に包まれました。

アニメ鬼滅の刃における刀の描写
鬼を狩る鬼殺隊は、特別な鋼で造られた「日輪刀」(にちりんとう)と呼ばれる日本刀を所有しています。持ち主によって色や特性が異なる日輪刀。登場人物の能力に応じた個性あふれる太刀さばきが、漫画内で豪快かつ精細に描かれているのも魅力のひとつです。

日輪刀には、日本刀の鑑賞ポイントでもある刃中のはたらき地鉄の文様が浮き出ているシーンもあり、映画館では別の視点で鬼滅の刃を楽しんでいた方も多いのではないでしょうか。

鬼滅の刃(日輪刀)と日本刀 YouTube動画

鬼滅の刃(日輪刀)と日本刀

劇場版鬼滅の刃 無限列車編の紹介(日輪刀)

映画の概要とあらすじ
2020年(令和2年)10月16日から公開された「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」は、コミックス第7巻序盤からのストーリーです。制作はアニメと同様に「ufotable」が担当し、東宝とアニプレックスの共同配給で実現。コミックスやアニメの人気を受けて当初から記録的なヒットとなり、映画館への動員数は公開から150日で2,800万人を突破しています。さらに興行収入は公開から日本最速の10日間で100億円を超え、「千と千尋の神隠し」を抜いて日本歴代興行収入1位を獲得するほどの大ヒット作となりました。

物語はアニメ版で放映されたものの続編として制作され、主人公が鬼と化した妹と共に鬼殺隊の一員として正式に認められ、新たな任務に向かう場面から物語ははじまります。

ストーリーの舞台となる「無限列車」に乗り込んだ主人公・竈門炭治郎と妹・竈門禰󠄀豆子、鬼殺隊の同期である我妻善逸、嘴平伊之助の4人と、柱のひとりである「煉󠄁獄杏寿郎」(れんごくきょうじゅろう)は、無限列車内で行方不明者が多発している原因の調査を開始するのです。

人々に危害を加え、鬼殺隊を罠に陥れようとする、悪夢を操る鬼「魘夢」(えんむ)と対峙する主人公一行と、煉獄杏寿郎の烈しい戦闘シーンは印象深い幕引きへと進み、煉󠄁獄杏寿郎の使命を全うする姿勢が主人公達の心に深く刻まれるという展開となりました。また煉獄杏寿郎の生き様は映画館を訪れた人々を惹きつけ、名台詞「心を燃やせ!」はSNSでトレンド入りを果たしました。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』公開中PV

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編
劇場版「鬼滅の刃」上映時間スケジュール
劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の上映時間が検索できます。
エンタメール
「エンタメール」は、日本全国の映画館・劇場・ホールを検索できる情報サイトです。
刀剣・歴史漫画
刀剣が登場する漫画作品を、刀剣の描写とともにご紹介します。

スピンオフ漫画・小説

平野稜二「鬼滅の刃[外伝]」
スピンオフ短編を集めた「鬼滅の刃[外伝]」は、原作の鬼滅の刃最終巻発売と同時に、「冨岡義勇外伝」󠄁と「煉󠄁獄杏寿郎外伝」の2冊が発刊されました。原作者・吾峠呼世晴氏監修のもと、週刊少年ジャンプで「BOZEBEATS」を連載した「平野稜二」(ひらのりょうじ)氏により描かれています。

なお外伝には、アニメ放映に合わせて「少年ジャンプ+」(集英社が配信するウェブサイト)に連載された4コマ漫画「きめつのあいま!」も収録されています。鬼滅の刃「外伝」は、それぞれ「水柱」(みずばしら)冨岡義勇と、「炎柱」(えんばしら)煉獄杏寿郎を主役とした物語です。

「冨岡義勇外伝」󠄁は本編の連載途中、アニメ化が決定した時期の作品のため、鬼滅の刃に登場する鬼殺隊や柱などを紹介するストーリー展開。一方「煉󠄁獄杏寿郎外伝」は、煉󠄁獄杏寿郎が炎柱としての地位を獲得する戦いが描かれました。

原作者の吾峠呼世晴氏との細かな連携も行われたことから、スピンオフ物語でありながら本編にも力強く絡んだ作品です。

なお、煉獄杏寿郎のスピンオフ漫画は映画館の入場特典「煉獄零巻」にも収録。こちらは吾峠呼世晴氏自身が描き下ろしています。煉獄杏寿郎の鬼殺隊としての初任務が描かれた作品です。

矢島綾鬼滅の刃 小説短編集
本編に描かれていないスピンオフ作品は、漫画だけでなく小説でも読むことができます。2021年(令和3年)1月時点で、小説スピンオフ作品として「鬼滅の刃 しあわせの花」、「鬼滅の刃 片羽の蝶」、「鬼滅の刃 風の道しるべ」の3冊が刊行中。

第16回ジャンプ小説大賞佳作を受賞し、小説家としてデビューした「矢島綾」氏が執筆し、吾峠呼世晴氏が挿絵を描いています。それぞれ、「鬼滅の刃 しあわせの花」は竈門炭治郎、我妻善逸、嘴平伊之助の3人と妹の竈門禰󠄀豆子の日常や、彼らの強い絆が描かれた短編集が収められ、「鬼滅の刃 片羽の蝶」には「花柱」(はなばしら)の「胡蝶カナエ」(こちょうかなえ)と「蟲柱」(むしばしら)の「胡蝶しのぶ」姉妹のエピソードを主とした作品です。

「鬼滅の刃 風の道しるべ」は「風柱」(かぜばしら)の「不死川実弥」(しなずがわさねみ)を主役として友情にまつわる物語などを収録。表題作以外にも、様々な登場人物にスポットを当てた短編が収録されており、鬼滅の刃の世界観をさらに深めてくれます。

また矢島綾氏はコロナ禍の映画館を救ったとも言われる劇場版のノベライズも手がけました。映画館での感動を小説でも楽しめるようになっています。

テレビアニメ~鬼滅の刃 無限列車編~

「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」とは

日本歴代興行収入1位となったメガヒット作品
無限列車内の一行

無限列車内の一行

「那田蜘蛛山」(なたぐもやま)の死闘で負ったケガを癒し、さらに訓練を積んだ「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)は、鬼にされた妹の「竈門禰豆子」(かまどねずこ)を連れ、鬼殺隊仲間の「我妻善逸」(あがつまぜんいつ)、「嘴平伊之助」(はしびらいのすけ)と一緒に、無限列車へ乗り込むことに。

無限列車では、短期間のうちに40人以上が行方不明になっており、鬼殺隊では鬼の仕業と疑っていたのです。竈門炭治郎一行は、列車内で「うまい!、うまい!」と大声を上げながら大量の駅弁をほおばる炎柱の「煉獄杏寿郎」(れんごくきょうじゅろう)と合流することになりました。

この無限列車では、人を眠らせて夢の中へ閉じ込め、精神の核を破壊したのちに喰らう下弦の壱「魘夢」(えんむ)と遭遇。魘夢の攻撃から乗客を守る煉獄杏寿郎と竈門禰豆子、我妻善逸と協力し、激しい戦いの末、竈門炭治郎は嘴平伊之助と共に魘夢を倒します。

煉獄杏寿郎は乗客全員の無事を竈門炭治郎に伝えて安心させますが、戦いはまだ終わりではありませんでした。大地を揺るがせて、上弦の参である「猗窩座」(あかざ)が現れたのです。

煉獄杏寿郎は、竈門炭治郎ら後輩の鬼殺隊員と乗客を守るため、猗窩座に戦いを挑むことになります。

2020年(令和2年)10月16日に公開された「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」は、日本国内の興行収入が40,000,000,000円を超えるメガヒットを記録し、煉獄杏寿郎を「400億の男」と言わしめました。世界各国でもその人気は高く、全世界での興行収入はおよそ5億ドル(現在のレートで約55,000,000,000円)。2020年(令和2年)に公開された映画の年間興行収入で世界第1位となっています。

ファン注目のテレビアニメ「鬼滅の刃 無限列車編」

第1話はオリジナルストーリーの「炎柱・煉獄杏寿郎」

いよいよ放送がスタートした鬼滅の刃 無限列車編。ツイッターの鬼滅の刃公式アカウントでは、放送2週間前から竈門炭治郎や鬼殺隊の柱達がミニキャライラストとなって日替わりで登場し、放送開始までをカウントダウンするという熱の入れようでした。ファンの期待も最高潮に達したのは言うまでもありません。

気になる第1話のタイトルは、ずばり炎柱・煉獄杏寿郎です。劇場版 鬼滅の刃 無限列車編で大人気キャラクターとなった煉獄杏寿郎が、無限列車に乗り込むまでを描いたアニメオリジナルのストーリーであり、劇場版とは一線を画しています。

無限列車ではこれまでに40人以上の乗客が消え、派遣された鬼殺隊員も戻ってきませんでした。調査にあたることとなった煉獄杏寿郎は、蕎麦を「うまい!、うまい!」と言って食べながら店の主人に聞き込みをしています。

そこへ報告のためにひとりの鬼殺隊員がやってきたため、煉獄杏寿郎は蕎麦を奢ることに。このときの蕎麦やかき揚げの描写がたいへん丁寧で、煉獄杏寿郎がおいしそうに食べる様子がまずファンの目を惹き付けました。第1話では、そのあとも多くの食べ物が登場し、視聴者のおなかを刺激することになります。

弁当屋の祖母と孫娘に出会う

煉獄杏寿郎と鬼殺隊員は、蕎麦屋の店主から人が行方不明になっていると聞いた駅の現場検証に訪れました。すると、弁当屋の方から祖母と孫娘が何やら言い合う声が聞こえてきます。煉獄杏寿郎は2人へ快活に挨拶をして、最近鬼を見なかったかとズバリと尋ねました。

鬼など信じないと言う孫娘の「ふく」は、祖母「トミ」を庇うように立ちはだかり、煉獄杏寿郎にアンパンを投げ付けます。これが見事顔面にヒット。慌てる鬼殺隊員をしり目に、煉獄杏寿郎は「うまい!」と言ってアンパンを食べると、人が消える事件のせいで売り上げが減っているという弁当屋から大量の弁当を購入。仲間への手土産として鬼殺隊員に持たせ、自らもたくさんの弁当を持って列車に乗り込んでいきます。

ついに姿を現した鬼

ところが、煉獄杏寿郎が乗り込んだ列車は無限列車ではありませんでした。車掌からそれを聞いた煉獄杏寿郎は、無限列車が整備されているという車庫を教えられると、走行中の列車から飛び降りてしまいます。車掌の驚きは想像に難くありません。

煉獄杏寿郎は、整備中の無限列車の前に立ち、かすかな鬼の気配を感じ取りました。そこへ整備士が来て、関係者以外は立ち入り禁止だと告げたため、煉獄杏寿郎は鉄道管理局に依頼され弁当を差し入れに来たと返事をします。

そのとき、整備工場の奥から叫び声が聞こえ、整備士を人質に取った鬼が現れました。それは「切り裂き魔」と呼ばれる鬼で、人質の体に鋭い爪を食い込ませています。

鬼が人質を切り裂こうとした瞬間、煉獄杏寿郎は鬼を斬り付け、人質を救出。鬼はその場から逃げ出し、煉獄杏寿郎はケガをした整備士の応急手当てをしたあと、鬼を猛追します。

鬼に狙われたふくとトミ

速さが持ち味の鬼は、線路上を猛スピードで駆け抜け、煉獄杏寿郎とかかわりのある弁当屋の孫娘ふくを次の標的にしました。鬼に弁当を投げ付けて、ふくに逃げるように言う祖母のトミ。ふくは逃げ出しますが鬼に追いつかれてしまいます。

あわやというとき、全集中の呼吸を駆使し超人的なスピードで追い付いた煉獄杏寿郎が現れ、ふくを助け出したのです。鬼はさらにトミを狙いました。

しかし煉獄杏寿郎は、「お前は遅い!」と言い放つなり、「炎の呼吸 壱の型 不知火」で鬼の首を一刀両断にします。煉獄杏寿郎が日輪刀を鞘に収める所作までを見て、トミは助けてもらうのは2度目だと明かしました。自分とふくの母親を20年前にも救ってもらったと。

それを聞いて煉獄杏寿郎はハッとします。そして「それは、きっと俺の父でしょう」と答え、「父と同じように、あなたをお守りできたこと、光栄です」と語りかけました。

煉獄杏寿郎の父に対する想い
煉獄杏寿郎の父に対する想い

煉獄杏寿郎の父に対する想い

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編では、煉獄杏寿郎の夢という形で父である「煉獄槇寿郎」(れんごくしんじゅろう)が登場しますが、酒におぼれ、息子達に冷たい態度を取るばかりで美点が見出せません。

しかし、煉獄杏寿郎が刀を操る所作まで無意識に父に似せていたことで、煉獄杏寿郎がいかに父を尊敬し、その姿に学んでいたか、また煉獄槇寿郎が人のために尽くす強い炎柱であったことを感じ取れる場面となっており、視聴するファンを魅了しました。

そのあと、煉獄杏寿郎は、このことを父に伝えると言い、ふくとトミには「また会いましょう」と告げますが、その約束が果たせなかったことを知っているファンにとっては切ない場面です。煉獄杏寿郎は、トミがお礼にと差し出した「牛鍋辨當」(ぎゅうなべべんとう)をひとつ受け取り、残りを全部買い取って、無限列車へと乗り込んでいきました。

そして座席に付き、弁当を「うまい!」と食べ始めたところで第1話は幕を閉じます。劇場版 鬼滅の刃 無限列車編で、竈門炭治郎達が出会ったとき、煉獄杏寿郎が大量の弁当を食べていた理由が分かり、また最後にはこれから物語にかかわる少年少女も姿を見せ、本編がいっそう楽しみになるエピソードだったのではないでしょうか。

オープニングとエンディングの主題歌も新しく

オープニングとエンディングは、第1話にこそなかったものの、新バージョンとなることが決定しています。テレビアニメ 鬼滅の刃 無限列車編では、テレビアニメ第1期「鬼滅の刃 竈門炭治郎 立志編」、劇場版 鬼滅の刃 無限列車編に引き続き、主題歌を「LiSA」(リサ)さんが担当。オープニングテーマは「明け星」、エンディングテーマは「白銀」です。

また、テレビアニメ 鬼滅の刃 遊郭編では、主題歌アーティストに「Aimer」(エメ)さんが決定。オープニングテーマの「残響散歌」、エンディングテーマの「朝が来る」の2曲にもファンの期待が寄せられています。

用語の解説

マンガからスタートし、アニメも大ヒットした「鬼滅の刃」(きめつのやいば)。さらに2020年(令和2年)には「劇場版鬼滅の刃 無限列車編」が記録的な興行収入を記録し、数多くの人々が映画館でその世界観に魅了されました。映画は美しいアニメーションによる戦闘シーンが評判。一度のみならず、何度も映画館で鑑賞する人がいるほどです。「鬼滅の刃」の物語は日本の大正時代を舞台に展開されるため、難解な漢字や、聞きなれない古風な用語が随所に登場するのが特徴。「鬼滅の刃」の独特な世界観は、カタカナや略語があふれる現代では新鮮に感じられ、読者を物語の世界へと引き込む魅力のひとつとなっているのです。ここでは、「鬼滅の刃」に登場する、主な用語について詳しく紹介します。

「日輪刀」(にちりんとう)とは

日輪刀

日輪刀

「日輪刀」(にちりんとう)とは、特殊な鋼を用いて作刀された日本刀で、作中にを倒せる唯一の武器として登場。「鬼殺隊」(きさつたい)と呼ばれる政府非公認の組織に所属する剣士がふるう特別な刀を指し、鬼殺隊士の最高位である「柱」(はしら)の刀身には、「悪鬼滅殺」の4文字が彫られています。

鬼の天敵である太陽に1番近い山「陽光山」(ようこうざん)で採れた「猩々緋砂鉄」(しょうじょうひさてつ)と、「猩々緋鉱石」(しょうじょうひこうせき)を原料として作刀されており、この日輪刀で首を斬ることによってのみ、鬼を倒すことができるのです。

また、日輪刀は「色変わりの刀」とも呼ばれ、持ち主によって刀身の色が変化します。基本は「赤色・青色・緑色・灰色・黄色」の5色で、それぞれ「炎・水・風・岩・雷」の基本の呼吸を司ったもの。ただし、ある程度剣技の才能がなければ、日輪刀の色に変化はありません。

なお、日輪刀は様々なグッズ・おもちゃ展開がなされています。主人公「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)の日輪刀は音声搭載のおもちゃになっていて、なりきりごっこ遊びにピッタリです。さらに映画館で多くの人々を感動させた「煉獄杏寿郎」(れんごくきょうじゅろう)が持つ日輪刀を再現した模型も販売。劇場版で印象的だった台詞をはじめ、映画館に鳴り響いた攻撃の音も再生できます。

「呼吸法」・「全集中の呼吸」とは

呼吸法

呼吸法

「鬼滅の刃」に登場する技である「呼吸法」とは、鬼殺隊の隊士達が、一般人よりも優れた身体能力を発揮する鬼と渡り合うために会得する特殊な呼吸方法のこと。

この呼吸法は「育手」(そだて)のもとで修業した剣士達が身に付けられる物で、「水の呼吸」、「炎の呼吸」、「風の呼吸」、「雷の呼吸」、「岩の呼吸」の5つの呼吸法を基本としています。

鬼殺隊士は呼吸法を駆使した「全集中の呼吸」(ぜんしゅうちゅうのこきゅう)を使うことで、一度に大量の酸素を体内に取り込み、身体能力を瞬間的に向上させることができるのです。

全集中の呼吸は鍛錬を積み、昼夜問わず用いることで基礎体力や戦闘能力が極限まで高まることから、鬼殺隊士は睡眠時間を含め、常に全集中の呼吸を行う「全集中の呼吸・常中」を用いていることも珍しくありません。

2020年(令和2年)から2021年(令和3年)にかけては、「全集中展」が開催されました。これはアニメ「竈門炭治郎 立志編」から、映画館で公開された「無限列車編」へと続く展示会です。映画館のような大スクリーンで各キャラクターの呼吸が体感できるスポット、鬼殺隊の映像集や日輪刀の展示が観られるスポットなどが用意されていました。

血鬼術(けっきじゅつ)とは

「血鬼術」(けっきじゅつ)とは、鬼の中でも強い、異能を持った鬼が使う特殊な術のこと。異能の鬼は強くなるほど超常的で殺傷能力の高い血鬼術を使うことができ、肉体を自在に変化させたり、特殊な技を出したりするなど、鬼によって異なる術を持っています。

人間だったときの性格や行いが血鬼術に反映される傾向があり、剣技の才能や強靱な体を持っていた者は、鬼になると剣技や体術が強化された血鬼術を使うのです。人間を多く食べたり、鬼の始祖である「鬼舞辻無惨」(きぶつじむざん)の血を分けてもらったりすることで鬼は力を付け、血鬼術も強力な物へ変化します。

劇場版に登場した鬼「魘夢」(えんむ)は、夢に関する血鬼術の所持者。相手を眠らせて夢を見させ、その間に精神を破壊する術です。竈門炭治郎や煉獄杏寿郎らが討伐に向かいますが、夢を見させられてしまいます。彼らが見た夢は、映画館を訪れた観客に衝撃を与えました。

鎹鴉(かすがいがらす)とは

「鎹鴉」(かすがいがらす)とは、隊士1人につき1羽、鬼殺隊から与えられる連絡用の鴉のこと。鬼滅の刃公式ポータルサイト「鎹鴉通信」の名前にも使われています。公式ポータルサイトでは、映画館での入場特典や鬼滅の刃グッズ、イベント開催の紹介などの最新情報が確認可能です。

鎹鴉は最終選別に合格した際に与えられ、本部や隊士への伝令などを伝達。言葉を話せる鴉もおり、文書だけでなく伝言をそのまま伝えることもできます。ただし、「我妻善逸」(あがつまぜんいつ)に与えられた鎹鴉は鴉ではなく雀です。

各鎹鴉は個性的。性格や見た目がそれぞれ異なります。劇場版では煉獄杏寿郎の鎹鴉における映画オリジナル演出が評判で、映画館を感動の渦に巻き込みました。

育手(そだて)とは

育手とは、呼吸を使った剣士を育てる人のことです。山ほどいるとされ、育てる場所や教え方はそれぞれ違います。かつては鬼殺隊士として活躍していた呼吸の使い手であり、引退してからは後継者を育てて鬼殺隊を支える存在です。

基礎体力の向上や全集中の呼吸、刀の素振りなど厳しい訓練を行い、弟子を鍛え上げます。

主人公・竈門炭治郎の育手は、天狗の面を付けた元水柱の「鱗滝左近次」(うろこだきさこんじ)。竈門炭治郎を鬼殺隊へと導いた「冨岡義勇」(とみおかぎゆう)も彼の弟子にあたります。映画館で公開された「無限列車編」で活躍する煉獄杏寿郎の育手は、父親「煉獄槇寿郎」(れんごくしんじゅろう)。当初は息子を熱心に鍛えていましたが、自信を失う出来事と妻の死が重なり、酒浸りの日々を送るようになってしまいました。

隠(かくし)とは

「隠」(かくし)とは、鬼殺隊と鬼が戦ったあとに、その始末をする事後処理部隊のことです。隊員の多くは、剣技の才能に恵まれなかった者達が担っており、黒い服を着て黒い頭巾を被り、目だけを出した黒子のような姿をしています。

鬼との戦いで隊士が怪我を負うと、傷の手当てをして介抱し、病院などに搬送。隠は鬼と直接的に戦いません。しかし鎹鴉が空からの支えなら、隠は陸で鬼殺隊を支える重要な存在です。記録的な映画館の観客動員数を誇り、マンガから劇場版まで大ヒットした鬼滅の刃には、隠のような裏方も描かれていて、英雄だけで組織が成り立っていないことを明示しているのです。

最終選別とは

「最終選別」とは、鬼殺隊に入隊するための最終選考のこと。「藤襲山」(ふじかさねやま)という、鬼が嫌う藤の花が1年中咲いている山で行われます。山には生け捕りにされた何匹もの鬼が閉じ込められており、7日間生き残れた者だけが合格となる過酷な選考です。

育手を介さず自ら志願した「嘴平伊之助」(はしびらいのすけ)のような例外もありますが、基本的には、育手に許可された弟子や推薦を受けた者が受けられます。合格すると日輪刀の材料となる玉鋼を選び、隊服と鎹鴉が与えられて鬼殺隊士となるのです。

なお、藤襲山は栃木県にある「あしかがフラワーパーク」に似ていると話題になりました。映画館のスクリーンで見た風景、アニメやマンガに登場する場所、またこれらに似ているスポットを「聖地」と称しますが、「あしかがフラワーパーク」もそのひとつです。鬼滅の刃の「聖地」は全国各地に存在しています。

継子(つぐこ)とは

「継子」(つぐこ)とは、鬼殺隊の「柱」の直弟子のこと。柱に剣技の腕や素質を見込まれ、次代の柱になり得ると考えられた優秀な者が選ばれます。

「恋柱」(こいばしら)の「甘露寺密璃」(かんろじみつり)は、元々炎の呼吸の使い手であったことから、「炎柱」(えんばしら)の煉󠄁獄杏寿郎の継子となりましたが、独自に「恋の呼吸」を編み出したため、炎の呼吸は受け継ぎませんでした。

ちなみに、映画館で多くの人々を魅了した煉獄杏寿郎は面倒見の良い性格として描かれていますが、ファンブックのなかで「稽古がつらすぎて継子が皆逃げてしまった」と語られています。

青い彼岸花とは

青い彼岸花

青い彼岸花

「青い彼岸花」とは、物語のキーワードとして登場し、鬼の始祖・鬼舞辻無惨が、1,000年もの間探し求めている花のことです。元々病弱な人間だった鬼舞辻無惨を強靱な鬼に変化させた薬の名前であり、その原料にも使われています。どこに生息しているのか、栽培できる植物なのか、日本中どこにも見つかっていません。

なお、鬼舞辻無惨のもとには十二鬼月と呼ばれる「異能の鬼」が存在。映画館のスクリーンには、「魘夢」「猗窩座」(あかざ)と竈門炭治郎らの戦いが映し出されました。

稀血(まれち)とは

「稀血」(まれち)とは、鬼にとって高い栄養価を含んだ特殊な血のこと。及び、その血を持った人間のことを指します。

稀血の中でも希少な血であればあるほど、1人で50人分や100人分の人間を食べたのと同等の栄養価があるとされ、鬼を強化することから稀血の人間は鬼に狙われやすくなるのです。

また、鬼殺隊の風柱・不死川実弥(しなずがわさねみ)は稀血の持ち主。鬼を酔わせることができる血を持っています。映画館でその活躍は見られませんでしたが、不死川実弥は戦いへの思いや弟への愛、さらに荒々しく見えながらもあたたかな人柄から、人気キャラクターのひとりです。

痣の者(あざのもの)とは

「痣の者」(あざのもの)とは、鬼の持つ文様と同じような痣を発現させた者のことを指します。発現の条件は、心拍数が200以上かつ体温が39度以上になること。格上の鬼と対峙し、闘志を高めて戦い続けたときに特別な痣を発現することがあるのです。

痣の発現者は強力な鬼と対峙した際にも優勢に立ち回ることができるほどの力を得ますが、その分寿命の前借をしているため、25歳までしか生きられないとされています。

痣はひとりに発現すると他の剣士にも現れると言われていて、竈門炭治郎の痣の出現をきっかけに他の剣士にも現れました。映画館で痣発現の様子は見られませんでしたが、「鬼滅の刃」原作終盤にはほとんどの柱に痣が現れます。

ヒノカミ神楽(ひのかみかぐら)とは

「ヒノカミ神楽」(ひのかみかぐら)とは、主人公「竈門炭治郎」の家系に代々伝わる神楽で、年初に「ヒノカミ様」に奉納されていた舞のこと。

基本となる5つの呼吸を含めたあらゆる呼吸の始まりである「日の呼吸」(ひのこきゅう)を応用した型であり、竈門家の先祖が、この型と耳飾りを日の呼吸唯一の使い手であった「継国縁壱」(つぎくによりいち)から託されました。

型は全部で12個あり、1個目の型である「円舞」(えんぶ)から12個目の「炎舞」(えんぶ)まで順に技を出すことで13個目の型となって完成します。

「劇場版 無限列車編」には型のひとつ「碧羅の天」が登場。魘夢との戦いが映画館のスクリーンに映し出され、迫力のある仕上がりとなっていました。

主な登場人物

原作漫画をはじめ、アニメや映画まで展開し、今後も様々なコンテンツへの躍進が期待される「鬼滅の刃」(きめつのやいば)。原作漫画は累計発行部数が1億5,000万部を超え、劇場版における映画館の観客動員数は2,500万人以上となっています。また、映画館入場特典としてシールやカードなども続々と配布されました。ここでは、主な登場人物の性格やプロフィールなどと共に、登場人物が持つ「日輪刀」(にちりんとう)の特徴もご紹介します。

竈門 炭治郎(かまど たんじろう)

鬼になった妹を戻す旅へ
竈門 炭治郎

竈門 炭治郎

主人公の「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)は心優しい少年です。額に火傷の痕があり、花札のような耳飾りがトレードマーク。耳飾りには物語の核心へと迫る秘密があり、次第にその秘密が明かされていきます。

「劇場版 無限列車編」では著しい成長が描かれ、映画館のスクリーンに敵と対峙する姿が映し出されました。

母と弟妹と共に代々続く炭売りを家業として暮らしていた竈門炭治郎は、に家族を殺され、唯一生き残った妹の「竈門禰󠄀豆子」(かまどねずこ)も鬼にされてしまいます。妹を人間に戻す方法を探し、家族の仇を討つために、竈門炭治郎は鬼狩りである「鬼殺隊」(きさつたい:鬼を狩る政府非公認組織)に入隊しました。

曲がったことが許せない性格で、温厚ですが頑固な一面もあります。その人柄は、鬼殺隊員になるため鍛えてくれた「育手」(そだて)の「鱗滝左近次」(うろこだきさこんじ)から、鬼に対しても優しすぎて剣士になるのは無理だと思われるほどでした。とても嗅覚が鋭く、人の感情や鬼の存在を感知するだけでなく、鬼の強さや急所の匂いを嗅ぎ分けることすら可能です。

鱗滝左近次のもとで修業したあと、「水の呼吸」の使い手として入隊しますが、亡き父から受け継いだ「ヒノカミ神楽」の呼吸が自分の体に合っていることが明らかとなり、徐々にヒノカミ神楽の技を繰り出すようになっていきます。

第1話時点での竈門炭治郎の年齢は13歳、入隊試験である「最終選別」のときは15歳です。身長は物語が進むにつれ156cmから165cmへと成長しました。

珍しい漆黒の日輪刀
鬼は陽の光を浴びると消滅してしまいますが、それ以外の通常の武器では倒すことができません。鬼殺隊の剣士が持つ日輪刀は、鬼を殺すことができる唯一の武器なのです。使い手の隊士が抜刀することにより色が変わるので、別名「色変わりの刀」とも呼ばれています。一度色が変化した日輪刀は、所有者が変わってもその色は変わりません。

竈門炭治郎の日輪刀は刀身(つか)、(つば)、(さや)それぞれが黒色で、鍔は日輪型をしています。作中では黒い日輪刀は数が極めて少なく、持ち主は出世できないとされていました。その後、刀鍛治の里で発見された黒い日輪刀と交換し、「煉獄杏寿郎」(れんごくきょうじゅろう)の炎のような形の鍔を付けて戦うことになります。

「劇場版鬼滅の刃 無限列車編」でも日輪刀が登場。日輪刀を持ち、鬼に立ち向かっていく竈門炭治郎が映画館で楽しめます。

竈門 禰󠄀豆子(かまど ねずこ)

鬼にされてしまった竈門炭治郎の妹
竈門 禰豆子

竈門 禰豆子

「竈門禰󠄀豆子」(かまどねづこ)は、家族思いで心優しい少女。竈門炭治郎が町へ炭を売りに出ていたある日、人喰い鬼に一家を惨殺されてしまったなか、唯一生き残ったのが竈門禰󠄀豆子でした。

しかし鬼に襲われた際に傷口に鬼の血が入り、鬼になってしまったのです。人を噛まないようにと「冨岡義勇」(とみおかぎゆう)が付けた竹製の口枷(くちかせ)がトレードマーク。

通常は竈門炭治郎が背負っている箱の中に小さくなって入っています。竈門炭治郎と共に鬼殺隊に入隊してからも、鬼である󠄀竈門禰󠄀豆子は日輪刀を使わず自身の体を武器に戦います。本来であれば鬼となったあとは人を喰らって生きることしかできないはずですが、竈門禰󠄀豆子は眠ることで傷を癒し体力を回復させているため、人を傷付けません。

人間だったときの意識は薄れていますが、鱗滝左近次による「人間は守るもの」という暗示によって、力のない人間や、味方となった鬼の「珠世」(たまよ)と「愈史郎」(ゆしろう)は守りたい家族に見えています。第1話時点では12歳で、最終選別後は14歳。作中では身長が150cmから153cmに成長しました。

映画館で公開された無限列車編では、敵によって眠らされた人達を竈門禰󠄀豆子が起こすシーンをはじめ、その活躍を見ることができます。

鬼の力で竈門炭治郎を助けるように
本来であれば入隊できない鬼である竈門禰󠄀豆子には、当然日輪刀がありません。しかし、竈門炭治郎が危機に陥った戦いで、鬼が使う異能である「血鬼術」(けっきじゅつ)を発揮。竈門禰󠄀豆子が使う血鬼術は「爆血」(ばっけつ)と言い、自分の血を燃やしたり爆発させたりする技で、鬼に対してのみ効果があります。血鬼術は無限列車編にも登場。映画館のスクリーンに血鬼術を使う竈門禰󠄀豆子が映し出されます。

その後も鬼との戦いにおいて、刀身に爆血をまとわせて強さを増す「爆血刀」(ばっけつとう)などで竈門炭治郎の手助けをしていくのです。

血鬼術は強い鬼しか持ち得ない能力なので、竈門禰󠄀豆子の鬼としての強さは決して低くありません。また、物語の後半では、陽の光に当たれないという鬼の弱点を克服するなど、鬼の中でも特異な能力を持っています。

我妻 善逸(あがつま ぜんいつ)

弱さを自負する竈門炭治郎の同期
「我妻 善逸」(あがつま ぜんいつ)は竈門炭治郎と同じ選別試験で入隊した「雷の呼吸」の使い手の少年。もともとは黒髪でしたが、修業中に木の上に隠れていたところ雷に打たれ、髪の色が金色に変わってしまいました。女性好きがたたって借金を背負わされてしまうほど女性に弱いものの、竈門禰󠄀豆子と出会ってからは一筋に。隙を見てはアピールしています。

基本的にはとても怖がりで気弱ですが、ここぞというときには思わぬ力を発揮。物語前半では意識を失った状態でしか全力を出せませんでした。雷の呼吸の使い手でありながら、使える技は壱ノ型「霹靂一閃」(へきれきいっせん)のみです。

しかし、極限まで鍛え上げられた技の速度は凄まじく、連続して使うことで鬼を圧倒します。聴覚がとても鋭く、心音などからその人の感情や性格まで分かるほどです。竈門炭治郎より1歳年上の16歳。身長は164.5cmです。

強さと弱さの両方を持つ我妻善逸は人気キャラクターのひとり。劇場版の「無限列車編」では恋する相手・竈門禰󠄀豆子を守ろうと鬼を切り裂くシーンがあり、映画館で我妻善逸のかっこいい一面を見ることができます。

日輪刀は黄色や金の豪奢な色合い
我妻善逸の日輪刀は、刀身に雷の紋様が浮かび上がっているのが特徴。柄は白く、柄頭(つかがしら)は金色で、鍔は白の木瓜(もっこう)型に金色の縁取りがされています。柄や鍔のモチーフは羽織と同じ三角形の鱗模様です。

「無限列車編」でも、我妻善逸の日輪刀は活躍。竈門禰󠄀豆子を守るために、勇ましく刀が振り下ろされる様子は、映画館の観客を圧倒しました。

嘴平 伊之助(はしびら いのすけ)

鬼殺隊きっての異端児
「嘴平 伊之助」は猪の皮を被り、筋肉質な体躯と野太い声とは裏腹に、その素顔は美形という少年。幼い頃親に捨てられ、山で猪に育てられたためか、気性が荒く野生的なキャラクターです。口癖は「猪突猛進」。人や動物を相手に力比べを楽しみとして山で過ごしていました。

そんななか、たまたま出会った鬼殺隊員と力比べをして日輪刀を奪った上、無理やり最終選別へ参加。育手を介さずに鬼殺隊へ入った異端児です。

我流である「獣の呼吸」(けだもののこきゅう)の使い手で、2振の日輪刀を使用。触覚が鋭く、空気の揺らぎによって敵の位置を把握する「漆ノ型 空間識覚」を操ります。年齢は15歳で、竈門炭治郎と同い年。身長は164cmです。

竈門炭治郎・我妻善逸と同期で、「鬼滅の刃」の中心的メンバーのひとりにあたる嘴平伊之助。当初は非常識な性格でしたが、竈門炭治郎達と出会って仲間意識を芽生えさせていく成長過程も見どころとなっています。「劇場版 無限列車編」では、心が折れて取り乱した竈門炭治郎を鼓舞するシーンが映画館の観客に強い印象を残しました。

日輪刀も一線を画す嘴平伊之助
嘴平伊之助の日輪刀は刀身が藍鼠色(あいねずいろ)で刃こぼれがひどく、鋸(のこぎり)のような形状。「柄や鞘は布で巻いただけで鍔もない」というスタイルで、他とは大きく異なる日輪刀です。新たな日輪刀が完成した際にも、自ら石で叩いて刃こぼれさせ、日輪刀を鍛えた温厚な刀鍛冶「鉄穴森鋼蔵」(かなもりこうぞう)を激怒させてしまいました。

嘴平伊之助は劇場版で大きな活躍を見せています。もちろん日輪刀も登場。竈門炭治郎と協力しながら、敵・魘夢(えんむ)を討伐する様子が映画館ならではの大スクリーンで楽しめました。

鬼殺隊や柱とは

「鬼滅の刃」(きめつのやいば)の主人公である「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)が所属しているのが「鬼殺隊」(きさつたい)です。鬼と戦うために結成された組織であるこの鬼殺隊の中でも、当主にあたる「産屋敷耀哉」(うぶやしきかがや)と、鬼殺隊最強の9名の剣士を指す「柱」(はしら)は個性あふれる魅力的な人物として描かれ、特に高い人気を誇っています。なかでも炎柱(えんばしら)の煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)は、映画館の観客動員数2,800万人以上・興行収入歴代1位を記録した劇場版の「無限列車編」で活躍した人気キャラクター。映画館を感動の渦に巻き込みました。今回は、鬼殺隊当主のカリスマ性と最強の剣士「柱」達の特徴、そして彼らが操る「日輪刀」(にちりんとう)をご紹介しましょう。

「鬼滅の刃」の「鬼殺隊」とは

鬼殺隊の頂点に立つ「当主」と「柱」
鬼殺隊とは、を狩る目的で作られた政府非公認の組織。鬼殺隊は産屋敷家により結成されましたが、その理由は鬼の頭領である「鬼舞辻󠄀無惨」(きぶつじむざん)が産屋敷一族の人間だったからです。鬼舞辻無惨は人間を鬼に変えることができ、映画館のスクリーンで死闘を繰り広げた鬼・魘夢(えんむ)と猗窩座(あかざ)も鬼舞辻無惨によって鬼となりました。

一族から鬼を出してしまった業により、産屋敷一族の者はことごとく早世するようになってしまいました。それを神主に相談したところ、「鬼となった者を倒すことに心血を注ぎなさい」との助言を受けます。そのため、鬼舞辻󠄀無惨を葬ることこそが、一族に受け継がれる悲願となったのです。このような理由から、鬼殺隊の長は代々産屋敷家の当主が務めています。

鬼殺隊をたばねる「当主」

カリスマ的能力と、強靭な精神力を持つ当主
産屋敷耀哉は、鬼殺隊を結成した産屋敷家の97代目当主です。「お館様」と呼ばれ、柱や隊士達から絶対的な信頼を寄せられています。代々、産屋敷の子は呪いのため長くは生きられないとされてきました。産屋敷耀哉も病に侵され、顔の上部から皮膚が変質していく状態で、主人公の竈門炭治郎の前に初めて現れたときにはすでに失明しています。

さらに鬼舞辻󠄀無惨と対峙した際には、起き上がることもできず床に臥す状態でした。体が弱いため、鬼との戦いの現場に出ることはありませんが、強烈な個性を持つ柱達が素直に従うカリスマ性と人望があります。そして産屋敷耀哉が持つ「f分の1ゆらぎ」の声質は、「彼の声音動作の律動は話す相手を心地よくさせる」と物語内で紹介されるほどの特殊な資質です。

産屋敷耀哉の持つもうひとつの特殊な才能が、「先見の明」。この未来を見通す力で、産屋敷家は財をなし、幾度もの危機を回避してきました。物語の後半、病床にあった産屋敷耀哉は、5日以内に鬼舞辻󠄀無惨が現れることを予見し、「岩柱」の「悲鳴嶼行冥」(ひめじまぎょうめい)に、自分を囮にして鬼舞辻󠄀無惨を倒すよう託します。

その言葉通り、妻の「あまね」、長女「ひなき」、次女「にちか」を道連れに、鬼舞辻󠄀無惨への猛烈な憎しみと殺意を隠し抜き、仏のような笑みを貼り付けたまま壮絶な最期を遂げるのです。

この最期の様子からも、鬼舞辻󠄀無惨を倒すという一族の目的を遂げるためには家族の犠牲もいとわず、自分の命も惜しくないというリーダーとしての強靭な精神力が伝わってきます。

産屋敷耀哉は妻とともに「劇場版 無限列車編」の冒頭に登場。原作にはない映画オリジナルシーンで、亡くなった隊士の墓参りをする場面が描かれています。観客達は、映画館の画面いっぱいに映し出されたこの冒頭シーンから、映像美に引き込まれていきました。

鬼を倒すために作られた「日輪刀」

日輪刀とは
「鬼滅の刃」に登場する「鬼」は、通常の武器では倒すことができません。弱点である太陽が昇ってくるのを待つか、鬼にとって毒となる藤の花があるところへ逃げなくては助かるすべがないのです。そんな鬼から人々を守る鬼殺隊は特別な武器で鬼に対抗していきます。

鬼殺隊の剣士達が持つ特別な武器、それが日輪刀です。日輪刀は「太陽に一番近く、1年中陽が射す」と言われる陽光山でだけ採取できる、「猩々緋砂鉄」(しょうじょうひさてつ)と「猩々緋鉱石」(しょうじょうひこうせき)という特別な鉱物から作られています。

頸を斬ることで鬼を殺せるのは、この日輪刀だけなのです。次の章では、個性豊かな柱達と、その柱の身体能力に合わせて作られた日輪刀を見ていきましょう。

なお、各々のキャラクターが持つ日輪刀は「無限列車編」でも大活躍。鬼殺隊と鬼達の戦闘シーンは、映画館の観客達を興奮させました。

鬼殺隊「柱」そのキャラクターと日輪刀

最強の9人の剣士
鬼殺隊の中で最も位の高い9名の剣士が「柱」(はしら)です。その圧倒的な強さで鬼殺隊を支える柱は、日輪刀を携え全集中の呼吸を使い、鬼と戦っていきます。

柱のメンバーには冷静さと優しさをかね備えた冨岡義勇(とみおかぎゆう)、毒を使って鬼を倒すかわいらしい見た目の胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)、その生き様が映画館を感動の渦に巻き込んだ煉獄杏寿郎らが在籍。個性豊かで魅力的な面々となっています。

水柱(みずばしら)冨岡義勇(とみおかぎゆう)
年齢19歳。「水の呼吸」の使い手です。主人公の竈門炭治郎を鬼殺隊に導いた柱でもあります。一見、無表情で口数も少なくクールに見えますが、入隊後の竈門炭治郎を気にかけ、窮状を救ってくれる根は優しい青年です。時折、天然ボケな素顔を見せることもあります。

鬼殺隊入隊前の最終選別で、友が命を懸けて助けてくれたおかげで生き延び、鬼殺隊に入隊。そのような経歴の自分が柱でいることに苦悩を抱え、他の柱達と距離をおく日々を送り、周囲からは浮いた存在でした。しかし竈門炭治郎の言葉で目が覚め、他の柱達と協力して鬼と戦うようになります。

冨岡義勇の日輪刀は細身の日本刀。(つば)の形は亀の甲羅のような六角形で、水の呼吸の属性により青い刃です。

冨岡義勇には数々の名言があります。なかでも「生殺与奪の権を他人に握らせるな」は、声優の声と相まって視聴者に強い印象を与えました。この台詞は、映画館で公開された「無限列車編」以前のストーリー「竈門炭治郎 立志編」の序盤に出てきます。

  • 冨岡義勇

    冨岡義勇

  • 冨岡義勇の日輪刀

    冨岡義勇の日輪刀

蟲柱(むしばしら)胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)
胡蝶しのぶの日輪刀

胡蝶しのぶの日輪刀

18歳。「蟲の呼吸」を使います。「めちゃくちゃ可愛いんだよ 顔だけで飯食っていけそう」と、竈門炭治郎の仲間である「我妻善逸」(あがつまぜんいつ)が独白するほど容姿端麗。常に敬語で話し笑顔を絶やさない、一見ふわりとした雰囲気の女性です。

その雰囲気とは裏腹に、笑顔で鬼に拷問すると伝えたり、「竈門禰󠄀豆子」(かまどねずこ)をいきなり殺そうとしたりするなど、過激な一面が見え隠れすることもあります。鬼に同情していた優しい姉の思いを継ぎたい気持ちと、その最愛の姉を鬼に殺された憎しみが心の奥底にあることを、竈門炭治郎に語りました。

「胡蝶しのぶ」は小柄で、スピードはあるものの力が弱く「柱」の中で唯一、鬼の頸を斬ることができない剣士です。薬学に精通しており、鬼の頸を斬る代わりに、鬼が苦手とする藤の花から抽出した毒を使って鬼を倒すことができます。

その特性を活かせるよう、胡蝶しのぶが持つ日輪刀は細く軽く、鉤爪形の先端を備えており、この先端を鬼に刺して毒を注入できる作りです。刀を鞘(さや)にしまうたびに毒の調合を変えることができ、鍔は蝶にも花にも見える形をしています。「蟲の呼吸」の属性で灰色っぽい水色の刃です。

なお、胡蝶しのぶの邸宅は「蝶屋敷」と呼ばれ、ケガした隊士達の治療所の役割を果たしている場所。主人公・竈門炭治郎らが蝶屋敷で療養・訓練する「蝶屋敷編」は、映画館の興行収入日本一を記録した「無限列車編」に続く重要な話です。

炎柱(えんばしら)煉󠄁獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)
煉獄杏寿郎の日輪刀

煉獄杏寿郎の日輪刀

年齢20歳。「炎の呼吸」の使い手です。明朗快活な性格で面倒見が良く、まわりの人からも慕われています。燃え盛る炎のような金髪の髪とカッと見開いた目が特徴です。代々炎の呼吸を継承する煉󠄁獄家の出身で、父親も元炎柱でした。

父親はある日突然剣士をやめて、子供達への剣の指導も放棄し、世捨て人のような生活をするようになりますが、「煉󠄁獄杏寿郎」は自力で炎の呼吸を極め、柱にまで上り詰めるほど剣の道を極めていったのです。

亡き母の「弱き人を助けることは強く生まれた者の責務である」という教えを心に刻み、人々を守ることを第一としています。無限列車での戦いにおける上弦の参「猗窩座」(あかざ)との死闘で、自らの命を犠牲にし、200人以上の命を守り通しました。炎の呼吸の属性で、日輪刀は赤です。刀身には燃え立つ炎の波紋が現われています。

このエピソードは「無限列車編」として映画館で公開され、観客達を魅了しました。

炎をかたどった鍔は、煉󠄁獄杏寿郎の死後、竈門炭治郎に引き継がれています。

音柱(おとばしら)宇髄天元(うずいてんげん)
宇髄天元の日輪刀

宇髄天元の日輪刀

年齢23歳。「音の呼吸」の使い手です。宝石をちりばめた額当てにフェイスペイント、イヤーカフにネイルカラーと、たいへん派手な格好が印象的で、自らを「派手を司る神」、「祭りの神」と称しています。

忍(しのび)の末裔であり、忍の次期頭領として育てられてきました。しかし、忍としての理想を追い求めるあまり、人を物や道具としてしか見ない父や弟の姿を見て違和感を抱き、「あんな人間になりたくない」と痛感。もと「くノ一」(くのいち)の妻達と里抜けをして鬼殺隊に入隊します。

「宇髄天元」は3人の妻をとても大切にしており、任務より妻達自身の命を優先するよう命じるほどでした。宇髄天元の日輪刀は持ち手同士が鎖で繋がれ、包丁のような形で柄に近い部分が丸く欠けています。刃は橙色です。

多くの人が映画館で鑑賞した「無限列車編」に続いて、2021年(令和3年)には「遊郭編」と呼ばれるストーリーがアニメ化。「遊郭編」では、宇随天元と竈門炭治郎らが鬼が住み着いた遊郭に向かいます。

霞柱(かすみばしら)時透無一郎(ときとうむいちろう)
時透無一郎の日輪刀

時透無一郎の日輪刀

年齢14歳。「霞の呼吸」の使い手です。刀を握って2ヵ月という短期間で柱となった天才剣士であり、当代最年少。すべての呼吸の始まりとされる「日の呼吸」の使い手の子孫です。鬼に最愛の双子の兄を殺されたことがショックで、鬼殺隊に入隊する前の記憶をなくしています。基本的に無表情で、他人に対して無関心です。

しかし、刀鍛冶の里で竈門炭治郎と再会し、彼の「人のためにすることは巡り巡って自分のためになる」という言葉をきっかけに、徐々に記憶が回復していきました。「無限列車編」では映画館で勇ましい戦いを見せた竈門炭治郎ですが、その「人を思う気持ち」が時透無一郎を変えていったと言えます。

周囲に無関心で人の名前すら覚えられなかった時透無一郎でしたが、戦いの最中、刀鍛冶に「俺のために、刀を作ってくれてありがとう。鉄穴森[かなもり]さん」と感謝を伝え、記憶と人間らしさをとり戻しました。

時透無一郎の日輪刀は一般的な日本刀の形ですが、鍔は金縁の四角を重ねた独特なデザイン。霞の呼吸の属性で白い刃です。

恋柱(こいばしら)甘露寺蜜璃(かんろじみつり)
甘露寺蜜璃の日輪刀

甘露寺蜜璃の日輪刀

年齢19歳。「恋の呼吸」の使い手です。桜色と緑色の髪色が特徴の女性。とても惚れっぽい性格で、男女にかかわらず小さなことでもすぐにときめきます。性格は優しく社交的です。

「甘露寺蜜璃」は特殊な体質で、筋肉繊維の密度が普通の人間の8倍にも及び、一見華奢な体からは想像できないくらいの怪力。そのため多量のエネルギーを必要とし、食事量は相撲取り3人分を超えています。

この体質と髪の毛の色が原因で、お見合いに失敗した過去があり、一度は自分らしさを隠して結婚を選ぼうとしました。しかし、「私が私のまま できること 人の役に立てることあるんじゃないかな?」と、鬼殺隊に入隊。竈門炭次郎に入隊理由を質問されたときは、「添い遂げる殿方を見つけるためなの!!」と答えました。

なお、甘露寺蜜璃は、その戦闘シーンで映画館の観客を興奮させた煉獄杏寿郎のもとで「炎の呼吸」を学んでいます。オリジナリティーの高い「恋の呼吸」を生み出したことから、独立して恋柱となりました。

甘露寺蜜璃は薄い鋼(はがね)でできた特殊な日輪刀を使います。刀鍛冶の里の長「鉄地河原鉄珍」(てっちかわはらてっちん)の作った刀です。リボンのようにしなやかな動きをし、高速で攻撃できます。人並み外れた筋力と柔軟性を持つ甘露寺蜜璃にしか扱えない日輪刀です。

鍔は四葉のクローバーの形をしており恋の呼吸の属性で桜色となっています。

岩柱(いわばしら)悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)
悲鳴嶼行冥の日輪刀

悲鳴嶼行冥の日輪刀

年齢27歳。「岩の呼吸」の使い手です。柱の剣士達の中では最古参で最年長、最強の実力を持っている、柱のまとめ役的な存在です。その実力の高さについて、映画館で公開された「無限列車編」で大活躍の竈門炭治郎は「匂いが全然違う」、嘴平伊之助は「鬼殺隊最強」と評しました。常に数珠を持ち念仏を唱えており、盲目で非常に涙もろく、多くの場面で慈悲の涙を流しています。

かつては寺で身寄りのない子供達を集めて一緒に暮らしていましたが、寺が鬼に襲われてしまうという経験をしました。

しかも、生き残った子供が恐怖のあまりうまく話せず「あの人がみんな殺した」と証言。「悲鳴嶼行冥」は冤罪で投獄されることに。産屋敷耀哉により助け出され鬼殺隊に入隊するも、子供に対して不信感を持つようになったのです。そのため、竈門炭治郎と竈門禰󠄀豆子を信頼するまでに、長い時間を要しました。

悲鳴嶼行冥の日輪刀は他の剣士のような日本刀ではなく、鉄球と斧を鎖で繋いだような形状です。鍛え上げた肉体を持つ彼だからこそ使いこなせる日輪刀で、攻撃する際は斧と鉄球の他に、鎖部分で鬼の頸を絞めて致命傷を与えることもできます。岩の呼吸の属性で刃は灰色です。

蛇柱(へびばしら)伊黒小芭内(いぐろおばない)
伊黒小芭内の日輪刀

伊黒小芭内の日輪刀

年齢21歳。「蛇の呼吸」の使い手です。生まれつき左右で異なる色の瞳を持ち、口の部分を包帯で覆っているのが特徴的。「鏑丸」(かぶらまる)という白い蛇と常に行動を共にしています。

気難しく、何かと嫌味や皮肉が多い性格です。女性ばかりの家に生まれ、その家を支配する蛇型の鬼の生贄にされるべく育てられた「伊黒小芭内」は、家から逃げ出し鬼殺隊に入隊。その影響もあって女性不信でしたが、屈託のない恋柱の甘露寺蜜璃には特別な感情を抱いています。

竈門炭治郎に対して厳しく当たったり、鬼となっている竈門禰󠄀豆子を認めなかったりという面がある伊黒小芭内ですが、鬼舞辻無惨との戦いでは竈門炭治郎と共闘。映画館で煉獄杏寿郎が観客を感動させたように、漫画の読者達はその戦いぶりに圧倒されました。

伊黒小芭内の日輪刀は、蛇のようにうねった形状の刀身です。彼の極めた蛇の呼吸は水の呼吸から派生した流派で、鍔は緑色をしており、蛇の紋様が彫られています。蛇の呼吸の属性で刃は薄紫色です。

風柱(かぜばしら)不死川実弥(しなずがわさねみ)
不死川実弥の日輪刀

不死川実弥の日輪刀

年齢21歳。「風の呼吸」の使い手です。髪は白色の短髪で、顔面や身体に多くの傷跡があります。粗暴な言動が多く、短気な性格ですが、産屋敷耀哉に対する絶対的な尊敬の念と、他の柱との協調性もあるなど、常識的な一面も。ただし、竈門炭治郎とは犬猿の仲です。

かつて「不死川実弥」が兄弟を守りたい一心で殺した鬼は、実は鬼になってしまった母親でした。夜が明け、そのことが分かったとき、たったひとり残った弟の「不死川玄弥」(しなずがわげんや)に責められます。弟には鬼とは縁のない幸せな生活を送ってほしいという思いもあり、弟から離れて鬼殺隊に入隊。

ところが不死川玄弥もあとを追うように入隊してしまいました。素直に気持ちが伝えられない不死川実弥は、再会した不死川玄弥に「テメェみたいな愚図、俺の弟じゃねぇよ」と言い放ってしまいます。不死川兄弟が和解するまでには時間が必要でした。

2020年(令和2年)12月にはアニメ第22~26話を特別編集した「柱合会議・蝶屋敷編」が放送されました。映画館で公開された「無限列車編」に続くストーリーとなっていて、もちろん不死川実弥も登場。竈門禰豆子に刀を向け、鬼の本性を明らかにしようとしました。

不死川実弥の日輪刀は普通の日本刀ですが、波のようなギザギザの模様が入っています。風の呼吸の属性で緑色の刃、鍔は8つのひし形が円形に収まった風車のような形です。

鬼滅の刃に登場する鬼

「鬼滅の刃」(きめつのやいば)の敵役である「鬼」は、人間を主食としている恐ろしい生き物です。驚くほど高い再生能力や超人的な身体能力を持っており、人を喰らうことで生命の維持と能力強化を図るのです。 鬼達は、映画館での興行収入が日本一を記録した劇場版「無限列車編」にも登場。映画は主人公・竈門炭治郎(かまどたんじろう)をはじめとしたキャラクターと、鬼の戦闘シーンの映像が素晴らしいと評されました。公開当初から、何度も映画館に足を運んだ方もいます。そんな「鬼滅の刃」に登場する鬼について、詳しくご紹介しましょう。

「鬼滅の刃」の「鬼」とは

鬼について
すべてのは「鬼舞辻󠄀無惨」(きぶつじむざん)の血を注ぎ込まれた元人間です。鬼になった瞬間から鬼舞辻󠄀無惨に逆らうことができません。鬼舞辻󠄀無惨に関する情報はもとより、名前を口にしただけで自壊する呪いがかけられているからです。映画館で多くの人が鑑賞した「無限列車編」には、魘夢(えんむ)や猗窩座(あかざ)といった鬼が登場。彼らも鬼舞辻無惨の配下です。

また、鬼舞辻󠄀無惨の血が多く注がれるほど能力が強化されますが、順応できない鬼は消滅するため、リスクを伴います。弱点は太陽光です。日光を浴びると瞬時に灰となって崩れ去るため、鬼は日中の野外では活動しません。

また、鬼を殺すことができる唯一の武器は、「鬼殺隊」(きさつたい:鬼を狩る政府非公認組織)だけが持つ「日輪刀」(にちりんとう)という特別な日本刀です。ただし、日輪刀でも頸を切り落とさなければ効果がなく、体を傷付けたとしても異常なまでの再生能力ですぐに修復します。

血鬼術を操る「異能の鬼」
人を数多く喰らい、長く生きてきた鬼のなかには「血鬼術」(けっきじゅつ)と呼ばれる特殊な力を操る者がおり、それが「異能の鬼」です。なかでも「十二鬼月」(じゅうにきづき)は、他の鬼と比べ物にならない圧倒的な強さを誇っています。「無限列車編」では、魘夢の恐ろしい血鬼術が映画館のスクリーンに映し出されました。

十二鬼月の順位は強さによって決められ、最上位は「上弦の壱」(じょうげんのいち)、最下位が「下弦の陸」(かげんのろく)。格付けの数字は上弦であれば両目に、下弦であれば片目のみに刻まれています。

十二鬼月の順位は完全実力制なので、下位の鬼が上位の鬼に「入れ替わりの血戦」を挑むことも可能です。ただし、上位6名である上弦の鬼は100年ほど入れ替わっていません。

鬼の始祖「鬼舞辻󠄀無惨」

すべての鬼の起源であり、頂点でもある
鬼舞辻󠄀無惨

鬼舞辻󠄀無惨

1,000年ほど前から生き続けている人喰い鬼の始祖・鬼舞辻󠄀無惨は、すべての鬼の起源であり頂点に君臨する存在です。そのため、鬼舞辻󠄀無惨が死ぬと、すべての鬼が消滅すると言われています。鬼の思考を読むことができ、離れていてもどこにいるのか位置を把握することまでできるのです。

長身で眉目秀麗な青年の姿をしていることが多いのですが、女性や少年の姿で現れるときもあり真の姿は分かっていません。普段は完璧な擬態で人間社会に溶け込んで生活しています。

主人公である竈門炭治郎の家族を殺害し、妹の「竈門禰󠄀豆子」(かまどねずこ)を鬼に変えた仇敵です。

鬼舞辻󠄀無惨の弱点は太陽光のみであり、他の鬼のように日輪刀で頸を切っても死にません。鬼舞辻󠄀無惨は唯一の弱点である日光を克服するため、自分が鬼となる原因になった「青い彼岸花」を探し続けています。

鬼舞辻無惨は、映画館で公開された「無限列車編」の前日譚「柱合会議・蝶屋敷編」にも登場。魘夢に対して自分の血を分け与えています。

鬼舞辻󠄀無惨の血鬼術
鬼舞辻󠄀無惨の使う血鬼術のひとつは「黒血枳棘」(こっけつききょく)と言い、自身の血液を有刺鉄線のように変化させて攻撃することが可能です。映画館のスクリーンでその血鬼術は見られませんでしたが、鬼殺隊最強と言われる「悲鳴嶼行冥」(ひめじまぎょうめい)との戦いで描かれました。

この他に、名前の登場する鬼舞辻󠄀無惨の血鬼術は知られていません。

「十二鬼月」キャラクター一覧

上弦の壱:黒死牟(こくしぼう)
十二鬼月最強の剣士「黒死牟」(こくしぼう)は、6つの目を持つ鬼です。武士のような姿をしており、額や頬、頸元にかけて炎のような痣があります。黒死牟は、天賦の才能を持って生まれた弟への劣等感から、さらなる強さを求めて鬼になることを決意しました。

黒死牟の弟は「継国縁壱」(つぎくによりいち)。「無限列車編」において、主人公・竈門炭治郎は映画館のスクリーンで大きな成長を見せましたが、その竈門炭治郎の父親とゆかりのある人物です。

黒死牟は鬼の力を使い、自身の体から無数の日本刀を生み出します。そして、振り幅なしに技を繰り出すことが可能です。また、日本刀は側面からの攻撃に弱いため折れやすいのですが、黒死牟の生み出す刀は折れてもすぐに再生します。なお、鬼殺隊と同じ「呼吸」の剣技を使うことができます。血鬼術と全集中・月の呼吸を合わせた技で戦うのも特徴のひとつです。

限られた者だけがたどり着ける「至高の領域」(透き通る世界、または無我の境地)も体得済み。そのため、相手の弱点や動きの先を読むことができます。

上弦の弐:童磨(どうま)
虹色の瞳に白橡色(しろつるばみいろ)の髪の鬼です。新興宗教「万世極楽教」(ばんせいごくらくきょう)の教祖の家に生まれ、特殊な容姿と高い知性から特別な子として祭り上げられていました。生まれながらに喜怒哀楽や他者への共感性が欠如しています。彼にとって人喰いは善行であり、愚かな人間を喰うことは救済なのです。

人間だった頃の上弦の陸の「妓夫太郎」(ぎゅうたろう)と「堕姫」(だき)兄妹の前に現れ、瀕死の彼らに血を与えて鬼にしました。

「童磨」(どうま)の血鬼術は「蓮葉氷」(はすはごおり)などの冷気を使った攻撃。鉄でできた鋭い刃物のような2つの扇を武器とし、氷や冷気を操ります。

凍らせて霧状にした自身の血液を扇で拡散させる技は、吸い込むと肺胞が壊死するため、鬼殺隊の呼吸の技に制限をかける厄介な相手です。

劇場版の「無限列車編」で、縦横無尽に駆け回る姿が映画館の観客を圧倒した「嘴平伊之助」(はしびらいのすけ)の母親を過去に殺害。また蟲柱・胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)とも因縁があります。

上弦の参:猗窩座(あかざ)
全身に幾何学模様の入れ墨がある、紅梅色の短髪の鬼。「鬼になれば100年、200年鍛錬ができる」という考えのもと強さを追い求め、強者との闘争を好む武闘派です。強き者は鬼となり至高の領域を目指すべきだと考え、強さを認めた相手から鬼になることを拒絶されると相手の死を望むという極端な行動に出ます。

「炎柱」(えんばしら)の「煉󠄁獄杏寿郎」(れんごくきょうじゅろう)を勧誘して拒まれ、一騎打ちとなるシーンは映画館で公開された「劇場版[鬼滅の刃]無限列車編」でも話題となりました。

「猗窩座」(あかざ)の血鬼術は「破壊殺」(はかいさつ)。他の鬼とは異なり、身体能力を強化した徒手空拳(としゅくうけん)による技を放つというシンプルな術です。しかし、圧倒的な破壊力を持ち、空中で拳打を放つと、その衝撃波で相手を攻撃できます。

上弦の肆・旧:半天狗(はんてんぐ)
頭に2本の角が生えており、額に大きなコブを持つ小柄な老人の姿の鬼です。本体はネズミ程度の大きさしかなく、戦線から離れた場所に隠れています。「恐ろしい、恐ろしい」と常に何かにおびえていて、鬼殺隊相手に悲鳴を上げて逃げ回るなど上弦の鬼としての貫禄はありません。

「半天狗」(はんてんぐ)の血鬼術は分裂能力。本体以外の頸を切られると分裂し、若返った姿の分身を生み出すことができます。窮地に陥れば陥るほど凶悪な分裂体を生み出し、それぞれが高速再生能力と固有の血鬼術を使うという厄介なタイプの鬼です。分裂体の攻撃をかいくぐって小さな本体を攻撃する必要があります。

映画館で多くの人を感動させた主人公・竈門炭治郎とその妹・竈門禰󠄀豆子のほか、竈門炭治郎の同期である不死川玄弥(しなずがわげんや)、恋柱・甘露寺蜜璃(かんろじみつり)が立ち向かいます。

上弦の肆・新:鳴女(なきめ)
普段は長い黒髪で目元を隠していますが、顔の中心に単眼を持つ和服姿の女の鬼です。琵琶を奏でることで、鬼舞辻󠄀無惨の本拠地である無限城の部屋を自由自在に操ることができます。また、任意の相手を無限城に召喚したり、目的地へ送り込んだりもできるのです。

半天狗が敗れたあと、新しい上弦の肆となり探知探査の血鬼術を会得しました。自身の目と同じく「肆」と書かれた眼球のような密偵を通じ、どんな場所でも外の状況を把握することができます。そのため、産屋敷の場所はもちろん、鬼殺隊士や竈門禰󠄀豆子の居場所を把握することもできました。

鳴女の最期はとても衝撃的。映画館で直接は見られなかった、鬼舞辻無惨の残酷さ・非情さがうかがえます。

上弦の伍:玉壺(ぎょっこ)
「無限列車編」に登場した魘夢や猗窩座も、特徴的な見た目が映画館を訪れた人々に印象を与えましたが、玉壺(ぎょっこ)の見た目はさらにインパクト大。

本来なら目がある部分に口があり、口の部分と額に眼球があるという不思議な見た目の鬼です。体から複数の短い手が生えており、下半身が壺とつながっています。

また、玉壺は自称「芸術家」。壺に近づいた人間を中へ引きずり込んで殺し、その人間を材料にしたおぞましい作品を生み出します。

「玉壺」の血鬼術は、壺を駆使した移動や攻撃です。壺の中に身を潜めることができ、自分が転移したい場所に壺を移動して、そこから出入りするという空間転移を得意としています。

情報収集力と探知能力に長けており、日輪刀を作る刀鍛冶の里を探し当てて攻撃を仕掛けました。また、壺を媒介して様々な化け物を生み出すことが可能です。

上弦の陸・旧:妓夫太郎(ぎゅうたろう)、堕姫(だき)
妓夫太郎と堕姫は、人間のときに兄妹だった2身1体の鬼。普段の堕姫は鬼の姿を隠し、花魁(おいらん)として遊郭(ゆうかく)の日が当たらない部屋を拠点にしています。美しさにかける執念が凄まじく、喰う人間は美しい者に限ると公言しているほどです。

基本的には堕姫が表に出ていますが、手に負えない事態が起こると堕姫の体内に隠れていた妓夫太郎が登場します。

堕姫の血鬼術は帯を用いる技で、帯を自在に操作して攻撃。また、帯の中に人間を取り込み、食べるときまで保存しておくこともできるのです。

妓夫太郎の血鬼術は「血鎌」(ちがま)。自身の血を鎌に変えて攻撃をします。妓夫太郎の血鬼術は毒性が高く、通常の鬼狩りなら掠っただけでも死に至るレベルです。

妓夫太郎・堕姫は、アニメ「竈門炭治郎 立志編」と映画館で公開された劇場版「無限列車編」に続く、「遊郭編」に登場。「遊郭編」では鬼殺隊の音柱・宇随天元(うずいてんげん)が活躍します。

上弦の陸・新:獪岳(かいがく)
翡翠色の瞳と頬に模様がある青年の鬼。元鬼殺隊の剣士で、黒死牟に血を与えられて鬼化しました。敗北した妓夫太郎・堕姫に代わって上弦の陸になっています。「獪岳」は、劇場版の竈門禰豆子を守るシーンが映画館の観客を魅了した鬼殺隊士「我妻善逸」(あがつまぜんいつ)の兄弟子。「雷の呼吸」の使い手です。

弟弟子の我妻善逸が「壱ノ型」(いちのかた)しか習得できなかったのに対し、獪岳は基礎となる壱ノ型だけは習得できませんでした。真面目で努力家である反面、強い承認欲求と弟弟子に対する嫉妬心を持っています。

獪岳の血鬼術は「全集中・雷の呼吸」。鬼化したことにより血鬼術で呼吸が強化され、通常の雷ではなく黒い雷になります。

下弦の壱:魘夢(えんむ)
左手の甲についた口で人を強制的に眠らせることができる洋装の鬼です。下弦の伍である「累」(るい)の敗北を受け、実力不足に怒った鬼舞辻󠄀無惨が次々と下弦の鬼を粛清していった際に、唯一生き残るチャンスを与えられました。

「魘夢」は「人の不幸や苦しみを見るのが大好き」と公言しており、血鬼術を使って幸せな夢を見せたあとに悪夢を見せ、不幸のどん底へ突き落として楽しみます。

魘夢の血鬼術は「強制昏倒睡眠・眼」などの催眠術や夢操作です。術で眠らせ、意のままの夢を見せることができます。幸せな夢と悪夢を混ぜた心理攻撃ですが、この術にとらわれると、ほとんどの人は体を動かすことができないため殺害することが可能です。

なお、人は夢空間の外側の「無意識領域」にある「精神の核」を破壊されると、精神が崩壊して廃人になります。

映画館入場特典として配布された「煉獄零巻」には、魘夢が人間だった頃のことが掲載されました。

下弦の弐:轆轤(ろくろ)
作務衣を着た、あごひげのある鬼です。

下弦の伍である累が倒されたあと、鬼舞辻󠄀無惨によって下弦の鬼全員が無限城に強制招集されます。下弦の弱さに苛立っていた鬼舞辻󠄀無惨に対し、「轆轤」は「貴方様の血を分けて戴ければ 私は必ず血に順応してみせます。より強力な鬼となり戦います」と申し出ましたが、「甚だ図々しい、身のほどを弁えろ」と殺されてしまいました。

登場と同時に粛清されたため、血鬼術は不明です。

なお、この鬼舞辻無惨による下弦の鬼の粛清は、映画館で公開された劇場版「無限列車編」直前のアニメ26話で見ることができます。

下弦の参:病葉(わくらば)
顔に、3つのバツ字の傷がある鬼です。

下弦の肆と陸が鬼舞辻󠄀無惨の理不尽とも言える対応で次々に殺されていったことに恐怖を感じ、追い詰められて逃げようとします。

しかし当然逃げられるはずもなく、次の瞬間には頭だけの姿になって鬼舞辻󠄀無惨に捕らえられ、体の再生ができないまま朽ち果てていきました。登場と同時に粛清されたため、血鬼術は不明です。

「パワハラ会議」とも呼ばれた鬼舞辻無惨による下弦の鬼の粛清は、記録的な映画館の興行収入を誇る劇場版の前日譚(アニメ26話・特別編集版の[柱合会議・蝶屋敷編])のなかで描かれています。

下弦の肆:零余子(むかご)
頭に2本の角が生えている、娘の姿の鬼です。

鬼舞辻󠄀無惨は鬼の思考を読み取ることができるため、嘘も隠しごともできません。「零余子」は、「お前はいつも鬼狩りの柱と遭遇した場合、逃亡しようと思っているな」と鬼舞辻󠄀無惨に指摘され、必死に弁明しますが「お前は私の言うことを否定するのか?」とパワハラとも言えるようなセリフと共に潰されてしまいました。

登場と同時に粛清されたため、血鬼術は不明です。

零余子らが殺された映画館公開の「無限列車編」に繋がるストーリーでは、殺された下弦の鬼達は出番が少なかったにもかかわらず、声優陣が豪華だったことが話題になりました。

下弦の伍:累(るい)
白髪の少年の姿をした蜘蛛の鬼であり、作中で最初に登場した現役の十二鬼月でもあります。鬼狩りから逃げてきた鬼を助けては「家族」と称して群れを作り、自分自身の能力を分け与えていました。

しかし、望み通りの家族を演じられない鬼を認めず、次々と処刑していきます。家族に対する偏った憧れがあり、家族愛が強い竈門炭治郎と反発し合いました。

累の血鬼術は「糸」。手から出す糸は自在に動き、敵を切り刻む鋭い刃となります。鋼鉄並みの強度があり、戦いの最中に竈門炭治郎の日輪刀を糸で折ったほどです。

累との戦いは、「無限列車編」の映画館公開を前に、テレビにて「那田蜘蛛山編」として放映されました。

下弦の陸:釜鵺(かまぬえ)
顔に線状の模様がある少年の鬼です。

「何故に下弦の鬼は それほどまで弱いのか」とつぶやく鬼舞辻󠄀無惨に対し、「鎌鵺」は「そんなことを俺達に言われても・・・」とうっかり頭の中で考えてしまいます。その思考を読み取られ、見せしめのように鬼舞辻󠄀無惨の腕に捕食されました。

このように、映画館ならではの迫力ある映像が話題となった「無限列車編」の前には、鬼舞辻無惨によって4人もの下弦の鬼が粛清されたのです。

登場と同時に粛清されたため、血鬼術は不明です。

その他の鬼

響凱(きょうがい)
元・下弦の陸で、身体に複数の鼓(つづみ)が埋め込まれています。人の血肉を喰らえる量が減り、力が衰えたため下弦の陸の地位を剥奪されました。再び十二鬼月に戻ることを夢見て「稀血」(まれち:栄養価の高い珍しい血)の子供を襲います。

響凱は人間だった頃、文筆家として認められていませんでした。鬼になった響凱は竈門炭治郎によって倒されてしまいますが、その最期に自分の執筆した原稿用紙を踏みつけず、さらに「血鬼術はすごかった」と声をかけられ、救われます。映画館で多くの観客を感動させた竈門炭治郎ですが、鬼に対しても思いやりのある接し方であったことがうかがえます。

「響凱」の血鬼術「尚速鼓打ち」(しょうそくつづみうち)は鼓を打つことで部屋を回転させ、同時に攻撃も可能です。

矢琶羽・朱紗丸(やはば・すさまる)
「矢琶羽」は両方の掌に目がある男の鬼、「朱紗丸」は毬(まり)を持った童女のような鬼。本人達は自分を十二鬼月だと思い込んでいますが、実は違います。

鬼舞辻󠄀無惨に命令された2人は、矢琶羽の異能の技を使って竈門炭治郎の足跡を追い、戦いを挑みますが敗れました。

矢琶羽の血鬼術は「紅潔の矢」(こうけつのや)。目に見えない矢印を操って相手の動きを操作できます。朱紗丸は毬を使った攻撃が得意です。

十二月鬼ではないものの、矢琶羽・朱紗丸のエピソードは重要。映画館では見られなかった鬼舞辻無惨の呪いの様子が分かります。

珠世・愈史郎(たまよ・ゆしろう)
「珠世」と「愈史郎」は、鬼でありながら鬼舞辻󠄀無惨を倒すために力を注ぐ異色の存在として登場します。数100年も前、鬼舞辻󠄀無惨によって鬼にされた珠世は、その支配の呪いを自力で解除。医者として、鬼化された人間をもとに戻す研究や、鬼を倒す薬の開発に邁進します。

鬼殺隊の長である「産屋敷耀哉」(うぶやしきかがや)から依頼を受け、鬼殺隊と協力して鬼舞辻󠄀無惨討伐に向かい、大きく貢献しました。

なお、産屋敷耀哉は劇場版にも登場。妻と墓参りをする冒頭シーンは、映画館のスクリーンに映し出された映像美が話題になりました。

血鬼術は「惑血」(わくち)。自分の腕を爪で切り裂き、その血の香りで相手を幻惑します。

愈史郎は人間で唯一、珠世によって鬼化され命を救われた青年です。その恩と敬愛の念から珠世に付き従い、鬼舞辻󠄀無惨を葬るために支えとなって働きます。

血鬼術は視界を操る技。札によって姿や建物を隠したり、ある者の視覚を別の者に貸与したりできます。

最強キャラクターランキング

マンガやアニメが大ヒットし、映画館の興行収入が日本一を記録した「鬼滅の刃」。子どもから大人まで夢中になる魅力を持っています。泣けるエピソードやコミカルな場面も魅力ですが、鬼滅の刃を語る上で欠かせないのが鬼気迫る戦闘シーン。アニメはもちろん、劇場版の戦闘シーンも素晴らしく、何度も映画館で鑑賞している方もいます。「呼吸」や「日輪刀」(にちりんとう)を駆使した数々の死闘は、記憶に残る名場面ばかり。「柱」(鬼殺隊のなかでも最も位の高い9名の剣士)をも圧倒する強さを持つ鬼も登場します。物語に登場した呼吸や「血鬼術」、闘いの実績をもとに「鬼滅の刃最強キャラクター」を考察。刀剣ワールド財団で強さの秘密を分析した最強キャラクターを10位からランキング順にご紹介します。
(※各キャラクターの過去やストーリーの展開に触れていることがあります。)

第10位:竈門 炭治郎(かまど たんじろう)

  • 呼吸:水の呼吸、ヒノカミ神楽
  • 日輪刀:漆黒

10位は、「鬼滅の刃」の主人公「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)。家族をに殺され、唯一の生き残りで鬼化してしまった妹「竈門禰󠄀豆子」(かまどねずこ)を人間に戻すため、厳しい修行を積み、鬼殺隊(きさつたい:鬼を狩る政府非公認の組織)に入隊しました。

当初は「水の呼吸」を会得した竈門炭治郎でしたが、その斬撃で鬼の身体を焼き尽くす最強の呼吸として知られ、すべての呼吸の始祖となる「日の呼吸」の使い手でもあったのです。

最後まで諦めない心や意欲的に修行に励む竈門炭治郎のひたむきな姿勢は、竈門炭治郎に否定的な態度を取っていた柱達の心を動かしました。

己の力を極限まで伸ばし、仲間と共に「上弦の陸」、「上弦の肆」といった強力な鬼達を撃破するほどの実力を会得するようになったのです。

2020年(令和2年)10月に公開された劇場版の「無限列車編」では、妹の竈門禰󠄀豆子、同期の我妻善逸(あがつまぜんいつ)と嘴平伊之助(はしびらいのすけ)と鬼に立ち向かいます。見事な共闘は、映画館の観客らを興奮させました。

第9位:時透 無一郎(ときとう むいちろう)

  • 呼吸:霞の呼吸
  • 日輪刀:白色

9位にランクインしたのは、通常は5年、早くても2年かかると言われている柱までの道程を、刀を握ってからたった2ヵ月で上り詰めた天才「時透無一郎」(ときとうむいちろう)。「風の呼吸」の派生である「霞の呼吸」を用いた最年少の柱(はしら:鬼殺隊士の最高位)として「霞柱」(かすみばしら)を担っています。

入隊前の記憶を失っており、常に無表情で他人に無関心でしたが、闘いの最中に記憶を取り戻しました。記憶を取り戻したきっかけとなったのは、竈門炭治郎。劇場版で映画館を訪れた人々を感動させた竈門炭治郎ですが、彼の人を思う気持ちが時透無一郎を変えていったと言えます。

戦闘中、亡き双子の兄の言葉を思い出した瞬間、時透無一郎にも強者の証である「痣」が出現。柱3人分の強さに匹敵するとされる「上弦の伍」の鬼「玉壺」(ぎょっこ)を、たったひとりで撃破した強さを誇ります。

第8位:煉󠄁獄杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)

煉獄杏寿郎

煉獄杏寿郎

  • 呼吸:炎の呼吸
  • 日輪刀:赤色

8位にランクインしたのは、「強さというものは肉体に対してのみ使う言葉ではない」という己の言葉通り、強い精神力と肉体を持ち、「炎の呼吸」を扱う「炎柱」(えんばしら)の「煉󠄁獄杏寿郎」(れんごくきょうじゅろう)です。

映画館で公開された「無限列車編」では「上弦の参」の鬼「猗窩座」(あかざ)に敗れますが、致命傷を負いながらも乗客や竈門炭治郎達を守るため闘い続け、命を懸けて放った「炎の呼吸 最終奥義 煉󠄁獄」では圧倒的な強さと覚悟を見せ付けました。

最期まで己の責務を全うした煉󠄁獄杏寿郎の姿と「心を燃やせ」という言葉は、竈門炭治郎達の心に深く刻まれます。

第7位:猗窩座(あかざ)

  • 血鬼術:破壊殺(はかいさつ)

7位の猗窩座は、鬼の中でも特に強い鬼である「十二鬼月」の上弦の参に名を連ねる鬼です。自らが定義する「至高の領域」を目指す猗窩座は、100年以上もの時間を鍛錬と戦闘に費やした武闘家。

他の上限の鬼達と異なり、武器は一切使用せずに素手で戦う戦闘スタイルで、「拳鬼」(けんき)の2つ名を持っています。

最終決戦では、その圧倒的な力で竈門炭治郎達を追いつめました。人間だった頃の記憶により「弱者を見ると虫酸が走る」と弱い者への嫌悪感を露わにする、戦闘力に優れた鬼です。

猗窩座は劇場版の「無限列車編」にも登場。映画館のスクリーンに、煉獄杏寿郎との迫力ある戦闘シーンが映し出されました。

第6位:不死川 実弥(しなずがわ さねみ)

  • 呼吸:風の呼吸
  • 日輪刀:緑色

6位は、風の呼吸を扱い、「風柱」(かぜばしら)の称号を持つ「不死川実弥」(しなずがわさねみ)。不死川実弥は鬼に対し人一倍強い敵意を向け、羽織に入れた「殺」の文字には「鬼は皆殺し」という気構えを表しています。

映画館で公開された「無限列車編」へと続く「柱合会議・蝶屋敷編」(アニメ第22~26話に該当)では、竈門炭治郎・竈門禰󠄀豆子兄妹に敵意むき出しの態度を取りました。

凶悪な人相、短気な性格ですが、実は愛情深く、おはぎが好きという意外な一面を持った人柄です。

「岩柱」(いわばしら)の「悲鳴嶼行冥」(ひめじまぎょうめい)と共に立ち向かった「上弦の壱」の鬼「黒死牟」(こくしぼう)からは、柱の中でも上位の実力を持っていると評されます。

強者に稀に出現するとされる「痣」が不死川実弥にも現れ、技の威力やスピードが格段にアップ。怒りをエネルギーに、人喰い鬼の始祖「鬼舞辻󠄀無惨」(きぶつじむざん)との最終決戦に挑みました。

第5位:悲鳴嶼 行冥(ひめじま ぎょうめい)

  • 呼吸:岩の呼吸
  • 日輪刀:斧型の刀身に鉄球が鎖で繋がれている特殊な形状

5位にランクインしたのは、念仏を唱えながら白目で涙を流す姿が印象的な「悲鳴嶼行冥」(ひめじまぎょうめい)。8年もの間、柱として鬼殺隊を支えてきたリーダー的存在です。

悲鳴嶼行冥は、身長220cmと恵まれた体格。劇場版において映画館の観客を魅了した竈門炭治郎と嘴平伊之助からは鬼殺隊最強だと評されています。

悲鳴嶼行冥は盲目ですが、痣の出現後は「透き通る世界」を会得しました。それを応用し、上弦の壱である黒死牟を欺く攻撃を繰り出し勝利。最終決戦となる鬼舞辻󠄀無惨との闘いでも大いに活躍しました。

第4位:童磨(どうま)

  • 血鬼術:蓮葉氷(はすはごおり)など氷を操る術

4位の「童磨」(どうま)は十二鬼月、上弦のひとりで、女性を喰うことに異常な執着がある鬼。猗窩座よりも新参ですが、その強さから鬼の中でもNo.3である「上弦の弐」となりました。

童磨は一見無邪気な様子ですが、他者の神経を逆撫でする言動が特徴的。手に持った鋭い対の扇は、ひと振りするだけで人間をバラバラにするほどの威力を誇り、同時に氷を操る血鬼術も使います。致死量のおよそ700倍の毒を受けてなお大技を繰り出すことができるほどの実力者です。

童磨は鬼殺隊の蟲柱・胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)、映画館のスクリーンにその活躍が映された嘴平伊之助と深い因縁のある相手。胡蝶しのぶの姉、嘴平伊之助の母親を殺した鬼です。

第3位:黒死牟(こくしぼう)

黒死牟

黒死牟

  • 血鬼術:月の呼吸、体から刀を作り出す

3位となった黒死牟は、鬼のなかでも別格の強さを持ち、実質No.2とも言える上弦の壱。鬼舞辻󠄀無惨も一目置く存在です。「無限列車編」では、竈門炭治郎や煉獄杏寿郎らと魘夢・猗窩座の映画館ならではの迫力ある戦闘シーンが話題になりましたが、黒死牟は魘夢・猗窩座よりも強く、十二鬼月で最強と言われています。上弦の伍である玉壺をひとりで撃破した時透無一郎でさえも、その実力に圧倒されました。

血鬼術と呼吸を合わせた「月の呼吸」は異次元の速さを誇り、複数の柱達を相手取って有利に闘うほどの強さ。鬼でありながら呼吸を扱い痣が出現しているのは、黒死牟が元々鬼殺隊の隊士だった過去に由来しています。

黒死牟は「はじまりの呼吸」の剣士「継国縁壱」(つぎくによりいち)の双子の兄でありながら、継国縁壱を超えたい一心で、すべてを捨てて鬼となりました。

第2位:鬼舞辻󠄀 無惨(きぶつじ むざん)

  • 血鬼術:黒血枳棘(こっけつききょく)など

1,000年以上前に現れた、すべての鬼の始祖である、鬼舞辻󠄀無惨が2位となりました。

自らの血を注ぐことにより、人間を鬼に変えることができます。

鬼舞辻󠄀無惨は他の鬼とは比べものにならない強さ、冷酷さ、残忍さを持ち合わせており、再生力も桁違い。7つの心臓と5つの脳を持ち、首の弱点も克服済みです。最終決戦では複数の柱を圧倒し、鬼の棟梁と呼ぶにふさわしい強さを持ちます。

また鬼舞辻無惨は鬼達に対しても冷酷。日本一の映画館興行収入を記録した「劇場版 無限列車編」の直前にあたるアニメ26話では、下弦の鬼達を次々と粛清しています。

誰よりも生に執着し、生きるために手段を選ばない鬼舞辻󠄀無惨に、鬼殺隊士達は長い間苦しめ続けられました。

第1位:継国 縁壱(つぎくに よりいち)

継国縁壱

継国縁壱

  • 呼吸:日の呼吸
  • 日輪刀:漆黒

作中、敵味方共に堂々の最強とされたのが、戦国時代に生きた天才剣士・継国縁壱です。

生まれながらに強者の証である痣を持ち、透き通る世界が見えていた継国縁壱は、はじまりの呼吸とも呼ばれる「日の呼吸」の始祖であり、鬼殺隊士に呼吸法を伝授しました。劇場版において映画館を感動の渦に巻き込んだ煉獄杏寿郎の「炎の呼吸」、竈門炭治郎が最初に会得し、水柱・冨岡義勇(とみおかぎゆう)が使う「水の呼吸」などは、日の呼吸から派生しています。

圧倒的な力を持つ鬼舞辻󠄀無惨でさえその剣技に恐れをなし、敵前逃亡しました。継国縁壱は、それほどの桁違いの強さを持っています。

鬼舞辻󠄀無惨が継国縁壱の残像に怯える様子も随所で見られ、「本当の化け物はあの男だ」と恐れられる存在です。

継国縁壱亡きあと、日の呼吸の型は神楽の舞として、耳飾りと共に竈門家に受け継がれました。

人気キャラクターランキング

平成から令和にかけて大ヒットした「鬼滅の刃」。マンガ・アニメだけでなく、劇場版も大ヒット。コロナ禍で大打撃を受けていた映画館を救ったと言われるほどです。そんな鬼滅の刃の人気を支えるのが、個性豊かな数々のキャラクター。鬼を斬る勇ましい姿や仲間や家族を思う優しい心を持つ「鬼殺隊」、あるいは「鬼」として変幻自在に戦う多彩なキャラクター達が、作中とても魅力的に描かれています。「週刊少年ジャンプ」(集英社)で開催された第1回・第2回のランキング結果と順位変動の関係について、刀剣ワールド財団が考察。キャラクター総数およそ110名の人気投票結果をもとに、上位キャラクターの人気の理由に迫りました。映画館のスクリーンで活躍を見せたキャラクター達もランクインしています。
(※ストーリーの展開に言及していることがあります。)

鬼滅の刃キャラクター人気投票 第1回・第2回の結果

「週刊少年ジャンプ」(集英社)で開催された、第1回・第2回 鬼滅の刃キャラクター人気投票は、週刊少年ジャンプ本誌などに付いている応募券を投票することで決められました。

「鬼滅の刃」の購読者は、好きなキャラクターにそれぞれ投票。第1回は2017年(平成29年)5月、第2回は本誌での連載終了間近であった、2020年(令和2年)3月に投票が行われました。第2回は第1回に比べて応募総数が約5倍にも増えており、物語が進むとともに人気が高まったことが良く分かります。

また、第1回・第2回ともに敵の鬼がランクインしていることも特徴。鬼の始祖である「鬼舞辻無惨」(きぶつじむざん)をはじめ、映画館の興行収入が日本一の劇場版「無限列車編」に登場した「魘夢」(えんむ)・「猗窩座」(あかざ)などにも投票されています。

順位 第1回 人気ランキング 第2回 人気ランキング
1位 竈門 炭治郎
(かまど たんじろう)
我妻 善逸
(あがつま ぜんいつ)
2位 我妻 善逸
(あがつま ぜんいつ)
冨岡 義勇
(とみおか ぎゆう)
3位 竈門 禰󠄀豆子
(かまど ねずこ)
時透 無一郎
(ときとう むいちろう)
4位 冨岡 義勇
(とみおか ぎゆう)
竈門 炭治郎
(かまど たんじろう)
5位 嘴平 伊之助
(はしびら いのすけ)
胡蝶 しのぶ
(こちょう しのぶ)
6位 胡蝶 しのぶ
(こちょう しのぶ)
嘴平 伊之助
(はしびら いのすけ)
7位 煉󠄁獄 杏寿郎
(れんごく きょうじゅろう)
煉󠄁獄 杏寿郎
(れんごく きょうじゅろう)
8位 栗花落 カナヲ
(つゆり かなを)
伊黒 小芭内
(いぐろ おばない)
9位 吾峠呼世晴 氏
(ごとうげ こよはる)
不死川 実弥
(しなずがわ さねみ)
10位 真菰
(まこも)
栗花落 カナヲ
(つゆり かなを)
11位 鬼舞辻󠄀 無惨
(きぶつじ むざん)
竈門 禰󠄀豆子
(かまど ねずこ)
12位 甘露寺 蜜璃
(かんろじ みつり)
甘露寺 蜜璃
(かんろじ みつり)
13位 錆兎
(さびと)
宇髄 天元
(うずい てんげん)
14位 鱗滝 左近次
(うろこだき さこんじ)
黒死牟
(こくしぼう)
15位 不死川 実弥
(しなずがわ さねみ)
不死川 玄弥
(しなずがわ げんや)
16位
(るい)
魘夢
(えんむ)
17位 愈史郎
(ゆしろう)
猗窩座
(あかざ)
18位 珠世
(たまよ)
童磨
(どうま)
19位 チュン太郎 錆兎
(さびと)
20位 響凱
(きょうがい)
継国 縁壱
(つぎくに よりいち)
応募総数 26,105票 130,316票
第1回から順位が大きく変動! 物語の終盤エピソードが鍵に
第2回の投票では、新たに現れた上弦のや、活躍をした鬼殺隊のキャラクターの人気が急上昇。上弦の鬼からは「黒死牟」(こくしぼう)と猗窩座が、その強さのみならず、人間であった頃のエピソードが明らかになることで20位以内にランクインしました。

また、投票期間中の連載で活躍し人気が上昇したのが、「時透無一郎」(ときとうむいちろう)と「伊黒小芭内」(いぐろおばない)、「不死川実弥」(しなずがわさねみ)の3人です。

前半では、主人公「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)のことを快く思わないクセ者、変わり者達という印象でした。映画館で公開された「無限列車編」へと続く「柱合会議・蝶屋敷編」では、特に不死川実弥が敵意をあらわにして竈門兄妹を責めています。しかし、終盤では3人とも一変して頼れる存在へ。マイナスからプラスへの転換が、そのまま人気投票の結果に繫がったと考えられる、納得のランキングだと言えるでしょう。

最新人気キャラクターTOP10!人気の理由を徹底解析

10位:栗花落 カナヲ(つゆりかなを)
「栗花落カナヲ」は、「蟲柱」(むしばしら)「胡蝶しのぶ」の継子(つぐこ)で、孤児であったところを胡蝶姉妹に引き取られた少女。視力がずば抜けて良く、可憐な見た目とは裏腹に継子に選ばれるほどの実力を持ちます。

栗花落カナヲは悲惨な生い立ちから、自分で物事が決められず、コイントスで行動を決定していました。そんな彼女を変えたのは、映画館で家族愛と精神の強さが観客を感動させた竈門炭治郎。竈門炭治郎は同期の栗花落カナヲに対して、自分の意志で行動するよう優しく声をかけたのです。

最終決戦では、自分の意志を持たなかった栗花落カナヲが、怒りを露わにする場面も。見た目の可憐さと、徐々に周囲へ心をひらいていく様子に、読者は心惹かれたようです。

9位:不死川 実弥(しなずがわさねみ)
「風柱」(かぜばしら)の「不死川実弥」は、「上弦の壱」の鬼・黒死牟との戦いで圧倒的な実力を見せました。乱暴な言動や短気が目立つ一方、実はおはぎが好きで、家族思いな愛情深い側面を持ちます。

不死川実弥は柱のなかでも特に鬼への嫌悪感が強いと言われていて、映画館公開の「無限列車編」に直接繋がる「柱合会議・蝶屋敷編」では、竈門禰豆子が入っている箱を刺しました。竈門禰豆子の鬼としての本性を試そうと、挑発もしています。しかし物語の最後には、竈門禰豆子に優しく対応している姿も見られました。

見た目と中身のギャップもさることながら、上弦の鬼にも引けを取らない荒々しい戦闘スタイルや、ここぞというときに頼りになる存在感が人気の理由です。

8位:伊黒 小芭内(いぐろおばない)
8位にランクインした「伊黒小芭内」は、口元を隠した包帯、首に巻いた蛇、ネチネチとした口調が特徴。「水の呼吸」から派生した「蛇の呼吸」の使い手で、「蛇柱」として鬼殺隊を支えています。最終決戦では柱のひとりとして最後まで戦いました。

伊黒小芭内は竈門炭治郎に対して厳しく接していましたが、最終決戦で共闘。この共闘シーンは、劇場版で映画館の観客を興奮させた戦闘シーンと同様、読者の胸を熱くさせるような展開でした。

鬼への生け贄として育てられたという壮絶な生い立ちがあり、女性に対してトラウマがありましたが、「恋柱」である「甘露寺蜜璃」(かんろじみつり)に一途な想いを抱く様子も読者の心を掴んでいます。

7位:煉󠄁獄 杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)
鬼滅人気を押し上げたキャラクターのひとりで、「炎の呼吸」を扱う「炎柱」(えんばしら)である「煉獄杏寿郎」。「無限列車編」が映画館で公開された後に投票があったとしたら、間違いなくTOP3に食い込んだと考えられるキャラクターです。

強い正義感や信念、仲間を思う熱い心を持った性格は、まさに理想の上司そのもの。作中の「ここにいる者は誰も死なせない」という言葉通り、鬼殺隊の柱として、命をかけて責務を全うしました。

6位:嘴平 伊之助(はしびらいのすけ)
6位にランクインした「嘴平伊之助」は、主人公・竈門炭治郎と鬼殺隊同期で、扱う呼吸は我流で会得した「獣の呼吸」(けだもののこきゅう)。筋肉の付いた身体に猪頭の被り物がトレードマークの少年ですが、猪頭の下には美少女のような素顔が隠されています。

同期の竈門炭治郎らに出会った頃は仲間意識が皆無でしたが、徐々に変化していきました。劇場版「無限列車編」では取り乱した竈門炭治郎を鼓舞し、そのシーンは映画館で鑑賞した人々を感動させています。

さらに最終決戦では鬼の始祖「鬼舞辻󠄀無惨」(きぶつじむざん)に対して仲間を殺傷された怒りを露わにして戦いました。口調は荒々しいのに、嬉しいと思わず「ほわほわ」してしまう可愛い一面があるギャップも、嘴平伊之助の魅力です。

5位:胡蝶 しのぶ(こちょうしのぶ)
胡蝶しのぶは鬼殺隊を支える9名の柱のひとりである「蟲柱」で、藤の花から抽出した毒を使って鬼を狩ります。常にやわらかい笑みを浮かべる可憐な姿が印象的ですが、姉である「胡蝶カナエ」の仇である上弦の鬼と対峙した際には表情を一変させ、因縁の相手に挑みました。

技や仕草の優雅さ、可愛らしさが魅力ですが、その容姿に似合わない毒舌ぶりがさらに人気を加速させています。

なお、胡蝶しのぶの屋敷は傷付いた鬼殺隊のための治療所。この治療所は蝶屋敷と呼ばれ、映画館で多くの人々が鑑賞した「無限列車編」に繋がるアニメ第23~26話(特別編集版「柱合会議・蝶屋敷編」にも該当)に登場しました。竈門炭治郎や同期の我妻善逸(あがつまぜんいつ)、嘴平伊之助が静養・訓練を行っています。

4位: 竈門 炭治郎(かまどたんじろう)
4位は特別強かった訳でも才能があった訳でもない主人公・竈門炭治郎。しかし、何があっても諦めずに前を向き続け、精神的・肉体的に大きく成長した姿は多くの読者の胸を打ちました。

劇場版のなかでは、嘴平伊之助とともに鬼・魘夢を攻撃しています。その姿は映画館を訪れた人々に大きな印象を与えました。

努力家で仲間や家族を思う優しさを持つ竈門炭治郎は、まさに理想の長男。他人を思いやる優しさがあり、己を鼓舞して努力をする真っ直ぐな姿が人気を集めています。

3位:時透 無一郎(ときとうむいちろう)
時透 無一郎

時透 無一郎

「時透無一郎」は、刀を握ってたった2ヵ月で「霞柱」となった天才剣士。記憶障害を患っており、無表情や冷たい態度が印象的だった時透無一郎でしたが、記憶を取り戻してからは本来の優しい性格や笑顔が見られるようになりました。一方、周囲に対する毒舌はあいかわらずで、そのギャップもファンを魅了しています。しかし竈門炭治郎に対しては優しい態度。これは竈門炭治郎が時透無一郎の記憶を取り戻すきっかけを作ったからです。映画館のスクリーンにその活躍が映し出された竈門炭治郎は、「人のためにすることは、巡り巡って自分のためになる」と時透無一郎に話します。これは亡くなった時透無一郎の父親が生前話した言葉でした。

上弦の鬼達との戦いで見せ付けた凄まじい剣技や、他人に無関心だった時透無一郎が鬼殺隊の棟梁である「産屋敷耀哉」(うぶやしきかがや)や仲間達のために命懸けで戦う姿が、多くの人の心を掴み、3位を獲得したのです。

2位:冨岡 義勇(とみおかぎゆう)
常に冷静沈着で優雅に技を放つ「水柱」の「冨岡義勇」(とみおかぎゆう)ですが、口下手で天然な一面があり、そのギャップが人気の要因のひとつです。原作の1話から、随所で竈門炭治郎を導く存在であり、鬼舞辻󠄀無惨との闘いで最後に竈門炭治郎を手助けしたのも、やはり冨岡義勇でした。

なお、一部の映画館で期間限定公開された「兄妹の絆」(アニメ第1~5話に該当)にも、冨岡義勇は登場しています。

高い技量を持ちながら、死んでしまった親友や姉に対するコンプレックスから、自らの力に自信を持てない気弱な側面がありました。しかし守るべきものを理解したとき、勇敢に立ち向かった冨岡義勇に心を打たれた人が多くいます。

1位は我妻善逸!ギャップだけじゃない善逸の魅力とは?

我妻 善逸

我妻 善逸

最新の人気投票で1位を獲得した「我妻善逸」(あがつまぜんいつ)は、際立って強い訳でもなくイケメンでもない、どちらかと言うとヘタレなキャラクター。

映画館で公開された「無限列車編」では様々な姿を見せてくれました。

そんな彼が第1位になった理由は一体どこにあるのか、分析します。

顔芸、キレ芸、つっこみのレパートリーの広さ
作中では、大声で泣き喚きながら数々の顔芸、キレ芸を何度も披露しています。「鬼滅の刃」は、我妻善逸のギャグパートがあるからこそ、子どもから大人まで幅広い年齢層に愛される作品になったと言えるでしょう。

コミックス8~11巻にわたって連載された、「吉原遊郭編」の序盤での、「音柱」(おとばしら)の「宇髄天元」(うずいてんげん)、竈門炭治郎、嘴平伊之助という天然キャラ3人に我妻善逸がツッコむ姿は、もはや名人芸と言えます。

「遊郭編」はアニメ「竈門炭治郎 立志編」、映画館観客動員数が2,800万人を超える劇場版「無限列車編」に続き、2021年(令和3年)からアニメ化。花魁の姿をした鬼に立ち向かう様が描かれます。

アニメーションでより凄みを増す動きと技
我妻善逸を語る上で外せないのが、技のカッコよさです。普段は弱気で臆病、さらに女好きという三重苦を持つ我妻善逸ですが、戦闘時に覚醒すると、作中でもトップクラスの速さを誇る技を放ちます。アニメーション化により動きや音を伴うことで、さらに動きや技が凄みを増しました。劇場版では竈門禰豆子を守るシーンが見せ場。好きな女の子のために敵に斬りかかる姿は、映画館で鑑賞したファンをまさに雷のごとく痺れさせました。
本当は責任感が強く誰よりも優しい
そんな我妻善逸の人気の高い理由のひとつで、最大の長所が、優しさと弱さを捨てないところ。難敵に心を滅して立ち向かう鬼殺隊の面々とは裏腹なその姿は、読者の共感を得ました。

それでありながら、ここぞと言うときには怯えながらも他人のために敵と立ち向かう勇敢さを持っています。臆病で自己肯定感も低い我妻善逸の戦う原動力となっているのが「育手」(そだて:剣士を育てる人)である「桑島慈悟郎」(くわじまじごろう)の存在です。何度も逃げ出して弱音を吐いても、自分を見限ることのなかった桑島慈悟郎に、我妻善逸は深い感謝の念を持ちます。

我妻善逸は、6つある型の中でも、壱の型しか体得することができませんでしたが、師である桑島慈悟郎の言葉を信じ、たったひとつしかできない技を極限まで磨き上げました。劇場版でも我妻善逸の戦闘シーンは登場。「雷の呼吸 壱ノ型」が映画館のスクリーンに映し出されました。弱気で優しい少年が、強靱な剣士となっていく姿に、多くのファンが惹き付けられたのです。

あらすじ①(鬼殺隊入隊~蝶屋敷)

マンガの累計発行部数が1億5,000万部を突破し、劇場版「無限列車編」の映画館観客動員数が2,800万人を超えた鬼滅の刃。劇場版におけるキャラクターの活躍を見るために、複数回映画館を訪れた方もいます。主人公の「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)は家族を鬼に殺され、唯一の生き残りである妹「竈門禰󠄀豆子」(かまどねずこ)を鬼にされてしまいました。妹を人間に戻すため、そして仇を討つため、鬼を狩る組織「鬼殺隊」(きさつたい:鬼を狩る政府非公認組織)に入隊。鬼狩り用の武器である「日輪刀」(にちりんとう:日の光以外で唯一鬼を討伐できる武器)を手に、鬼殺隊の同期や「柱」(はしら:鬼殺隊で最も位の高い9名の剣士)に支えられながら、竈門炭治郎は鬼を退治していきます。

鬼殺隊入隊

鬼になった妹
鬼になった妹

鬼になった妹

舞台は大正時代の日本。竈門炭治郎は、炭焼きで家族を支える心優しい少年でした。しかしある日、家族がに殺されてしまい、生き残った妹・竈門禰󠄀豆子は鬼に変貌してしまったのです。

そこへ鬼殺隊の柱である「冨岡義勇」(とみおかぎゆう)が現れ、鬼と化した竈門禰󠄀豆子を討とうとします。竈門炭治郎は自分が必ず竈門禰󠄀豆子を人間に戻し、家族の仇を討つと誓い、妹を殺さないよう冨岡義勇に懇願。

しかし冨岡義勇は、弱者には生殺与奪の権利は握れないと説き、力で竈門炭治郎を打ちのめします。すると人間を喰う鬼であるはずの竈門禰󠄀豆子が、兄を守るかのように立ちはだかったのです。そんな2人の姿を見て、冨岡義勇は竈門炭治郎を鬼殺隊へと導きました。

なお、映画館で公開された「無限列車編」においても、竈門炭治郎と竈門禰豆子の兄妹愛は描かれています。

鱗滝左近次のもとで修行開始
竈門炭治郎は鬼殺隊の「育手」(そだて:剣士を育てる人)である「鱗滝左近次」(うろこだきさこんじ)のもとで修行を開始しました。

まず、日本刀は縦の力には強いけれども横の力には弱く、刃の向きと力の方向は同一でなければいけないと教わります。鍛錬の末、竈門炭治郎は「全集中の呼吸」(ぜんしゅうちゅうのこきゅう:鬼のように強くなれる呼吸術)と「水の呼吸」(みずのこきゅう)の型を習得。そして見事、鬼殺隊に入隊します。

このあたりの物語は、アニメ第1~5話に該当。一部の映画館ではアニメ化に先立ち、「鬼滅の刃 兄妹の絆」として、期間限定公開されました。

漆黒の日輪刀
その後、刀鍛冶「鋼鐵塚蛍」(はがねづかほたる)から、鬼殺隊の武器となる日輪刀を渡されます。日輪刀は使い手の抜刀により色が変わる性質があり、竈門炭治郎が持つと日輪刀は珍しい漆黒色に変化しました。

竈門炭治郎の日輪刀は劇場版にももちろん登場。竈門炭治郎が勇ましく日輪刀を振りかざす様が、映画館のスクリーンに映し出されました。

仲間との出会い

善良な鬼の2人
鬼殺隊に入隊後、竈門炭治郎は「鎹鴉」(かすがいがらす:連絡用の鴉)の指令により、妹・竈門禰󠄀豆子を連れて浅草へ向かいました。

そこで人間のふりをした鬼「鬼舞辻無惨」(きぶつじむざん)に遭遇。竈門炭治郎は、妹を人間に戻す方法を知るため、家族の仇である鬼舞辻無惨に声をかけるも、鬼舞辻無惨は通りすがりの人間を鬼にして逃げてしまいます。鬼化する人間を必死で抑え込む竈門炭治郎を手助けしたのは、鬼である「珠世」(たまよ)と「愈史郎」(ゆしろう)でした。

そのあと鬼舞辻無惨の配下の鬼から襲撃を受けるも、4人は力を合わせて見事討伐。竈門炭治郎は、珠世達が信頼できる鬼だと判断し、妹の竈門禰󠄀豆子を人間に戻す方法を聞きます。

珠世は、鬼を人間に戻す薬の開発には竈門禰󠄀豆子の血の調査と、鬼舞辻無惨に近しい鬼の血の採取が必要だと説明し、竈門炭治郎は協力を約束しました。

鬼舞辻無惨に近しい鬼は、十二鬼月と呼ばれる鬼達。映画館で公開された「無限列車編」に登場する「魘夢」(えんむ)・猗窩座(あかざ)も十二鬼月に含まれます。

鬼殺隊同期
次の指令場所へ向かう途中で、鬼殺隊の同期である「我妻善逸」(あがつまぜんいつ)と合流します。鬼の気配がする屋敷で、竈門炭治郎は鬼の「響凱」(きょうがい)を見つけ、巧妙な「血鬼術」(けっきじゅつ:鬼がもつ特殊な術)に苦戦しながらも見事に討伐。屋敷を出ると、木箱を抱えた我妻善逸が「嘴平伊之助」(はしびらいのすけ)に攻撃されていました。

木箱には、鬼化したことで日光に弱くなった竈門禰󠄀豆子が入っています。嘴平伊之助は木箱に鬼の気配を感じていました。我妻善逸も木箱に鬼がいると気づいていましたが、竈門炭治郎がその木箱を自分の命よりも大事だと言っていたため、守っていたのです。

竈門炭治郎は2人の間に入り、嘴平伊之助の攻撃を抑えて竈門禰󠄀豆子にまつわる経緯を説明し、無事に理解を得ることができました。

我妻善逸・嘴平伊之助は竈門炭治郎らとともに、劇場版「無限列車編」でも大活躍。戦闘シーンやコミカルなシーンなどで様々な姿を見せ、映画館の観客を魅了しました。

那田蜘蛛山 ~下弦の伍との戦い~

水柱の助太刀
那田蜘蛛山

那田蜘蛛山

竈門炭治郎達は「藤の家紋の家」(鬼殺隊に協力してくれる一族の家)で休息後、次の指令により「那田蜘蛛山」(なたぐもやま)へ向かいます。

そこでは先陣の鬼殺隊員達が、蜘蛛の糸で操られ殺し合いをしていました。実はこの那田蜘蛛山は、蜘蛛鬼の一家が支配する場所だったのです。

竈門炭治郎と嘴平伊之助は糸の操り手である母鬼を倒しますが、父鬼の攻撃で竈門炭治郎が遠くへ飛ばされてしまいます。

残った嘴平伊之助も日輪刀が折れてしまい劣勢に陥りますが、限界を迎えそうな嘴平伊之助のもとに突如「水柱」(みずばしら)の冨岡義勇が現れ、父鬼を倒したのです。

このあたりの物語はアニメ第15~21話に該当。「無限列車編」映画館公開を記念し、特別編集版「那田蜘蛛山編」としてテレビで放送されました。

偽物の絆と本当の絆
竈門炭治郎は「十二鬼月」(じゅうにきづき:鬼舞辻無惨直属の配下で上弦と下弦各6体の計12体存在する)の「下弦の伍」(かげんのご)である「累」(るい)と、その姉鬼に遭遇しました。

姉鬼を攻撃していた累の絆は偽物だと竈門炭治郎が言うと、本物の「家族の絆」を求める累は、擬似的な親子である蜘蛛鬼一家の事実を突き付けられ激昂。竈門禰󠄀豆子は捕らえられ、累の攻撃を受けた竈門炭治郎は日輪刀を折ってしまいます。

しかし、気を失った夢の中で、父による炭焼の奉納舞を思い出した竈門炭治郎は、瞬時に新たな技「ヒノカミ神楽」を繰り出しました。すると、累の糸に捕らえられていた竈門禰󠄀豆子も、血鬼術の「爆血」(ばっけつ)を繰り出し援護します。

兄妹の絆で累を追い詰めるものの、あと一歩及びません。すると、助太刀に来た冨岡義勇が、あっさりと累の頸を切り落とします。

劇場版「無限列車編」は映像美と映画館ならではの臨場感が話題になりましたが、竈門炭治郎が「ヒノカミ神楽」を繰り出したアニメ第19話も、その演出の素晴らしさから「映画館で見る映像のよう」「神回だ」と評されました。

蟲柱に狙われる竈門禰󠄀豆子
一方、竈門炭治郎らとは別行動を取っていた我妻善逸は、兄鬼を討伐したものの、兄鬼の毒が回って動くことができずにいました。そこへ「蟲柱」(むしばしら)の「胡蝶しのぶ」がやって来て我妻善逸を助けます。

その後、冨岡義勇と竈門炭治郎に合流した胡蝶しのぶは、鬼となった竈門禰󠄀豆子を毒で殺そうと刃を向けました。竈門炭治郎達が必死に逃げるなか、鎹鴉の伝令により2人は「隠」(かくし:事後処理部隊)に拘束され、鬼殺隊本部へと連行されるのでした。

鬼殺隊本部では映画館で多くの人を感動させた「炎柱」(えんばしら)の「煉獄杏寿郎」(れんごくきょうじゅろう)らが待ち受けます。

蝶屋敷で療養と訓練

竈門禰󠄀豆子の公認
竈門炭治郎と竈門禰󠄀豆子は、柱全員と鬼殺隊当主「産屋敷耀哉」(うぶやしきかがや)の前で処遇について裁判を受けます。

竈門禰󠄀豆子は「風柱」(かぜばしら)の「不死川実弥」(しなずがわさねみ)に血塗れの腕を出されても喰らいつかず耐え切ったため、人間を喰わない鬼として認められたのです。

なお、産屋敷耀哉は劇場版「無限列車編」にも登場。冒頭では映画オリジナルの墓参りをするシーンが描かれ、その映像の美しさと優れた演出で映画館の観客らを鬼滅の刃の世界に引き込みました。

機能回復訓練
那田蜘蛛山で負傷していた竈門炭治郎達は、胡蝶しのぶの「蝶屋敷」で治療を受けます。怪我の回復後に開始された「機能回復訓練」では、胡蝶しのぶの「継子」(つぐこ:柱が育てる鬼殺隊士)である「栗花落カナヲ」(つゆりかなを)に勝てずにいました。

しかし3人は「全集中・常中」(ぜんしゅうちゅう・じょうちゅう:全集中の呼吸を四六時中やり続けて基礎体力を上げる技)を会得し、見事栗花落カナヲの壁を突破します。

そして訓練の合間、竈門炭治郎は胡蝶しのぶの過去を知ります。胡蝶しのぶの姉は鬼と共生できる未来を夢見ていましたが、鬼に殺されていたのです。そんな姉の思いを継ぎたいと考えつつも、鬼は憎く複雑な胸中であった胡蝶しのぶは、姉の遺志を竈門炭治郎に託すのでした。

このあたりは映画館で公開された「無限列車編」へと繋がる重要なストーリー。アニメ第22~26話に該当し、特別編集版の「柱合会議・蝶屋敷編」としても放送されました。

激怒する刀鍛冶
先の戦いで日輪刀を折ってしまった竈門炭治郎と嘴平伊之助のもとに、新たな日輪刀が届きます。日輪刀への熱い情熱を持つ刀鍛冶・鋼鋳塚蛍が、竈門炭治郎をひどく責める一方、温和な「鉄穴森鋼蔵」(かなもりこうぞう)は嘴平伊之助の日輪刀が藍鼠色に変化する様子に感動していました。

しかし、嘴平伊之助は新品の日輪刀に石を打ち付け、わざと刃こぼれさせたため、さすがに温和な鉄穴森鋼蔵も大激怒します。

その頃、鬼舞辻無惨は鬼蜘蛛・累の敗北に腹を立て、映画館で観客に大きな印象を与えた「下弦の壱」(かげんのいち)である魘夢以外の下弦の鬼を殺してしまっていました。

あらすじ②(無限列車~柱稽古)

日本一の映画館興行収入を記録した「無限列車編」から、「鬼舞辻無惨」(きぶつじむざん)との最終決戦手前までをまとめました。
「上弦の参」(じょうげんのさん)との対戦の末「炎柱」(えんばしら)の「煉󠄁獄杏寿郎」(れんごくきょうじゅろう)が「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)の目の前で命を落とします。このシーンは映画館で鑑賞した人々の涙を誘いました。煉獄杏寿郎の遺志を継ぐ竈門炭治郎は「鬼殺隊」(きさつたい:鬼を狩る政府非公認組織)の同期である「我妻善逸」(あがつまぜんいつ)や「嘴平伊之助」(はしびらいのすけ)、そして「柱」(はしら:鬼殺隊で最も位の高い9名の剣士)達と共に他の上弦を討伐し、経験を積んでいくのです。新しい技である「ヒノカミ神楽」の戦闘への応用や痣の出現など、成長が見られるなか、ついに鬼舞辻無惨との決戦が近づきます。

無限列車 ~下弦の壱・上弦の参との戦い~

炎柱との共闘
無限列車

無限列車

竈門炭治郎達は、次の任務として炎柱の煉󠄁獄杏寿郎と「無限列車」に乗り込みました。

しかし「下弦の壱」(かげんのいち)である「魘夢」(えんむ)の罠にかかり、眠らされてしまいます。竈門炭治郎はなんとか覚醒しますが、その間に魘夢は列車全体と融合し200人の乗客を人質に取っていたのです。

ほどなく覚醒した煉󠄁獄杏寿郎は、竈門炭治郎達に車両内での戦闘配置を指示。前方を任された竈門炭治郎と嘴平伊之助は魘夢の急所を突き止め、見事討伐に成功します。竈門炭治郎・嘴平伊之助が協力し合いながら戦う姿は、映画館で見ていた客を興奮させました。

悲しい別れ
煉󠄁獄杏寿郎が乗客全員の無事を竈門炭治郎に告げると、突然2人の前に「上弦の参」(じょうげんのさん)の鬼「猗窩座」(あかざ)が登場。重症の竈門炭治郎を守ろうと応戦する煉󠄁獄杏寿郎でしたが、猗窩座の猛攻を受け致命傷を負うのです。

竈門炭治郎は必死に「日輪刀」(にちりんとう:日の光以外で唯一鬼を討伐できる武器)を投げ、猗窩座の背中を刺すものの逃げられてしまいました。

自らの死を悟った煉󠄁獄杏寿郎は、竈門炭治郎からヒノカミ神楽について質問されていたことを思い出し、生家の煉󠄁獄家に行き、ヒノカミ神楽についての手記を探すよう竈門炭治郎に言います。そして、家族への遺言と竈門炭治郎達への激励の言葉を残し、息を引き取りました。

悲しみのなか竈門炭治郎達は、もっと強くなりたいと決意するのです。

煉獄杏寿郎の最期は映画館での公開後、「何度も見ても泣ける」「感動した」と多くの声が寄せられました。

煉󠄁獄家訪問
映画館で多くの観客を魅了し、主人公並の活躍を見せた煉獄杏寿郎。

竈門炭治郎は、そんな煉󠄁獄杏寿郎の遺言を伝えるべく、煉󠄁獄家を訪問。しかし、竈門炭治郎の耳飾りを見た煉󠄁獄杏寿郎の父「煉󠄁獄槇寿郎」(れんごくしんじゅろう)は、竈門炭治郎が憎い「日の呼吸」(ひのこきゅう)の使い手だと認識し、門前払いします。

竈門炭治郎は、なんとか煉󠄁獄家に上がり、煉󠄁獄杏寿郎の弟「煉󠄁獄千寿郎」(れんごくせんじゅろう)と共に文献を調べるも、ヒノカミ神楽と日の呼吸についての手がかりは掴めず帰路につきました。

すると突如、刀鍛冶「鋼鐵塚蛍」(はがねづかほたる)が現れ、竈門炭治郎が猗窩座との戦いで日輪刀を紛失したことに激怒し追いかけてくるのでした。

吉原遊郭 ~上弦の陸との戦い~

音柱の任務に同行
ある日、「蟲柱」(むしばしら)の「胡蝶しのぶ」の蝶屋敷に、「音柱」(おとばしら)の「宇髄天元」(うずいてんげん)が訪れ、竈門炭治郎達は任務に同行することになります。

任務の内容は、先に吉原遊郭へ潜入したものの、音信不通になっている宇髄天元の妻3人を探すというものでした。

女装姿で遊郭の潜入調査を続ける竈門炭治郎達は、宇髄天元の妻達について手がかりを掴んでいきます。そして宇髄天元が捕らわれていた妻1人を救出し、嘴平伊之助が妻2人を無事に救出したのです。

ここから始まる「遊郭編」は、アニメ「竈門炭治郎 立志編」、映画館で公開された「無限列車編」に続き、2021年(令和3年)にアニメ化。キャストや制作、監督などはそのまま続投します。

上弦の鬼と初の直接対決
その頃、竈門炭治郎は「上弦の陸」(じょうげんのろく)の「堕姫」(だき)を発見。竈門炭治郎のヒノカミ神楽と鬼化が進んだ妹・竈門禰󠄀豆子(かまどねずこ)の攻撃によって堕姫を追い詰めます。助太刀に来た宇髄天元が堕姫の頸を斬るも、なぜか倒しきれません。

すると堕姫の体から兄の「妓夫太郎」(ぎゅうたろう)が出現します。上弦の陸は2人1組で、両名の頸を同時に斬らなければ倒せない鬼だったのです。

妓夫太郎の猛攻で宇髄天元は毒を受け、さらには片腕を失くしてしまいます。しかし竈門炭治郎達は諦めず、連携を取り応戦。すると竈門炭治郎の額に謎の赤い痣が出現し、日輪刀に込める力が強まります。

ついに竈門炭治郎が妓夫太郎の頸を、そして我妻善逸と嘴平伊之助が堕姫の頸を同時に斬ることに成功。宇髄天元は毒に侵されぐったりしていたものの、竈門禰󠄀豆子の血鬼術が毒を消し去り、一命を取り留めたのです。

「無限列車編」で映画館の観客を興奮させたような共闘が繰り広げられます。

鬼殺隊当主の決意
鬼殺隊はこれまで、アニメ「竈門炭治郎 立志編」と映画館で公開された「無限列車編」において、下弦の鬼「累」(るい)と「魘夢」を倒していました。そして「遊郭編」において上弦の鬼を倒します。

鬼殺隊が上弦の鬼を倒したのは、実に113年ぶりの快挙でした。

討伐成功の吉報を聞いた鬼殺隊当主「産屋敷耀哉」(うぶやしきかがや)は、運命が変わる兆しと捉え、鬼舞辻無惨を必ず自分の代で倒すと決意します。

刀鍛冶の里 ~上弦の伍・肆との戦い~

戦国時代の刀
刀鍛冶の里

刀鍛冶の里

吉原遊郭で再び日輪刀を折ってしまった竈門炭治郎は、自分の刀鍛冶を担当してくれる「鋼鐡塚蛍」(はがねづかほたる)に会うため、刀鍛冶の里へ向かいます。

鋼鐡塚蛍は最終選別のあと、竈門炭治郎のもとに日輪刀を持ってきた人物。一部の映画館において期間限定公開された「鬼滅の刃 兄妹の絆」の最後に登場しています。

刀鍛冶の里では「霞柱」(かすみばしら)の「時透無一郎」(ときとうむいちろう)が、訓練用の絡繰人形「縁壱零式」(よりいちぜろしき)に対峙していました。

竈門炭治郎も、里の少年「小鉄」(こてつ)に促され、その人形で訓練しますが、渾身の一撃で破壊してしまいます。

すると、なかから300年以上前の錆びた日輪刀が見つかり、鋼鐡塚蛍がその研磨を買って出たのです。

爆血刀と謎の痣
そんななか「上弦の伍」(じょうげんのご)である「玉壺」(ぎょっこ)と「上弦の肆」(じょうげんのし)の「半天狗」(はんてんぐ)が里に来襲。特に玉壺は目があるべき場所に口があり、目は額と口に位置。頭や体からは小さな手がたくさん出ていて、さらに足がなく壺から体が出ているという見た目です。「無限列車編」で登場し、映画館を訪れた人の記憶に残った魘夢・猗窩座は比較的人間の姿をしていますが、玉壺は全く異なります。

玉壺と半天狗に対し、竈門炭治郎は時透無一郎と共に応戦します。

「風柱」(かぜはしら)の「不死川実弥」(しなずがわさねみ)の弟「不死川玄弥」(しなずがわげんや)も加勢。さらに「恋柱」(こいばしら)の「甘露寺蜜璃」(かんろじみつり)も合流し、里の長「鉄地河原 鉄珍」(てっちかわはら てっちん)を間一髪で救助するも、苦戦を強いられます。

すると竈門炭治郎の日輪刀に垂れた竈門禰󠄀豆子の血が爆ぜ、赤い「爆血刀」(ばっけつとう)に変化したのです。竈門炭治郎は、爆血刀で渾身のヒノカミ神楽を繰り出し反撃します。そのとき竈門炭治郎の額、そして甘露寺蜜璃の首元には謎の痣が出現していました。

日の光を克服した禰󠄀豆子
玉壺は、一心不乱に刀を研ぐ鋼鐡塚蛍を攻撃しますが、鋼鐡塚蛍は研磨を止めません。そこへ顔に謎の痣が出現した時透無一郎が介入し、玉壺を討伐します。

そして竈門炭治郎は、鋼鐡塚蛍が研磨していた日輪刀を受け取り、逃げる半天狗を見事討伐。しかし敵を追い詰める間に日が昇ってしまい、竈門炭治郎は日陰に入らなかった竈門禰󠄀豆子が死んでしまったと号泣します。

ところが竈門禰󠄀豆子は日の光を克服しており、安堵するのでした。

竈門炭治郎は心優しい人物であり、映画館の観客もその優しさ・まっすぐさに胸打たれています。鬼にも優しい言葉をかけるなどしていた竈門炭治郎ですが、半天狗の態度・性格に対して怒りに震え、「悪鬼」とまで言わしめました。

柱稽古

古い日輪刀の特徴
蝶屋敷で休息を取る竈門炭治郎のもとに、研磨した日輪刀を持って鋼鐡塚蛍が来訪。その日輪刀には映画館でその最期に多くの人が涙した煉󠄁獄杏寿郎のがついており、竈門炭治郎は煉󠄁獄杏寿郎に思いを馳せます。

また鋼鐡塚蛍は、この日輪刀には打った刀鍛冶のはなく「滅」の一文字のみが刻まれていること、刀身は深い漆黒で鉄の質も良いこと、持ち主は強い剣士だったことを説明したのです。

柱による特訓
産屋敷耀哉の館では緊急の柱合会議が行われ、鬼舞辻無惨は日の光を克服した竈門禰󠄀豆子を狙いはじめることや、鬼舞辻無惨との決戦が近づいていること、竈門炭治郎達に現れた痣の出現条件について共有されました。

そして柱以下の鬼殺隊に、柱が直々に稽古を付ける「合同強化訓練」を行うことが決まります。竈門炭治郎達は柱のもとを巡り、他の隊士らに混ざり特訓を受けました。

宇髄天元からは基礎体力向上、甘露寺蜜璃からは柔軟、時透無一郎からは高速移動の特訓。さらに「蛇柱」(へびばしら)の「伊黒小芭内」(いぐろおばない)からは太刀筋矯正、不死川実弥からは打ち込みの特訓を受けます。

最後は「岩柱」(いわばしら)である「悲鳴嶼行冥」(ひめじまぎょうめい)による筋力強化の特訓でした。竈門炭治郎達は「反復動作」を会得するなど、成果を上げるのです。

柱の特訓中には不死川兄弟の溝の深さも分かりました。映画館で公開された「無限列車編」で強い兄弟愛を見せた竈門炭治郎は、この兄弟の間に割って入り、結果的に不死川実弥と攻撃しあっています。

鬼舞辻来襲
その頃、場所を隠していたはずの産屋敷耀哉の館に、鬼舞辻無惨が襲来。産屋敷耀哉は鬼舞辻無惨を巻き込んで、決死の思いで自爆しました。劇場版でも多くの名言が登場し、映画館で鑑賞した観客の心を震わせましたが、産屋敷耀哉にも名言がいくつかあります。鬼舞辻無惨が屋敷に現れた際は、「永遠というのは人の想いだ。人の想いこそが永遠であり不滅なんだよ」と発言しました。

しかし、鬼舞辻無惨は怪我を負うも再生し、そこに鬼でありながら鬼舞辻無惨を倒すことを掲げた女性「珠世」(たまよ)が現れ、人間に戻す薬を鬼舞辻無惨の体に吸収させました。

柱全員と竈門炭治郎達は、すぐさま産屋敷耀哉の館に集結するものの、鬼舞辻無惨の力により、根城である「無限城」へと転移させられます。

一同は、ついに最終決戦へと駒を進めることになるのです。

あらすじ③(無限城以降)

マンガ・アニメが大人気となり、劇場版「無限列車編」は映画館の観客動員数が2,800万人を超えた「鬼滅の刃」。主人公「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)をはじめ、個性的で魅力的なキャラクターの活躍を大画面で見ようと、多くの人が映画館に訪れました。人喰い鬼の始祖「鬼舞辻󠄀無惨」(きぶつじむざん)の根城「無限城」に転移してからの戦いをご紹介します。竈門炭治郎達は、次々に上弦の鬼達を討伐。大切な仲間を失いながらも、竈門炭治郎達は総力戦でついに鬼舞辻󠄀無惨を倒しました。しかし、不滅を望む鬼舞辻󠄀無惨は死の間際、竈門炭治郎の細胞に侵食したために竈門炭治郎は鬼化してしまったのです。鬼舞辻󠄀無惨に抗う強い思いと仲間達の支えにより、竈門炭治郎は無事人間に戻ります。そしてようやく、人喰い鬼のいない平和な日々が訪れるのでした。

新上弦の陸・獪岳との戦い

鬼になった兄弟子
鬼になった兄弟子

鬼になった兄弟子

映画館のスクリーンでその活躍を見せた「我妻善逸」(あがつまぜんいつ)。無限城に移転した我妻善逸は、「上弦の陸」に繰り上がったばかりの「獪岳」(かいがく)と遭遇。獪岳は我妻善逸と同じ「育手」(そだて:剣士を育てる人)のもとで修行した兄弟子でした。

しかし獪岳は、育手が自分だけでなく我妻善逸をも後継者にしたことを恨んでいたのです。そんな折「上弦の壱」である「黒死牟」(こくしぼう)に勧誘され、鬼となりました。

我妻善逸の決意
「雷の呼吸」の使い手から鬼を出してしまうことになった責任を取り、育手は切腹。それを知った我妻善逸は、必ず自分が獪岳を討つと決意していたのです。

ついに我妻善逸と獪岳が対決するその戦いでは、獪岳が「血鬼術」で強化した技で我妻善逸を圧倒します。獪岳は自分を評価し認める者こそが善だと主張。獪岳にとっての善は、育手ではなく鬼舞辻󠄀無惨だったのです。

そして、自分は雷の呼吸のうち「壱ノ型」しか使えない我妻善逸とは異なり、特別な存在なのだと言い放ちます。

なお、この雷の呼吸「壱ノ型」は、映画館で公開された「無限列車編」にも登場しました。鬼を倒し、想い人である竈門禰豆子を助ける際に使われます。

独自の技で兄弟子を討つ我妻善逸
斬撃を受けた我妻善逸は心の中で、亡くなった育手と獪岳に謝罪します。そして独自に編み出した雷の呼吸・漆ノ型「火雷神」(ほのいかづちのかみ)を繰り出し、獪岳を討ちとったのです。

この戦いで我妻善逸は瀕死の状態になるも、「珠世」(たまよ)の弟子で、鬼殺隊士に扮した鬼の「愈史郎」(ゆしろう)に助けられます。

意識不明の我妻善逸は夢の中に現れた育手に、自分のせいで獪岳が鬼になったと育手に謝罪。しかし育手は「お前は儂の誇りじゃ」と語り、育手の深い思いを知った我妻善逸は泣きながら意識を取り戻すのでした。

怖がりで三枚目のようなキャラクターでありながら、仲間思いで本来は強いという我妻善逸は大人気。そのギャップは映画館で鑑賞した方々、マンガ・アニメを楽しんでいる人々を魅了しています。

上弦の参・猗窩座との戦い

煉󠄁獄杏寿郎の仇討ち
竈門炭治郎と「水柱」の「冨岡義勇」(とみおかぎゆう)は、「上弦の参」の鬼「猗窩座」(あかざ)に遭遇。猗窩座は、生き様と最期が映画館を感動の渦に巻き込んだ「炎柱」の「煉󠄁獄杏寿郎」(れんごくきょうじゅろう)の仇です。痣が出現した冨岡義勇と、痣が出現しつつ「透き通る世界」が見えるようになった竈門炭治郎は、戦闘力が格段に上がります。

そして猗窩座の闘気を感知する能力を見破った竈門炭治郎は、自らの闘気を消して猗窩座の頸を斬りますが、猗窩座は倒れませんでした。

猗窩座の過去
映画館のスクリーンに煉獄杏寿郎との死闘が映し出された鬼・猗窩座。人間だった頃の猗窩座は「狛治」(はくじ)という名で、病弱な父の薬代を得るために窃盗を繰り返す少年でした。しかし狛治の父は、息子が自分のために悪に手を染めていることを苦に自害し、狛治は正気を失って乱闘騒ぎを起こします。

そんな狛治のもとへ「素流」(そりゅう:素手の武術)の師範が現れ、道場に勧誘。次こそは真っ当に生きようと修行に励み、その姿勢を師範に認められ、跡継ぎとして師範の娘との婚礼が決まりました。ようやく幸せを得ようというある日、師範とその娘が隣の剣道道場の者に毒殺されてしまったのです。

狛治は再び正気を失い、剣道道場の全67名を素手で殺害しました。そこへ鬼舞辻󠄀無惨が現れ、自暴自棄になっていた狛治を鬼・猗窩座にしたのです。

本当に倒したかったのは自分自身の弱さ
弱い者を倒すこと、それが猗窩座の戦う理由でした。しかし、竈門炭治郎達との戦闘中に、本当に倒したかった弱い者とは自分自身なのだということに気付き、猗窩座は自ら死を選びます。

