一覧に戻る
  • 未鑑定
  • 室町時代

やり めい なみのひらまさゆき

槍 銘 波平昌行

槍 銘 波平昌行

は、薩摩国(さつまのくに:現在の鹿児島県西部)の刀工「波平昌行」(なみのひらまさゆき)作の「菊池槍」で、制作されたのは応永年間(1394~1428年)であると考えられます。

菊池槍の特徴は、①「鋒/切先」(きっさき)が横手(よこて)のない鵜の首造り(うのくびづくり)になっていること、②日本刀のように「刃区」(はまち)と「棟区」(むねまち)があること、③身幅(みはば)が狭く重ね(かさね)が厚いこと、④「」(なかご)は槍と同様に長いこと、⑤突いたときに通りがよくなるように内反り(うちぞり)になっていること。本槍もこれらの特徴がよく現われた1振です。

菊池槍の始まりについては諸説ありますが、南北朝時代における南朝(後醍醐天皇方)の忠臣だった肥後国(ひごのくに:現在の熊本県)の菊池一族に結び付けられて語られるのが一般的。その独特の形状から、「短刀」を竹竿の先に付けて槍の代用として戦ったとする逸話も広く知られています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
室町時代
刀剣種別 刀剣種別
刀工 刀工
波平昌行
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(薩摩国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
17.1
反り 反り
(cm)
0
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「槍 銘 波平昌行」の関係についてご紹介します。

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真の詳細情報ページです。
「槍 銘 波平昌行」は室町時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード