キャラクター紹介 キャラクター紹介 キャラクター紹介

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のオリジナルキャラクター達をご紹介します。これらのオリジナルキャラクター達は、平安時代、鎌倉時代、南北朝時代、室町時代、安土桃山時代、江戸時代の日本刀や歴史をモチーフにしており、「歴史の神」から「遣使」(けんし)の使命を受けています。
日本の伝統・文化を守る神様である「歴史の神」はある日、「未来の日本で古来より脈々と受け継がれてきた刀剣・甲冑をはじめとする伝統、及び技術が失われた世界になってしまう」という予知夢を見ました。
「歴史の神」は、「このままではこの夢が現実となってしまう」と考え、「遣使」という各時代の刀剣・甲冑の魅力や技術を伝承する人物を選任します。これらの「遣使」こそが「刀剣ワールド」のキャラクターであり、「刀剣ワールド」で刀剣・甲冑の魅力を伝えています。

平安時代

都を京都の平安京に置き、華やかな貴族文化が花開いた時代「平安時代」。「鳴くよウグイス平安京」が語呂合わせとして有名ですね。この時代には、「天下五剣」と呼ばれる大典太光世、童子切安綱、三日月宗近をはじめ、数々の名刀が生まれました。そんな平安時代をイメージしたキャラクター達をご紹介します。

鎌倉時代

源頼朝が鎌倉幕府を開いて武士政権をはじめ、幕府と御家人をつなぐ「御恩と奉公」という仕組みが作られた「鎌倉時代」。「いい国作ろう鎌倉幕府」。一度は耳にしたことがあると思います。この時代には、「天下五剣」と呼ばれる鬼丸国綱、数珠丸恒次をはじめ、数々の名刀が生まれました。そんな鎌倉時代をイメージしたキャラクター達をご紹介します。

南北朝時代

後醍醐天皇が京都を抜け出し吉野に移った結果、朝廷が吉野の朝廷(南朝)と、尊氏の建てた京都の朝廷(北朝)のニつに分かれたのがこの「南北朝時代」。この時代には新撰組副長の土方歳三が所有していた和泉守兼定が生まれました。そんな南北朝時代をイメージしたキャラクター達をご紹介します。

室町時代

足利将軍家が開いた室町幕府によって統治されていた「室町時代」。11年間続いた内乱で有名な「応仁の乱」が起こったのはこの時代です。この時代には「天下三名槍」と呼ばれる御手杵、蜻蛉切、日本号が生まれました。そんな室町時代をイメージしたキャラクター達をご紹介します。

安土桃山時代

織田信長と豊臣秀吉が中央政権を握っていた「安土桃山時代」。2人の名前を取って、「織豊時代」(しょくほうじだい)とも言います。この時代には「政宗十哲」の一人に数えられる名匠、長谷部国重に作られ、織田信長が所有していた日本刀、へし切り長谷部が生まれました。そんな安土桃山時代をイメージしたキャラクターをご紹介します。

江戸時代

徳川将軍家が江戸幕府を開き、日本を統治していた「江戸時代」。織田と豊臣が滅亡後の時代で、またの名を徳川時代(とくがわじだい)とも言います。この時代には新撰組局長・近藤勇が使用していた、長曽祢虎徹や、新撰組一番隊組長・沖田総司が使用していた大和守安定、加州清光が有名です。そんな江戸時代をイメージしたキャラクター達をご紹介します。

日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページでは、「刀剣ワールド」のキャラクターをご紹介しております。日本刀・甲冑というとなんだか「難しい」イメージがありますよね。「刀剣ワールド」には、そんなイメージを払拭する面白いコンテンツがたくさんございます!様々なコンテンツに、平安時代、鎌倉時代、南北朝時代、室町時代、安土桃山時代、江戸時代の日本刀や歴史をモチーフにした「刀剣ワールド」のオリジナルキャラクター達が登場!各キャラクター達が日本刀や甲冑について分かりやすく紹介してくれますので、楽しく日本刀・甲冑について学ぶことができます。ぜひ、あなたも「刀剣ワールド」でキャラクター達と一緒に日本刀・甲冑や歴史について楽しく学んで下さいね!

もっと見る▼
ページトップへ戻る