走馬灯のように記憶が巡り、鬼舞辻󠄀無惨に呼び止められながらも、猗窩座は自我を取り戻して消滅したのです。

なお、猗窩座は鬼でありながらファンの多いキャラクター。強さを求めながらも、亡くなった婚約者を思う姿勢が人気の理由となっています。劇場版では煉獄杏寿郎に対して「お前も鬼にならないか」と言うシーンが映画館の観客に大きな印象を与えました。

上弦の弐・童磨との戦い

胡蝶しのぶの最期
「蟲柱」(むしばしら)である「胡蝶しのぶ」(こちょうしのぶ)は、姉「胡蝶カナエ」(こちょうかなえ)の仇である「上弦の弐」の鬼「童磨」(どうま)に遭遇。胡蝶しのぶは「無限列車編」の映画館公開を記念して放送された「那田蜘蛛山編」、2020年(令和2年)に放送された「柱合会議・蝶屋敷編」などにも登場しました。

蟲の呼吸の使い手であると同時に毒の使い手でもある胡蝶しのぶは、鬼に有害な「藤の花の毒」を使って攻撃を仕掛けます。

しかし、胡蝶しのぶの毒攻撃は童磨に効かず、胡蝶しのぶは捕らえられてしまいます。そして駆け付けた胡蝶しのぶの「継子」(つぐこ:柱が後継として育てる鬼殺隊士)である「栗花落カナヲ」(つゆりかなを)の前で、胡蝶しのぶの体は童磨に喰われ吸収されてしまうのでした。

栗花落カナヲの憎しみと嘴平伊之助の怒り
孤児だった栗花落カナヲは、胡蝶カナエと胡蝶しのぶに保護され、剣士になりました。胡蝶カナエに続き胡蝶しのぶも童磨に殺され、栗花落カナヲは憎悪に震えます。童磨の圧倒的な血鬼術に苦戦を強いられるなか、「嘴平伊之助」(はしびらいのすけ)が助太刀に入りました。嘴平伊之助は竈門炭治郎の同期。最初は常識のない人間でしたが、鬼殺隊に入って思いやりを学び、仲間意識も芽生えていきます。劇場版では煉獄杏寿郎の死を前に取り乱した竈門炭治郎を鼓舞するシーンが、映画館の観客の印象に残りました。

嘴平伊之助と対峙した童磨は、嘴平伊之助の顔に見覚えがある、と言い出します。思い出した童磨は、嘴平伊之助の母親を喰ったことを喋りはじめ、嘴平伊之助は激怒。しかし童磨は、術で氷の人形「結晶ノ御子」を出現させ、これを時間稼ぎにして、その場から逃げようとしたのです。

命をかけた作戦
童磨が逃げ切ろうとする寸前に、突然毒に冒されて転倒。自身が喰われることも想定していた胡蝶しのぶは、「藤の花の毒」に満ちた体を童磨に吸収させ、弱らせるという作戦が功を奏します。

そこへ栗花落カナヲが「花の呼吸 終ノ型」である「彼岸朱眼」(ひがんしゅがん)により動体視力を上げて童磨に接近し、ついに栗花落カナヲの日輪刀が童磨の頸に当たります。

すかさず嘴平伊之助は、自分の日輪刀を投げて栗花落カナヲの日輪刀をさらに押し込み、見事に童磨の頸を切断することに成功。3人の力で、ついに童磨を討伐したのでした。

なお、劇場版でも嘴平伊之助の日輪刀は活躍。魘夢を倒すため、日輪刀を使って竈門炭治郎と共闘する姿が、映画館の大画面に映し出されました。

上弦の壱・黒死牟との戦い

次々と痣を出す柱
「半天狗」(はんてんぐ)に代わり「上弦の肆」となった「鳴女」(なきめ)の空間操作能力に、「恋柱」の甘露寺蜜璃(かんろじみつり)と「蛇柱」の「伊黒小芭内」(いぐろおばない)は振り回されていました。

鳴女の能力で「岩柱」の「悲鳴嶼行冥」(ひめじまぎょうめい)とはぐれた「霞柱」の「時透無一郎」(ときとうむいちろう)は、上弦の壱・黒死牟に遭遇。「風柱」の「不死川実弥」(しなずがわさねみ)の弟「不死川玄弥」(しなずがわげんや)が加勢するも、黒死牟の剣技に圧倒され、身動きが取れません。そこへ不死川実弥と悲鳴嶼行冥が加勢し、2人は痣を出現させます。

なお、鳴女は悲劇的な最期を迎えました。愈史郎によって脳が乗っ取られた鳴女は、鬼舞辻無惨によって頭部を破壊されてしまいます。自分に仕えていた鳴女を殺すという、映画館では直接語られなかった鬼舞辻無惨の残酷さを表すエピソードです。

4人の連携
見事に連携する不死川実弥と悲鳴嶼行冥でしたが、黒死牟の血鬼術で強化された「月の呼吸」に苦戦。鬼の体を喰べることで鬼の力を一時的に得ることのできる不死川玄弥は、黒死牟の一部を喰って鬼化し、血鬼術を放ちます。

時透無一郎は、日輪刀で黒死牟を刺して動きを止め、さらに自力で刀身を赤く染め上げました。また不死川実弥と悲鳴嶼行冥も武器を赤く染め、日輪刀を強化します。

瀕死状態でありながらも黒死牟に食らいつく時透無一郎と不死川玄弥。そして不死川実弥と悲鳴嶼行冥の協力によって、ついに黒死牟の頸を斬り落としたのです。映画館で公開された「無限列車編」でも共闘して鬼に立ち向かう姿が描かれていましたが、対黒死牟戦では4人の鬼殺隊隊士による共闘が見られました。

黒死牟の望み
もとは「継国厳勝」(つぐくにみちかつ)という人間であった黒死牟は、「日の呼吸」使いで剣技も強い双子の弟「継国縁壱」(つぐくによりいち)に嫉妬し、憎んで鬼になりました。黒死牟は薄れる意識のなか、強さを求める理由は継国縁壱に焦がれていたからだということに気付きます。

しかし、自分は継国縁壱にはなれないと自覚し、黒死牟は消えていきました。

なお、継国縁壱は「日の呼吸」の開祖。映画館で多くの人を感動させた竈門炭治郎とかかわりがあります。日の呼吸は「ヒノカミ神楽」と呼ばれる舞として、竈門家に伝わっていたのです。

人喰い鬼の始祖・鬼舞辻󠄀無惨との戦い

決死の総力戦
無限城

無限城

映画館で公開された「無限列車編」に登場した魘夢(えんむ)や猗窩座をはじめ、数々の鬼を誕生させた鬼舞辻無惨。

そんな鬼舞辻󠄀無惨は、産屋敷での戦いで「珠世」(たまよ)に「鬼を人間に戻す薬」を投与されますが、なんとか体内で分解。珠世は絶命してしまいますが遺志を継いだ愈史郎が、自分の血鬼術で無限城から隊士達全員を移転させ、鬼舞辻󠄀無惨を日の光に当てるため夜明けを待つ作戦に出ます。

柱達は総出で猛攻を続けますが、鬼舞辻無惨の攻撃を受けて次々に負傷。竈門炭治郎も負傷し意識を失うなか、先祖の記憶から「日の呼吸」の型への理解を深めて反撃します。

一方の鬼舞辻󠄀無惨は、「鬼を人間に戻す薬」は分解したものの、数種類打ち込まれた中の「老化薬」の効果で弱体化していました。

朝日が昇りはじめるなか、冨岡義勇の協力で日輪刀を赤く染めて強化した竈門炭治郎は、ついに鬼舞辻󠄀無惨を倒すのでした。

竈門炭治郎を支えた仲間の思い
鬼舞辻󠄀無惨は死ぬ間際、竈門炭治郎に自らの血を投与します。鬼化し暴れる竈門炭治郎を、珠世の作った「鬼を人間に戻す薬」で人間に戻った妹・竈門禰󠄀豆子が取り押さえ、説得します。

また、栗花落カナヲが彼岸朱眼により動体視力を上げて竈門炭治郎に近づき「鬼を人間に戻す薬」を刺しました。

竈門炭治郎は鬼化を促す鬼舞辻󠄀無惨を拒み、人間として生涯を全うしたいと願います。そして仲間達がその思いを後押しし、竈門炭治郎は無事人間に戻ったのです。

鬼舞辻無惨は竈門炭治郎だけで倒したのではなく、珠世や愈史郎、鬼殺隊の隊士達の協力のもと、日光にさらされて死にました。また鬼になってしまった竈門炭治郎を人間にしようと、妹や仲間が尽力します。

劇場版でも仲間との戦い、仲間を思う気持ちが映画館を訪れた人々を感動させましたが、鬼滅の刃は最後まで仲間との絆が描かれていた作品だと言えるのです。

未来への願い
仲間を失っても、生き残った人々の人生は続きます。人喰い鬼がいない世界になり、鬼殺隊は解散しました。竈門炭治郎達は療養していた蝶屋敷を離れ、帰宅します。こうして穏やかな日常がはじまったのです。

そしてときは経ち、舞台は現代の日本に。そこでは竈門炭治郎達の子孫や、仲間達の生まれ変わりと思われる人物達が笑顔で過ごす日常がありました。

それは、竈門炭治郎達が思い描いていた夢そのもの。後世の平和な日々が描かれ、「鬼滅の刃」の物語は幕を閉じるのです。

映画館で多くの人を魅了した劇場版や、アニメ・マンガで多くの激しい戦闘シーンが描かれた鬼滅の刃ですが、最後は平和に過ごすシーンで終わります。

名言・名シーン集

「鬼滅の刃」(きめつのやいば)は、「週刊少年ジャンプ」で2016年(平成28年)11号(2月15日発売)に連載が始まり、2020年(令和2年)24号(5月18日発売)で完結した「吾峠呼世晴」(ごとうげこよはる)氏の人気漫画です。家族愛、兄妹愛、友情、そして生と死について考えさせられる「鬼滅の刃」のストーリーは、幅広い年齢層から支持されています。また2020年(令和2年)には全国の映画館で劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」が上映。映画館で公開73日後には興収324億円突破したことでも話題になりました。読者それぞれにお気に入りのキャラクターや胸を打つ名言があるに違いありません。「鬼滅の刃」に登場する選りすぐりの名言や名場面をご紹介します。(※この記事では、登場人物の過去や物語後半の展開にも言及しています。)

竈門炭治郎(かまどたんじろう)の名言・名場面

一番弱い人が一番可能性を持ってるんだよ
映画館でも大活躍の竈門炭治郎には、数多くの名言・名場面があります。なかでもこの台詞には、共感した方も多いのではないでしょうか?

「風柱」である「不死川実弥」(しなずがわさねみ)の弟「不死川玄弥」(しなずがわげんや)は、「上弦の壱」の「黒死牟」(こくしぼう)との戦いで、腕や胴体を切断されてしまいます。

不死川玄弥は「鬼殺隊」(きさつたい:鬼を狩る政府非公認組織)の一員でありながら、他の剣士と違い呼吸が使えなかったのです。そのため、鬼を喰うことで力を増して戦います。

不死川玄弥は「上弦の壱」の髪を喰い、体はつながったものの、最後まで戦いたい、兄の不死川実弥や仲間を守りたいと思えば思うほど、恐怖で体が思うように動きません。

不死川玄弥が葛藤していたとき、ふと鬼殺隊同期の主人公「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)からかけられた「弱いと思われている人は敵からの警戒が薄く、それゆえに弱者が勝利への活路を開く可能性がある」という言葉を思い出します。

この言葉を胸に、不死川玄弥は強くない自分にこそ柱や仲間を守ることができると自信を取り戻し、戦いに挑んだのです。

誰かが道を踏み外しそうになったら、皆で止めような
すべての鬼の起源であり頂点である「鬼舞辻󠄀無惨」(きぶつじむざん)により、鬼の意思を継ぐ者にされてしまった竈門炭治郎は、鬼殺隊を滅ぼそうとします。

竈門炭治郎の鬼殺隊同期であり、兄弟のような存在の「我妻善逸」(あがつまぜんいつ)と「嘴平伊之助」(はしびらいのすけ)との回想シーンで「どんなに苦しくてもつらくても正しい道を歩こう」と話し、もし自分が鬼になり人を襲ってしまうことがあったなら、鬼殺隊の誰かが止めることを約束し合いました。

人を襲う前に竈門炭治郎を殺さなくては、と嘴平伊之助が斬りかかりますが、人間だった頃の優しい竈門炭治郎の姿を思い出し、どうしても斬ることができなかったのです。そして映画館では、彼らの絆がさらに深まった様子をありありと見ることができました。

人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!!
カナヲのコイン

カナヲのコイン

竈門炭治郎が「蟲柱」(むしばしら)の「胡蝶しのぶ」(こちょうしのぶ)有する「蝶屋敷」での機能回復訓練が終了し、任務に出発する際に「栗花落カナヲ」(つゆりかなを)にかけた言葉です。

栗花落カナヲは胡蝶しのぶが直々に育てる「継子」(つぐこ)であり、竈門炭治郎とは鬼殺隊士の同期でもありました。話しかけても「指示されてないことはコインを投げて決める」と言う栗花落カナヲに対し、どうして自分で決めないのかと竈門炭治郎は不思議に思います。

実は栗花落カナヲは壮絶な家庭環境が原因で、心に蓋をしてしまっており、自分では何も決められないという事情があったのです。

栗花落カナヲの心を開きたいと思った竈門炭治郎は、コインを空高く投げて「表が出たらカナヲは心のままに生きる」と言いました。

竈門炭治郎が投げたコインの結果は表。例え裏が出たとしても表が出るまでコインを投げ続けるつもりだった、と言う竈門炭治郎の優しさに、栗花落カナヲの心は大きく動き出したのです。そしてこのあと、物語は映画館で上映となった「無限列車編」に続くのでした。

失っても失っても 生きていくしかないです どんなに打ちのめされようと
婚約者を鬼に殺されてしまった青年を、ただ慰めるしかなかった竈門炭治郎。そのときに伝えた言葉です。

青年は「お前に何が分かるんだ!! お前みたいな子供に!!」と竈門炭治郎に掴みかかります。しかし青年は、竈門炭治郎の哀しみの混じった表情や分厚く痛ましい手から、竈門炭治郎も自分と同じように大切な人を失ったのだと気が付くのです。

映画館のスクリーンで見せた竈門炭治郎の優しさは常に誰かの心に影響を及ぼします。

我妻善逸(あがつまぜんいつ)の名言・名場面

炭治郎…俺…守ったよ……お前が…これ…命より大事なものだって…言ってたから…
「鎹鴉」(かすがいがらす)からの伝令を受け、鬼がいる「鼓屋敷」へ向かう道中で、竈門炭治郎は我妻善逸と最終選別の日以来の再会を果たします。

鼓屋敷では、鬼舞辻󠄀無惨直属の「十二鬼月」(じゅうにきづき)であった鬼「響凱」(きょうがい)が、「稀血」(まれち)と呼ばれる人間50~100人分に相当する「栄養価が高い」特殊な血を持つ子供を連れ込んでいました。鬼舞辻󠄀無惨から能力を見限られ、十二鬼月の称号をはく奪された響凱は、稀血の人間を喰うことで十二鬼月に戻ろうとしていたのです。

竃門禰豆子の木箱

竃門禰豆子の木箱

稀血であるがゆえにさらわれた少年「清」(きよし)を助けるために、竈門炭治郎と我妻善逸は、響凱や多くの鬼と戦いました。そして、鼓屋敷で嘴平伊之助と出会います。

嘴平伊之助は鼓屋敷で鬼を倒したあと、竈門炭治郎がいつも背負っている木箱の中に鬼の気配を察し、殺そうとしました。

木箱には、鬼に襲われ鬼化してしまった竈門炭治郎の妹「竈門禰󠄀豆子」(かまどねずこ)が入っていたのです。

聴覚に優れ、かすかな音でも聞き分けることができる我妻善逸は、竈門炭治郎が連れているのが鬼だと最初から気付いていました。

それでも我妻善逸は、優しい竈門炭治郎が鬼を連れているのには必ず何か事情があるはずだと、竈門炭治郎のことを信じます。嘴平伊之助から殴られ続けても抵抗せず、我妻善逸は丸腰のまま、竈門炭治郎が命より大切にしている木箱を守り抜いたのです。

そして、不器用ながらも立派な剣士を目指す我妻善逸の活躍は、映画館に訪れた観客を熱くさせました。

嘴平伊之助(はしびらいのすけ)の名言・名場面

弱気なこと言ってんじゃねぇ!!なれるかなれねぇかなんてくだらねぇこと言うんじゃねぇ!!信じると言われたなら それに応えること以外考えんじゃねぇ!!
劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」においてキーパーソンでもある「炎柱」(えんばしら)の「煉󠄁獄杏寿郎」(れんごくきょうじゅろう)が上弦の鬼「猗窩座」(あかざ)との戦いで亡くなる直前に、今後の鬼殺隊を支える竈門炭治郎、嘴平伊之助、我妻善逸の3人に言葉を遺しました。

しかし、煉󠄁獄杏寿郎の壮絶な戦い方や柱としての生き様を目の前で見せられ、煉󠄁獄杏寿郎を助けられなかったことや自分達の力不足に打ちひしがれた竈門炭治郎は思わず弱音を吐いてしまいます。「こんな所でつまずいているような俺は、煉󠄁獄さんみたいになれるのかなぁ・・・」。

ここで紹介する名言は、竈門炭治郎の弱気な発言を嘴平伊之助が叱咤した言葉です。嘴平伊之助は、猪のかぶり物から涙があふれ出るほど号泣し、強い語気で自分自身をも鼓舞。映画館に響く声は感動の渦に巻き込みました。

冨岡義勇(とみおかぎゆう)の名言・名場面

生殺与奪の権を他人に握らせるな!!
映画館の公開前に2週連続でプレミアム放送された鬼滅の刃。そのなかでも最重要とされている名言です。

竈門炭治郎は家族を鬼に殺され、唯一生き残った瀕死の妹・竈門禰󠄀豆子を背負って雪山を下ります。ところが、下山の途中で竈門禰󠄀豆子が鬼に変貌。そこへ鬼殺隊の「水柱」である「冨岡義勇」(とみおかぎゆう)が現れて斬り付けます。

ご紹介する名言は、土下座して妹を殺さないでほしいと懇願する竈門炭治郎に、冨岡義勇が放った言葉です。奪うか奪われるかのときに、主導権を握れない弱者が何を願ったところで、弱者には権利も選択肢もないと叱り付け、冨岡義勇は竈門禰󠄀豆子に斬りかかろうとしました。

しかし、鬼になっても人間を喰おうとせず、身を挺して竈門炭治郎を守る竈門禰󠄀豆子を見て刀を収めます。そして、鬼殺隊士を育てる「育手」(そだて)である「鱗滝左近次」(うろこだきさこんじ)のもとを訪れるように竈門炭治郎に言い、姿を消したのです。

実は、冨岡義勇も鬼に家族を殺され、天涯孤独となってしまったところを鱗滝左近次に拾われ、鬼殺隊に入ったという事情がありました。冨岡義勇は、竈門炭治郎の鬼に家族を奪われたつらさが痛いほどよく分かったため、鬼殺の隊士になりたいと言う竈門炭治郎を鱗滝左近次のもとへ向かわせたのです。

煉󠄁獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)の名言・名場面

老いることも死ぬことも 人間という儚い生き物の美しさだ
映画館で劇場版を鑑賞した方には記憶に新しい名言・名場面のひとつです。上弦の鬼・猗窩座は、無限列車で出会った煉󠄁獄杏寿郎の戦闘能力の高さを感じ取り、鬼にならないかと誘います。鬼は人間と異なり、戦いで傷を受けても瞬時に回復できるだけでなく、老いることも命を失うこともないからです。

しかし、煉󠄁獄杏寿郎は鬼になることを拒否。そして、そのときに発したのがこの名言です。

煉󠄁獄杏寿郎は後輩達の盾となり、壮絶な戦いの末に死んでしまいます。猗窩座戦で死を覚悟しながらも、煉󠄁獄杏寿郎は決して自らの信念を曲げることなく、炎柱として戦い抜きました。

己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと心を燃やせ 歯を喰いしばって前を向け
これは猗窩座戦で自らの死を悟った煉󠄁獄杏寿郎が、絶命する直前に竈門炭治郎へと残した言葉。将来、柱となる鬼殺隊の少年達に、死に際においても柱としての生き様を教授したのです。

煉󠄁獄杏寿郎の言葉は、竈門炭治郎や嘴平伊之助、我妻善逸の、その後の生き方に大きな影響を与えました。

後輩思いの煉󠄁獄杏寿郎は、後輩隊士を導く言葉や信念を行動で表して見せています。

映画館で観客を魅了した煉󠄁獄杏寿郎は、亡くなる間際に心の中で生前の母にこう語りかけました。「俺はちゃんとやれただろうか。やるべきこと果たすべきことを全うできましたか?」。母からは「立派にできましたよ」と言われ、安心したように亡くなったのです。

鬼舞辻󠄀無惨との最後の戦いで竈門炭治郎は「それでも俺は いま自分にできることを精一杯やる 心を燃やせ 負けるな 折れるな」と、煉󠄁獄杏寿郎の言葉を思い浮かべて自身を奮い立たせました。完璧な人にしか言えない言葉のように思えますが、自分に言い聞かせることで、信じた道を強く歩むことができる名言です。

産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)の名言・名場面

永遠というのは人の想いだ 人の想いこそが永遠であり不滅なんだよ
1,000年以上前に鬼の起源となった鬼舞辻󠄀無惨は、すべての人喰い鬼の首魁(しゅかい)であり、人間を鬼に変えられる唯一の血を持っています。鬼舞辻󠄀無惨の血が多ければ多いほど、強い鬼になれるのです。映画館で公開された「鬼滅の刃 無限列車編」に登場の鬼達も鬼舞辻󠄀無惨の血を分けられた鬼達でした。

鬼舞辻󠄀無惨は、もとは産屋敷一族の人間であり、病気で「20歳になる前に死ぬ」と言われていました。

そんな鬼舞辻󠄀無惨を、少しでも生き永らえさせようと苦心していた善良な医者がいたのです。しかし病状は一向に良くならず、鬼舞辻󠄀無惨は死への不安と苛立ちから医者を殺害してしまいます。その後、鬼舞辻󠄀無惨は医者が自身に投薬していた薬が効き、強靭な肉体を持つ鬼になったことに気付いたのです。

一族から鬼を出したことをきっかけに産屋敷一族は呪われ、生まれてくる子供は皆、病弱で若くして死んでしまいます。

いよいよ一族が絶えかけたとき、神主から「同じ血筋から出ている鬼を倒すために心血を注ぎなさい」と助言されました。鬼殺隊を束ねる当主「産屋敷耀哉」(うぶやしきかがや)は、鬼舞辻󠄀無惨を倒す一心ゆえに、医者から宣言された余命より半年以上も長く生き、決戦の日に備えます。

ご紹介する名言は、産屋敷耀哉が鬼舞辻󠄀無惨との戦いの際に言った言葉です。鬼舞辻󠄀無惨は鬼となった自分を正当化しますが、産屋敷耀哉はこのように続けました。

「この1,000年間、鬼殺隊はなくならなかった。可哀想な子供達は大勢死んだが、決してなくならなかった。その事実は、今君が下らないと言った、人の想いが不滅であることを証明している。大切な人の命を理不尽に奪った者を許さないという想いは永遠だ。君は誰にも許されていない。この1,000年間一度も」。

産屋敷耀哉は、鬼舞辻󠄀無惨が死ねばすべての鬼が滅びることを知っていたのです。

桑島慈悟郎(くわじまじごろう)の名言・名場面

ひとつできれば万々歳だ ひとつのことしかできないならそれを極め抜け
映画館では凄まじい活躍をみせた我妻善逸。そんな彼の育手である「桑島慈悟郎」(くわじまじごろう)の言葉をご紹介します。桑島慈悟郎は、もともと鬼殺隊の柱でした。我妻善逸は厳しい修行を通して雷の呼吸を教わったものの、6つある型のうち「壱ノ型」しか習得できません。

捨て子だった我妻善逸は、誰からも期待されず、逃げてばかりでした。桑島慈悟郎は、そんな我妻善逸を決して見限らず、根気よく指南します。

この名言は、人面蜘蛛の鬼と対峙した我妻善逸が戦いで追い詰められた際、桑島慈悟郎から言われたことを回想したシーンでの言葉です。

この言葉には「泣いてもいい 逃げてもいい ただ諦めるな」、「信じるんだ 地獄のような鍛錬に耐えた日々を お前は必ず報われる」という続きがあります。

修業時代、桑島慈悟郎が我妻善逸にかける言葉は厳しいものばかりでしたが、それは優しさに裏打ちされていたからこそだったのです。こうして「雷の呼吸」の壱ノ型だけを極めた我妻善逸は、のちにオリジナルの7つ目の型「雷の呼吸 漆ノ型 火雷神」を生み出しました。

桑島慈悟郎の教えを忠実に守り鍛錬した我妻善逸は、元鬼殺隊士の兄弟子で現在は「上弦の陸」の鬼となっている「獪岳」(かいがく)との因縁の戦いの末、死線をさまよい桑島慈悟郎の幻と出会います。そこで「お前は儂の誇りじゃ」と桑島慈悟郎に言われ、意識を取り戻したのです。

錆兎(さびと)の名言・名場面

鈍い 弱い 未熟 そんなものは男ではない
錆兎が乗っている岩

錆兎が乗っている岩

映画館では成長した姿を見せた竈門炭治郎ですが、最初から強い剣士ではありませんでした。竈門炭治郎は地道な努力はもちろん、周囲の協力や助言により、成長し続けたのです。なかでもこの台詞は厳しいながらも竈門炭治郎を奮い立たせる言葉として強い印象があります。

鱗滝左近次が竈門炭治郎に出した最終選別に行くための条件は、岩を斬ることでした。

しかし鱗滝左近次は何も方法を教えてくれず、竈門炭治郎は手ごたえがないまま半年以上ひとりで鍛錬します。

一向に岩を斬る方法が見付けられず、くじけそうになる竈門炭治郎の前に、狐の面をかぶった「錆兎」(さびと)が突如現れ「鈍い 弱い 未熟 そんなものは男ではない」と叱咤します。

そして竈門炭治郎が最終選別で残り、鱗滝左近次のもとに生きて戻れるよう、あえて厳しく指導。錆兎は竈門炭治郎に対して、「全集中の呼吸」についてもただ知っているだけで何も会得していないと指摘し、真剣で挑む竈門炭治郎を木刀だけで打ちのめしました。

竈門炭治郎は腕や足が千切れそうなほど、肺や心臓が破れそうなほどの修業を続けます。

錆兎と共に現れた少女「真菰」(まこも)も修行に際しての要点を教えてくれました。

錆兎の修行をはじめてから半年たったある日、とうとう竈門炭治郎の刃が錆兎に届いたのです。錆兎の面を斬ったはずの竈門炭治郎の刀は、岩を見事に斬っていました。

最終選別で生き残れるように竈門炭治郎を鍛えてきた錆兎と真菰は、鱗滝左近次が孤児だったのを引き取り、門下生として育てたことがのちに分かります。そして実は2人共、それぞれの最終選別で鱗滝左近次に恨みを持つ鬼に殺された霊だったのです。

竈門 炭治郎・禰豆子の聖地

聖地巡礼とは、アニメや小説、映画の舞台になった場所や、モデルになったのではと思われる風景、似ている建物などの「聖地」を実際に巡ることを指します。聖地巡礼は、物語に登場する場所へ自ら赴くことで、雰囲気を味わったり、登場人物達に思いを馳せたり、物語内を疑似体験することができるのです。2020年(令和2年)に全国の映画館で劇場版が上映され、映画館公開後には大ヒットを記録した「鬼滅の刃」にも、実際に巡ることができる聖地が日本全国に存在。より物語の世界観を楽しむことができる、「鬼滅の刃」の主人公である「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)とその妹「竈門禰豆子」(かまどねずこ)の聖地をご紹介します。

竈門炭治郎(かまどたんじろう)の名前にゆかりのある神社

コミックスや映画館公開の劇場版に出てくる建物や風景には、実際のモデルになったものも多く存在。なかでも九州には、「鬼滅の刃」の主人公「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)の名字である「竈門」(かまど)の名がつく神社が2つあります。

鬼滅の刃との因果関係は不明ですが、コミックス原作者である「吾峠呼世晴」(ごとうげこよはる)氏が福岡県出身であることもあり、九州に存在する竈門が付く2つの神社が、主人公・竈門炭治郎の名字の由来となっているのではないか、と推察されているのです。

九州地方にあるこの神社は、鬼滅の刃の聖地として鬼滅の刃ファンをはじめ、映画館で劇場版が公開された後にも多くの人が訪れるようになりました。

「宝満宮竈門神社」(ほうまんぐうかまどじんじゃ)
竃門神社

竃門神社

ひとつめは、福岡県太宰府市にある「宝満宮竈門神社」(ほうまんぐうかまどじんじゃ)。主祭神に「玉依姫命」(たまよりひめのみこと)が祀られていることから、縁結びや方除け、厄除のご利益のある神社として信仰されており、桜や紅葉の名所としても親しまれています。

作中や映画館で公開された「無限列車編」には登場しませんが、竈門炭治郎の名字である「竈門」は、この神社の名前から取ったのではないかと噂されている、ファンの間で話題のスポットです。

宝満宮竈門神社の歴史は古く、所在地となる「宝満山」(ほうまんざん)は、天台宗の始祖「最澄」(さいちょう)や真言宗の始祖「空海」(くうかい)をはじめ、遣隋使や遣唐使など、国の大使として海外へ渡航する人々が登拝。航海の安全と無事に目標を達成できるように祈りが捧げられてきた歴史ある霊峰です。

現在では、ファン達が鬼滅の刃に登場するキャラクターのイラストを描いた絵馬などが多く奉納され、その絵馬も見どころのひとつになっています。

宝満宮竈門神社
住所:福岡県太宰府市内山883
電話番号:092-922-4106
駐車場:有(100台)
公式ホームページ:https://kamadojinja.or.jp/
「八幡竈門神社」(はちまんかまどじんじゃ)
八幡竈門神社

八幡竈門神社

もうひとつの竈門神社は、温泉で有名な大分県別府市内にある、「八幡竈門神社」(はちまんかまどじんじゃ)です。八幡竈門神社は、名前のみならず、にまつわる言い伝えがあるなど、鬼滅の刃の世界観に一致するようなスポットが存在します。八幡竈門神社には、鬼の弱点が太陽であることに一致する石段の伝承や、主人公・竈門炭治郎の家系に伝わる神楽と耳飾りを彷彿とさせる場所があるのです。

鬼にまつわる伝承とは、昔、人々を喰い、里を荒らしていた鬼を退治しようと、神社の八幡神が「一晩のうちに100段の石段を作れたら毎年人間を生贄に捧げる。できなければ今後、村に出てはならない」と鬼に約束させましたが、99段を作ったところで夜が明け、鬼は逃げ出したという物語。

鬼の弱点が太陽であることに一致している他、八幡竈門神社には、竈門炭治郎の家に先祖代々受け継がれる「ヒノカミ神楽」を思い出させる「かまど神楽」と呼ばれる舞楽が伝わっています。

また、春分・秋分の日のみ見ることができる、鳥居の中心から昇る日の出は、竈門家に伝来する耳飾りに描かれた日章と似た風景。

どれも作品の世界観を彷彿とさせる話であることから、ファンの間では、八幡竈門神社の伝承やスポットが鬼滅の刃のモデルとなっているのではないかと考えられ、ファン達を惹き付けているのです。

社務所では竈門炭治郎と妹の「竈門禰豆子」(かまどねずこ)、鬼殺隊同期の「我妻善逸」(あがつまぜんいつ)の着物の柄と同じ柄のお守りが用意されており、原作ファンはもちろん、初めて映画館で「鬼滅の刃 無限列車編」を鑑賞して鬼滅の刃ファンになった人の喜ぶ聖地となっています。

八幡竈門神社
住所:大分県別府市大字内竈1900
電話番号:0977-66-1633
駐車場:有(70台)
公式ホームページ:http://hachimannkamado.sub.jp/index.html

竈門炭治郎・竈門禰豆子のふるさと

「雲取山」(くもとりやま)
雲取山

雲取山

東京都埼玉県山梨県にまたがるようにそびえる「雲取山」(くもとりやま)は、竈門炭治郎・竈門禰豆子兄妹のふるさとのモデルとなった、公式ファンブックに記載されている公認の聖地です。標高2,017mの都内最高峰である雲取山は、日本百山のひとつにも数えられています。

アニメ1話や映画館公開前のプレミアム放送で、竈門炭治郎が雪の中、鬼に襲われ瀕死の状態の竈門禰豆子を背負って歩く印象的なシーンは雲取山がモデルとなっており、アニメの制作陣も実際に訪れました。

一般の人が何の装備も用意せずに気軽に登山しようとするには危険な山道であるため、聖地巡礼の際は注意が必要です。日帰りでの登山は難しいので、1泊することを想定し、防寒具や登山グッズなど、事前の準備を万全にして登山することをおすすめします。

雲取山
住所:東京都西多摩郡奥多摩町大滝 雲取山
JR奥多摩駅から鴨沢西または丹波行きのバスに乗り「鴨沢」停留所へ 所要時間約35分

竈門炭治郎が一刀両断した巨岩の聖地

映画館で公開された劇場版「無限列車編」では、竈門炭治郎の熱いバトルに惹き付けられたファンも多いのではないでしょうか。

すでに鬼殺隊の一員として、映画館の大スクリーンで迫力満載の剣さばきを見せた竈門炭治郎ですが、鬼殺隊に入隊する前には、実に数多くの試練がありました。竈門炭治郎が、鬼殺隊の最終選別に参加するために「育手」(そだて:剣士を育てる人)である「鱗滝左近次」(うろこだきさこんじ)から出された修行の最終課題は、大岩を一刀両断すること。

鱗滝左近次の弟子であった狐の面を付けた「錆兎」(さびと)と「真菰」(まこも)の指導のもと、厳しく長い修行の上に大岩を断ち切った大岩の話は、多くのファンに人気のある有名な場面です。

この断ち切られた大岩に似ている巨石がある、と評判のスポットを2ヵ所ご紹介します。

「天乃石立神社」(あまのいわたてじんじゃ)の「柳生一刀石」(やぎゅういっとうせき)
天之石立神社

天之石立神社

奈良県奈良市の「天乃石立神社」(あまのいわたてじんじゃ)には「柳生一刀石」(やぎゅういっとうせき)と呼ばれる、竈門炭治郎が修行中に両断した大岩によく似た巨石があります。

柳生一刀石は、戦国時代から江戸時代の剣豪「柳生石舟斎」(やぎゅうせきしゅうさい:柳生宗厳[やぎゅうむねよし]とも言う)が修行中に天狗と試合をし、一刀で天狗を斬り捨てたところ、そこにはこの2つに割れた巨石が残っていたという伝承のある巨石です。

竈門炭治郎の修行を行った鱗滝左近次が天狗のお面をしていたことや、修行の最後に錆兎の面を斬るとそこには割れた岩だけが残っていたというエピソードなど、この石と物語との間に深い関係性が感じられます。

柳生一刀石の前には模造刀が準備されているため、現地では竈門炭治郎や柳生石舟斎になりきって、思い思いのポーズで記念撮影を楽しめるスポットです。映画館で劇場版が公開してからは、聖地として訪れるファンで賑わっています。

天乃石立神社
住所:奈良県奈良市柳生町
「坂田山」の「竜の割石」(りゅうのわりいし)
長野県須坂市にある「坂田山共生の森」の中にある「竜の割石」(りゅうのわりいし)と呼ばれる巨石も、竈門炭治郎が修行中に断ち切った大岩のモデルではないかと、聖地に挙げられているスポットのひとつ。自然現象により亀裂が入ったとされる竜の割石ですが、現在では坂田山共生の森の観光スポットとなっています。

近くには炭焼き小屋や通称「キツネ宮」と呼ばれる「坂田神社」、「胡蝶しのぶ」(こちょうしのぶ)の髪飾りとなっている「オオムラサキ蝶」の飼育場、D51機関車がある「須坂市動物園」などが点在。特にD51機関車はまさに映画館の大スクリーンで観た機関車に似ているとファンの間では話題に。この地で作者が物語の構想を練ったのではないかと思わせるような、鬼滅の刃を彷彿とさせる地域です。

竜の割石がある坂田山周辺は、大人から子どもまで鬼滅の刃を楽しめる場所。映画館で劇場版を鑑賞後に訪れ、世界観に想いを馳せることはもちろん、親子で遊びに訪れるのにもおすすめの聖地となっています。

坂田山(竜の割石)
住所:長野県須坂市坂田町

「鬼滅の刃」の世界観のまま!

鬼滅の刃は2020年(令和2年)に原作漫画が連載を終えたにもかかわらず、その人気は衰えることはありません。映画館で公開された劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」は大ヒット。映画公開後、わずか11週目で興行収入324億7,889万5850円、動員2,404万9,907人(全国約379の映画館)を記録したことで話題になりました。大正時代を舞台にした鬼狩りの物語は、子どもから大人まで夢中になる魅力があります。「鬼滅の刃」の人気を支えるのは、心に残る数々の名セリフや名場面です。名シーンを彷彿とさせ、目の前に感じることができる、「鬼滅の刃」の聖地巡礼におすすめのスポットを5つご紹介します。

大川荘【福島県】

大川荘

大川荘

コミックスや映画館で公開された劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」で社会現象にまでなった鬼滅の刃。その作中に出てくるシーンとそっくりだとファンの間で話題になっている場所が、福島県会津若松市にある「大川荘」です。

この大川荘は、人喰いのボス「鬼舞辻󠄀無惨」(きぶつじむざん)が、十二鬼月(じゅうにきづき)の鬼達に印象的なセリフを言い放った通称・パワハラ会議や最終決戦の舞台である「無限城」に似ているとことで注目を浴びました。

ロビーを進むと階下への広い吹き抜けがあり、その中央に「浮き舞台」が設置されています。

定刻になると三味線演奏がはじまり、訪れたお客様を優雅な音色で出迎えるのです。その様子は無限城で琵琶を鳴らす鬼舞辻󠄀無惨の側近「上弦の肆」の「鳴女」(なきめ)を彷彿とさせます。

大川荘は、会津産の素材をふんだんに使用した料理や、絶景露天風呂が人気の老舗旅館です。

特に露天風呂は、棚田風に段々で配置された湯船の目前に渓谷の絶景が広がり、四季折々の風景を楽しめます。

おいしい料理と温泉で寛ぎながら、鬼滅の刃の世界観に浸れるスポットです。主人公「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)達が上弦の鬼達や鬼舞辻󠄀無惨と死闘を繰り広げる最終決戦の舞台に似た大川荘は、その世界観に感動が蘇ります。

会津芦ノ牧温泉 大川荘
住所:福島県会津若松市 大戸町大字芦ノ牧字下平984
電話番号:0242-92-2111(受付時間:8:00~20:30)
公式ホームページ:http://www.ookawaso.co.jp/

博物館明治村【愛知県】

日本赤十字社中央病院病棟

日本赤十字社中央病院病棟

愛知県犬山市にある「明治村」は、100万㎡もの広大な敷地に60以上の歴史的建造物が移築されている野外博物館です。明治村は、様々なドラマや映画のロケ地としても使われ、愛知県屈指の観光スポット。

鬼滅の刃にも「実はここがモデルになっているのでは?」と言われている場所が登場しています。それが「蟲柱」(むしばしら)「胡蝶しのぶ」(こちょうしのぶ)が住まう「蝶屋敷」なのです。

明治村にある「日本赤十字社中央病院病棟」は、傷ついた隊士達を救護する蝶屋敷にそっくり。「那田蜘蛛山」(なたぐもやま)の闘いでボロボロになった主人公・竈門炭治郎は、この蝶屋敷で治療を受け「鬼殺隊」(きさつたい:鬼を狩る政府非公認組織)同期の「我妻善逸」(あがつまぜんいつ)、「嘴平伊之助」(はしびらいのすけ)と再会を果たします。この日本赤十字社中央病院を見ると、共に治療と訓練に励む3人が、病室でベッドを並べて賑やかに話している様子が目に浮かぶようです。

また、明治村にはおすすめスポットがもうひとつあります。明治村では、映画館で公開された「無限列車」を彷彿とさせる、明治初期に実際に使われていた本物の蒸気機関車に乗ることができるのです。石炭の匂いや噴き出す蒸気を感じながら、無限列車の世界観に入り込めます。

博物館明治村
住所:愛知県犬山市字内山1番地
電話番号:0568-67-0314
公式ホームページ:https://www.meijimura.com/

あしかがフラワーパーク【栃木県】

あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク

鬼殺隊に入るには、最終選別に合格しなければいけません。作中、最終選別の地として登場するのは、鬼の弱点である藤の花が大量に咲き乱れた「藤襲山」(ふじかさねやま)。闇夜に光り輝く一面の藤の花が登場するシーンは、アニメや映画館の公開に先駆けて放送された「第一夜 兄妹の絆」で印象的に描かれました。

あしかがフラワーパーク」(栃木県足利市)には、そんな藤襲山の幻想的な藤を思い起こさせるスポットとなる広大な藤棚があります。あしかがフラワーパークには、数種の藤棚が設置されており、1,000㎡もの広さに渡って幻想的な藤の花を楽しむことができるのです。

なかでも600畳敷の大藤棚は藤襲山を彷彿とさせる、圧巻の見どころ。藤の花の見頃は5月初旬からですが、他のシーズンでも藤の花をイメージした紫のイルミネーションで幻想的な世界観を楽しむことができ、夜になると広大なパークは華やかに彩られるのです。

あしかがフラワーパークのイルミネーションは関東最大級でもあり、全国イルミネーションランキングで何度も上位に入っています。

あしかがフラワーパーク
住所:栃木県足利市迫間町607
電話番号:0284-91-4939
公式ホームページ:https://www.ashikaga.co.jp/

雷電神社【群馬県】

雷電神社

雷電神社

弱気でヘタレな通常時と、カッコ良い戦闘時とのギャップに定評がある我妻善逸は、竈門炭治郎と共に成長し、鬼と闘う主要キャラクターのひとり。映画館で公開された「無限列車編」では我妻善逸の魅力あふれる活躍に胸を躍らせた方も多いのではないでしょうか?

その我妻善逸にまつわるスポットとして人気なのが、群馬県邑楽郡にある「雷電神社」です。

雷電神社は関東地方に多い「雷電さま」の総本宮であり、「火雷大神」(ほのいかづちのおおかみ)と「大雷大神」(おおいかづちのおおかみ)、「別雷大神」(わけいかづちのおおかみ)が祀られています。火雷大神とは、日本神話に登場した、8柱ある雷神の内の1柱で、雷による災害を表象する神様です。火雷大神と聞くと、我妻善逸の必殺技「雷の呼吸 漆ノ型 火雷神」を彷彿とさせます。

また、雷電神社には、撫でると地震をよけて自信が湧き出るという「なまずさん」の置物があります。自分に自信を持てなかった我妻善逸が、鍛錬をして成長したことで繰り出した自分だけの奥義「火雷神」(ほのいかづちのかみ)を祀るこの神社は、まさに我妻善逸を彷彿とさせるスポットです。

雷電神社
住所:群馬県邑楽郡板倉町板倉2334
電話番号:0276-82-0007
公式ホームページ:http://www.raiden.or.jp/

北方文化博物館【新潟県】

映画館で劇場版が公開されてから、さらに人気が上昇した鬼滅の刃ですが、最後にご紹介する建物が、新潟県新潟市の「北方文化博物館」です。

鬼殺隊当主「産屋敷耀哉」(うぶやしきかがや)が住まう「産屋敷邸」を彷彿とさせる建物として、ファンの間で話題になりました。

産屋敷邸を思い起こさせる建物は、江戸中期に「越後国」(現在の新潟県)随一の大地主となった「伊藤家」の住居であった「伊藤邸」です。

「主屋棟」と「大広間棟」から構成され、100畳にもなる大広間棟は、各間からの視線が巧みに計算されており、庭園の石組みや植栽が四季を彩ります。大広間から眺めた庭園は、産屋敷邸で開かれた、鬼殺隊を支える9人の柱が勢ぞろいする印象的な「柱合会議」の場面そのもの。

個性豊かな柱達、「お館様」と呼ばれる産屋敷耀哉の姿を主人公・竈門炭治郎がはじめて目にした柱合会議は、鬼滅の刃の世界観を象徴するスポットと言えます。

北方文化博物館
住所:新潟県新潟市江南区沢海2丁目15-25
電話番号:025-385-2001
公式ホームページ:http://hoppou-bunka.com/

人気の理由

2020年(令和2年)10月に映画館で公開された劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」。上映初日から映画館に足を運んだファンも多く、公開後わずか73日で歴代映画興行収入ランキング第1位になりました。また単行本1~23巻の累計発行部数が1億2,000万部を突破するなど「鬼滅の刃」の人気は、とどまるところを知りません。なぜ「鬼滅の刃」は、これほどまでに人気があるのでしょうか。「鬼滅の刃」が年齢や性別を超えて大きな人気を誇る理由に迫ります。

アニメ化をきっかけにブレイク

週刊漫画の連載で始まった「鬼滅の刃」
幅広い年齢層に支持されている「鬼滅の刃」。アニメの続きとなる「無限列車編」が映画館の大スクリーンで鑑賞できたり、各メディアで「鬼滅の刃」特集が組まれたり、その人気は一向に衰えることはありません。

鬼滅の刃はもともと2016年(平成28年)11号の「週刊少年ジャンプ」で連載開始された「吾峠呼世晴」(ごとうげこよはる)氏による漫画です。

主人公である炭売りの少年「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)が、に家族を殺されたことからはじまるこの物語は、大正時代の人喰い鬼が棲む世界が舞台。竈門炭治郎は、家族で唯一生き残りながらも鬼化してしまった妹の「竈門禰󠄀豆子」(かまどねずこ)を人間に戻し、家族を惨殺した鬼を討つために鬼狩りになる決意をします。

鬼滅の刃は、竈門炭治郎をはじめ、鬼に家族や大切な人を殺された若者達が、悲しみをバネに過酷な修行をして鍛錬を積み、鬼に挑むというストーリーです。

なお、連載開始当時は、現在ほどの大人気という訳ではありませんでした。

アニメ化により子供を中心にブレイク
鬼滅の刃が注目されはじめたのは、2019年(令和元年)4月からスタートしたテレビアニメがきっかけです。放送開始前のコミックの累計発行部数が約350万部だったのに対し、放映開始後の2019年(令和元年)7月時点には8,000万部を突破するなど、アニメ化により急激に注目を浴びるようになりました。

驚くべきポイントは、深夜の時間帯かつ半年のみの放映だったにもかかわらず、多くの子供達の心を惹き付けたことです。瞬く間に人気が出た理由は、下記のような点にあったのではないかと言われています。

  • 主人公が修行をして強くなり、人喰い鬼を退治するという「正義と悪」が分かりやすいストーリー展開
  • 個性あふれる魅力的なキャラクターが多く、随所に笑いがある
  • 映像のクオリティーが高く、戦闘シーンに見応えがある
  • 「日輪刀」(にちりんとう)と呼ばれる日本刀のような武器を使って戦うので格好良い
  • 「全集中 ○○の呼吸!」のように、技の名前が覚えやすく真似しやすい
  • 「LiSA」が歌う主題歌「紅蓮華」(ぐれんげ)と「鬼滅の刃」の世界観の合致
  • 原作漫画のなかでも人気が高い「無限列車編」が映画館で上映されたこと

子供から大人へ、さらに広がっていく人気

子供だけでなく大人も楽しめる作品
子供だけでなく大人も楽しめる作品

子供だけでなく大人も楽しめる作品

アニメ化をきっかけに、小学生をはじめ多くの子供達が鬼滅の刃に夢中になっていきます。街中あらゆるところで「鬼滅」という単語や、「紅蓮華」を歌う声が聞こえてくるようになりました。

しかし、ここで止まらないのが鬼滅人気のすごいところ。ストーリーの面白さ、ハラハラする展開や個性的なキャラクター達の人気も相まって、子供だけでなく男女問わず大人も楽しめる作品としてさらに人気が爆発していくのです。

コミックの最新刊は予約をしないと入手しにくくなり、既刊も店頭から次々と消えていきました。そして、2020年(令和2年)10月、新型コロナウィルス感染拡大の影響により約7ヵ月延期された劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」がついに公開されます。

公開開始から驚異的な勢いで興行収入や観客動員数を伸ばし、2020年(令和2年)12月末には「千と千尋の神隠し」を抜いて歴代興行収入1位、2021年(令和3年)1月には観客動員数12週連続第1位という快挙を成し遂げました。

なお、劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」は「PG-12」(小学生以下の子供には保護者の助言・指導が必要)となっているため、親子で一緒に映画館に訪れ、命の尊さや家族の絆について語り合う良い機会になったことも、幅広い年齢層のファンを獲得した理由だと言えるでしょう。

どの世代からも共感できるテーマ

家族愛や友情などの普遍な想い
竈門兄妹の家族愛

竈門兄妹の家族愛

なぜ鬼滅の刃はここまで多くの人に受け入れられたのでしょうか。ひとつの要因として、全世代に通じる「共感性」があることが、幅広いファン層から支持される理由だと考えられます。

物語の主軸となっているのは「家族愛」と「友情」。主人公の竈門炭治郎は鬼に家族を惨殺され、唯一生き残った妹まで鬼にされてしまうという残酷な運命を背負っているという設定です。

竈門炭治郎は仇討ちのために「鬼殺隊」(きさつたい:鬼を狩る目的で作られた政府非公認の組織)に入隊しますが、鬼と対峙していくなかで幾度となくピンチに見舞われます。そんなときには必ず亡くなった母や弟妹の姿が脳裏に蘇り、奮起するのです。

また、鬼になってしまった妹の禰󠄀竈門豆子も、竈門炭治郎の危機をきっかけに眠っていた力が目覚めるなど、兄を思う気持ちが彼女を強くしていきます。

また、アニメや映画館のスクリーンではキャラクターが話したり、コミカルな動きを見せたりすることも、魅力的です。竈門兄妹と行動を共にする鬼殺隊同期の「我妻善逸」(あがつまぜんいつ)と「嘴平伊之助」(はしびらいのすけ)達が、お互いに支え合い、任務の合間には年齢相応に戯れている姿は、観る人の心を温かく「ほわほわ」してくれます。

深く考えさせられる生と死
鬼滅の刃で驚かされるのは、キーパーソンでもある準主役級の人物であっても、どんどん鬼に殺されてしまうことです。一般的な子供向けのアニメの場合、悪役が倒されて解決、といった流れが多いのですが、鬼滅の刃の場合は、鬼殺隊の「柱」と呼ばれるメインキャラクターまでもが序盤であっさりと殺されてしまいます。

なかでも印象的なのは、劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」で交わされた、「炎柱」の「煉󠄁獄杏寿郎」(れんごくきょうじゅろう)と「上弦の参」の鬼「猗窩座」(あかざ)との対話です。

鬼には不死の力があり、猗窩座はそれが素晴らしいことだと考えています。そのため、強い力を持つ煉󠄁獄杏寿郎に「鬼にならないか」と誘うのです。

しかし、断られて納得できず、竈門炭治郎達が加勢できないほど隙のない戦いの末、猗窩座はついに煉󠄁獄杏寿郎を殺してしまいます。

このシーンが流れた瞬間、映画館のあちこちから泣く声が聞こえ、鑑賞後には「不死の力と傷を負ってもすぐに再生する鬼」vs「命を惜しまず傷を負いつつも戦い続ける人間」のリアルな対比から、生と死について深く考えさせられたと言えます。

単純なバトル物ではない

敵である人喰い鬼ですら愛おしい
原作漫画を読んだり、アニメ放送を観たり、映画館に足を運び、劇場版を鑑賞したりすることで、ファンになった方も多い鬼滅の刃。この作品は「鬼殺隊が人喰い鬼を殺して勝った・負けた」といった単純なバトルストーリーではありません。倒されていく鬼達についても「なぜ鬼になったのか」、「どんな気持ちでいるのか」といったそれぞれの背景が繊細に描かれています。

傲慢で許すことができない鬼は、たしかに多いです。しかし、ときには切なく、愛おしくなる背景を持つ鬼も登場します。単純に「鬼は悪者」と正義対悪の構図を決め付けてしまうにはあまりに悲しく、そして美しい物語です。

敵であるはずの鬼にも心を寄せて共感でき、つい同情してしまうところが鬼滅の刃の魅力。この点もまた、年齢や性別を超えた人気の理由のひとつだと言えるでしょう。

伏線・まとめ

2016年(平成28年)に「週刊少年ジャンプ」で連載開始されて以来、平成・令和時代の大ヒット作となった「鬼滅の刃」(きめつのやいば)。2020年(令和2年)には、映画館で劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」が上映されました。奇想天外なストーリーの面白さや、登場人物達の生き方を体現するような名セリフの数々など、魅力の要因は数えきれません。原作コミックスをはじめ、映画館公開の劇場版などから、物語全体にかかわる伏線をいくつか検証しながら、「鬼滅の刃」の総括をしていきましょう。
(※この記事では、登場人物の過去や物語後半の展開にも言及しています。)

「青い彼岸花」の謎

「青い彼岸花」(あおいひがんばな)は、の始祖である「鬼舞辻󠄀無惨」(きぶつじむざん)が長年探し求めていた花です。

鬼舞辻󠄀無惨が探索し続けている様子は、原作コミック第67話(映画館公開「無限列車編」のラスト)で明かされています。少年の姿で良家の養子となり人間世界に暮らす鬼舞辻󠄀無惨に、「上弦の参」(じょうげんのさん)の鬼「猗窩座」(あかざ)が探索状況を報告する場面です。

実は作中で、登場人物達と共に彼岸花がさりげなく描かれているシーンが複数あります。彼岸花、あるいは青い彼岸花が、この物語の伏線になっていることを印象付ける描かれ方です。

鬼舞辻󠄀無惨はなぜ青い彼岸花を探すのか
原作コミックスでは第67話、映画館公開の「無限列車編」では物語のラストで明かされた青い彼岸花。鬼舞辻󠄀無惨が青い彼岸花を執拗に探し求める理由は、彼が鬼になったときまで遡ります。鬼舞辻󠄀無惨は、平安時代に貴族の子供として生まれました。病弱で長く生きられないと思われていた鬼舞辻󠄀無惨に、医者は青い彼岸花をもとに自ら開発した秘薬を与えます。

薬の効果はすぐには現れず、鬼舞辻󠄀無惨は死への不安と苛立ちから医者を殺害。その後、薬の効果が発現し、鬼舞辻󠄀無惨は鬼に変貌して強靱な不老不死の体を手に入れたのです。

しかし実は、その薬は未完成の状態であり、鬼舞辻󠄀無惨は太陽光の下には出られないという弱点を背負うことになりました。

薬を完成させて太陽光を克服するためには、謎の植物である青い彼岸花が必要ですが、どこに生息しているのか分かりません。唯一それを知る医者は、すでに自分自身の手で殺してしまっています。そのため、鬼舞辻󠄀無惨はその後何百年にもわたって青い彼岸花を探し続けることになったのです。

青い彼岸花は見つかったか
青い彼岸花の研究

青い彼岸花の研究

映画館に足を運んだファンのなかには「青い彼岸花のヒントがあるのでは?」と考えた方も少なくはありません。しかし、青い彼岸花の謎は解けないまま、主人公「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)の妹「竈門禰󠄀豆子」(かまどねずこ)は、鬼化しながらも人間への愛情を持ち続け、鬼殺隊と共に戦い、鬼の身でありながら太陽光を克服します。

そこで、鬼舞辻󠄀無惨は青い彼岸花を探すことを止め、独自の進化を遂げた竈門禰󠄀豆子を捕食してその力を手に入れる作戦へと方向転換しました。本編完結後に描かれた現代の物語・第205話で、その謎の姿が少しだけ明らかにされています。

新発見された青い彼岸花を研究する鬼殺隊士のひとり「嘴平伊之助」(はしびらいのすけ)の子孫と思われる植物学者の「嘴平青葉」(はしびらあおば)が登場。青い彼岸花は、1年にたった2・3日、昼間にだけ咲く珍しい花でした。嘴平青葉は、その貴重な花を「うっかりミス」で枯らし、全滅させてしまいます。

昼間にしか咲かない花だったことから、太陽光の下に出られない鬼舞辻󠄀無惨や鬼達が、どんなに長い年月をかけても青い彼岸花を見付け出すことができなかったのは当然だったのです。

鬼舞辻󠄀無惨による竈門家襲撃の謎

物語の発端となった「竈門家襲撃」
社会現象を巻き起こした「鬼滅の刃」。単行本1~23巻の累計発行部数が1億2,000万部を突破し、2020年(令和2年)10月に映画館で上映された劇場版は公開後わずか73日で歴代映画興行収入ランキング第1位となりました。

このストーリーをもう一度振り返ってみましょう。

まず、主人公である竈門炭治郎が家族を鬼に殺された事件からはじまります。

炭を売りに町へ出かけ、帰りが遅くなってしまった竈門炭治郎は、同村の老人「三郎」の家に泊まり、翌朝帰宅。すると、家では家族が鬼に惨殺されており、妹の竈門禰󠄀豆子だけがかろうじて一命を取り止めるも、傷口に入った鬼の血が原因で鬼化してしまいます。

妹を人間に戻すため、そして家族の仇を討つために厳しい鍛錬を経て、竈門炭治郎は「鬼殺隊」(きさつたい:鬼を狩る目的で作られた政府非公認の組織)の一員となり、仲間とともに鬼に立ち向かうのです。

己の進化のために鬼を増やす鬼舞辻󠄀無惨
一方、鬼舞辻󠄀無惨は最初に鬼になった人間で唯一鬼を増やせる存在。映画館公開の「無限列車編」で登場した上限の参「猗窩座」や下弦の壱「魘夢」など12名で結成される「十二鬼月」を従えています。

なぜ竈門炭治郎一家は襲われたのか、本編では明確に説明されていません。しかし、物語の最終盤である第196話には、それを想像させる場面があります。鬼から人間へと戻っていく竈門禰󠄀豆子が、襲われたときの記憶を取り戻すシーンです。

竈門炭治郎の家を襲撃した際、鬼舞辻󠄀無惨は「この程度の血の注入で死ぬとは 太陽を克服する鬼など そうそう作れたものではないな」とつぶやきます。どうやら鬼舞辻󠄀無惨は、竈門炭治郎の家族を食料にするために襲った訳ではなさそうです。

これらのことから、彼は太陽光を克服できる鬼の生成をもくろみ、竈門家を襲撃したのではないかと推測されます。

どんなに強靱な体を持っていても、太陽光の下では焼け焦げて消滅してしまう自分自身。この最大の弱点を克服するために、鬼舞辻󠄀無惨は青い彼岸花の探索と鬼の新たな進化を探っていたのだと考えられます。

竈門禰󠄀豆子は、のちに太陽光を克服。鬼舞辻󠄀無惨の思惑は正しかったという訳です。

鬼舞辻󠄀無惨は「日の呼吸」にかかわりのある者を探し続けていた
竈門炭治郎の耳飾り

竈門炭治郎の耳飾り

東京・浅草の雑踏の中、竈門炭治郎がその特殊な嗅覚で鬼舞辻󠄀無惨を見つけたとき、鬼舞辻󠄀無惨は竈門炭治郎が身に着けている耳飾りを見て衝撃を受けます。

それは、かつて自分に痛恨の一撃を加えた最強の剣士「継国縁壱」(つぎくによりいち)がしていた耳飾りと同じだったのです。

継国縁壱は、戦国時代に武士の家に生まれ、天賦の才に恵まれて技を極めた剣士。身体能力を大幅に向上させて敵に向かい合う「日の呼吸」を編み出しました。

これは「はじまりの呼吸」と呼ばれる呼吸です。同時代を生きた鬼殺隊の「柱」(はしら:鬼殺隊の中でも最も位の高い剣士)に伝授され、それぞれが適した呼吸法を体現していきました。

同じ頃、竈門炭治郎の先祖「竈門炭吉」(かまどすみよし)は妻子と共に継国縁壱と出会い、深い絆を結びます。

継国縁壱は鬼狩りを続けるうち、鬼の始祖である鬼舞辻󠄀無惨に遭遇し、首を切ることに成功しました。しかし、致命傷を与えたものの、鬼舞辻󠄀無惨は逃げ延びてしまいます。

鬼舞辻󠄀無惨は、自分を死の瀬戸際まで追い込んだ継国縁壱の剣術を継承する柱や関係者を徹底的に探し出し、抹殺することに力を注ぎました。

竈門炭治郎の家を襲撃したのは、「日の呼吸」に縁のある一家だと知っていたからなのか、この点について作中では明確に語られていません。

しかし、鬼舞辻󠄀無惨は「日の呼吸」にかかわりのある者を強力な本能で探り当て、無意識のうちに辿り着いたとも考えられます。鬼舞辻󠄀無惨が竈門家を襲撃したことは、いわば宿命だったのかもしれません。

なお、呼吸法とは、鬼と戦うために使用する操身術。鬼殺隊士が使う呼吸には流派があります。なかでも映画館の大スクリーンで観ることができた煉獄杏寿郎の使用する「炎の呼吸」はファンを熱くさせました。

「日の呼吸」を「神楽」として伝承していた竈門家
竈門炭治郎は、自分が「日の呼吸」を伝承しているとは気付いていませんでした。最初に学んだのは「水の呼吸」です。習得して実戦に使用していましたが、自分に合わないという感覚を持ち続けていました。

そして「下弦の伍」(かげんのご)の鬼「累」(るい)と戦った際、竈門家に代々伝わる「ヒノカミ神楽」(ひのかみかぐら)の舞を用いて攻撃し、「日の呼吸」に開眼するのです。

その後、竈門炭治郎は先祖・竈門炭吉の記憶と思われる夢を見るようになり、夢の中で「日の呼吸」の祖である継国縁壱に遭遇します。それに同調するかのように、舞を応用した攻撃の型を次々に使えるようになり、鬼舞辻󠄀無惨との最終決戦では実に12個の型を繰り出せるようになりました。

実は竈門炭治郎が父から、そして先祖から受け継いできたヒノカミ神楽こそが、「日の呼吸」そのものだったのです。

この「日の呼吸」の秘密については映画館公開「無限列車編」のラスト(原作コミックス第68話)でも明かされます。

鬼滅の刃のロゴの謎

鬼滅の刃の文字を囲むように円をなす流線
鬼滅の刃の円のデザイン

鬼滅の刃の円のデザイン

原作漫画やアニメ、また映画館に貼られている劇場版のポスターでもお馴染みとなった鬼滅の刃のロゴ。印象的なフォントに加え、コミックごとに色合いが変わり、見飽きないデザインとなっています。

気になるのは、文字を囲むような円形の流線です。筆の跡なのか、それとも炎をかたどった形なのか、などと考えてみると、この物語の根底に流れる、ひとつの呼吸の型に辿り着くことができます。

物語の核心に迫る、円を描いたデザイン
コミックスを読んだ方をはじめ、「無限列車編」を観覧するために映画館に足を運んだ方にとって、「鬼滅の刃」のロゴはすっかり見慣れたデザインです。しかし、実はこのロゴには深い意味が隠されていることはご存じでしょうか?

