一覧に戻る
  • 特別保存刀剣
  • 室町時代

おおみやり めい びしゅうじゅうかねたけ

大身槍 銘 尾州住兼武

大身槍 銘 尾州住兼武

兼武」は、尾張国犬山(現在の愛知県犬山市)に住して作刀していた、いわゆる「犬山鍛冶」の祖として知られています。犬山鍛冶がいつ発したのか、その歴史は定かではありませんが、「美濃鍛冶」の影響を受けていたと考えられており、兼武は、室町時代末期にあたる永正年間(1504~1521年)頃に活躍しました。
また、兼武の傑作とされる作品のひとつに、刀身の長さが3尺(約90cm)を超える、愛知県指定文化財の大太刀があります。これは、犬山藩主「平岩親吉」(ひらいわちかよし)の一族であった元吉(もとよし)が「熱田神宮」(あつたじんぐう:愛知県名古屋市)に奉納し、現代にまで伝わっている物です。

「大身」は、槍の中でも刀身が1尺(約30cm)を超える物を指しますが、本槍は、2尺2寸6分(約68.5cm)と長寸になっています。彫物として、平地に太樋が入っているのが特徴。後代になって茎尻(なかごじり)が詰められる大身槍が多い中で、生ぶ茎が残されており、作刀当時のままの姿を窺える貴重な1振です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別保存刀剣
時代 時代
室町時代
刀剣種別 刀剣種別
刀工 刀工
兼武
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(尾張国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
68.5
反り 反り
(cm)
0
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「大身槍 銘 尾州住兼武」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「大身槍 銘 尾州住兼武」は室町時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る