物語の最終盤、鬼舞辻󠄀無惨の攻撃によって瀕死の状態となった竈門炭治郎は、再び竈門炭吉として継国縁壱を幻視します。

継国縁壱は、鬼舞辻󠄀無惨との対決や鬼殺隊の柱達とのかかわりについて語り、日輪の耳飾りを託して去っていくのです。彼が惜しげなく披露してくれた「日の呼吸」の型を間近で見た竈門炭治郎は、鬼舞辻󠄀無惨を倒すための13番目の型を理解します。

それは「円舞」(えんぶ)から始まり「炎舞」(えんぶ)に終わる12個の型を、舞を舞うように連続して繰り出すことで統一された攻撃となり、円環として成立するというものでした。

鬼舞辻󠄀無惨と出会う運命を導き、宿敵を倒す最強の攻撃でもあった「日の呼吸」第13の型。先祖達の思いを受け継ぐこの円環こそが物語を象徴するロゴとなっている、そう考えると、改めて鬼滅の刃のストーリーの奥深さに感動します。

鬼切伝説に登場する鬼とは

日本に古くから伝わる軍記物や御伽草子には、鬼切伝説がよく登場します。現代では「鬼」を題材にした子供向け絵本なども数多く出版され、最近では漫画「鬼滅の刃」が好評となり子供から大人まで楽しめる作品として大ヒット。2020年(令和2年)には、映画館で劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」が上映され、映画館に足を運んだファンは公開45日で2,000万人を超えたことでも話題になりました。
鬼滅の刃でも登場する「鬼」は熟語やことわざでもよく使われており、それだけ日本人にとって鬼とは馴染みの深い存在なのです。そこで、鬼切伝説などに登場する鬼とはいったい何者なのか、そんな鬼について解説していきます。

「鬼」の語源

鬼

「鬼」(キ)とは中国から伝来した言葉で、もともとは「死者の魂」、「死霊」という意味を持つ漢字です。日本もこの影響を受けて、当初は姿の見えない物として伝わり「隠」が転じて「オン」または「オヌ」となり、「オニ」と読まれるようになったとされています。

当初は姿の見えない物として伝わりましたが、次第に死への恐怖や恐れから「鬼は怖い」、「人に危害を加える」という印象が根付いていきました。

人々が想像する鬼の姿形は、仏教を由来とし「餓鬼道」にいる「餓鬼」や「地獄の獄卒」とされる説も。また鬼滅の刃に出てくる「鬼」も人の形をしたものから恐ろしい姿をしている鬼もいます。映画館のスクリーンに映し出された、鬼との凄まじい戦いぶりに、目が離せなかったファンも少なくはありません。

鬼が生まれた時代背景

鬼滅の刃では、原作コミックスやアニメ、そして「無限列車編」(全国の映画館で公開)に登場する鬼は、1000年以上も前に生まれた鬼の始祖「鬼舞辻無惨」(きぶつじむざん)を中心に暗躍します。

この鬼舞辻無惨をはじめ、現代に残る鬼切にまつわる伝説の多くが、実は平安時代の出来事に由来しているのです。

現代人にとっての鬼は、すでに架空の化け物だと理解されていますが、昔の人々にとって鬼とはどういう存在だったのでしょうか。鬼が生まれた時代背景について解説していきます。

大和朝廷に反発する者達
坂上田村麻呂

坂上田村麻呂

大和民族が畿内(現在の京都府大阪府奈良県など)を治めるようになった時代、まだ地方には朝廷に従わない先住民族が大勢いました。

未開の地でもあった東北の「蝦夷」(えみし)、九州の「熊襲」(くまそ)や「隼人」(はやと)などと戦った記録が「日本書紀」や「風土記」(地方の歴史を記した地誌)などにも記されています。

そうした者達を大和朝廷は「異民族」や鬼として征伐するために幾度も戦を仕掛けました。

平安時代初期の「桓武天皇」(かんむてんのう)の時代に、朝廷で武官として活躍した「坂上田村麿呂」(さかのうえのたむらまろ)は、30代で近衛少将の位に昇進。さらに蝦夷との戦の指揮官として797年(延暦16年)に「蝦夷を討伐するための将軍」である「征夷大将軍」(せいいたいしょうぐん)に任命されました。

そして就任から5年後の802年(延暦21年)に、ついに蝦夷の族長「阿弖流爲」(アテルイ)と「母禮」(モレ)を降伏させます。

坂上田村麿は平安京へと連れて行き、「蝦夷は話の通じる同じ人間だ」として桓武天皇や朝廷の官吏達に恩赦(刑罰の軽減や消滅など)を主調。けれどその甲斐もなく、朝廷は蝦夷の族長2人を異民族の鬼として処刑してしまいました。このように未開の地に住み、国家に従わない者達を総じて鬼と呼び、追い詰めて支配していったのです。

1997年(平成9年)映画館で初公開された「もののけ姫」にもこうした異民族がいたことを表している描写があります。主人公「アシタカ」は蝦夷の末裔でその隠れ里の住人です。作品の監督「宮崎駿」氏もアシタカの一族のことを、大和政権に追われ本州北部の山中に隠れ住んだ原日本人の残党で、アテルイの末裔として描いたと言っています。

貧困による盗賊や山賊の出没
平安京に住む人々のなかにも鬼は存在しました。当時の国家のあり方は、現在のように民衆のための政治ではなく、京都に住む貴族達が贅沢に暮らすための制度ばかりで、民は税を納めるものの、あまり生活に還元されることはありませんでした。

商売が上手くいかない、田畑の実りがよくない、こうしたことが続けば、民達は住んでいた土地を捨てて「京の都ならば仕事も食べる物もあるはずだ」と考え全国から人々が集まります。

しかしそうした人々にできるのは、物乞いや窃盗などが関の山。なかには、徒党を組み拠点を作り、盗賊や山賊へと身を落とす者も現れます。そうした者達が京都で盗みや殺人などを犯していったのです。

京都の貴族達からすれば、あまりに野蛮で同じ人間の行いに見えなかったことから、盗賊や山賊を鬼だと恐れ、討伐の対象へとなっていきます。

この集団の主導者だったのが丹波国(現在の京都府中部・兵庫県北東部)の「大江山」に住み着いた「酒吞童子」(しゅてんどうじ)と言われる鬼。酒吞童子は、源氏の一族「源頼光」(みなもとのよりみつ/みなもとのらいこう)と、その仲間達に退治されたと伝承が残る人物です。

なお酒呑童子を題材とした「大江山酒呑童子」が1960年(昭和35年)映画館で上映され、鬼退治の物語として一世を風靡しました。

化け物を斬った刀剣

名刀と呼ばれる日本刀には「稲荷神と打った刀」や「病気を治した刀」、「勝利をもたらしてくれる刀」など色々な逸話があります。

なかには、恐ろしい鬼や妖怪を斬ったと言われる日本刀も数知れず。また、「鬼滅の刃」では「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)が使用する黒色の「日輪刀」(にちりんとう)をはじめ、映画館上映の「無限列車編」では「煉獄杏寿郎」(れんごくきょうじゅろう)が愛用した赤色の日輪刀などが登場しました。

そんな鬼や妖怪を斬ったとされる日本刀をご紹介します。

鬼の腕を切り落とした太刀「鬼切安綱」
鬼切安綱」(おにきやすつな)は、鬼の腕を切り落とした伝説の残る日本刀です。鬼を斬ったとされることから「平家物語」や「吾妻鏡」など軍記物や史書に登場する鬼切安綱。こうしたことから、伝承の数と同じくらい呼び名が変わる回数の多い日本刀でもあります。

鬼切安綱は、平安時代中期に「源満仲」(みなもとのみつなか)が伯耆国(現在の鳥取県中西部)の刀工「安綱」(やすつな)に打たせた刀剣だとされています。試し切りで罪人の髭まで斬れたことから当初は「髭切」(ひげきり)と命名。

源満仲から長男・源頼光に譲られ、源頼光は配下の「渡辺綱」(わたなべのつな)に貸し与えます。のちに渡辺綱は、京都の「一条戻り橋」で会った鬼と戦闘になり、その鬼の腕を切り落としたことから髭切は「鬼切」と呼ばれるようになりました。

その後も源氏の棟梁が持つ刀として代々受け継がれていき、源氏が滅亡したあとは北条家足利家など名だたる名家のもとを渡り歩いていきます。正式名称は「太刀 銘 安綱」ではありますが、鬼切安綱や鬼切丸、現在の所蔵先「北野天満宮」(京都市上京区)では髭切とも呼ばれています。

なお、北野天満宮は「鬼を切る刀」が奉納されていることで鬼滅の刃ファンの間でも話題に。原作を読んだあとや映画館を訪れた方は、一度足を運んでみることもおすすめです。

鬼切安綱
伯耆国大原の刀工「安綱」の太刀である鬼切安綱(髭切)をご紹介します。
妖怪を斬った「祢々切丸」
祢々切丸

祢々切丸

鬼滅の刃ファンの聖地として知られる「あしかがフラワーパーク」(栃木県足利市)は、一部の映画館で放映された「兄妹の絆」やアニメ一話に登場する藤棚に似ていると注目を浴びました。

その他にも栃木県には様々な聖地や伝説があります。そのひとつが「二荒山神社」(栃木県日光市)の護神刀であり、妖怪退治の伝説を持つ刀、それが「祢々切丸」(ねねきりまる)です。作者は平安時代中期の刀工「三条小鍛冶宗近」(さんじょうこかじむねちか)だと言われますが、無銘であることから作者の特定には至っていません。

この祢々切丸の凄さとは、妖怪退治伝説だけではなく、約216.7㎝の刀身と重量24kgにもなる長大な全長から「日本一の大太刀」と言われることです。そんな祢々切丸は、同神社にて「瀬登太刀」と「柏太刀」と並んで古来より民からの崇敬を集めていました。

その昔、日光山中には「祢々」(ねね)と呼ばれる妖怪がいたとされ、それが人々を驚かせていたのです。あるとき、二荒山神社に安置されていた祢々切丸がひとりでに鞘から抜け出すと、妖怪・祢々を斬り伏せて退治してしまいます。そこから祢々切丸と号が付けられました。

この祢々の正体については、日光の「鳴虫山」の虫が化けた物の怪であると伝わります。または、日光周辺では河童のことを祢々と呼ぶ地域もあることから、正体は河童ではないかと言われたこともあったようです。それにちなんで「祢々子河童」という河童にまつわる説話なども残されています。

幽霊を斬った「にっかり青江」
日本刀に付けられる名称は、一度聞いただけではどんな意味や特徴を持つのか分からない名前も多いことでしょう。鬼滅の刃に出てくる日輪刀もまた特徴のある刀。「色変わりの刀」と呼ばれ、竈門炭治郎は黒、「我妻善逸」(あがつまぜんいつ)は黄色、映画館公開の「無限列車編」で活躍を見せた煉獄杏寿郎の刀は赤色であり、持ち主によって色や形状が異なります。

おそらくにっかり青江も、そのうちの1振ではないでしょうか。作られたのは南北朝時代のことで、作刀したのは備中国(現在の岡山県西部)の刀工集団・青江派の刀工「貞次」(さだつぐ)です。

にっかり青江の号の由来は「にっかり笑った幽霊を斬り払ったから」だと伝わります。にっかり青江が幽霊を斬ったとする逸話は、戦国時代の武将「浅野長政」の家臣が夜道を歩いていたときのことです。その家臣が、道の片隅で不気味に笑う女性を発見。夜の遅い時間に女性がひとりでいるわけがないと考えた家臣は、物の怪の類に違いないとしてその女性の首を刀で刎ねました。翌朝、その場所には女性の遺体はなく地蔵の首が転がっていたと言います。このときに使われた刀が、にっかり青江だったのです。

その後、にっかり青江は「柴田勝家」(しばたかついえ)や「丹羽長秀」(にわながひで)のもとを渡りながら、「豊臣秀吉」へと献上されました。豊臣秀吉は、お気に入りの名刀をしまう「一之箱」に「につかり刀」と書名して秘蔵したと言いますから、当時から名称と由来が定着していたことが分かります。

その後「京極高次」(きょうごくたかつぐ)に下賜され、江戸時代には「無代」(値が付けられない名品)と鑑定、さらに名刀帳「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)にもにっかり青江は「名物」として記載。現在は、重要美術品に指定され「丸亀市立資料館」(香川県丸亀市)が所蔵しています。

にっかり青江

にっかり青江

にっかり青江
鎌倉時代、備中国青江派作の大脇差である、にっかり青江についてご紹介します。

酒呑童子を退治した天下五剣「童子切安綱」

鬼退治を題材とした作品は、能や歌舞伎をはじめ、テレビや映画館で公開される作品など、実に数多く存在します。最近では社会現象となった漫画「鬼滅の刃」にも鬼が登場。2020年(令和2年)には「鬼滅の刃 無限列車編」が上映され、全国各地で映画館に足を運んだ方も少なくはありません。
また、平安時代の京の都を騒がせた盗賊の首領「酒呑童子」(しゅてんどうじ)は、「日本三大妖怪」にも挙げられる伝説的な鬼としても有名です。そして、刀工「安綱」(やすつな)が作刀した「童子切安綱」(どうじぎりやすつな/どうじきり)という太刀が、酒呑童子を斬ったという日本刀の逸話としても語られているのです。酒呑童子物語の内容と共に、太刀・童子切安綱とその持ち主である源頼光について追って行きましょう。

酒呑童子物語と天下五剣「童子切安綱」

酒呑童子は本拠地「大江山」の洞窟にある屋敷に住み、そこで多くのを従えていたと言います。鬼滅の刃や2020年(令和2年)に映画館で初上映された「鬼滅の刃 無限列車編」にも鬼退治専門の集団「鬼殺隊」が登場しますが、平安時代の日本にも鬼退治をした伝説を持つ人物がいました。

この酒呑童子を退治したのが「源頼光」(みなもとのよりみつ/らいこう)と、源頼光の配下である「四天王」だとされています。ここではそんな酒呑童子物語について紐解いていきましょう。

源頼光一行、帝から勅命を受ける
安倍晴明

安倍晴明

時代は「一条天皇」の御代の頃、若い貴族の姫達がさらわれる事件が起きました。犯人が何者なのかを陰陽師の「安倍晴明」(あべのせいめい)が占うと、丹波国(現在の京都府中部・兵庫県北東部)の大江山を拠点にする鬼・酒呑童子だということが分かります。

そこで討伐のための白羽の矢が立ったのが、藤原道長に仕えていた源頼光と四天王の「渡辺綱」(わたなべのつな)、「坂田金時」(さかたのきんとき)、「碓井貞光」(うすいさだみつ)、「卜部季武」(うらべすえたけ)そして「藤原保昌」(ふじわらのやすまさ)でした。

鬼滅の刃でも、「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)をはじめ、「我妻善逸」(あがつまぜんいつ)、「嘴平伊之助」(はしびらいのすけ)といった仲間達が、鬼殺隊として様々な任務をこなします。テレビや映画館の画面で、恐ろしい姿をした鬼達と激しいバトルを繰り広げる姿が話題になりました。

神仏の加護を得る
鬼を倒すには一筋縄ではいきません。鬼滅の刃に登場する「鬼舞辻無惨」(きぶつじむざん)はもちろん、映画館上映の「無限列車編」で「煉獄杏寿郎」(れんごくきょうじゅろう)を死に追いやった「猗窩座」(あがざ)など、鬼のなかには強敵がいます。

源頼光一行は神仏の加護を得るため「住吉明神」・「石清水八幡宮」・「熊野権現」へお参りに向かいます。

そして大江山に向かう道すがら3人の翁に出会い、人には薬となり鬼であれば毒になる「神変鬼毒酒」(じんぺんきどくしゅ)を授けられました。この翁らは、実はお参りした3社の化身であったとされています。

大江山に入山
源頼光の一行は、鬼を油断させるため山伏の姿に扮して大江山へと入山。さっそく酒呑童子配下の鬼に行く手を阻まれ「我らを倒しに来た武士ではないか」と疑いをかけられますが、「道に迷ったただの山伏です。舞をお見せするのでどうか一晩泊めて下さい」と頼みます。

このシーンは、映画館で公開された「大江山酒呑童子」でも忠実に再現しています。

そして、源頼光達は鬼の宴で舞を踊ってみせることで、鬼達の信頼を得ることができました。さらにその宴では、翁達から授けられた神変鬼毒酒を酒呑童子らに飲ませることにも成功。毒酒が回った酒呑童子達は、すぐに命を落とすことはありませんでしたが、宴を終え早々に眠りに就きました。

童子切安綱で酒呑童子の首を落とした源頼光
源頼光達は荷物として背負って来た笈(おい:山伏などの修験者が背負う、竹や木で作られた箱)から、それぞれ忍ばせていた甲冑(鎧兜)を身に着け、太刀を腰に佩きます。

そして鬼達が寝静まった夜更けに、酒呑童子の寝室へと侵入。源頼光は自慢の太刀・童子切安綱を構え、眠っている酒呑童子の首めがけて振るいました。なお、鬼退治ではたびたび「首を刎ねる」「首を斬る」という言葉が目につきます。

鬼滅の刃においても、鬼は首を斬ることで殺すことが可能。原作コミックスやアニメ版、また、映画館でプレミアム上映された「兄妹の絆」でも「鬼を殺すためには頸を斬らなくてはならない」ということが強調されました。

しかし、首を落としたはずなのですが、酒呑童子は首だけの状態で源頼光へと襲いかかります。

四天王らもかかさず応戦、ついに酒呑童子が力尽きて絶命。酒呑童子の配下達を次々と退治し、さらわれていた姫達も無事に救出しました。

源頼光一行は京の都に凱旋し、一条天皇に仔細を報告。酒呑童子らは退治され、都には無事平和が戻りました。

酒呑童子の首を祀る「首塚大明神」
源頼光達は、討ち取った酒呑童子の首を京の都へ持ち帰ろうとしましたが、「老ノ坂」(現在の京都市亀山市の境)の道で「地蔵尊」(別名:子安地蔵)に「不浄な物を都に持ち込むな」と忠告を受けます。

なぜかそれきり首を動かせなくなってしまったため、その地に埋葬。それが現在の「首塚大明神」(京都市西京区)であり、伝承によれば首から上の病気を治してくれると伝わります。

また首塚大明神は、鬼滅の刃が社会現象を巻き起こし、映画館で「無限列車編」が公開されてからは、京都おすすめの鬼伝説スポットとしても知られるようになりました。

「酒呑童子物語」の異本や異説の存在

酒呑童子物語には、異説や地方伝説が数多く存在するのです。長い年月の間に物語や逸話が変遷するのは珍しいことではなく、それだけ人々に関心を持たれていたとも言えます。

異説とは、酒呑童子が拠点とした場所で区別しており、丹波国と丹後国(現在の京都府北部)の境界にある「大江山系」、もう一方は近江国(現在の滋賀県)の「伊吹山系」に分けられます。物語の成立も平安時代当時ではなく、南北朝時代頃だと推測されているのです。

広く知られているのが、江戸時代に「渋川清右衛門」(しぶかわせいえもん)が出版した大江山系の「御伽草子版」の内容。酒呑童子物語も、この御伽草子版に倣っています。

他にも「今昔物語」や「大江山絵詞」、能の演目「大江山」、映画館で公開された「大江山酒呑童子」など、酒呑童子を下地にした物語や、どれも細かな違いはありますが、源頼光が四天王と共に酒呑童子を退治する話は同じです。

鬼切伝説を数多く残した源頼光と四天王

大江山を住処にする鬼・酒呑童子を退治した源頼光と四天王は、どういう人達だったのでしょうか。ここでは、映画館で話題の作品やテレビドラマ、小説などで題材になることの多い鬼切伝説に触れながら、彼らについてご紹介します。

源氏の棟梁「源頼光」
源頼光

源頼光

源頼光は、「清和天皇」の血を引きながら臣籍降下(皇族が姓を与えられ臣下となること)した源氏一族3代目の当主です。

その祖父「源経基」(みなもとのつねもと)は武士が生まれた創成期の人でもあり、関東や畿内方面に荘園を持ちながら、京都で権力を掌握しつつあった藤原氏との関係を深めていきました。父「源満仲」(みなもとのみつなか)の代となる頃には、その地位はさらに上がっていたと言います。源頼光が家督を継いだ平安時代中期は、各地で武士の反乱が起きた時代でもありました。

源頼光は摂津国(現在の大阪府北中部・兵庫県南東部)を継ぎ摂津源氏の祖となり、弟「源頼信」(みなもとのよりのぶ)は河内国(現在の大阪府東部)の土地を引き継ぎ河内源氏としてそれぞれ活躍を見せます。

都周辺の土地を父・源満仲から継いだ源頼光は、当時の権勢を誇っていた「藤原道長」(ふじわらのみちなが)と関係を深め、軍事貴族としての地位を向上。さらに関東の反乱を鎮圧させていた弟・源頼信と合わせ、源氏武士団のリーダーとして勢力を広げていきます。

都やその周辺には、貴族社会に不満を持つ流民達が、物乞いや盗賊となり治安が悪化。藤原氏の警護役として信頼を得ていた源頼光は、討伐するために駆り出されました。

1960年(昭和35年)に映画館で公開されたことで話題になった「大江山酒呑童子」をはじめ、酒呑童子を退治した鬼切伝説は後世の創作ではありますが、実際に源頼光は1018年(寛仁2年)に大江山の盗賊討伐の勅命(天皇が直接命じること)を受けたとする戦勝祈願の願文が残されています。

こうして多くの武勇伝を生み出し、いつしか配下の者達と鬼を斬ったという伝説が誕生したのです。

源頼光を支える「四天王」
渡辺綱

渡辺綱は、「嵯峨天皇」(さがてんのう)を祖とした嵯峨源氏の出身の武者です。

渡辺綱の数代前には「源氏物語」の主人公「光源氏」の原型となった「源融」(みなもとのとおる)がいるなど、もとを辿ると貴族然とした優雅な一族としての面も持ちました。

また、渡辺綱が四天王筆頭だと言われる逸話に、京都の「一条戻り橋」に出没する鬼「橋姫」の腕を切り落とすという抜きん出た武勇を持ちます。

このときに使用された日本刀は「髭切」(ひげきり:別名[鬼切安綱]、[獅子の子]など)と言い、源氏の棟梁に代々受け継がれる宝剣で、源頼光から借り受けたとされているのです。鬼を斬ったことから髭切は「鬼切」と号を変え、武門の象徴へとなっていきます。

坂田金時

坂田金時とは、童話や童謡に出てくる、まさかりを担いで熊と相撲を取ったという、「金太郎」が成長した姿と伝わる人物です。

金太郎伝説は全国各地にありますが、最も有名な逸話が神奈川県静岡県の堺にある足柄峠周辺の話。父を亡くした金太郎は、母と2人で暮らしながら、森の動物達と遊び、熊と相撲と取るなどして過ごしていました。

怪力無双ながら心優しい青年に成長した金太郎は、足柄峠にやって来た源頼光に力を認められ、配下に加わることになったのです。

その後、源頼光らと多くの活躍を見せますが、実は坂田金時は実在しなかったとも言われています。坂田金時のさらにモデルとされているのが「下毛野公時」(しもつけのきんとき)です。京都で近衛兵として従事し、源頼光と共に藤原道長に仕えた武士。

また「相撲使」という相撲をする人達を集める仕事もしたことから坂田金時との符合する部分も多く、この人物に源頼光との鬼退治伝説が合わさり「坂田金時」像ができたのではないかとも言われているのです。

碓井貞光
碓井貞光は、現在の神奈川県足柄下郡の碓氷峠を拠点とする一族の出身とされており、碓井貞光には人智を超えた逸話が残されています。

あるときの旅の道中、山の神のお告げを受けた碓井貞光は温泉を見つけました。これが「御夢想の湯」と呼ばれるようになり、のちに「四万温泉」(群馬県吾妻郡)の由来になったとも言われています。

また、故郷の碓氷峠でのこと、巨大な毒蛇が人々を苦しめており、それを退治するため「十一面観音」の加護を受け、見事に毒蛇を退治しました。

卜部季武
初代の「征夷大将軍」である「坂上田村麿呂」(さかのうえのたむらまろ)の子孫とされているのが、この卜部季武です。卜部季武の家は摂津国にある摂津源氏の領地を警護していた一族であり、卜部季武の父もまた源満仲の時代から仕えていました。酒呑童子を扱う数多くのドラマやアニメ、映画館公開の作品でも彼ら四天王の活躍には胸を熱くするものがあります。

童子切安綱とは

童子切安綱は、源頼光が酒呑童子を退治した伝説を持ちます。名物刀剣の称号である「天下五剣」の1振に選ばれ、天下五剣のなかでも作刀年代が最も古いことからその筆頭という特別な地位を確立。

作者は平安時代の刀工、伯耆国(鳥取県中西部)に住んだ「安綱」(やすつな)です。平安時代の刀剣らしい強い反りと、繊細な小乱れの入った刃文は、優美な格調高さを持ちます。

本太刀は、「東の童子切、西の大包平」(おおかねひら:太刀 銘備前国包平作[名物大包平])と言われ「日本刀の東西の両横綱」とも称えられ、江戸時代に作成された刀剣帳「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)にも掲載された名刀中の名刀。

現代に至るまでにも多くの所有者達のもとを渡り歩いてきました。足利家豊臣家、松平家、近代史に入ってからは政治家の「村山寛二」氏、画家「渡辺三郎」氏などです。現在は、「東京国立博物館」(東京都台東区)が所持し、定期的に展示などが行われます。

なお童子切安綱は鬼滅の刃で登場する「日輪刀」と似ているということで、一部のファンから噂された刀のひとつです。原作コミックスはもちろんアニメや映画館で初公開された劇場版では、日輪刀の研ぎ澄まされた刀身にますます魅了されたファンも。刀剣に想いを馳せながら、鑑賞することもおすすめと言えます。

童子切安綱

童子切安綱

北条時政を鬼から守った天下五剣「鬼丸国綱」

「鬼丸国綱」(おにまるくにつな)は、天下五剣の中で1振だけ「皇室御物」(皇室の所有品)となっている日本刀です。天下五剣は数ある日本刀の中でも最高傑作とされる5振のことで、その他には「三日月宗近」(みかづきむねちか)・「童子切安綱」(どうじぎりやすつな)・「大典太光世」(おおでんたみつよ)・「数珠丸恒次」(じゅずまるつねつぐ)が総称。なかでも「鬼丸」と号が付けられた「鬼丸国綱」には、持ち主である「北条時政」(ほうじょうときまさ)を鬼から守った逸話を持ちます。映画館で上映された「鬼滅の刃 無限列車編」のなかでも鬼を倒す唯一の武器として「日輪刀」(にちりんとう)が登場。特に映画館の大スクリーンでは、「煉獄杏寿郎」(れんごくきょうじゅろう)の赤い日輪刀を見ることができます。まさに鬼丸国綱も主を鬼から守り、その鬼を退治する日本刀です。鬼丸国綱の逸話と伝来、そして持ち主である北条時政についてご紹介します。

鬼丸国綱と北条時政の悪夢

鬼丸国綱は、室町時代に成立した「太平記」という軍記物語に登場し、持ち主をから守りその鬼を退治したと伝わります。その持ち主である初代執権「北条時政」(ほうじょうときまさ)は、毎夜、悪夢と不眠に苦しんでいました。夢の中で、子鬼が枕元を歩き回るので目が覚めてしまうのです。陰陽師の加持祈祷なども行いましたが効果はなく、日に日にやつれていく一方でした。

ある晩のこと、夢の中に今度は翁(年配の男性)が現れ「私は粟田口国綱の太刀の化身です。子鬼を退治したいのですが、刀が錆びついているせいで鞘から抜け出せません」と口にしたと言います。朝になり北条時政は、所持していた粟田口国綱の太刀の錆を落として清め、抜き身のまま寝床の近くに立てておきました。

その夜になり北条時政が眠っていると、大きな衝撃音に目が覚めます。音の出どころを探してみると北条時政の寝床近くに立ててあった粟田口国綱が倒れ、下にあった火鉢が切れていました。切れていたのは火鉢の足の部分で、そこには鬼をかたどった彫り物がありました。この鬼が、夜な夜な歩き回り北条時政を苦しめていた正体だったのです。

このできごと以来、北条時政の夢の中に子鬼が出てくることはなくなります。そのあと、粟田口国綱の太刀は鬼を退治したことから鬼丸国綱と名付けられました。

なお、映画史上初となる刀剣ドキュメンタリー「映画 日本刀~刀剣の世界~」が2016年(平成28年)公開。鬼丸国綱をはじめ、様々な日本刀を題材にした作品を観覧しに、映画館には多くの刀剣ファンが足を運びました。

2人いる逸話の主人公
映画館や劇場で上映される作品には、鬼退治を題材にした作品があります。そのなかでも太平記は、主人公が2人いる作品として知られています。

太平記では、初代執権・北条時政が鬼丸国綱を所持していますが、実は鬼丸国綱を作刀した刀工「粟田口国綱」(あわたぐちくにつな)の活動時期はもっと時代が下ってからです。そのため鬼丸国綱の作刀を命じたのは、北条時政から4半世紀後の5代執権「北条時頼」(ほうじょうときより)だと言われています。

北条時政と粟田口国綱の年代が合わないことから、江戸時代以降は鬼を退治した逸話の主人公を北条時頼とする内容への一本化が試みられました。ただ逸話である以上どちらの真偽も不明なため、現在も北条時政と北条時頼による鬼退治の逸話が残ります。

初代執権・北条時政

北条時政

北条時政

北条時政は伊豆国の田方郡北条の豪族で、「平治の乱」で平家に敗け当地に配流となった「源頼朝」(みなもとのよりとも)の監視役でした。ところが北条時政の娘「北条政子」(ほうじょうまさこ)と源頼朝が恋仲となってしまいます。

北条時政は平家側の武士であったため、当初は反対したものの2人の仲を認め、結果的に北条時政は源頼朝の後援者となります。

1180年(治承4年)に、平氏打倒を掲げた「以仁王」(もちひとおう)の令旨(皇族が命令を伝える文書)が源頼朝のもとに届き、源頼朝は挙兵を決意。

北条時政も源頼朝の助けになろうと挙兵を決めます。源頼朝の弟「源義経」らも合流し平家を追い詰め、1185年(寿永4年/元暦2年)の「壇ノ浦の戦い」で平家を倒しました。そして、1192年(建久3年)に征夷大将軍となった源頼朝は鎌倉幕府を開きます。北条時政は以降も源頼朝を助け、源頼朝の方も舅である北条時政を信頼していました。

源頼朝は、北条時政を京都の「後白河法皇」(ごしらかわほうおう)のもとへ「守護・地頭」(文治の勅許とも)設置の許可を貰いに向かわせ、幕府にとって重要となる場面をいくつも任せていたのです。

しかし源頼朝が1199年(建久10年)に亡くなり、源頼朝の長男「源頼家」(みなもとのよりいえ)が2代将軍に就くと、北条時政は幕府の実権を握ろうとしました。源頼家の後ろ盾であった比企(ひき)氏を滅亡させ、源頼家から将軍位を剥奪し現在の静岡県伊豆市修善寺に放逐。

北条時政は源頼朝の次男「源実朝」(みなもとのさねとも)を3代将軍にし、自身は執権(将軍を補佐し政務を行う役職)という地位に就き、北条家による執権政治の基盤を作ったのです。

なお、北条家や源頼朝を題材にした作品には「鎌倉殿の13人」(大河ドラマ)や1961年(昭和36年)に映画館上映の「富士に立つ若武者」などがあります。

鬼丸国綱を所有した人々

新田義貞
新田義貞

新田義貞

鬼丸国綱を所有していた北条家が、1331年(元弘元年)に起きた「元弘の乱」で滅ぶと新たな所有者となったのは「新田義貞」(にったよしさだ)でした。

新田義貞は北条家を滅ぼし鎌倉幕府を滅亡させた武将のひとり。その際、戦利品として新田義貞の手に渡ったのは鬼丸国綱と、源氏の宝刀として北条家に伝わっていた鬼切安綱(おにきりやすつな:別名[髭切]、[鬼切丸])です。鬼切安綱は「鬼滅の刃」原作コミックスを読んだ方や、映画館で劇場版を鑑賞した方の間でも「日輪刀を彷彿させる刀剣」として、話題になりました。

鬼を斬った逸話を持つ鬼丸国綱と鬼切安綱。新田義貞は、この2振が霊刀であることを気に入り、この2振を一緒に佩刀していたと言います。さらにそのあと、鬼丸国綱は新田義貞から「斯波高経」(しば たかつね)、室町幕府を開いた「足利尊氏」(あしかがたかうじ)へと伝わりました。

足利義輝
足利義輝

足利義輝

現在知られるような刀剣の序列や名刀蒐集、贈答の習慣が定まったのは、足利尊氏が興した室町幕府の時代だったと言います。

京都では鎌倉時代の後鳥羽上皇による御番鍛冶制度で刀工を庇護していたこともあり、もともと刀剣文化が根付いていました。そこへ足利家が京都に幕府を開いたことで、さらに体系化されいっそう発展したのです。

13代将軍「足利義輝」(あしかがよしてる)は、全国の武士を束ねる将軍として剣豪「塚原卜伝」(つかはらぼくでん)に師事して剣術を磨き、免許皆伝しています。

1565年(永禄8年)に足利義輝が住む二条御所が襲撃された事件「永禄の変」でも、足利義輝自ら敵に向かい奮戦。そのとき将軍家が所有していた天下五剣三日月宗近を腰に佩き、鬼丸国綱、童子切安綱大典太光世で敵に対峙したと伝わります。

奮戦も虚しく足利義輝は命を落としてしまいますが、足利義輝の強さは凄まじく、ひとりで30人以上の敵を討ち取ったとも言われているのです。

なお2020年(令和2年)放送の大河ドラマ「麒麟がくる」で話題になった足利義輝。戦国武将としての人気ぶりは凄まじく、かつて映画館で公開された「戦国BASARA」の続編にも登場します。

豊臣秀吉
豊臣秀吉

豊臣秀吉

映画館で上映される作品のなかには「豊臣秀吉」が登場する作品が多く存在。1590年代に天下統一を果たした豊臣秀吉は、無類の刀剣好きとしても知られています。

鬼丸国綱やその他の名刀達もまた、15代将軍「足利義昭」(あしかがよしあき)から「豊臣秀吉」のもとに渡りました。豊臣秀吉が剣好きであったことから、足利将軍家以上に多くの名刀が献上されるようになります。

足利家からは天下五剣の鬼丸国綱、そして三日月宗近、童子切安綱、大典太光世を拝領。三日月宗近は正室「ねね」に、大典太光世は家臣であり親友の「前田利家」に贈りました。

一方で鬼を斬った逸話を持つ、鬼丸国綱と童子切安綱の2振だけを刀剣鑑定家である本阿弥家(ほんあみけ)に預けてしまいます。その理由について、鬼丸国綱を所有した家はそのどれもが滅んでおり、縁起が悪いことから遠ざけたのではないかと言われているのです。

徳川家
徳川家康

徳川家康

1615年(元和元年)の「大坂の夏の陣」で「徳川家康」が豊臣家を滅亡させると、豊臣家が所有していた刀剣は徳川家康のもとに移りました。そして鬼丸国綱を預かっていた本阿弥家は、天下五剣である鬼丸国綱を徳川家康に献上しようとします。

しかし徳川家康は「太閤深き考ありて其方へ預たる太刀なれば、其儘預るべし」(太閤殿[豊臣秀吉]が深い考えを持って太刀を預けたのであれば、そのまま預かっているべきでしょう)と本阿弥家に預かるように言い渡し、同家が保管していました。

さらに2代将軍「徳川秀忠」の娘が「後水尾天皇」(ごみずのおてんのう)に嫁ぎ、その皇太子誕生を祝う品として徳川秀忠が鬼丸国綱を献上。しかし皇太子が幼くして薨去したことで「皇太子の不慮の原因は、いわくのある日本刀のせい」だとして再び本阿弥家に戻されました。

なお、2016年(平成28年)に一部の映画館で上映された「映画 日本刀~刀剣の世界~」では、鬼丸国綱などの名刀が話題となりました。

皇室御物
明治天皇

明治天皇

1867年(慶応3年)に「大政奉還」が行われ政権が朝廷に戻った折に、本阿弥家は鬼丸国綱の処遇について朝廷に伺いを立てます。

返事としては、従来通り本阿弥家にて管理するようにということでした。けれど、江戸幕府がなくなり多くの武士達が身分と職を失っていた激動の時代。新政府により「廃刀令」が発布されたことで、刀の鑑定や研磨などを生業としてきた本阿弥家も仕事を失い、衰退の一途を辿ります。そして本阿弥家の家督相続による騒動で、実質的な刀剣管理が難しくなりました。

ついに1881年(明治14年)、鬼丸国綱は宮内庁に引き取られ「明治天皇」に献上されることが決定。そのあとは皇室の私有財産(皇室御物)となり、現在も宮内庁の所有となっています。

鬼丸国綱を作った刀工「粟田口国綱」

粟田口国綱

粟田口国綱

アニメ放送や、映画館に足を運んで劇場版を鑑賞したファンの一部では「日輪刀のモデルではないか」と話題の鬼丸国綱。この鬼丸国綱を作刀した刀工は粟田口国綱と言い、鎌倉時代初期に京都と鎌倉で活動していました。粟田口国綱は、「五箇伝」のひとつ「山城伝」(やましろでん)の「粟田口派」という刀工一派を率いた刀工「粟田口国家」(あわたぐちくにいえ)の息子です。

粟田口国家には6人の息子がおり、その息子達は粟田口国綱も合わせて皆父親譲りの作刀技術を持つ刀鍛冶でした。粟田口国綱の兄3人は後鳥羽上皇に日本刀を納める御番鍛冶に取り立てられています。

当時、粟田口国綱は年若であったことからその職に就いていませんが、後鳥羽上皇が「承久の乱」で負けて配流された「隠岐島」(島根県隠岐郡)で「隠岐国の番鍛冶」(おきのくにのばんかじ)に選出されているのです。

そのあと、5代執権・北条時頼に召されて鎌倉に移住、このときに作刀した1振が鬼丸国綱だと言われています。また、粟田口国綱は「相州伝」鍛冶の創設にもかかわり、その実質的な創始者である「新藤五国光」(しんとうごくにみつ)を弟子(または息子)に持ちます。

鬼丸国綱

鬼丸国綱

鬼の腕を斬り落とした名刀「鬼切安綱」

「鬼切安綱」(おにきりやすつな:別名[髭切]、[鬼切丸])は、源氏の重宝として伝わる名刀です。源氏の歴史を華麗に彩る数々の伝承を重ね、名刀ゆえに多くの武将達が手中に納めました。映画館公開の劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」には「人を喰う鬼」が登場しますが、鬼切伝説の古典とも言えるのが、平安時代の武士「渡辺綱」(わたなべのつな)が鬼の腕を斬り落としたという逸話です。またこのとき鬼の腕を切り落とした逸話を持つ鬼切安綱は、鬼滅の刃や「鬼滅の刃 無限列車編」(全国の映画館にて公開)で登場する「日輪刀」(にちりんとう)と似ているとして、さらに話題に。鬼切安綱の伝承と、渡辺綱についてご紹介します。

鬼の腕を斬った「鬼切安綱」の伝説

は平安時代から中世にかけての逸話に数多く登場。漫画「鬼滅の刃」で出てくる鬼の始祖「鬼舞辻無惨」(きぶつじむざん)も平安時代の生まれです。また、アニメや映画館上映の作品に登場する鬼達は、人の形をはじめ、恐ろしい姿をしています。

鬼を退治する物語と知られている逸話で知られているのが、鬼切安綱です。鬼切安綱は平安時代中期に活躍した源氏の棟梁「源満仲」(みなもとのみつなか)が打たせた太刀です。鬼切安綱の鬼切伝説については軍記物「平家物語」の異本のひとつ「源平盛衰記」(げんぺいせいすいき/げんぺいじょうすいき)内の「剣巻」(つるぎのまき)で語られています。

鬼切安綱が鍛刀された経緯
源満仲は、「天下を守るためにはそれにふさわしい刀が必要だ」だとし、筑前国(現在の福岡県西部)から刀鍛冶を呼び寄せました。鍛冶はなかなか良い刀を作ることができず、「八幡宮」に祈願します。

その日の夜、夢で八幡大菩薩(はちまんだいぼさつ:八幡宮の祭神に対して奉られた菩薩号)から「60日間かけて鉄を鍛え、その鉄で2振の太刀を打ちなさい」とお告げを受けました。鍛冶はその通りにし、長さ2尺7寸(約80cm)となる2振の太刀を作り上げたのです。

1振目は、試し斬りで髭まで斬ったことから「髭切」と名付けられたのちの鬼切安綱。2振目も、同じく試し斬りで両膝を斬り落としたことから「膝丸」(ひざまる:別名[薄緑])と名付けられました。2振は、源満仲の子「源頼光」(みなもとのよりみつ/らいこう)に伝えられ、そのあとも勝利をもたらす宝刀として源氏に代々受け継がれたのです。

源頼光は鬼切伝説を残した人物として知られています。源頼光が登場する作品のなかで、アニメや能狂言、映画館で話題となった作品では、化け蜘蛛退治や酒呑童子討伐を扱ったものが有名です。

渡辺綱と「一条戻り橋」の鬼
渡辺綱と一条戻り橋の鬼

渡辺綱と一条戻り橋の鬼

源頼光が父・源満仲より家督を譲られ当主となった代のこと、京の都で人が消える事件が起きていました。それは鬼の仕業で、「男を取られ嫉妬にかられた女性が「貴船神社」(京都左京区)に参拝し、相手の女を取り殺したい一心で祈り、鬼女となったのではないか」などと噂されていました。

ある晩、源頼光が配下の渡辺綱に「一条大宮」(平安京の東大宮大路のこと)へ行くよう仕事を依頼。夜道は鬼が出るかも知れないからと、源頼光は渡辺綱に源氏に伝わる髭切の太刀を持たせます。この渡辺綱は、源頼光に仕える「四天王」のひとりで、随一の武勇を誇る武者です。

1960年(昭和35年)には一部の映画館で「大江酒呑童子」が上映。作中には渡辺綱も登場しました。

渡辺綱は依頼を無事に済ませ、帰りに一条通りの堀川にある「一条戻り橋」(現在の京都市上京区堀川に架けられている橋)を通ります。その橋の真ん中で、ひとりの美しい女性に「家まで送って欲しい」と声をかけられ、夜更けに女性のひとり歩きは危険だと家まで送ることにしました。

しかし、送る途中に女性は恐ろしい鬼へと姿を変え、渡辺綱の髻(もとどり:頭上で束ねた髪)を掴み上空へと連れ去ってしまいます。「北野天満宮」(京都市上京区)の上空に差し掛かったときに、渡辺綱は佩いていた髭切の太刀で鬼の腕を斬り落し、逃げることに成功。

鬼は斬られた腕もそのままに、住処にしている愛宕山に逃げ帰ってしまいます。残ったのは白い毛が隙間なく生い茂った、毛むくじゃらの腕だけでした。

腕を取り戻しに来た鬼
渡辺綱は急いで主君である源頼光のもとへ戻り、先ほど起きたことを報告します。それを聞いた源頼光はすぐに陰陽師の「安倍晴明」(あべのせいめい)を呼び寄せ、占いをさせました。安倍晴明は渡辺綱に「7日間、誰にも会わず屋敷にて物忌み[ものいみ:穢れをさけて潔斎すること]をして下さい。鬼の手は誰も触れないように封印すること」と言います。渡辺綱は、その通りに屋敷にこもって過ごしました。

しかし、6日目の夕暮れ時になって渡辺綱の養母(伯母の説もある)が故郷から訪問。懐かしく思った渡辺綱でしたが、物忌みの最中だからと会うことを断ります。けれども、屋敷に入れてもくれない顔も見せてくれない渡辺綱に対し「ひどい養子だ」と泣きはじめてしまい、困った渡辺綱は仕方なく屋敷に養母を入れました。

そして、養母に物忌みの理由を尋ねられ、隠していた鬼の腕を養母に見せてしまいます。腕を見せるやいなや養母は鬼の姿に戻り「これは私の腕だ」と言い、腕を奪うと屋敷の破風(はふ)を蹴破って逃亡。このできごと以来、渡辺綱の屋敷は破風を作らず東屋作りをするようになったと言います。

そして、鬼の腕を斬った髭切の太刀は「鬼切丸」と改名。また北野天満宮には、「鬼から逃れることができたのは北野天満宮の神恩のおかげだ」として、渡辺綱が寄進したとする石灯籠が今も残ります。

なお、渡辺綱が成敗した鬼は「茨木童子」と呼ばれる鬼。茨木童子が登場するもののなかで、能狂言や映画館で扱われる作品において、しばしば鬼女として登場します。

渡辺綱とは

渡辺綱は、「嵯峨天皇」(さがてんのう)を祖とした嵯峨源氏出身の武者です。平安時代中期の953年(天暦7年)に「源宛」(みなもとのあつる)の子として武蔵国(現在の埼玉県東京都23区・神奈川県の一部)に生まれ、のちに源満仲の娘婿「源敦」の養子となり摂津国(現在の大阪府北中部・兵庫県南東部)に住むようになりました。

このときに「渡辺」姓を名乗るようになり現在、全国各地にいる渡辺姓の祖となったとも言われています。

渡辺綱は、京の都で同じ皇室の血を引く「清和源氏」の源頼光に仕えるようになりました。源頼光には4人の優秀な武者がおり、これを「頼光四天王」と呼びますが、なかでも渡辺綱はその剛勇さから四天王筆頭とされています。

一条戻り橋で鬼の腕を斬った際に、源氏の嫡流に伝わる宝刀・髭切の太刀を借り受けていることから、強さはもちろん源頼光からの信頼の深さが伝わるというものです。

その他にも渡辺綱は、源頼光が大江山に住む鬼「酒呑童子」(しゅてんどうじ)を退治するのにお供するなど、鬼退治の逸話に登場します。

なお、酒呑童子を扱った映画には、「大江酒呑童子」(1960年代に映画館上映)が知られていますが、鬼は妖怪として設定が変えられました。

鬼切安綱

映画館公開の「鬼滅の刃 無限列車編」をはじめ、鬼を題材にした物語は人気です。なかでも鬼切安綱は、鬼の腕を斬った刀としてさらに注目を浴びています。

この鬼切安綱は、伝承によると源満仲が源氏の繁栄と勝利を祈って、筑前国の刀鍛冶が打たせたとされる刀です。打たれた当初は、試し斬りで髭まで斬れたことから髭切と名付けられました。

伝来
時代は移り、源満仲から子・源頼光のもとに髭切の太刀は渡りました。その後、源頼光の配下・渡辺綱に貸し出し、鬼の腕を斬ったことで「鬼切丸」と名付けられます。このように、新たな逸話が増え、継承する毎に名称が変わるのが鬼切安綱の特徴のひとつです。

平安時代後期の「源為義」(みなもとのためよし)の代になると、今度は2度も名前を変えます。平家物語の異本・剣巻によれば、終夜、獅子が吠えるように鳴いたため「鬼切丸」は「獅子の子」と改名。その後は「友切」となり、「源為義」の子「源義朝」(みなもとのよしとも)の代で再び髭切に戻ります。

さらにその後は源義朝の子「源頼朝」(みなもとのよりとも)が平家を倒し鎌倉幕府成立に導いた刀として祀られました。そののちも「新田義貞」(にったよしさだ)や「斯波兼頼」(しばかねより)などの手に渡り、その子孫となる最上家の所有となります。

最上家は1868年(明治元年)に手放し、1880年(明治13年)に京都府大阪府滋賀県の有志により買い戻され北野天満宮に奉納されました。そして今現在も、北野天満宮の宝物館に保管・公開。なお鬼切安綱を一目観に訪れる刀剣ファンのなかには、同じ「鬼斬りの刀」として興味を持つ鬼滅の刃ファンもいます。映画館を訪れたあとに北野天満宮に立ち寄り、刀剣の美しさに浸るのもおすすめです。

特徴
国内には刀剣を扱う作品は数多く存在します。なかでも鬼滅の刃に出てくる「日輪刀」は有名です。映画館の大スクリーンでは「竈門炭次郎」(かまどたんじろう)や「煉獄杏寿郎」(れんごくきょうじゅろう)達が日輪刀を用いて熱いバトルを繰り広げるシーンが話題になりました。この日輪刀のモチーフではないかと話題が尽きない刀剣が鬼切安綱です。作刀時に安綱銘が切られていました。

現在の(刀工の名前などを掘ること)は「国綱」(くにつな)と改ざんされています。

国綱銘は、鎌倉時代に改ざんされた年代や理由までは分かっていませんが、もともと入っていたとする安綱銘も作刀当時のものではなく、後銘(作者以外が後年切る銘)である可能性が高いと京都国立博物館研究員が指摘しています。

刀工・大原安綱
鬼切安綱は、伝承上は筑前国の刀鍛冶が作刀したとされていますが、名称にある「安綱」とは平安時代中期に伯耆国(現在の鳥取県東部)で活躍した刀工・安綱のことです。

鎬造り腰反りの入った、いわゆる日本刀様式が完成した時期に活躍した刀工であることから「刀工の祖」とも言われる人物。作風は腰反りが高いためとても優美な姿です。けれど年代が下がるにつれて豪壮な作風となり、より実戦に向いた刀となっていきます。

2016年(平成18年)、史上初となる刀剣ドキュメンタリー「映画 日本刀~刀剣の世界~」では、鬼切安綱の美しさが映画館に足を運んだ方の間で話題になりました。今後も刀剣にスポットを当てた映画の上映に期待がかかります。

鬼滅の刃のマンガ、アニメ、映画

鬼滅の刃の基礎知識と用語をご紹介しています。老若男女問わず多くの人に愛されるマンガ、人気声優陣と日本刀の描き方が魅力的なアニメ、2,800万人以上の映画館観客動員数を誇る映画について詳しく解説。「呼吸法」、「育手」といった鬼滅の刃独特の用語も分かりやすく説明しています。

「鬼滅の刃」(きめつのやいば)は、2016年(平成28年)から2020年(令和2年)にかけて「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載された漫画。登場人物達が鍛練を積んで成長し、それぞれが「全集中の呼吸」を極めて剣技を繰り出し、鬼との戦いに挑むという作品です。アニメ放送との相乗効果で読者が急増し、コミックスが売り切れ、入荷待ちも出るほどの人気となりました。また映画も大ヒットし、映画館の累計観客動員数は2,400万人以上を記録。コロナ禍で大打撃を受けていた映画館ですが、鬼滅の刃の映画ヒットを受けて救われたとの説もあるほどです。漫画、アニメ、映画、さらにスピンオフ作品まで取り上げながら、鬼滅の刃の全体像をご紹介しましょう。
詳細情報を見る
2021年(令和3年)2月14日のバレンタインデーに、テレビアニメ第2期「鬼滅の刃 遊郭編」の放送決定が発表されて以来、ファンが待ちに待った新シリーズ。その放送内容は、フジテレビ系列にて2021年(令和3年)10月10日より「鬼滅の刃 無限列車編」全7話、そして12月5日より鬼滅の刃 遊郭編がスタートすることになりました(地域によっては放送日時が異なります)。また、各動画配信サービスでの視聴も可能となっています。鬼滅の刃 無限列車編は、「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」をテレビアニメ版として再構築。約70カットが追加される他、第1話は原作にはないアニメオリジナルストーリーであり、劇場版とは一味違う放送内容にファンのボルテージも高まりました。 今回は、テレビアニメ鬼滅の刃 無限列車編を取り上げ、劇場版との違いをピックアップ。なかでも注目を集めた第1話の魅力に迫っていきます。(※この記事では、[劇場版 鬼滅の刃 無限列車編]の内容と、テレビアニメ 鬼滅の刃 無限列車編第1話の結末にもふれています。未見の方はご注意下さい。)
詳細情報を見る
マンガからスタートし、アニメも大ヒットした「鬼滅の刃」(きめつのやいば)。さらに2020年(令和2年)には「劇場版鬼滅の刃 無限列車編」が記録的な興行収入を記録し、数多くの人々が映画館でその世界観に魅了されました。映画は美しいアニメーションによる戦闘シーンが評判。一度のみならず、何度も映画館で鑑賞する人がいるほどです。「鬼滅の刃」の物語は日本の大正時代を舞台に展開されるため、難解な漢字や、聞きなれない古風な用語が随所に登場するのが特徴。「鬼滅の刃」の独特な世界観は、カタカナや略語があふれる現代では新鮮に感じられ、読者を物語の世界へと引き込む魅力のひとつとなっているのです。ここでは、「鬼滅の刃」に登場する、主な用語について詳しく紹介します。
詳細情報を見る

鬼滅の刃の登場人物

数多くの個性的なキャラクターが登場する鬼滅の刃。竈門炭治郎や竈門禰豆子などの主な登場人物、映画館を感動の渦に巻き込んだ煉獄杏寿郎をはじめとする鬼殺隊のメンバー、鬼舞辻無惨を始祖とする鬼をご紹介しています。また最強キャラクター・人気キャラクターランキングもまとめました。

原作漫画をはじめ、アニメや映画まで展開し、今後も様々なコンテンツへの躍進が期待される「鬼滅の刃」(きめつのやいば)。原作漫画は累計発行部数が1億5,000万部を超え、劇場版における映画館の観客動員数は2,500万人以上となっています。また、映画館入場特典としてシールやカードなども続々と配布されました。ここでは、主な登場人物の性格やプロフィールなどと共に、登場人物が持つ「日輪刀」(にちりんとう)の特徴もご紹介します。
詳細情報を見る
「鬼滅の刃」(きめつのやいば)の主人公である「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)が所属しているのが「鬼殺隊」(きさつたい)です。鬼と戦うために結成された組織であるこの鬼殺隊の中でも、当主にあたる「産屋敷耀哉」(うぶやしきかがや)と、鬼殺隊最強の9名の剣士を指す「柱」(はしら)は個性あふれる魅力的な人物として描かれ、特に高い人気を誇っています。なかでも炎柱(えんばしら)の煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)は、映画館の観客動員数2,800万人以上・興行収入歴代1位を記録した劇場版の「無限列車編」で活躍した人気キャラクター。映画館を感動の渦に巻き込みました。今回は、鬼殺隊当主のカリスマ性と最強の剣士「柱」達の特徴、そして彼らが操る「日輪刀」(にちりんとう)をご紹介しましょう。
詳細情報を見る
「鬼滅の刃」(きめつのやいば)の敵役である「鬼」は、人間を主食としている恐ろしい生き物です。驚くほど高い再生能力や超人的な身体能力を持っており、人を喰らうことで生命の維持と能力強化を図るのです。 鬼達は、映画館での興行収入が日本一を記録した劇場版「無限列車編」にも登場。映画は主人公・竈門炭治郎(かまどたんじろう)をはじめとしたキャラクターと、鬼の戦闘シーンの映像が素晴らしいと評されました。公開当初から、何度も映画館に足を運んだ方もいます。そんな「鬼滅の刃」に登場する鬼について、詳しくご紹介しましょう。
詳細情報を見る
マンガやアニメが大ヒットし、映画館の興行収入が日本一を記録した「鬼滅の刃」。子どもから大人まで夢中になる魅力を持っています。泣けるエピソードやコミカルな場面も魅力ですが、鬼滅の刃を語る上で欠かせないのが鬼気迫る戦闘シーン。アニメはもちろん、劇場版の戦闘シーンも素晴らしく、何度も映画館で鑑賞している方もいます。「呼吸」や「日輪刀」(にちりんとう)を駆使した数々の死闘は、記憶に残る名場面ばかり。「柱」(鬼殺隊のなかでも最も位の高い9名の剣士)をも圧倒する強さを持つ鬼も登場します。物語に登場した呼吸や「血鬼術」、闘いの実績をもとに「鬼滅の刃最強キャラクター」を考察。刀剣ワールド財団で強さの秘密を分析した最強キャラクターを10位からランキング順にご紹介します。(※各キャラクターの過去やストーリーの展開に触れていることがあります。)
詳細情報を見る
平成から令和にかけて大ヒットした「鬼滅の刃」。マンガ・アニメだけでなく、劇場版も大ヒット。コロナ禍で大打撃を受けていた映画館を救ったと言われるほどです。そんな鬼滅の刃の人気を支えるのが、個性豊かな数々のキャラクター。鬼を斬る勇ましい姿や仲間や家族を思う優しい心を持つ「鬼殺隊」、あるいは「鬼」として変幻自在に戦う多彩なキャラクター達が、作中とても魅力的に描かれています。「週刊少年ジャンプ」(集英社)で開催された第1回・第2回のランキング結果と順位変動の関係について、刀剣ワールド財団が考察。キャラクター総数およそ110名の人気投票結果をもとに、上位キャラクターの人気の理由に迫りました。映画館のスクリーンで活躍を見せたキャラクター達もランクインしています。(※ストーリーの展開に言及していることがあります。)
詳細情報を見る

鬼滅の刃のストーリー紹介

鬼滅の刃は単純な勧善懲悪のストーリーではなく、家族愛や死と隣り合わせの緊張感、キャラクターの生き様なども見どころです。こちらではストーリーを3つに分けてご紹介。主人公が鬼と戦うことになったきっかけ、映画館で観客を魅了した「無限列車」での戦い、また敵である鬼達の過去なども解説しています。

マンガの累計発行部数が1億5,000万部を突破し、劇場版「無限列車編」の映画館観客動員数が2,800万人を超えた鬼滅の刃。劇場版におけるキャラクターの活躍を見るために、複数回映画館を訪れた方もいます。主人公の「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)は家族を鬼に殺され、唯一の生き残りである妹「竈門禰󠄀豆子」(かまどねずこ)を鬼にされてしまいました。妹を人間に戻すため、そして仇を討つため、鬼を狩る組織「鬼殺隊」(きさつたい:鬼を狩る政府非公認組織)に入隊。鬼狩り用の武器である「日輪刀」(にちりんとう:日の光以外で唯一鬼を討伐できる武器)を手に、鬼殺隊の同期や「柱」(はしら:鬼殺隊で最も位の高い9名の剣士)に支えられながら、竈門炭治郎は鬼を退治していきます。
詳細情報を見る
日本一の映画館興行収入を記録した「無限列車編」から、「鬼舞辻無惨」(きぶつじむざん)との最終決戦手前までをまとめました。「上弦の参」(じょうげんのさん)との対戦の末「炎柱」(えんばしら)の「煉󠄁獄杏寿郎」(れんごくきょうじゅろう)が「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)の目の前で命を落とします。このシーンは映画館で鑑賞した人々の涙を誘いました。煉獄杏寿郎の遺志を継ぐ竈門炭治郎は「鬼殺隊」(きさつたい:鬼を狩る政府非公認組織)の同期である「我妻善逸」(あがつまぜんいつ)や「嘴平伊之助」(はしびらいのすけ)、そして「柱」(はしら:鬼殺隊で最も位の高い9名の剣士)達と共に他の上弦を討伐し、経験を積んでいくのです。新しい技である「ヒノカミ神楽」の戦闘への応用や痣の出現など、成長が見られるなか、ついに鬼舞辻無惨との決戦が近づきます。
詳細情報を見る
マンガ・アニメが大人気となり、劇場版「無限列車編」は映画館の観客動員数が2,800万人を超えた「鬼滅の刃」。主人公「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)をはじめ、個性的で魅力的なキャラクターの活躍を大画面で見ようと、多くの人が映画館に訪れました。人喰い鬼の始祖「鬼舞辻󠄀無惨」(きぶつじむざん)の根城「無限城」に転移してからの戦いをご紹介します。竈門炭治郎達は、次々に上弦の鬼達を討伐。大切な仲間を失いながらも、竈門炭治郎達は総力戦でついに鬼舞辻󠄀無惨を倒しました。しかし、不滅を望む鬼舞辻󠄀無惨は死の間際、竈門炭治郎の細胞に侵食したために竈門炭治郎は鬼化してしまったのです。鬼舞辻󠄀無惨に抗う強い思いと仲間達の支えにより、竈門炭治郎は無事人間に戻ります。そしてようやく、人喰い鬼のいない平和な日々が訪れるのでした。
詳細情報を見る
「鬼滅の刃」(きめつのやいば)は、「週刊少年ジャンプ」で2016年(平成28年)11号(2月15日発売)に連載が始まり、2020年(令和2年)24号(5月18日発売)で完結した「吾峠呼世晴」(ごとうげこよはる)氏の人気漫画です。家族愛、兄妹愛、友情、そして生と死について考えさせられる「鬼滅の刃」のストーリーは、幅広い年齢層から支持されています。また2020年(令和2年)には全国の映画館で劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」が上映。映画館で公開73日後には興収324億円突破したことでも話題になりました。読者それぞれにお気に入りのキャラクターや胸を打つ名言があるに違いありません。「鬼滅の刃」に登場する選りすぐりの名言や名場面をご紹介します。(※この記事では、登場人物の過去や物語後半の展開にも言及しています。)
詳細情報を見る

聖地・世界観を味わえるスポット

アニメや小説に登場する場所や、映画館のスクリーンで体感した景色を堪能するためにファンが訪れる「聖地」。鬼滅の刃にも、マンガやアニメのシーンを彷彿とさせるようなスポットや、主人公の名前に縁深いと言われている場所が存在しています。こちらではそんな鬼滅の刃の世界観が満喫できるスポットをまとめました。

聖地巡礼とは、アニメや小説、映画の舞台になった場所や、モデルになったのではと思われる風景、似ている建物などの「聖地」を実際に巡ることを指します。聖地巡礼は、物語に登場する場所へ自ら赴くことで、雰囲気を味わったり、登場人物達に思いを馳せたり、物語内を疑似体験することができるのです。2020年(令和2年)に全国の映画館で劇場版が上映され、映画館公開後には大ヒットを記録した「鬼滅の刃」にも、実際に巡ることができる聖地が日本全国に存在。より物語の世界観を楽しむことができる、「鬼滅の刃」の主人公である「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)とその妹「竈門禰豆子」(かまどねずこ)の聖地をご紹介します。
詳細情報を見る
鬼滅の刃は2020年(令和2年)に原作漫画が連載を終えたにもかかわらず、その人気は衰えることはありません。映画館で公開された劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」は大ヒット。映画公開後、わずか11週目で興行収入324億7,889万5850円、動員2,404万9,907人(全国約379の映画館)を記録したことで話題になりました。大正時代を舞台にした鬼狩りの物語は、子どもから大人まで夢中になる魅力があります。「鬼滅の刃」の人気を支えるのは、心に残る数々の名セリフや名場面です。名シーンを彷彿とさせ、目の前に感じることができる、「鬼滅の刃」の聖地巡礼におすすめのスポットを5つご紹介します。
詳細情報を見る

鬼滅の刃を徹底考察

大人から子どもまで数多くの人々が映画館で劇場版を鑑賞し、社会現象を巻き起こした鬼滅の刃について、その人気の理由と伏線を探りました。「なぜここまで人気になったのか?」、「青い彼岸花の伏線とは?」など、様々な観点から鬼滅の刃を徹底考察しています。鬼滅の刃ファンもご満足頂ける内容です。

2020年(令和2年)10月に映画館で公開された劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」。上映初日から映画館に足を運んだファンも多く、公開後わずか73日で歴代映画興行収入ランキング第1位になりました。また単行本1~23巻の累計発行部数が1億2,000万部を突破するなど「鬼滅の刃」の人気は、とどまるところを知りません。なぜ「鬼滅の刃」は、これほどまでに人気があるのでしょうか。「鬼滅の刃」が年齢や性別を超えて大きな人気を誇る理由に迫ります。
詳細情報を見る
2016年(平成28年)に「週刊少年ジャンプ」で連載開始されて以来、平成・令和時代の大ヒット作となった「鬼滅の刃」(きめつのやいば)。2020年(令和2年)には、映画館で劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」が上映されました。奇想天外なストーリーの面白さや、登場人物達の生き方を体現するような名セリフの数々など、魅力の要因は数えきれません。原作コミックスをはじめ、映画館公開の劇場版などから、物語全体にかかわる伏線をいくつか検証しながら、「鬼滅の刃」の総括をしていきましょう。 (※この記事では、登場人物の過去や物語後半の展開にも言及しています。)
詳細情報を見る

リアル鬼滅の刃

2020年(令和2年)10月16日に映画館で公開された劇場版の鬼滅の刃には、架空の鬼「魘夢」、「猗窩座」が登場しました。日本には古くから鬼にまつわる伝説があり、恐ろしい鬼を斬ったと言われている刀剣も存在。こちらでは鬼の由来や名刀「童子切安綱」、「鬼丸国綱」、「鬼切安綱」についてまとめています。

日本に古くから伝わる軍記物や御伽草子には、鬼切伝説がよく登場します。現代では「鬼」を題材にした子供向け絵本なども数多く出版され、最近では漫画「鬼滅の刃」が好評となり子供から大人まで楽しめる作品として大ヒット。2020年(令和2年)には、映画館で劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」が上映され、映画館に足を運んだファンは公開45日で2,000万人を超えたことでも話題になりました。鬼滅の刃でも登場する「鬼」は熟語やことわざでもよく使われており、それだけ日本人にとって鬼とは馴染みの深い存在なのです。そこで、鬼切伝説などに登場する鬼とはいったい何者なのか、そんな鬼について解説していきます。
詳細情報を見る
鬼退治を題材とした作品は、能や歌舞伎をはじめ、テレビや映画館で公開される作品など、実に数多く存在します。最近では社会現象となった漫画「鬼滅の刃」にも鬼が登場。2020年(令和2年)には「鬼滅の刃 無限列車編」が上映され、全国各地で映画館に足を運んだ方も少なくはありません。また、平安時代の京の都を騒がせた盗賊の首領「酒呑童子」(しゅてんどうじ)は、「日本三大妖怪」にも挙げられる伝説的な鬼としても有名です。そして、刀工「安綱」(やすつな)が作刀した「童子切安綱」(どうじぎりやすつな/どうじきり)という太刀が、酒呑童子を斬ったという日本刀の逸話としても語られているのです。酒呑童子物語の内容と共に、太刀・童子切安綱とその持ち主である源頼光について追って行きましょう。
詳細情報を見る
「鬼丸国綱」(おにまるくにつな)は、天下五剣の中で1振だけ「皇室御物」(皇室の所有品)となっている日本刀です。天下五剣は数ある日本刀の中でも最高傑作とされる5振のことで、その他には「三日月宗近」(みかづきむねちか)・「童子切安綱」(どうじぎりやすつな)・「大典太光世」(おおでんたみつよ)・「数珠丸恒次」(じゅずまるつねつぐ)が総称。なかでも「鬼丸」と号が付けられた「鬼丸国綱」には、持ち主である「北条時政」(ほうじょうときまさ)を鬼から守った逸話を持ちます。映画館で上映された「鬼滅の刃 無限列車編」のなかでも鬼を倒す唯一の武器として「日輪刀」(にちりんとう)が登場。特に映画館の大スクリーンでは、「煉獄杏寿郎」(れんごくきょうじゅろう)の赤い日輪刀を見ることができます。まさに鬼丸国綱も主を鬼から守り、その鬼を退治する日本刀です。鬼丸国綱の逸話と伝来、そして持ち主である北条時政についてご紹介します。
詳細情報を見る
「鬼切安綱」(おにきりやすつな:別名[髭切]、[鬼切丸])は、源氏の重宝として伝わる名刀です。源氏の歴史を華麗に彩る数々の伝承を重ね、名刀ゆえに多くの武将達が手中に納めました。映画館公開の劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」には「人を喰う鬼」が登場しますが、鬼切伝説の古典とも言えるのが、平安時代の武士「渡辺綱」(わたなべのつな)が鬼の腕を斬り落としたという逸話です。またこのとき鬼の腕を切り落とした逸話を持つ鬼切安綱は、鬼滅の刃や「鬼滅の刃 無限列車編」(全国の映画館にて公開)で登場する「日輪刀」(にちりんとう)と似ているとして、さらに話題に。鬼切安綱の伝承と、渡辺綱についてご紹介します。
詳細情報を見る
刀剣・歴史漫画
刀剣が登場する漫画作品を、刀剣の描写とともにご紹介します。

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」は、美術的に価値の高い刀剣や甲冑に関するコンテンツを公開しています。
「鬼滅の刃 特集」では、人気マンガ「鬼滅の刃」についてまとめました。記録的にヒットした映画を見るために、映画館に足を運んだ方も多いのではないでしょうか。カードやキーホルダーなど、映画館入場特典も多数配布されています。こちらではマンガ・アニメ・映画についての解説はもちろん、キャラクターの詳細紹介、各キャラクターの名言・名場面などがご覧頂けます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード