「刀工名一覧」では、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」に掲載されている著名な刀工の情報を一覧でご覧頂けます。刀工は日本刀の五大流派とされる五箇伝(大和国・山城国・備前国・相模国・美濃国)と、それ以外の生産国から探すことが可能です。刀工について詳しく知りたい場合のリンク集としてもご利用頂けます。

著名刀工名鑑(刀工・刀匠)
現代にまで残る作刀の代表的な刀工をご紹介致します。
五箇伝の名工
刀剣・日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

生産国から刀工を探す

左メニューのカテゴリを選択することで、該当するカテゴリの位置に移動できます。各刀工の「詳細情報を見る」から、それぞれの詳しい情報をご覧頂けます。

大和国

大和国は、日本刀の作刀が最も古い時代に行われていたと考えられています。また、寺社とのかかわりが密接であったため、僧兵の需要に応じて作られ、無骨とも言える姿が特徴です。大和国の名工については、下記より詳細な情報がご覧頂けます。

金房政次

「金房政次」は、戦国時代に繁栄した刀工集団「金房派」(かなぼうは)の頭領格として活躍した刀工です。「大和伝」(やまとでん)における流派のひとつでありながら、伝統的な気風とは一線を画し、実用性に重きを置いた切れ味の鋭い刀を数多く手掛けました。

著名な作例には槍が多く、大和国(現在の奈良県)を発祥地とする武術のひとつ、「宝蔵院流槍術」(ほうぞういんりゅうそうじゅつ)で用いられていた「十文字槍」(じゅうもんじやり)は、金房政次の作。

また、江戸時代に編さんされた「古今鍛冶備考」(こきんかじびこう)によれば、「天下三名槍」のひとつに数えられ、「徳川家康」配下の名将「本多忠勝」(ほんだただかつ)の愛槍であった「蜻蛉切」(とんぼぎり)は、金房政次一派の手による作例とされています。

なお、金房派の刀は、戦国時代末期には、大量需要に応え続けたことで質が落ち、「数打物」(かずうちもの:量産品のこと)の代表格とされました。



大笹穂槍 蜻蛉切写し
「天下三名槍」のひとつで、「本多忠勝」が愛用したとされる大笹穂槍「蜻蛉切」の写しをご紹介します。







詳細情報を見る
千手院行信

伝説上の刀工「天国」(あまくに)を除けば、大和国(現在の奈良県)で最も古い伝統を持つ刀工の一派である「千手院派」(せんじゅいんは)。平安時代後期、「行信」(ゆきのぶ)が「東大寺」(現在の奈良県奈良市)の子院「千手院」に雑用役として仕え、その後、同寺院のお抱え鍛冶となったことで開かれた一派です。

千手院派自体は、南北朝時代に隆盛を極めますが、開祖である行信の時代から、鎌倉時代初期までに活躍した「古千手院派」(こせんじゅいんは)の作例は特に希少。注文主が千手院や東大寺など寺院が中心だったため、戦乱のたびに僧兵に貸し出され、同派による作例の多くが消耗、または焼失してしまいました。

作風は平安時代の刀らしく上品。「踏張り」(ふんばり)があり、「本位」(にえほんい)の「直刃」(すぐは)に「小乱」(こみだれ)がわずかに交じり、「刃縁」(はぶち)には、「喰違刃」(くいちがいば)や「二重刃」(にじゅうば)などの働きが見えます。

詳細情報を見る
天国

「天国」は、「日本刀の祖」とされる伝説上の刀工です。「三種の神器」のひとつ「天叢雲剣」(あめのむらくものつるぎ)や、「平家」一門の重宝(じゅうほう:貴重な宝物)である「小烏丸」(こがらすまる)の作者として知られていますが、詳しい人物像は謎。現在では、平安時代初期に活躍した刀工で、大和国・宇陀郡(うだぐん:現在の奈良県宇陀市)が、天国と所縁(ゆかり)のある場所だったとする説が有力です。

作風は、1423年(応永30年)に書写された刀剣書「観智院本銘盡」(かんちいんほんめいづくし)によれば、「焼刃[やきば]の境が見えず、太刀反りて、小反刃に似たり」とのこと。焼刃の境が見えないのは、刃の焼き入れ方法が未熟だった時代であることを物語っており、太刀の反り具合は、薙刀(なぎなた)のように浅かったことが分かります。

なお、天国が鍛えた刀は邪を避けると伝わり、江戸時代には、「水戸徳川家」(みととくがわけ)や「伊達家」(だてけ)などが、家宝として秘蔵していました。

詳細情報を見る
尻懸則長

大和伝」(やまとでん)の一派「尻懸派」(しっかけは)。その実質上の祖とされる刀工が「則長」です。「実質上」と見なされているのは、父「則弘」(のりひろ)が開祖とされているものの、現存刀が残っていないことが、その理由です。

1275年(文永12年/建治元年)頃、「東大寺」(奈良県奈良市)の裏手に則弘が移転し、同寺院のお抱え鍛冶となったことで「尻懸派」と称する流派が生まれ、長男の則長へ受け継がれました。

作風で特に目を引くのが、「尻懸肌」(しっかけはだ)と呼ばれる地肌。寄り(しのぎより)の箇所が「杢目肌」(もくめはだ)に、同じく刃縁寄り(はぶちより)が「柾目肌」(まさめはだ)に流れているのが最大の特長です。

刃文は「直刃」(すぐは)調で「小乱」(こみだれ)が交じった作例や、「玉垣刃」(たまがきば)と言う「互の目乱」(ぐのめみだれ)が揃った作例などが見られ、いずれも「二重刃」(にじゅうば)や「掃掛け帽子」(はきかけぼうし)などを交えています。

詳細情報を見る
当麻国行

「当麻国行」(たいまくにゆき)は、大和国(やまとのくに:現在の奈良県)の当麻に住み当麻派を興しました。「兵衛尉」(ひょうえのじょう)と言う「兵衛府」(ひょうえふ:律令制における宮司)の判官です。生没年不詳。
当麻派で銘を切ったのは国行が最初であるが、年紀を切ったものは皆無です。作刀は、ほぼ太刀のみと考えられ、鎌倉末期の姿に相州物のような強く冴える物が多く、相州行光と出来が紙一重と言われています。

詳細情報を見る
手掻包永

「手掻包永」(てがいかねなが)は、大和国(やまとのくに:現在の奈良県)「手掻派」の開祖で、一派は鎌倉時代末期の正応頃(1288年頃)から室町時代中期末の寛正頃(1460年頃)に活躍しました。
手掻派は東大寺に従属し、「輾磑門」(てんがいもん)という境内西方の門前に居を構え、日本刀を制作。この経緯から、輾磑門の「てんがい」が訛り、「手掻」と称するようになったと言います。
書き字は「手掻」・「輾磑」・「天蓋」などです。
名物の「児手柏」(このてがしわ:1923年[大正12年]に関東大震災によって焼身だが現存)や、岩崎家所蔵品で静嘉堂文庫所蔵の太刀(国宝)などを制作しました。

詳細情報を見る
保昌貞宗

「保昌五郎貞宗」(ほうしょうごろうさだむね)は、保昌派開祖の「国光」の作がほとんどないことから、「貞吉」とともに実質的な祖とされている刀工で、国光の子。生没年不詳。
鎌倉時代末期の太刀姿で、反りが浅く身幅は先細いの姿。が高く、重ねが厚いのが特徴です。刃文は「打ちのけ」やほつれの入る中直刃に二重刃や喰い違い刃が見られ、小互の目乱や小乱が交じる物も見られます。帽子は、焼き詰めて掃きかけます。
貞宗は、一門の象徴的な特徴である柾目肌の名人で、絹糸を強く引き締め、積み上げたかのような美しい柾目肌がよく詰んだ地鉄が特徴です。太刀は少なく、短刀に在銘の物が、僅かに見られます。

詳細情報を見る

山城国

山城国は、都があったことから刀剣の需要に応じて、優美な姿や、うるおいがある地鉄(じがね)といった美しさを強く感じさせる刀剣が多く作られました。山城国の名工については、下記より詳細な情報がご覧頂けます。

宗近

山城国(現在の京都府南部)で生産された刀は、「京物」(きょうもの)と呼ばれています。この京物を作った最古の刀鍛冶とされるのが、平安時代中期に同国・三条(京都市中京区)を拠点として作刀し、「三条派」の開祖となった「三条小鍛冶宗近」(さんじょうこかじむねちか)です。

京都の名門鍛冶「埋忠明寿」(うめただみょうじゅ)家の家系図によれば、宗近は、従四位下「橘仲遠」(たちばなのなかとお)の次男となっています。当初の宗近は、「仲宗」(なかむね)と名乗り、続いて宗近に改名。従六位上「信濃大掾」(しなのだいじょう)に任じられた公卿(くぎょう)でありながら、三条の自宅において、公務の余暇に鍛刀を趣味として行っていました。

その技量が抜群であったため、刀鍛冶として著名となりましたが、1033年(長元6年)に77歳で没しています。しかし、これはあくまで一説に過ぎず、詳しい生涯は明らかになっていません。出自や作刀技術の修得場所も、河内国(現在の大阪府東部)から上洛したとの説や、薩摩国(現在の鹿児島県西部)に下向した際、当地の刀工「波平行安」(なみのひらゆきやす)に師事したとする説など、諸説紛々です。

三条宗近を祀る「鍛冶神社」(京都市東山区)を始めとして、同工に関する遺跡が全国に点在している観点からも、伝説化された刀鍛冶のひとりとされています。ただし、室町時代に創作された謡曲「小鍛冶」では、「三条宗近が、一条天皇の勅命で太刀を鍛えた」という設定になっており、このことから三条宗近は、986年(寛和2年)から1011年(寛弘8年)に在位していた、66代天皇「一条天皇」(いちじょうてんのう)の御代(みよ)に生きたとの説が有力です。

三条宗近の作刀は、太刀と短刀がわずかに現存しています。このうち「天下五剣」(てんがごけん)の1振として、国宝にも指定されている「三日月宗近」(みかづきむねちか)や、名物「海老名小鍛冶」(えびなこかじ)、同じく名物の「鷹の巣宗近」(たかのすむねちか)といった作例が有名です。また、史実か否かは定かではありませんが、82代天皇「後鳥羽上皇」(ごとばじょうこう)や、貴族であり僧侶でもあった「信西」(しんぜい)、「武蔵坊弁慶」(むさしぼうべんけい)など、著名な人物の愛刀を鍛えたとも伝えられています。

三条宗近の作風は、「優美」の一言に尽きます。反りの深さや、雅趣が顕著な「地鉄」(じがね)と刃などは、洗練された京物の代表格です。三条宗近の作刀時期が、平安時代の女流文学隆盛期と重なると指摘する研究者も存在し、現存する作例からは、全体的に温和であった平安時代における空気の反映を、確かに観て取ることができます。

三条宗近一門からは、その子孫であった「兼永」(かねなが)や「国永」(くになが)などが出ています。両人とも山城国・五条(京都市下京区)を拠点として鍛刀に従事していたため、それぞれ「五条兼永」、「五条国永」と呼ばれていました。山城国における平安時代中期の作刀は、三条派と五条派が牽引していたのです。

詳細情報を見る
吉家

「三条吉家」(さんじょうよしいえ)は、平安時代に山城国(やましろのくに:現在の京都府)で作刀した刀匠で、国宝「三日月宗近」を作刀した「三条宗近」(さんじょうむねちか)の子、あるいは孫と伝えられています。
作風は、身幅が広めで鋒/切先(きっさき)は延び、やや太いです。反りは浅くなり、しっかりした姿。刃文は、本位の小乱れを基調とし、刃縁に小沸が一面に付き、さらに刃中には金筋、稲妻などの小沸の十分な働きがあり、刃中が非常に華やか。
鎌倉時代前期には、「三条吉家」と備前の「一文字吉家」が存在し、も似ていることから両者の異同については様々に論じられていますが、三条吉家は「吉家作」と三字名を切っています。

詳細情報を見る
国永

「五条国永」(ごじょうくになが)は、平安時代末期に山城国(現在の京都府)五条で作刀した刀匠で、三条在国(有国とも)の子、もしくは五条兼永の弟とも、子とも伝えられています。
刃文は、直刃調に小乱、小丁子を交え、小沸が厚くつき、金筋が入り、地鉄(じがね)は健全で格調が高く、腰反り踏張りのある優美な太刀姿は、鎌倉期に入ろうとする時代性を示しております。
現存する数少ない作例中、名物「鶴丸国永」(つるまるくになが)が白眉。
鎌倉幕府で要職にあった北条家に伝承され、戦国時代には織田信長の愛刀となり、江戸期に仙台伊達家に秘蔵され、明治維新後、明治天皇に献上されました。
現在は御物。は「国永」と二字に切っています。

詳細情報を見る
粟田口国吉

「粟田口国吉」(あわたぐちくによし)は、「粟田口則国」(あわたぐちのりくに)の長男。鎌倉時代中期の刀匠で、短刀の名手として著名です。
短刀は細身で小ぶりにして、やや内反りのついた物と、幅広で寸の延びた平造の物があります。太刀打刀の作例もまれにあり、このうち太刀は小峰で反りが強く、鎌倉時代の太刀姿が顕著。朝廷から「左兵衛尉」(さひょうえのじょう)に任じられました。
代表作は、名物「鳴狐」(なきぎつね)の打刀。広直刃(ひろすぐは)に互(ぐ)の目が交わり、二重刃が目立ってかかり、平造で反りが高く沸(にえ)映り立つ様が、じつに優美な1振。
銘は「左兵衛尉藤原國吉」、「粟田口國吉」と長銘を切ることもありますが、ほとんどは「國吉」の二字銘です。

詳細情報を見る
吉光

山城国・粟田口(あわたぐち:現在の京都市東山区)を拠点に、作刀活動を行っていた「粟田口派」。同派は、「地鉄」(じがね)の精緻さにおいて、日本で作刀された刀の全時代、全流派を通じて最高峰とされており、江戸時代初期の刀剣鑑定書「解粉記」(かいふんき)を始めとする多くの刀剣書で絶賛されています。

鎌倉時代中期に作刀した「吉光」は、この粟田口派に属する刀工。「藤四郎」(とうしろう)と言う通称で世に知られており、一門名の粟田口をその刀工名に冠して、「粟田口藤四郎吉光」と呼ばれているのです。

名工の多い粟田口派の中でも妙手とされ、江戸時代中期に8代将軍「徳川吉宗」(とくがわよしむね)の命で作成された名刀リスト「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)において、「天下三作」(てんがさんさく)にその名を連ねていた存在です。

このため粟田口吉光は、「粟田神社」(京都市東山区)境内の末社「鍛冶神社」において、製鉄・鍛冶の神「天目一箇神」(あめのまひとつのかみ)、「三条小鍛冶宗近」(さんじょうこかじむねちか)と共に祭祀されています。

粟田口吉光の出自については諸説あり、その中でも、「粟田口国吉」(あわたぐちくによし)の弟子とする説が有力です。出身地に関しては、越前国(現在の福井県北東部)と伝えられていますが、詳しい場所については、それ以上分かっていません。

粟田口吉光は、「相州伝」(そうしゅうでん)の基礎を築いた「新藤五国光」(しんとうごくにみつ)と同様に、短刀の名手として有名であり、両者はその双璧と讃えられています。粟田口吉光の作風は、格式高い雰囲気が持ち味。「筍反り」(たけのこぞり)の姿である短刀が多く、「平肉」(ひらにく)が豊かで、重ねが厚くなっているところが目立ちます。

また、刃文は「本位」(にえほんい)の「中直刃」(ちゅうすぐは)を基調としており、特徴的な「小互の目」(こぐのめ)が見られます。「地鉄」(じがね)は潤いが顕著であり、「小杢目肌」(こもくめはだ)と「梨子地肌」(なしじはだ)が際立っているのです。

粟田口吉光の作刀には、短刀以外にも剣が稀に見られる他に、「一期一振」(いちごひとふり)と号する「御物」(ぎょぶつ:皇室の私有品)の太刀があります。この太刀は、「生涯一度きりの太刀」という意味で命名されたと伝えられていましたが、古い「押形」(おしがた)に別の太刀も確認できるため、近年の研究では、「一世一代の傑作」という意味を込めて命名されたとする説も有力です。

粟田口吉光による作例のひとつ「薬研藤四郎」(やげんとうしろう)は室町時代、時の将軍「足利家」に秘蔵されて「豊臣秀吉」の手に渡ったあと、「徳川家康」以下、「徳川家」へ伝来しました。この他に同工の有名な作刀には、「包丁藤四郎」(ほうちょうとうしろう)と称する短刀があります。

また、粟田口吉光の作刀は、健全な作例16振、合戦などで「焼身」(やけみ)となった作例18振の計34振が、「享保名物帳」に名物として列せられているのです。

吉光と言えば、この粟田口吉光を指すのが一般的ですが、この他にも、粟田口派に学び、「吉光」の銘を歴代で用いた刀鍛冶も複数存在します。

詳細情報を見る
国綱

「国綱」は、山城国・粟田口(あわたぐち:現在の京都市東山区)を拠点に作刀していた「粟田口派」の代表刀工のひとりです。流派名を冠して「粟田口国綱」(あわたぐちくにつな)と呼ばれ、「天下五剣」(てんがごけん)の1振、「鬼丸国綱」(おにまるくにつな)を鍛造した刀工として知られています。

この鬼丸国綱は、皇室の私有品である「御物」(ぎょぶつ)であるため、一般に公開される機会はあまり多くありませんが、「東京国立博物館」(東京都台東区)などの展示会で、過去に何度か公開された例もあるのです。

粟田口国綱は、粟田口派の流祖「粟田口国家」(あわたぐちくにいえ)の六男として生まれました。その生没年は不明ですが、本名を「林藤六朗」(はやしとうろくろう)と言い、通称「藤六」(とうろく)と呼ばれる名工です。官位「左近将監」(さこんのしょうげん)を受領しており、晩年は剃髪して「左近入道」(さこんにゅうどう)と号しています。

粟田口で鍛刀していた時期には、京風の典雅な雰囲気の作刀でしたが、建長年間(1249~1256年)を境に、華やかで豪壮な作風に変化します。

これは、鎌倉幕府5代執権「北条時頼」(ほうじょうときより)の求めに応じて鎌倉に出向き、同地で刀の鍛造を行ったことがきっかけです。粟田口での鍛造時の顧客は、朝廷に仕える貴族達。彼らにとって刀は、儀礼や装束に必要な品物であったため、武器としての機能より、美術品としての優美さを重んじていました。しかし、鎌倉幕府に仕える武士は、実戦での使用を前提としていたため、武器としての機能が重視されたのです。

82代天皇「後鳥羽上皇」(ごとばじょうこう)が、「承久の乱」(じょうきゅうのらん)に敗れて隠岐島(おきのしま:島根県隠岐郡)に流されたのが、1221年(承久3年)のこと。鎌倉幕府の支配はもはや盤石となり、時代は宮廷貴族から、幕府と武士の時代へと移り変わりました。粟田口国綱は、このような時代の流れに合わせて、切れ味や重厚さなどを追求しながら、鍛刀を続けていたのです。

なお、粟田口国綱が鎌倉に召し出された際、同じく備前国(現在の岡山県東南部)から移住して来た「一文字助真」(いちもんじすけざね)や「三郎国宗」(さぶろうくにむね)らと行動を共にし、鍛刀に励んでいました。この3人の刀匠が、鎌倉における作刀の黎明期を担い、その後、「新藤五国光」(しんとうごくにみつ)によって「相州伝」(そうしゅうでん)の基礎が築かれます。さらには「正宗」(まさむね)が登場したことにより、相州伝が完成。そして、正宗の10大弟子である「正宗十哲」(まさむねじってつ)によって各地に拡散され、後世に「新刀」や「新々刀」(しんしんとう)が生まれる原動力となったのです。

室町幕府8代将軍「足利義政」(あしかがよしまさ)に仕えた刀の鑑定家「能阿弥」(のうあみ)の著書「能阿弥本銘尽」(のうあみほんめいづくし)には、粟田口国綱は、新藤五国光の父親と記されています。

相州伝の基礎を築いた新藤五国光の父親である点を鑑みても、粟田口国綱は、日本における刀の革新運動の黎明期に、重要な役割を果たした刀匠と位置付けることができます。

詳細情報を見る
二字国俊

二字国俊(にじくにとし)は、国行の子。

銘を「国俊」と2字で切り、後年の「来国俊」と銘を3字で切る国俊と区別するため、通称「二字国俊」(にじくにとし)と呼びます。

古来、3字で銘を切る来国俊との同人説も囁(ささや)かれていますが、作風の違いから両者を別人とする説が有力です。

2字と3字の国俊の違いとして、2字銘は太刀がほとんどで、短刀は1振だけであるのに対し、3字銘には短刀も多く観られることも、別人説を裏付けています。

詳細情報を見る
来国行

「国行」は「来派」(らいは)に属する刀工です。来派とは、古くから作刀が行われていた山城国(現在の京都府南部)において、粟田口派と人気や知名度を二分した名門流派です。特に鎌倉時代中期以降は、粟田口派をしのぐ勢いを見せました。

来国行は、通称「太郎」と言い、来派の始祖「来国吉」(らいくによし)の子です。ただし、国吉の確かな作例が確認されていないため、国行が、来派における事実上の祖と見なされています。

「来」という一風変わった姓について、「長享銘尽」(ちょうきょうめいづくし)などの刀剣書では、来国吉の出自は、祖先、もしくは国吉自身が朝鮮半島の高麗(こうらい)の銅細工人であり、日本に来て刀工になったことが由来であると説明しています。この「こうらい」の発音がいつしか訛り、「らい」になったと伝えられているのです。

また来国行には、「綾小路定利」(あやのこうじさだとし)の門人であったとする説もあります。綾小路定利は、山城国・四条綾小路(京都市下京区)を拠点に、作刀に携わっていた一門、「綾小路派」を代表する刀工です。

この門人説に確証はありませんが、来国行の作刀と綾小路定利の作刀には酷似した特徴が見られるため、両者に深い親交があったことは確かです。特に「小」(こにえ)の「丁子乱」(ちょうじみだれ)を焼き、地刃の明るく冴えた綾小路定利の作風などが、来国行に良く似ています。

このため、「来国行と綾小路定利は注文に応じて、お互いに作刀を融通しあった」とする俗説まであるほどです。来国行は当時、四条で鍛刀しており、四条綾小路で作刀していた綾小路定利とは住居も近く、作刀期間も重なっていました。京都在住の刀工同士として親密な交流を持ち、両人が共に研究し合った結果として、酷似した作例が生まれたと考えるのが現在の通説です。

来国行の作例は太刀が比較的多く、短刀は稀です。太刀身幅は広めで、刀身の中間辺りで反る「輪反り」(わぞり)や、元幅と先幅の開きが少ないのが特徴のひとつ。「地鉄」(じがね)は「小板目肌」(こいためはだ)が詰む作例と、大肌(おおはだ)ごころの作例があります。

地中の働きは「地沸」(じにえ)が厚く、刃文は「直刃」(すぐは)に丁子乱を交える作例と、丁子乱が主体となった作例に分かれているのです。特に雁股(かりまた:先が二股に分かれた矢の根)状を呈した「蕨手丁子」(わらびてちょうじ)と称する刃文が独特であり、来国行の作例における見どころのひとつとなっています。

詳細情報を見る
来国俊

「国俊」には、「二字国俊」(にじくにとし)と「来国俊」(らいくにとし)がいます。いずれも「来派」で、前者は国俊の2字銘のみを切り、後者は来国俊の3字銘、または「来源国俊」(らいみなもとのくにとし)などと銘を切る刀工です。この二者を別人とするか、同一人物と考えるのかという問題は、室町時代末期から考察の対象となってきました。

「2字銘が切られているのは、その多くが太刀であり、現代まで伝わる短刀は1振だけであった一方で、3字銘には短刀が複数見られる」という点などから、別人説を推す声が有力視されていますが、結論は出ていません。また、別人説が推される大きな理由のひとつとして、作風の違いも挙げられます。二字国俊の太刀は、堂々たる太刀姿をしており、刀身が幅広く、「鋒/切先」(きっさき)は「猪首」(いくび)であり、刃文は「丁子」(ちょうじ)が主体です。

これに対して来国俊の太刀は、優美な姿をしていて刀身は細目、鋒/切先は小さく、刃文は「直刃」(すぐは)が主体で、「小互の目」(こぐのめ)や「小乱」(こみだれ)交じりの穏やかな雰囲気となっています。

一方で、戦国時代後期の書物「元亀本刀剣目利書」(げんきぼんとうけんめききしょ)には、来国俊が85歳で手掛けた作例があり、90歳まで生きたことが記されていました。

また、江戸時代に書かれた「古刀銘尽大全」(ことうめいづくしたいぜん)にも、105歳まで存命していたことが記載されています。当時の平均寿命が24歳ぐらいであったことを考えると、国俊は、かなり長寿であったことが指摘されているのです。

さらには「正和四年 歳七十五」という年紀銘を刻んだ作例や、81歳のときに作刀されたと考えられる遺作も現存しているため、国俊は高齢になってからも作刀に励んでいたと推測されています。

二字国俊と3字銘を切る来国俊には、それぞれの作風に相違が見られますが、国俊が長寿であったことや、75歳以降の作例が確認されていることを踏まえると、その相違は、経験値や年齢による変化と考えることも可能。そのため、2字銘の国俊による刀を初期作、3字銘の来国俊による刀を壮年期以降の作刀と見なして、同一人物であるとする声もあります。

このように、二字国俊と来国俊、両者は別人であるのか、それとも同一人物であるのかという点についてはいまだに結論が出ておらず、今もなお、議論の的となっているのです。

来国俊の通称は「孫太郎」(まごたろう)と言い、父は「来国行」(らいくにゆき)、祖父は来派の始祖「来国吉」(らいくによし)とされています。太刀、及び短刀とも数多く現存しており、精緻(せいち:極めて綿密なこと)な「地鉄」(じがね)と格調高い直刃の刃文が、同工による作例の見どころです。

特に「」(まち)から鋒/切先の先端まで寸分の狂いもなく、直刃が走る様は、刀に実戦重視の機能美が要求された鎌倉時代中期の緊張感を余すところなく語っており、鎌倉武士の矜持を体現しています。このような刃文を焼いた刀工は、来派の中では来国俊以外になく、同派の発展と隆盛の原動力となりました。

来国俊は、81歳、もしくは85歳で鍛刀したのを最後に、後事を息子の「来国光」(らいくにみつ)に託し、刀工としての第一線から退きました。来国俊による現存作のほとんどが国宝重要文化財重要美術品などに指定されていることからも、その腕前の確かさが窺えます。

詳細情報を見る
来国光

「来派」(らいは)に属していた「国光」は、一般的には流派名を冠して「来国光」(らいくにみつ)と呼ばれる刀工です。山城国(現在の京都府南部)で作刀に携わり、通説では、「来国俊」(らいくにとし)の嫡男と伝わっています。

しかし、来国俊の次男や弟、孫とする説や、「来国行」(らいくにゆき)、もしくは「来国秀」(らいくにひで)の子であるとする説、「来国友」(らいくにとも)の弟子であるとする説など、数多くの異説があるのです。

通称に関しても、「兵衛」(ひょうえ)や「兵衛尉」(ひょうえのじょう)、「次郎兵衛」(じろうひょうえ)など、諸説紛々(しょせつふんぶん:様々な説が入り乱れ、まとまっていない様子)の状況。このように来国光は、謎の多い刀工なのです。

江戸時代後期に書かれた「校正古刀銘鑑」などの刀剣書によると、来国光の作例には、「正和二年」(1313年)と「貞治二年」(1363年)の年紀銘を切った刀の存在があること分かっています。この2振から窺えるのは、来国光の作刀期間が50年にも亘っていたということ。

しかし、ひとりの刀工としては年数が長すぎるため、来国光には、初代と2代がいる説が、古くから提唱されてきました。ただし、初代と2代の区切りに関しては刀剣書によって異なり、その移行期は、鎌倉時代末期、もしくは室町時代初期とする説などが複数あります。

結論は現在も出ていませんが、現存する作例を見ると、南北朝時代を境に作風の変化が示されていることから、現在は建武年間(1334~1338年)に、初代から2代への移行があったとの説が有力視されているのです。

刀工は通常、自分の得意な作風を前面に押し出して作刀しますが、初代 来国光には、そのような傾向は見られません。これが窺えるのは、例えば刀身身幅(みはば)。太刀、及び短刀において、身幅の広い作例と狭い作例の両方があります。刃文も同様で、「直刃」(すぐは)もあれば、「乱刃/乱れ刃」(みだれば)も見られるのです。

さらに乱刃/乱れ刃は、「小乱」(こみだれ)と「大乱」(おおみだれ)、それぞれを基調とした作例があります。

小乱調の刃文には、こずんだ(刃文が密集している様子)小互の目乱(こぐのめみだれ)が現れるなど、その種類は実に多彩。そして大乱の刃文を採った作例は、刃中の働きである「」(にえ)が顕著であり、「相州伝」(そうしゅうでん)を彷彿とさせる迫力です。このように、多種多様な作風を得意としていた来国光は、「器用で作域の広い刀工」との位置付けがなされているのです。

なお、前述した「校正古刀銘鑑」などの刀剣書では、来国光の作刀における刃文の多彩さに関して、乱刃/乱れ刃は若年期、直刃は円熟期の作風と記しています。つまり、来国光の作風は、最初から多彩だった訳ではなく、作刀を続けるうちに変化が生じて作域が広がっていったと考えられるのです。また、来国光の銘は太刀が比較的小さく、短刀は大きく切られています。

2代 来国光は、南北朝時代に初代同様、山城国で作刀活動を行っていました。初代 来国光の子であり、通称は「左兵衛尉」(さひょうえのじょう)。湾れがかった(のたれがかった)直刃を焼く点が特徴であり、これにより、初代と2代の作例を見分けています。





「来国光」刀工・刀匠YouTube動画



来国光|刀工・刀匠YouTube動画



詳細情報を見る
了戒

「了戒」(りょうかい)は、鎌倉時代後期の僧門鍛冶。16歳で仏門に入り、了戒を号しました。
来国俊の子、あるいは弟と伝えられています。俗名は「来次郎」。17歳で京都の刀匠「綾小路定利」(あやのこうじさだとし)に師事し、太刀短刀を作刀。太刀は、細身にして優美であり、短刀は幅広で頑健な造り。地鉄(じがね)は、板目(いため)に柾目(まさめ)が交じり、白気(しらけ)気味があります。
全体的に健全であるにもかかわらず、白気が疲れ気味に見えるのが、この刀匠の特有の技。刃文は、中直刃(ちゅうすぐは)に小丁子、互(ぐ)の目が交じり、小さな(にえ)がついています。
は、「了戒」や「了戒作」。子も「了戒」を号しました。

詳細情報を見る
信国

「信国」(のぶくに)は、山城国(やましろのくに:現在の京都府)で作刀した刀匠で、2代目「了戒」(りょうかい)の子、もしくは孫と伝えられています。2代目了戒の弟「国久」の子とする伝もあり。
南北朝時代に初代が信国を称して以降、室町時代中期まで6代続きましたが、初代信国の在銘刀が存在しないため、現在ではこの2代目を「初代」とする説が有力視されています。
2代目(実質的初代)作の短刀は、身幅広めでわずかに反りが付き、地鉄(じがね)は板目(いため)で幾ばくかの肌立ちがあって地沸(じにえ)が付いているのが特徴です。
刃文直刃(すぐは)、あるいは浅い湾(のた)れ調の互(ぐ)の目を焼いたもので、は「信国」の二字を切っています。

詳細情報を見る
長谷部国重

「長谷部国重」は、南北朝時代から室時時代初期にかけて、3代に亘って作刀に携わった刀工です。通称を「長兵衛」(ちょうべえ)と名乗っていた初代は、元来、大和国(現在の奈良県)の人でした。父が「千手院国重」(せんじゅいんくにしげ)を称していたことから、初代 長谷部国重も当初は、「大和伝」(やまとでん)に属していた「千手院派」の鍛刀術を学んだと考えられています。

初代 長谷部国重は、やがて大和国から相模国(現在の神奈川県)の鎌倉へ移住。長谷部郷に居を構え、「相州伝」(そうしゅうでん)の作刀技術を学び始めます。同伝は、刀を実戦で使用する武家の要望に応えた、当時としては最先端の技術であり、薄いながらも強度抜群の刀身が特徴です。初代 長谷部国重の師は「新藤五」(しんとうご)一門に加わった、「正宗」(まさむね)門下の「相州広光」(そうしゅうひろみつ)であったとする説があります。

相州伝習得後、山城国(現在の京都府南部)に移住し、五条坊門猪熊(現在の京都市下京区)に居を構えて作刀に当たりました。この初代 長谷部国重の代表的な作例が、現在も名刀として名高い「へし切長谷部」(へしきりはせべ)です。「織田信長」や「豊臣秀吉」の手を経て「黒田長政」(くろだながまさ)に伝承され、現在は「福岡市博物館」(福岡市早良区)に所蔵されています。初代 長谷部国重の地位を決定付けた名刀であり、幾多の刀研究家から、「長谷部中の長谷部」と評される1振です。

2代 長谷部国重は初代の子と伝わり、初代同様「長兵衛」を称しました。しかし、その初銘は、「長谷部国信」(はせべくにのぶ)と名乗っています。

また2代 長谷部国重は、山城国・油小路(現在の京都市下京区)に居を構えて作刀。その作例に太刀は少なく、主に短刀や、「平造り」(ひらづくり)の小脇差(こわきざし)を鍛刀していました。重ね(かさね)をごく薄く作る作風は初代と共通しており、「長谷部派」における特徴のひとつです。

鍛えは「板目」(いため)に「柾目」(まさめ)が交じり、地中の働き地斑(じふ)が際立っています。

また刃文は、多くが「湾れ」(のたれ)に「大互の目」(おおぐのめ)が交じり、「飛焼」(とびやき)や「棟焼」(むねやき)が盛んで、「皆焼」(ひたつら)が顕著なのが特徴です。これは相州伝にも見られる特徴であり、初代から2代へと伝承されました。ただし、小湾れに互の目が交じり、「湯走り」(ゆばしり)や飛焼がかかる程度のおとなしい作例も、稀に存在しています。

3代 長谷部国重は、室町時代初期、天王寺(現在の大阪市天王寺区)や伊丹(現在の兵庫県伊丹市)で、作刀に励みました。「長谷部六郎左衛門国重」(はせべろくろうざえもんくにしげ)と銘を切っていたことが、「押形」(おしがた)から分かっています。長谷部国重は、その銘に流派名の「長谷部」を冠することが常でしたが、古刀期に活躍した刀工の中では、流派名まで入れるのは、極めて珍しい事例です。

詳細情報を見る
光包

「来光包」(らいみつかね)は、鎌倉時代後期、備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)に生まれ、来国俊の門人となって作刀を学び、近江国(現在の滋賀県)に移りました。
延暦寺根本中堂にこもって作刀にあたったため、「中堂来」(ちゅうどうらい)とも呼ばれています。作例は短刀のみ。
地鉄(じがね)は、小板目(こいため)が詰んで地沸(じにえ)が付き、冴えて感じの強いものが多いです。他派の作例と比べて重ねが比較的厚くなっているのは、この時代の来一門の特徴と推定されます。
刃文は細直刃(ほそすぐは)と、焼幅の広い中直刃(ちゅうすぐは)の2種で、帽子鋒/切先[きっさき]部分の刃文)は小丸(こまる)、または大丸(おおまる)を採っています。
代表作の名物「乱光包」(みだれみつかね)は、刃文に互(ぐ)の目乱れを採用した例外作。は「光包」の二字を切っています。

詳細情報を見る
堀川国広

「堀川国広」は、江戸時代後期の刀剣書「古今鍛冶備考」(ここんかじびこう)の中で、「新刀の祖」と位置付けられた名工。日向国の綾地方(現在の宮崎県東諸県郡)で生まれています。この地は戦国時代、日向国を治める「伊東氏」と、薩摩国(現在の鹿児島県西部)を本拠とする「島津家」の勢力がぶつかり合う最前線であった場所。伊東氏は、ここに多くの刀工を配して鍛刀に当たらせました。国広の父親もそのうちのひとりです。

堀川国広も同地で刀を鍛造しますが、主家・伊東氏の没落後、山伏に転身。山岳修行に身を投じます。その間にも、刀工としての腕は磨いていたと伝わり、1584年(天正12年)2月、「日州古屋之住国広山伏之時作之 天正十二年二月彼岸」と銘を切った太刀を鍛造しています。これが、「山伏国広」と呼ばれる名刀です。

山伏国広を鍛刀後、堀川国広は諸国を遍歴し、下野国(現在の栃木県)「足利学校」に入学します。中世唯一の学校施設であり、学習内容は易学(えきがく)を中心に、漢学や医学、軍学など多岐に亘り、諸国から生徒が集まっていました。教授はすべて僧侶であり、生徒もほとんどが僧侶。山伏の国広には、恰好の学び舎だったのです。

堀川国広は、同校で学ぶ一方、在地の国人領主「長尾顕長」(ながおあきなが)に仕え、相模国・小田原(現在の神奈川県小田原市)に本拠を構える「後北条氏」(ごほうじょうし)との戦いに、足軽部隊を率いて出陣することもありました。

下野国・足利(現在の栃木県足利市)でも作刀は続け、1590年(天正18年)には、「豊臣秀吉」による「小田原征伐」に際し、長尾顕長の依頼により「九州日向住国広作」と銘を切った太刀を鍛えています。これが、後世に「山姥切国広」(やまんばぎりくにひろ)と呼ばれる名刀です。長尾氏没落後は京都に移住し、堀川の地で再び作刀に従事しました。

堀川国広が作刀にかかわったのは、1576~1613年(天正4年~慶長18年)の38年間です。このうち、天正期の作例を「古屋打ち」、慶長期の物を「堀川打ち」と呼んでいます。古屋は日向国、堀川は山城国の地名で、両方とも国広が鍛刀した場所。古屋打ちは末相州物や末関物(すえせきもの)における特色が見られ、鍛えは「板目」(いため)が際立っているのです。また刃文は、「湾れ」(のたれ)に「互の目」(ぐのめ)、刃中の働きは、匂口(においぐち)締まりごころに、「叢沸」(むらにえ)がつきます。

なお、堀川打ちの多くは、相州伝の上工を模範に作刀されており、刃文は大模様で、刃中の働きは匂深く付く(にえづく)作例と、匂口が沈みごころになる作例があります。肌合いはザングリ地鉄[じがね]がよく鍛えられて、一見すると荒れ気味であるが、肌模様がよく見えること)としており、板目肌が立ちごごろなのが堀川打ちの特徴です。


詳細情報を見る
梅(埋)忠明寿

梅(埋)忠明寿(うめただみょうじゅ)は、梅(埋)忠重隆(うめただしげたか)の次男として山城国(やましろのくに:現在の京都府)に生まれ、長男の早世により家督を相続しました。

最初、室町幕府将軍「足利義昭」に仕え、次いで「豊臣秀吉」に召し抱えられ、京都室町に屋敷を拝領して居住。「三条宗近」(さんじょうむねちか)25世を自称していました。

古来、新刀の祖と喧伝されますが、刀装が本業であり、新刀期随一の刀装家として、刀装具や刀装彫刻に多くの名作を残しています。

作刀は本業の合間に行ったとみられ、作例は多くありません。地鉄(じがね)は板目(いため)、刃文は浅い湾(のた)れに互(ぐ)の目が交じり、地・刃ともに細く(にえ)ていて、相州伝を意識した作風となっています。作例に自身で彫刻を施すのが特徴です。

詳細情報を見る

備前国

備前国は、古刀期において全国一の刀剣生産量でした。長い歴史を経て様々な流派が発展したため、日本文化の中心的存在と言えます。備前国の名工については、下記より詳細な情報がご覧頂けます。

友成

「友成」は平安時代、備前国(現在の岡山県東南部)で作刀に携わった刀工です。通称として「平三郎」(へいざぶろう)や、「権太夫」(ごんだゆう)とも名乗っていました。活動期は、「備前伝」(びぜんでん)の中でも古い時期に当たる「古備前」の頃。

友成は、古備前の代表刀工であり、山城国(現在の京都府南部)の「三条小鍛冶宗近」(さんじょうこかじむねちか)、伯耆国(現在の鳥取県中西部)の「安綱」(やすつな)と並んで、「日本最古の三名匠」と称されています。備前国にあっては、名工「正恒」(まさつね)と共に双璧とされており、「備前鍛冶の祖」、あるいは、同国における「長船[おさふね]鍛冶の祖」などに位置付けされているのです。初代 友成の作刀時期は永延年間(987~989年)の頃。しかし、現存刀で最も古い友成の作例は、康治年間(1142~1144年)、及び仁平年間(1151~1153年)の刀です。

さらに友成の作刀には、二字銘の「友成」や三字銘の「友成作」、「備前国友成」、「備前国友成造」など、異なる銘振りが複数見られます。これらの物証から友成は、同銘の刀工が数代続いていたことが分かるのです。江戸時代の書物「古今銘尽」(ここんめいじんづくし)によると、その具体的な人数は、平安時代後期に2人、鎌倉時代初期に2人の計4人。多少の差異はありますが、作風はほとんどの点で共通しています。


また友成は、日本史上における著名人物の佩刀(はいとう)を多数鍛造したことで有名です。「源義経」や「平教経」(たいらののりつね)、「平宗盛」(たいらのもりむね)、「北条貞時」(ほうじょうさだとき)といった人々が、友成の鍛えた太刀を佩用しています。また、現在の皇室に「御物」(ぎょぶつ)として秘蔵されている「鶯丸」(うぐいすまる)の太刀も、友成によって作刀されました。

さらには、「厳島神社」(いつくしまじんじゃ:広島県廿日市市)の社宝である太刀も友成が手掛け、平教経が奉納しています。同太刀は「鎬造り」(しのぎづくり)の「庵棟」(いおりむね)で、腰反りが高く、踏張りのある堂々たる太刀姿が特徴。平家一門にあって、豪勇で鳴らした平教経の雄姿を彷彿とさせます。

友成の作風は、古備前の中で最も古調であり、刀身は細身で、鋒/切先(きっさき)は小鋒/小切先の形状を採用。地鉄(じがね)は小板目がよく詰む作例と、やや肌立つ作例があり、地中の働きは「地沸」(じにえ)が付いて「地景」(ちけい)が入り、「沸映り」(にえうつり)が立っています。前述した正恒による作刀の明るさとは対照的に、黒味を帯びた地鉄が友成の持ち味です。

刃文は「沸出来」(にえでき)の「小乱」(こみだれ)と、「小湾れ」(このたれ)調の「直刃」(すぐは)に、小乱の入る場合があります。年代が下ると、焼幅に高低の差が見られるようになり、「小丁子」(こちょうじ)が交じるなどして、刀身全体に華やかさが加味されるのが友成の特徴です。

詳細情報を見る
正恒

「正恒」(まさつね)は、友成(ともなり)と共に、古備前派を代表する刀工です。同銘が何代か続きました。
古伝書によると「七種の正恒」として古備前派に「古備前正恒」を含む5人、「青江派」(あおえは)にひとり、「筑前国」(ちくぜんのくに:現在の福岡県北西部)にひとりと、異なる7人の正恒がいたとされています。
太刀姿は反りが浅く身幅尋常なしっかりとした姿。地鉄が小板目精緻(せいち)に詰んで美しく、乱れ映り鮮やかに立ち、刃文は焼幅に広狭のある小丁子乱を焼き、刃中には「金筋」(きんすじ)や「稲妻」(いなづま)などの「働き」(はたらき:沸出来[にえでき]や出来[においでき]の中に時折現れる様々な動き)が見られます。
「焼出し」は、正恒独特の直刃風の小丁子乱。友成よりも華やかな作風です。

詳細情報を見る
包平

「包平」(かねひら)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて作刀した古備前派の刀匠です。「高平」(たかひら)、「助平」(すけひら)と共に、「三平」に数えられる名工でもあります。
かつては、単独の存在と考えられていましたが、の刻み方や作風に若干の相違点があることから、現在では同名を名乗る複数の刀匠が、備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)や、河内国(かわちのくに:現在の大阪府)で活動したものと考えられています。
作風は、上品ななかにも強みの感じられる太刀姿が特徴。地鉄(じがね)板目に杢目(もくめ)が混じっており、刃文は小乱や丁子乱れが多く、刃中の働きには、砂流しや金筋が見られます。
銘は、「包平」もしくは「包平作」と切っています。



詳細情報を見る
基近

「基近」(もとちか)は、鎌倉時代に備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)で作刀した刀匠であり、古備前派に属し、「法華太郎」(ほっけたろう)を称しました。

室町幕府第13代将軍で、剣を塚原卜伝(つかはらぼくでん)に学んで免許皆伝を得た「足利義輝」が愛した日本刀として知られています。

作風は、古備前の伝統をよく伝えており、腰反りが深く踏ん張りのある太刀姿。鋒/切先(きっさき)は猪首風なのが特徴。刃文直刃か、小乱に小丁子が混じるものがあります。

地中の働きもよく、備前刀特有の丁子映り丁子乱れ刃に沿って現れた映り)も見事です。は「基近造」(もとちかつくる)。

詳細情報を見る
恒光

「恒光」(つねみつ)は、備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)で作刀した刀匠で、古備前派に属し、平安時代に「奥州太郎」(おうしゅうたろう)を称した「正恒」の孫と伝えられています。

活動時期については諸説唱えられてきましたが、の切りかたなどから、「鎌倉時代初期から同時代末まで複数工が作刀した」との説が有力です。


地鉄(じがね)は、小板目(こいため)に杢目(もくめ)が混じって地沸(じにえ)が付き、肌起つ気味が見られます。刃文直刃(すぐは)調に小乱を加え、丁子の際立つものが多いです。

銘は「恒光」に加え、「正安二二年四月日恒光」と作刀時期を明記した物があります。「正安」は、鎌倉時代末期の年号です。

詳細情報を見る
則宗

「則宗」(のりむね)は、後鳥羽上皇の「正月番鍛冶」をつとめた刀匠で、「備前大夫」(びぜんだゆう)もしくは「刑部丞」(ぎょうぶのじょう)を称しました。

鎌倉時代中期に栄えた「福岡一文字」の祖とされており、太刀身幅は狭く、腰反り踏張りが強いのが特徴。

地鉄(じがね)は小板目がつんで地がつき、地中の働き地景が交じり映りが立っていて、直刃(すぐは)調の小乱に小丁子が交じり、刃中の働き小沸がよくつき、金筋や砂流しが顕著です。


福岡一文字の祖ですが、古備前の伝統を継承しており、地刃が明るく冴えていて美しい作風。は「則宗」と二字に切ります。




詳細情報を見る
吉房

吉房(よしふさ)は、「福岡一文字」を代表する名工です。鎌倉時代を通じて複数の刀匠が「吉房」を称しました。このうち「藤次郎」、「久五郎」、「左近三郎」の3工が最も著名になります。

刀工によって多少の個人差はありますが、身幅が広く、腰反りが高く、鋒/切先(きっさき)が猪首の堂々たる太刀姿は共通しています。

また、乱(みだれ)映りが鮮やかな地中の働きや、華麗な重花丁子乱刃(じゅうかちょうじみだれは)の刃文も、この流派の共通点にして特徴です。

いずれの作例も備前刀の秀逸さを雄弁に物語る銘品ばかりで、多くが「国宝」に指定されています。有名な「岡田切吉房」は、久五郎の作例。銘は「吉房」と二字に切っています。

詳細情報を見る
助真

助真(すけざね)は、鎌倉時代中期に作刀した刀匠で、「助成」の子もしくは「助房」の子と言われています。

備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)に生まれ、福岡一文字派の作刀を学んだあと、一門を伴って相模国(さがみのくに:現在の神奈川県)鎌倉に下向し、鍛刀に励んだため「鎌倉一文字」と呼ばれていました。

身幅広く、腰反りが高く、鋒/切先(きっさき)が猪首の堂々たる太刀姿は、鎌倉時代中期の典型例を現代に伝えています。

刃文は、丁子乱に蛙子丁子(かわずこちょうじ)を交え、焼幅に高低の変化があって、じつに華麗。銘は「助真」、「助真造」の2種です。

詳細情報を見る
宗吉

宗吉(むねよし)は、「則宗」の娘婿とされていますが、「延房」の弟とする伝もあります。同じ「福岡一文字」に属する「吉平」の父親。「後鳥羽上皇」の番鍛冶中、「七月番鍛冶」を務め、「左近将監」(さこんしょうげん)に任じられました。「左近太郎」に加え、「刑部丞」(ぎょうぶのじょう)を自称した鎌倉時代初期の刀匠です。

地鉄(じがね)は板目がつんで、地中の働きは乱映りが目立ちます。刃中の働きは、匂出来(においでき)が顕著であり、刃文は丁子が多いです。作例によって刃中の働きが沸づく物や、金筋の観られる日本刀も作刀。作風や銘振(めいふ)りが数種類あることから、「宗吉」を称した複数の刀匠がいたと考えられています。

詳細情報を見る
菅原為遠

菅原為遠(すがわらためとお)は、鎌倉時代に備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)で作刀した刀匠。「福岡一文字」の末流と言われています。
は「備前国唐河住左兵衛尉菅原為遠」(びぜんのくにからかわじゅうさひょうえのじょうすがわらのためとお)の他、「一為遠」や「備前国住為遠」と切られました。
銘中の「唐河」とは、現在の岡山県岡山市一宮西辛川、及び辛川市場のある場所が該当します。
刃文は、直刃(すぐは)を多く採用。まれに丁子刃(ちょうじは)もあり、刃中の働きでは、(にえ)や(におい)が、刃縁から刃先に向けて筋状に差し込んだ「足」が短い「小足」(こあし)が多く観られます。

詳細情報を見る
貞真

貞真(さだざね)は、鎌倉時代中期に備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)で作刀した刀匠です。
古一文字派の刀工であった「宗忠」の子とされており、他に古備前派の「高綱」を父とする伝もあります。
刃文、直刃(すぐは)仕立ての日本刀と、小乱を主体とした日本刀が存在。これに加えて、小乱刃に小丁子を交えた作品も多いのが特徴です。。

貞真は、「福岡一文字派」の刀工に位置付けられていますが、古調の物も多いことから「古備前派」とする声もあり、判別が難しい刀工に数えられています。は「貞真」の二字です。

詳細情報を見る
助光

吉岡一文字の開祖は、一文字の開祖である則宗の孫「助吉」(すけよし)。「助光」(すけみつ)は、助吉の子とされるが、弟とする説もあり、一門随一の名工とされました。生没年不詳。
作風は、腰反り深く、元先の差も少なくしっかりとした出来。焼き幅広い匂出来の刃文は、丁子に互の目乱れが混じるのが特徴。匂出来で広い焼幅に丁子乱や大丁子乱の刃文が見られ、地鉄は細かい杢目肌に、地沸付き、乱れ映りが立ちます。
助光の作は、一門の中でも群を抜いており、「阿部豊後守忠秋」(あべぶんごのかみただあき)が、将軍徳川家光の命により大洪水の隅田川を馬で乗り越えた際、その功績を讃えられ、助光の太刀が拝領されたという逸話があります。

詳細情報を見る
光忠

「光忠」(みつただ)は、鎌倉時代中期に備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)で作刀した刀匠で、日本刀の代名詞となる長舩(おさふね:長船とも)の祖とされます。
刀身は、身幅が広く鋒/切先(きっさき)が猪首になる物と、身幅・鋒/切先とも通常の物の2種。を刻む場合には、後者が多いです。
地鉄(じがね)は、小板目(こいため)がよくつんで杢目(もくめ)がまじり、地中の働き地沸(じにえ)が付き、潤いがあって映りが立ちます。刃文は丁子に互(ぐ)の目が交じり、丁子の頭が切れて飛焼(とびやき)状になった蛙子丁子(かわずちょうじ)を得意としています。
太刀姿は、豪壮にして華麗。「織田信長」は光忠のコレクターで、光忠の刀剣を25振も集めたと、江戸時代中期の逸話集「常山紀談」(じょうざんきだん)に記されました。

詳細情報を見る
長光

「長光」(ながみつ)は、古刀期の名刀工の中で、最も多くの名作を後世に遺した刀工です。
長光(ながみつ:1274~1304年 [文永11年~嘉元2年]頃に活躍)は、長船派の祖・光忠の子にあたります。
父から受け継いだ華麗な丁子乱刃(ちょうじみだれば)から直刃(すぐは)まで、作品の幅が広く、「備前長船」(びぜんおさふね)の名を高めた第一人者です。
また、備前長船の中でも「長光」・弟の「真長」(さねなが)・子の「景光」(かげみつ)の3人に共通する帽子のことを「三作帽子」と言い、古来より「長船三作」と呼ばれた3名工でもあります。

詳細情報を見る
景光

「景光」(かげみつ:1304~1334年[嘉元2年~建武元年]頃に活躍)は、元寇の時期に大活躍した長光(ながみつ)の子で、長船派を代表する刀工のひとり。太刀の他短刀の遺作が多いのが特徴です。
太刀は、父・長光ほどの豪壮さはありませんが、品格ある太刀姿。長船派で地鉄(じがね)が一番美しいとされています。
焼き刃にも工夫し、長船派らしい匂本位(においほんい)の肩落互の目を創始しました。彫刻の名手で、梵字(ぼんじ)や宗教的な彫り物を施した作品が観られます。

詳細情報を見る
景依

「景依」(かげより)は、伊達政宗の愛刀「くろんぼ斬り」を作刀した景秀の子で、鎌倉時代中期に備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)で作刀。「左近将監」(さこんしょうげん)、「左衛門尉」(さえもんのじょう)を称しました。
地鉄(じがね)は、板目(いため)に杢目(もくめ)がまじったものが多く、刃文は互(ぐ)の目まじりの丁子小乱、直丁子乱(すぐちょうじみだれ)などが見られます。

は「景依」、「景依造」、「備前国景依造」、「備前国住人左衛門尉景依」、「備前国住人左近将監景依造」などがあり、まれに「景依弘安八十月五」と年月日を刻したものもありました。

詳細情報を見る
長船近景

「長船近景」(おさふねちかかげ)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて、備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)で作刀した刀匠で、長光の子とも近恒(ちかつね)の子ともされ、「三郎左衛門」を称しました。明智光秀の愛刀である「明智近景」を鍛えたことでも世に知られる名工です。

長船近景の銘は「備前国長船住近景」、「備州長船住近景」などと切ります。

作刀は太刀短刀の両刀。両刀とも鎌倉時代末期の様式を今に伝えている貴重なものばかり。地鉄(じがね)は、小板目(こいため)詰んで杢目(もくめ)交じり、鮮やかな乱映りが立ちます。

刃文は、匂出来(においでき)の直刃(すぐは)に小互(ぐ)の目交じり足の入った地味な傾向が強いですが、最晩年の1347年(貞和3年)に制作された太刀は、南北朝期の影響を受けたと考えられる丁子が目立つ華やかな刃文を焼いた作例があります。

詳細情報を見る
倫光

「倫光」(ともみつ)は、南北朝期の刀匠で、備前長船派の名工「景光」の三男とされるが、「景光」の門人とする伝もあります。大和鍛冶の友光と区別する意味で、通常は「倫」の字を音読みして「リントモミツ」と呼んでいました。
太刀短刀の作刀に携わっており、両刀とも幅広で重ねが薄く、鋒/切先(きっさき)の延びた作例が多いのが特徴です。


地鉄(じがね)は、板目(いため)がつんで杢目(もくめ)がまじり、地中の働き地沸(じにえ)がついて、地景が入り、乱れ映りが立っています。刃文互(ぐ)の目に丁子が入り、湾れ(のたれ)気味が顕著。刃中の働きは小沸がつき、鋒/切先の刃文は、その多くが乱込帽子(みだれこみぼうし)です。
銘は「備州住長船倫光」、「備州長船住倫光」の2種になります。

詳細情報を見る
兼光

「兼光」(かねみつ:1328~1360年[嘉暦3年~延文5年]頃に活躍)は、景光(かげみつ)の子。
兼光の初期である鎌倉時代末期は、父・景光に似た匂本位の肩落互の目や「丁子刃」(ちょうじば)でしたが、南北朝時代に入ると作風が変わります。
当時、一世を風靡(ふうび)していた相州正宗の相州伝備前伝に取り入れた「相伝備前」という作風で、地刃ともにの強い覇気ある作品が特徴になりました。

詳細情報を見る
長義

「長義」(ながよし)は、祖父が長船真長(おさふねさねなが)、父が光長と伝わっており、「兼光」(かねみつ)と並ぶ相伝備前の代表工で、「兼長」(かねなが)の師。

「正宗」(まさむね)の下で学び、名匠へと育った「正宗十哲」(まさむねじってつ:正宗の影響を受けた相州伝の名工10名)のひとりです。
焼きの高い互の目丁子刃に耳の形に似た刃文を交え、覇気に満ちた作風。豪快な作品が多く、その長大さから大磨上無銘にされた作が多いです。

「佐竹義重」(さたけよししげ)が、北条氏の騎馬武者を斬ったところ、兜もろとも真っ二つになって馬の左右に落ちたことから、「八文字長義」という名前が付いた名物があります。

詳細情報を見る
成家

「成家」(なりいえ)は、南北朝期に備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)で作刀した刀匠です。「伊達政宗」の愛刀「くろんぼ斬り」を鍛造した初代「景秀」(かげひで)の孫とされています。

刃文互(ぐ)の目や丁子乱を多用する他、刃中の働きで、刃文全体が匂主調になる「匂出来」(においでき)が顕著な点が特徴。小反備前の一派でもあります。

先端が反りあがった短刀が作例として多いですが、まれに長刀や小ぶりの太刀を作刀しました。
銘は「備州長船成家」と切られています。

詳細情報を見る
元重

「元重」(もとしげ)は、「貞宗」(さだむね)の弟子とされ、「貞宗三哲」(さだむねさんてつ)のひとりに数えられます。
また、青江鍛冶と関係が深かったとも考えられているのです。
元重は、切れ味にも定評があり、「山田浅右衛門」が刀匠ごとに切れ味を分類した「懐宝剣尺」(かいほうけんじゃく)に、最も切れ味が良いとされる「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)のひとりとして挙げられています。




詳細情報を見る
康光

「康光」(やすみつ)は、室町時代初期、備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)で3代にわたって作刀した刀匠。
初代を「右衛門尉(うえもんのじょう)康光」、2代目を「左京亮(さきょうのすけ)康光」、3代目を「右ェ門尉(うえもんのじょう)康光」と言います。
盛光、師光とともに「応永三光」に挙げられるほどの名工。3代の作例が室町時代初期に集中しているのは、2代目・3代目とも各先代が活動している時期に作刀を開始したためです。
このうち3代目康光は、2代目の名声に隠れて影の薄い観がありますが、作例を観る以上、2代目に勝るとも劣らない技量の持ち主であったことが判明しています。

詳細情報を見る
盛光

「盛光」(もりみつ)は、南北朝期から室町時代初期にかけて、備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)で3代にわたって作刀にあたった長舩(おさふね:[長船]とも)派の刀匠。
初代・盛光は、倫光(ともみつ)の子とされていますが作例がないため、実質的には2代目・盛光をもって初代としています。2代目・盛光は、名を「修理亮」(しゅりのすけ)と言い、鍛造した太刀は、太刀姿が尋常なのが特徴です。
地鉄(じがね)は板目に杢目が交じり、応永備前特有の棒映りが立つ。刃文互(ぐ)の目丁子が交わり、互の目の頭が丸くなることに盛光の特色があります。
鋒/切先の刃文となる帽子は、先がわずかに尖って返る特徴があり、康光と並び称される応永備前の名工です。

詳細情報を見る
祐定

「祐定」(すけさだ)は、備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)で栄えた長舩(おさふね:「長船」とも)派の刀匠です。室町時代初期から同時代末期まで、複数の刀匠が「祐定」を称して、作刀にあたりました。
この数いる祐定の中で、室町時代末期に活動した与三左衛門尉(よそうざえもんのじょう)祐定が、最高の名手とされています。

この名工の打ち出す互(ぐ)の目乱刃は、焼頭(やきがしら)が2つに割れた独特の形状。蟹の爪をイメージさせることから「蟹の爪刃」と俗称されています。
作例には、当時としては珍しい両刃造の名品も多いです。同じ室町末期に作刀した彦兵衛祐定が、この与三左衛門尉に次ぐ名工に挙げられます。

詳細情報を見る
忠光

「忠光」(ただみつ)は、備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)で栄えた長舩(おさふね:長船とも)派の刀匠です。
南北朝期から室町時代末期まで、複数の刀工が忠光を称して作刀にあたりました。
数いる忠光の中、上手をもって知られるのが、室町時代中期に活動した「彦兵衛忠光」。
得意とする刃文は、直刃(すぐは)と乱刃。このうち直刃は、地鉄(じがね)がよくつんで、地沸(じにえ)が一面について華麗な趣き。乱刃は華やかさこそないが、刃中の働きに足と葉がよく入り、全体として明るい印象です。

この彦兵衛忠光の他に、「彦三郎忠光」、「平右衛門忠光」、「修理亮忠光」、「九郎左衛門忠光」などがいます。

詳細情報を見る
雲生

「雲生」(うんしょう)は、鎌倉時代後期から南北朝時代初期にかけて、備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)津高郡宇甘(うかい)で作刀した刀匠。
「雲」を冠する刀工は、この「雲生」(うんしょう)の他に、「雲重」(うんじゅう)、「雲次」(うんじ)などがいます。
これら雲派は、細身で姿が京風な山城伝が強く現れている物が多いです。
地鉄(じがね)は指で押したような黒く澄んだ肌が特徴であり、刃文直刃(すぐは)に小乱のまじった物が多く、鋒/切先の刃文となる帽子は、小丸で京風。
銘は「備前国住雲生」、「備前国宇甘郷住人雲生」、「雲生」などに切られています。

詳細情報を見る
雲重

「雲重」(うんじゅう)は、南北朝時代に、備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)津高郡宇甘(うかい)で作刀した刀匠。「雲次」(うんじ)の子とされています。
雲重の作風は、地鉄(じがね)が板目に小杢目がまじっており、刃文直刃(すぐは)に小足が入り、互(ぐ)の目が交じり、鋒/切先の刃文となる帽子は、小丸に返り京風です。
雲生同様、作風は山城国(やましろのくに:現在の京都府)の来派に似ており、同時代の備前刀工とは一線を画していました。
銘は「備前国住雲重」、「備前国宇甘郷住人雲重」、「雲重」などに切られています。

詳細情報を見る
畠田真守

「畠田真守」(はたけださねもり)は、鎌倉時代中期に備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)で作刀した刀匠であり、名は弥次郎。畠田派を起こした守家の子と伝えられています。
作刀初期の刃文は、大丁子乱(おおちょうじみだれ)に蛙子丁子(かわずこちょうじ)のような派手な作例が多いですが、時代が下がるにつれて、互(ぐ)の目まじりが主体となり、さらに直刃(すぐは)を採用したのです。

刃文が全体的におとなしくなっていく印象ですが、これは全国的に共通した時代的変遷で、長船長光などにも同様の変化がありました。

詳細情報を見る
則房

「則房」(のりふさ)は、鎌倉時代初期から同時代中期に作刀した刀匠です。
初代・則房は高津(現在の岡山県北区吉宗)に生まれ、福岡一文字派の刀工として活動したあと、備中国(現在の岡山県西部)の片山に移ったとされています。ただ、片山移住に関しては、2代目・則房とする説が有力。いずれにしても片山に移った則宗は、「片山一文字」と呼ばれています。
身幅が広く、腰反りが高く、鋒/切先が猪首となった豪壮な太刀姿は、鎌倉時代の太刀の様相を現在に伝えています。地鉄(じがね)は板目詰み明るい。地中の働きは地沸(じにえ)がついて、地景が入りますが、映りは目立たない物が多いです。刃文は、丁子刃が逆がかるのが特徴で、刃中の働きは金筋が顕著。
銘は、初代・2代とも「則房」の二字に切っています。

詳細情報を見る
三郎国宗

「三郎国宗」(さぶろうくにむね)は、鎌倉時代に作刀を行った刀匠です。初代は、備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)の名工直宗の孫として誕生し、「備前三郎」を称しました。
鎌倉時代中期に、鎌倉幕府第8代執権・北条時宗の招きで鎌倉に赴き、鎌倉においても作刀を行い、鎌倉鍛冶の草分け的存在になったのです。鎌倉時代を代表する名工「新藤五国光」の師とされています。
反りの高い太刀姿と、丁子乱の華麗な刃文に「備前三郎の白染み」と呼ばれる刃染みが特徴。銘は「国宗」と二字に切っています。
2代目は初代の息子、3代目は初代の孫。このうち2代目国宗は、父親が好んで使った丁子刃をあまり使わず、穏やかな刃文を採用。この3代の国宗以外にも、複数の刀匠が同名を名乗って作刀にあたっていました。

詳細情報を見る

相模国

相模国(別称:相州)は、刀工の中で最も有名な「正宗」が活躍した国です。現存する数は、あまり多くありませんが、日本刀の技術を大幅に飛躍させました。相模国の名工については、下記より詳細な情報がご覧頂けます。

大進坊祐慶

刀剣彫物の名手として名高い「大進坊祐慶」(だいしんぼうゆうけい)は、1197年(建久8年)に、下野国(現在の栃木県)の日光山で生まれた人物です。35歳まで僧侶として生活したあと、下山して相模国・鎌倉(現在の神奈川県鎌倉市)に向かい、「相州伝」(そうしゅうでん)の大家(たいか)「新藤五国光」(しんとうごくにみつ)に弟子入り。刀鍛冶の道へ進みました。一説では、108歳まで生きたとも言われています。

彫物の腕前に優れ、「正宗」(まさむね)や「行光」(ゆきみつ)の作刀に施された彫物にも、大進坊祐慶作が多数。銘は「大進坊祐慶」、あるいは「大進坊」と切っています。

なお、昭和期に映画やテレビドラマとなり、人気を博した時代劇「丹下左膳」(たんげさぜん)では、主人公は架空の人物でありながら、その佩刀(はいとう)には、大進坊祐慶作の「濡れ燕」(ぬれつばめ)が採用されました。

詳細情報を見る
秋広

「秋広」は、「相州伝」(そうしゅうでん)における特長のひとつ、「皆焼」(ひたつら)と呼ばれる刃文を創始した刀工です。皆焼とは、刀身全体に網目模様の焼き入れが広がっている刃文のことで、「湯走り」(ゆばしり:[にえ]や[におい]が刃縁[はぶち]から流れたような模様)や、「飛焼」(とびやき:沸が一部に固まっている状態)を強調した手法です。

秋広の出自は、名工「正宗」(まさむね)の門人説や、正宗の子「貞宗」(さだむね)の門人説、貞宗の弟子「広光」(ひろみつ)の弟、あるいは門人説など諸説あり、詳しくは分かっていません。ただし、「古刀銘尽」(ことうめいじん)によれば、1315年(正和4年)に生まれ、84歳で没したことが分かっています。3代にわたって同銘が用いられ、「3代 秋広」は、拠点を鎌倉から上総国(現在の千葉県中部)へ移し、作刀を続けたと伝えられているのです。

作風は、相州伝における他の刀工に比べてやや穏やかで、その銘は草書風。現存刀は少ないものの、「平造り」(ひらづくり)で身幅が広いのが特長であることが分かっています。

詳細情報を見る
綱広

「初代 綱広」は戦国時代、「相州伝」(そうしゅうでん)の総本山だった鎌倉から小田原へ移り、新興勢力「後北条氏」(ごほうじょうし)の支援を受けて、「小田原鍛冶」の礎(いしずえ)を築きました。刀工名にある「綱」の字は、後北条氏の2代当主「北条氏綱」(ほうじょううじつな)から賜ったと言われています。その後「2代 綱広」は「徳川家康」に召し抱えられ、江戸時代にも繁栄を維持。明治時代まで鍛刀を続けました。

20数代受け継がれた綱広のうち、特に良工として名高いのは「5代 綱広」。1660年(万治3年)には、名誉号である「伊勢大掾」(いせのだいじょう)、のちに官位「伊勢守」(いせのかみ)も受領しました。その作風は、「鎬地」(しのぎじ)が低く先反りであることが特長。刃文は「焼きの谷」(やきのたに)に「荒沸」(あらにえ)が見えます。

詳細情報を見る
広正

「初代 広正」は、名工「正宗」(まさむね)の門人として、「相州伝」(そうしゅうでん)の技法を受け継いだ刀工のひとりです。延文年間(1356~1361年)頃に活躍しましたが現存刀は少なく、現在観られるのは、文安・宝徳年間(1444~1452年)の作例がほとんどです。

広正の銘は、1504年(文亀4年/永正元年)頃まで受け継がれ、途中、1469年(応仁3年/文明元年)に、相模国(現在の神奈川県)から上野国(現在の群馬県)に移住。領主「小幡氏」(おばたし)のもとで鍛刀を行いました。

作風は「平造り」(ひらづくり)で身幅が広く、先反り(さきぞり)になった「大脇差」(おおわきざし)が主流。刃文は「本位」(にえほんい)の「乱刃/乱れ刃」が特長です。「板目肌」に「皆焼」(ひたつら:網目模様の焼き入れ)を焼き、「飛焼」(とびやき:沸が一部に固まっている状態)が集まっています。

なお広正は、「彫物の上手」とも称され、その作刀に好んで彫刻を施していました。特に「倶利迦羅」(くりから:刀剣に龍が巻き付いた姿)などを彫った作例は秀逸です。

詳細情報を見る
新藤五国光

「新藤五国光」(しんとうごくにみつ)は、「相州伝」(そうしゅうでん:相模国[さがみのくに:現在の神奈川県]の刀工の作風・系統)の実質的な祖であり、名工で有名な「正宗」(まさむね)・「行光」(ゆきみつ)らの師も務めました。

「粟田口六兄弟」(あわたぐちろくきょうだい)の末弟、「国綱」(くにつな)の子と伝えられます。

法名は「光心」。当時、京都で人気を集めていた「山城伝」(やましろでん)の刀工、「来国俊」(らいくにとし)と共に、「東西の双璧」と称された名工です。生没年不詳。

詳細情報を見る
行光

行光(ゆきみつ)は、鎌倉時代末期に相模国(さがみのくに:現在の神奈川県)で作刀した刀匠で、新藤五国光の子とされていますが、門人とする説もあります。
正宗の兄弟子にあたる名工です。在銘作は短刀になり、太刀はすべて大摺上無銘になります。
短刀は身幅が普通で小ぶりの物が多いです。やや内反りに反る姿がみられます。刃文は新藤五国光の影響を受けて直刃(すぐは)が中心で、乱刃もあり、金筋砂流しかかりが強いです。
刀身の彫刻は、兄弟子で日光山法師の「大進坊」(だいしんぼう)の手によると伝わっています。

詳細情報を見る
正宗

「正宗」は、鎌倉時代末期から南北朝時代初期にかけて、作刀に携わった刀工です。通称「五郎入道」と名乗っていたため、一般的には「五郎入道正宗」(ごろうにゅうどうまさむね)と呼ばれています。江戸時代に編纂された名刀リスト「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)において、「天下三作」(てんがさんさく)のひとりに選定された名工です。

正宗は、1264年(弘長4年/文永元年)、鎌倉鍛冶の名工「藤三郎行光」(とうさぶろうゆきみつ)の子として生まれました。1280年(弘安3年)に17歳で父親と別れ、「新藤五国光」(しんとうごくにみつ)の門下に入ります。ここで作刀秘術を習得。その後、山城国(現在の京都府南部)、備前国(現在の岡山県東南部)、伯耆国(現在の鳥取県中西部)など、刀の生産地を行脚して、各地の技術を研究。ついに「相州伝」(そうしゅうでん)を完成させます。相州伝の刀は、薄いながらも強度抜群の刀身が特徴であり、これは、刀の常識を一変させる革新的な鍛法でした。

正宗による相州伝の完成は、時代背景と密接に関係しています。正宗が刀工としての道を歩み始めた時期は、いわゆる「元寇[蒙古襲来]」(げんこう[もうこしゅうらい])の時期と重なっています。外国からの侵略という未曽有の事態となった日本では、これまでになく自国の防衛意識が上昇。これを受けて武を貴ぶ気風が盛り上がり、併せて刀のあり方が問われるようになったのです。

武士達が求めたのは豪壮にして実用に耐え、武運を強くしてくれる1振でした。こうした動向の中、五郎入道正宗が相州伝を完成させるのです。相州伝は硬軟の「地鉄」(じがね)を組み合わせ、「地景」(ちけい)や「金筋」(きんすじ)など刃中の働きと、「湾れ刃」(のたれば)を基調とした大模様の刃文による「」(にえ)の美しさを強調する作風です。これにより、刀身の強度向上はさることながら、刃文の躍動感が一気に増しました。

山城伝」(やましろでん)の「粟田口派」(あわたぐちは)による伝統を継承した、整った「直刃」(すぐは)ではなく、荒々しい波濤(はとう:大きな波)のような刃文を刀身に表現したのです。この雄渾(ゆうこん:雄大で勢いが良いこと)さが、武運長久を希求する鎌倉武士達の琴線に触れ、正宗は、一躍著名な刀工となったのです。

以後、正宗の作風は全国に影響を及ぼし、後世に言う「正宗十哲」(まさむねじってつ)が生まれます。これは、正宗の影響を強く受けた10人の刀工のこと。正宗十哲のすべてを正宗門下と認めるのは困難ですが、「沸出来」(にえでき)を強調している点は共通しています。正宗十哲によって新しい作刀技術は日本全国に拡大し、のちに「新刀」や「新々刀」(しんしんとう)が誕生する原動力となるのです。

このように、五郎入道正宗の登場により、日本における刀の歴史は大きく転換しました。このため正宗は、「日本刀中興の祖」と位置付けられています。







詳細情報を見る
貞宗

貞宗(さだむね)は、鎌倉時代末期から南北朝時代初期にかけて、相模国(さがみのくに:現在の神奈川県)で作刀した刀匠です。相州伝を代表する正宗の門人で、技量を見込まれ養子になったと伝わっています。
大摺上の太刀身幅が広く、鋒/切先の形状は「大鋒」(おおきっさき)の物が多いのが特徴。地鉄(じがね)は板目に杢が入り詰み、地沸厚く付き地景が盛んに入り、刃文は大湾(おおのた)れを主にし、小乱れや互(ぐ)の目のついた作例が多く、刃中の働き金筋稲妻砂流しが激しくかかっています。
太刀・短刀とも師・正宗に比べて穏やかな作風。片切刃造二筋樋は、貞宗から始まっており、現存する日本刀は、すべて無銘で在銘作はありません。

詳細情報を見る
廣光

「廣光」(ひろみつ)は、南北朝期に相模国(さがみのくに:現在の神奈川県)で作刀した刀匠です。名を「九郎次郎」。正宗の門下だったとされていますが、貞宗の門下とする説もあります。
作例では、名物・大俱利伽羅廣光が最も有名。ただ、太刀の在銘作は1振のみで、他の作刀は平造りの小脇差が全体を占めています。
地鉄(じがね)は板目が肌立ち、地中の働きは地沸がついて地景が際立つ。刃文は中直刃(ちゅうすぐは)もありますが、大乱れで激しくなり皆焼(ひたつら)になります。刃中には、金筋や稲妻がかかり、砂流しも盛んに入り働きが豊富です。
銘は、「廣光」と「相模国住人廣光」の2種。南北朝期以降室町時代に入り、複数の刀工が廣光を名乗って作刀しました。

詳細情報を見る

美濃国

美濃国は五箇伝と称される伝法の中で最も新しい時代に興ります。美濃の周辺に割拠していた織田信長や斉藤道三、徳川家康といった群雄の強い刀剣需要によって栄えました。美濃国の名工については、下記より詳細な情報がご覧頂けます。

兼氏

「兼氏」(かねうじ)は、大和国手掻派(やまとのくにてがいは:現在の奈良県)の出身で、大和伝を習得。その後、相州伝の「五郎入道正宗」(ごろうにゅうどうまさむね)に弟子入りし、「正宗十哲」(まさむねじってつ:正宗の影響を受けた相州伝の名工10名)のひとりにも挙げられます。

兼氏は、大和国では「包氏」(かねうじ)と名乗っていましたが、「兼氏」と改名。志津村の土地に移住して「志津三郎兼氏」と名乗り、一派を形成。

兼氏の死後、その弟子達が志津系を継承。隣接する直江村に移住し、一派の名称を「直江志津」と改め、大和伝と相州伝を加味した美濃伝を完成させました。

詳細情報を見る
金重

「金重」(きんじゅう)は、南北朝時代に美濃国(みののくに:現在の岐阜県)で作刀した刀匠であり、関鍛冶の祖とされています。
本国は越前国(えちぜんのくに:現在の福井県)敦賀であり、法号は「道阿弥」という僧でした。在銘作は太刀にはなく、短刀のみになります。
短刀の姿は重ねが薄く、浅く反っているのが特徴。地鉄(じがね)は板目に柾目が交じり、黒みがかって肌立ち、白気映りの立つ物もあります。刃文は小湾(このた)れに、互(ぐ)の目がまじり、互の目丁子にはのちの兼房乱れのような物もあり、鋒/切先の刃文となる帽子は大丸や乱れ込みなどが多いです。
銘は「金重」と二字に切っています。


美濃伝の刀剣 関市美濃伝の刀剣 関市
世界でも有数の刃物の産地である美濃伝の岐阜県関市についてご紹介します。

詳細情報を見る
兼友

「兼友」(かねとも)は、南北朝期に父子2代にわたって美濃国(みののくに:現在の岐阜県)で作刀を行っていました。
初代兼友は「志津三郎」(しづさぶろう)を名乗った「兼氏」(かねうじ)の子とされていますが、門人とする説もあります。「右衛門尉」(うえもんのじょう)、「右衛門三郎」を称しました。
地鉄(じがね)は板目に柾目が交じり、地中の働きは地沸(じにえ)がつき、白気映り(しらけうつり)が立つのが特徴。刃文は小沸出来湾れ(のたれ)や互の目(ぐのめ)乱れで、刃中には金筋が入ります。
銘は「兼友」。2代目・兼友は「藤九郎」を称し、南北朝期最末期の作例が2振現存しています。湾れ調の直刃(すぐは)に腰の開いた互の目を入れた刃文が特徴です。

詳細情報を見る
兼次

「兼次」(かねつぐ)は、南北朝期に美濃国(みののくに:現在の岐阜県)で作刀をした刀匠。初代「兼氏」(かねうじ)の子、もしくは門人と伝わっています。

美濃伝が色濃く出た作刀が多く、地鉄(じがね)は板目に柾目が交じり、地中の働きは地沸(じにえ)がついて、白気映り(しらけうつり)が立つ。刃文互の目(ぐのめ)乱れに尖刃(とがりば)が交じり、刃中の働きは、匂が深く小沸がよくつき、砂流しや金筋が際立っています。

銘は「兼次」の二字に切る。の切り方や刃文に相違が見られることから、南北朝期から室町時代末期にかけて、兼次の名跡が続き、作品を残しました。

詳細情報を見る
兼定/之定

2代目「兼定」(かねさだ)は、の「定」の文字が「ウカンムリに之」に観えることから、「のさだ」の名称で呼ばれる関鍛冶の第一人者です。
「末古刀最上作」に位置付けられ、江戸時代には「千両兼定」と称されました。
兼定は、切れ味もかね備え、多くの戦国武将に愛され、江戸時代の刀剣書「懐宝剣尺」(かいほうけんじゃく)には、「最上大業物」の刀工として記されています。

詳細情報を見る
兼吉

兼吉(かねよし)は、室町時代初期から室町時代末期まで、美濃国(みののくに:現在の岐阜県)で作刀した刀匠。初代は名を「清次郎」。出家して法名を「善定」と称し、善定派の祖となりました。先反りつき、時代に沿った片手打ちの姿が多いです。
地鉄(じがね)は板目に柾目が交じり、地中の働きは地沸(じにえ)一面につき、白気映り(しらけうつり)が際立っています。刃文直刃(すぐは)で、喰違刃(くいちがいば)が入る物もあり、銘は「兼吉」などが使われていました。
2代目は初代に次ぐ名手であり、特に直刃調の刃文は後世の評価が高いです。は初代より幾分小さいのが特徴で、初銘「兼信」に加え、改名後の「兼吉」、「濃州住兼吉」があります。

詳細情報を見る
兼元/孫六

「孫六」(まごろく)は、「2代兼元」のことを指し、その優れた切れ味と技量は全国に知られ、「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ)とともに、美濃国武儀郡関郷(みののくに:現在の岐阜県関市)で活動した末関鍛冶を代表する名工です。
大永から天文年間まで作刀していたことが、確認されています。
孫六兼元は、「折れず、曲がらず、切れ味の良い」日本刀を作ることに成功。その日本刀は、戦国時代に武田信玄豊臣秀吉など多くの武将に愛用されたほどです。
江戸時代には、「関の孫六」の名で広く有名になりました。

詳細情報を見る

五箇伝以外

五箇伝以外の各地域においても、代表的な刀工や流派が存在し、数々の名刀を生み出しております。各地域の五箇伝以外の名工については、下記より詳細な情報がご覧頂けます。

相模守政常

「相模守政常」は、戦国時代末期から江戸時代初期にかけて活躍し、当代きっての名工と謳われた人物です。もともとは、美濃国(現在の岐阜県南部)で「5代 兼常」(ごだい かねつね)を名乗っていましたが、「豊臣秀吉」の家臣「福島正則」(ふくしままさのり)に招かれて尾張国(現在の愛知県西部)へ移住。お抱え鍛冶として手腕を発揮し、「相模守」を拝領すると、さらに福島正則より「正」の字を賜って「正常」(まさつね)に改名し、その後、表記を「政常」に変更しています。

作域が非常に広く、刀(打刀)はもちろん脇差(わきざし)や短刀薙刀(なぎなた)まで作刀。相模守政常の刀剣を所持していると、狐憑きや瘧(おこり:マラリアの一種)なども治ると噂が広まり、短刀などは、贈り物にも用いられていたと言います。

江戸時代に入ってからも、相模守政常は「徳川家康」の四男「松平忠吉」(まつだいらただよし)に召し抱えられ、「初代 政常」没後も、代々「徳川家」のもとで鍛刀。1875年(明治8年)没の「10代 政常」まで続きました。

詳細情報を見る
伯耆守信高

「伯耆守信高」(ほうきのかみのぶたか)は、尾張国(現在の愛知県西部)の著名な3名工「尾張三作」(おわりさんさく)のひとりに数えられる名工です。美濃国(現在の岐阜県南部)で作刀技術を磨いたあと、1610年(慶長15年)、「名古屋城」(愛知県名古屋市)の完成と共にその城下へ移住。この時期、美濃国から尾張国へ流れた刀工は数多く、この一派は「尾張関」(おわりせき)と呼ばれています。

伯耆守信高は、尾張関の総代を務め、以降尾張藩の藩工として、代々「尾張徳川家」に仕えました。5代にわたり「伯耆守」を受領していることからも、信任のほどが窺えます。

作風は総体的に大人しいところが最大の特長。刃文は「本位」(にえほんい)ながら、同じく尾張関の代表的刀工「相模守政常」(さがみのかみまさつね)らよりも沸が少なく、「互の目乱」(ぐのめみだれ)が多く見られます。

詳細情報を見る
大和守吉道

「大和守吉道」は、「初代 大坂丹波守吉道」(しょだい おおさかたんばのかみよしみち)の次男で、関西における「丁子乱[ちょうじみだれ]の3名人」のひとりに数えられた名工です。生年は不詳ですが、延宝年間(1673~1681年)まで生き、80余歳で没しました。一時期、播磨国・姫路(現在の兵庫県姫路市)に駐槌していたことがあるため、俗に「姫路大和」とも呼ばれています。

大和守吉道が得意とした丁子乱とは、丁字の実が連なった形にみえる刃文のこと。後代になると、「薬焼刃」(くすりやきば)と呼ばれる技法によって、菊水や富士山、桜花などを交えた華やかな文様を描き、人気を博しました。切れ味も良く、江戸時代の刀剣格付書「懐宝剣尺」(かいほうけんじゃく)において、「良業物」(よきわざもの)の評価を得ています。

なお、大和守吉道の銘は3代続き、「2代 吉道」は寛文年間(1661~1673年)に、常陸国(現在の茨城県)の「徳川光圀」(とくがわみつくに)に招かれて駐槌しています。

詳細情報を見る
和泉守国貞

「和泉守国貞」は、江戸時代初期に隆盛を誇った「大坂新刀」創始者のひとりです。「西教寺」(さいきょうじ:宮崎県宮崎市)の跡取り息子でしたが、京都に出て「堀川派」の始祖「堀川国広」(ほりかわくにひろ)に師事し、作刀を学びます。

師匠の没後は「越後守国儔」(えちごのかみくにとも)の薫陶(くんとく:人徳や品格の力で感化し、立派な人に育てること)を受け、1620年(元和6年)頃に独立。大坂に移住し、同じ堀川一門の「河内守国助」(かわちのかみくにすけ)と共に、大坂新刀の礎を築きました。

飫肥藩(現在の宮崎市中南部、及び日南市)3代藩主「伊東祐久」(いとうすけひさ)からの信任も厚く、1623年(元和9年)には「和泉守」を受領。知行100石や、伊東祐久自筆の絵画なども与えられたと伝わります。

晩年は病に伏せるようになったため、次男である「2代 国貞」(通称:井上真改[いのうえしんかい]、別称[真改国貞]」)に代作させることが増えますが、2代 国貞もまた父親と同様に、日本刀の作刀における非凡な才能の持ち主。「相州伝」(そうしゅうでん)を確立した名工「正宗」(まさむね)になぞらえ、「大坂正宗」(おおさかまさむね)と称されました。

詳細情報を見る
山城大掾国包

「山城大掾国包」は、仙台藩(現在の宮城県仙台市)の藩工として、その名を馳せた名工です。本名は「本郷源蔵」(ほんごうげんぞう)と言い、大和国(現在の奈良県)の名工で「柾目肌」(まさめはだ)の名人、「保昌貞宗」(ほうしょうさだむね)の末裔(まつえい)と伝わる人物です。

生まれは1592年(天正20年/文禄元年)で、23歳のとき、仙台藩初代藩主「伊達政宗」(だてまさむね)の命により、山城国(現在の京都府南部)の刀工「初代 越中守正俊」(しょだい えっちゅうのかみまさとし)の門人となりました。1619年(元和5年)に帰国し、以降、仙台藩工として鍛刀に励みます。

保昌貞宗の柾目鍛えを復活させたことでも知られ、柾目肌に「」(にえ)が流れた地肌は秀逸。作例の切れ味も鋭く、江戸時代に刀の切れ味を格付けした書物「懐宝剣尺」(かいほうけんじゃく)において、もっとも格付けの高い「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)に選ばれています。

詳細情報を見る
南紀重国

「南紀重国」は江戸時代に、紀州藩(現在の和歌山県、及び三重県南部)のお抱え刀工を務めた、大和国(現在の奈良県)出身の人物です。「徳川家康」に召し抱えられ、駿河国(現在の静岡県中部、及び北東部)で鍛刀。1615年(慶長20年/元和元年)に、徳川家康の十男「徳川頼宣」(とくがわよりのぶ)に追従して、紀州藩へ移りました。

古刀期」から「新刀期」へ移行する時期に作刀された「慶長新刀」(けいちょうしんとう)において、南紀重国は、「新刀五鍛冶」のひとりに数えられるほど鍛刀技術は卓越。江戸時代の刀剣格付書「懐宝剣尺」(かいほうけんじゃく)でも、「良業物」(よきわざもの)に選ばれています。

なお、南紀重国一派のなかでは、「4代 重国」も高名。江戸幕府8代将軍「徳川吉宗」(とくがわよしむね)の命により、「浜御殿」(現在の浜離宮恩賜庭園[はまりきゅうおんしていえん]:東京都中央区)で作刀を披露し、「一葉葵紋」(いちようあおいもん)を「」(なかご)に刻むことを許されました。

詳細情報を見る
肥前忠吉

慶長新刀」(けいちょうしんとう)の祖と呼ばれる「埋忠明寿」(うめただみょうじゅ)に師事した「忠吉」(ただよし)は、肥前国(現在の佐賀県、及び長崎県)の戦国大名「龍造寺隆信」(りゅうぞうじたかのぶ)に仕えた重臣の家に生まれました。

しかし、父が「島津家」との戦いで戦死。忠吉は、「加藤清正」に召し抱えられていた刀工「同田貫善兵衛」(どうだぬきぜんべえ)の家に預けられ、ここで約13年間にわたり、鍛刀を学んだことで刀工として道を歩み始めます。

1596年(文禄5年/慶長元年)、佐賀藩(現在の佐賀県)初代藩主「鍋島勝茂」(なべしまかつしげ)の命で上京し、名工・埋忠明寿の門下として技術を磨くと、1598年(慶長3年)に帰国。以降、佐賀藩の藩工として作刀に励みます。

元来誠実な人物だったため師匠からの信頼も厚く、忠吉が鍛えた一部の日本刀における「」(なかご)には、師匠が称賛を込めた彫刻や添銘が見られます。

技量も当代随一との呼び声が高く、江戸時代の刀剣格付書「懐宝剣尺」(かいほうけんじゃく)では、最上位である「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)に選定されました。個性派揃いの慶長新刀の中でも、特に名手であったと評される名工です。

詳細情報を見る
大慶直胤

「大慶直胤」(たいけいなおたね)は、「水心子正秀」(すいしんしまさひで)や「源清麿」(みなもときよまろ)と共に、「新々刀期」(しんしんとうき)の「江戸三作」に列せられる名工です。俗名として「荘司/庄司箕兵衛」(しょうじみのべえ)と名乗っていました。その生年は、1778年(安永7年)、もしくは1779年(安永8年)と推定されています。7月15日の月を「大慶の月」と呼ぶため、どちらかの年の7月15日に生まれたとの説が有力です。

出身は出羽国(現在の山形県、及び秋田県)で、鎌鍛冶を生業とする家に生まれました。しかし、若くして刀鍛冶を志して出府(しゅっぷ:地方から江戸へ出ること)。日本橋浜町(現在の東京都中央区)にある、山形藩(現在の山形県)藩主「秋元家」(あきもとけ)の江戸屋敷内で、同郷の水心子正秀から日本刀鍛造の技法を学びました。入門の明確な時期は定かではありませんが、23歳になった1801年(寛政13年/享和元年)の作例が現存しているため、1798年(寛政10年)前後には、水心子正秀の門下に入ったとされています。

大慶直胤が江戸在住のまま、秋元家に藩工として召し抱えられたのは、1812年(文化9年)頃。1821年(文政4年)、もしくは1822年(文政5年)に「筑前大掾」(ちくぜんのだいじょう)を受領します。

そして、1848年(弘化5年/嘉永元年)には上洛し、「鷹司家」(たかつかさけ)の太刀を鍛造したことで、「美濃介」(みののすけ)の官位を賜っています。大慶直胤の知名度が上がるにしたがって、招聘の要望が殺到。大慶直胤は、これらに応じて、各地で日本刀の鍛造を行いました。

大慶直胤による作例の大きな特長は、地方で鍛刀した際には、必ず地名を銘に切っている点。例えば、相模国(現在の神奈川県)での作刀は「サカミ」、伊豆国(現在の静岡県伊豆半島)では「イツ」という銘が見られるのです。

これらの他にも大慶直胤の作刀には、「ヲシテル」と切られた銘があります。ヲシテルとは、「難波」(なんば)という大坂の地名にかかる枕詞で、「万葉集」以降知られている言葉です。

なお、大慶直胤の弟子「韮山胤長」(にらやまたねなが)が、伊豆国・韮山(現在の静岡県伊豆の国市)において、代官を務めていた「江川太郎左衛門英龍」(えがわたろうざえもんひでたつ)のお抱え刀工として働いていました。

また、日本刀の歴史において、大慶直胤が重要視されている理由のひとつが、師匠・水心子正秀が提唱した「刀剣復古論」に基づき、古刀期(平安時代中期から安土桃山時代末期)に生まれた5種類の伝法「五箇伝」(ごかでん)の技法を用いた日本刀を再現したこと。

五箇伝は、その生産地別に、現在の岡山県東南部で興った「備前伝」(びぜんでん)、同じく京都府南部の「山城伝」(やましろでん)、神奈川県の「相州伝」(そうしゅうでん)、奈良県の「大和伝」(やまとでん)、そして岐阜県南部の「美濃伝」(みのでん)を指し、大慶直胤は、これらの伝法を巧みに操って作刀しました。

大慶直胤が、日本刀が実戦本位に作刀されていた古刀期の各伝を当代に蘇らせることができたのは、卓越した技術があったからこそ。師匠の水心子正秀が提唱者なら、弟子の大慶直胤は、刀剣復古論を実践した第一人者であったと言えるのです。

詳細情報を見る
近江守助直

「近江守助直」は、1639年(寛永16年)に近江国(現在の滋賀県)に生まれ、大坂に出て「2代 助広」(にだい すけひろ)に作刀技術を学んだ名工です。1675年(延宝3年)頃に助広の娘婿となって「津田」姓となり、その後、故郷に戻って鍛刀に励みました。

1682年(天和2年)、助広が没すると再び大坂へ来住。津田一門の後継者となります。助広の特長である「互の目乱」(ぐのめみだれ)や「濤瀾乱」(とうらんみだれ)といった刃文を施す技法を受け継ぎ、一門の繁栄を支えました。

近江守助直の作風は、おおむね助広に似ていますが、身幅がやや狭く、先反り気味。また、濤瀾乱において助広が得意とした「玉焼」(たまやき)が、ほぼ見られないなどの違いがあります。

没年は不詳ですが、1693年(元禄6年)以降の作例が見当たらず、これより遠くない時期に没したと推定されているのです。

詳細情報を見る
河内守国助

「河内守国助」は、「初代 和泉守国貞」(しょだい いずみのかみくにさだ)と共に、「大坂新刀」の創始者となった刀工として知られています。はじめは「亀山城」(三重県亀山市)城主「関一政」(せきかずまさ)のお抱え刀工でしたが、「関氏」滅亡後に京都へ移り、新刀期初期の名工「堀川国広」(ほりかわくにひろ)の門人となります。

その後、堀川国広が没すると、兄弟子「越後守国儔」(えちごのかみくにとも)のもとで学び、1630年(寛永7年)頃に大坂で独立。「小杢目肌」(こもくめはだ)の地肌(じはだ)に、「沸出来」(にえでき)の華やかな刃文が特長です。

河内守国助の銘は、3代にわたって受け継がれており、なかでも「2代 河内守国助」は、「中河内」(なかかわち)と称される名工として知られ、「拳形丁子」(こぶしがたちょうじ:連続した「丁子乱」が、握りしめた拳の形に似ている刃文)という独自の乱刃/乱れ刃(みだれば)を考案。初代に並ぶ人気を博しました。

詳細情報を見る
法城寺正弘

相州伝」(そうしゅうでん)の名工「貞宗」(さだむね)には、「貞宗三哲」と称される高弟がいました。そのひとり「法城寺国光」(ほうじょうじくにみつ)が属した「但州法城寺派」の末裔が、「法城寺正弘」(ほうじょうじまさひろ)です。

本名は「滝川三郎太夫」(たきがわさぶろうだゆう)と名乗っており、但馬国(現在の兵庫県北部)から江戸に移住し、「江戸法城寺派」を打ち立てた人物です。「江戸新刀」の第一人者でありながら、派閥形成の手腕も発揮。数十名にも及ぶ刀工を束ねます。その権勢は江戸市中随一を誇り、江戸幕府のあらゆる鍛冶業務を許されるほど絶大でした。

一時は常陸国(現在の茨城県)の「徳川光圀」(とくがわみつくに)に招かれ、水戸でも作刀しています。作風は江戸新刀らしく、反りが浅い先細りの姿。その刃文は、同時代に活躍した「長曽祢虎徹」(ながそねこてつ)に似た「互の目乱」(ぐのめみだれ)や、「本位」(にえほんい)の「広直刃」(ひろすぐは)などが特長です。

詳細情報を見る
大和守安定

江戸時代の刀剣格付書「懐宝剣尺」(かいほうけんじゃく)において、「良業物」(よきわざもの)と評された「大和守安定」は、紀伊国(現在の和歌山県、及び三重県南部)の一門「石堂派」の流れを汲む刀工です。本名は「飛田/冨田宗兵衛」(とんだそうべえ)と言います。

江戸に出た大和守安定は、幕府の「御用鍛冶」(ごようかじ)を務めた「2代 康継」(にだい やすつぐ)の門下となり、作刀の腕を磨きました。鋼に粘りを出すための「焼き戻し」の技術に長けていたため切れ味が良く、江戸幕府の「御様御用」(おためしごよう:試し切り役)にもたびたび献上。

それらのなかには、截断銘(さいだんめい:試し切りの結果を記録した銘)として、「天下開闢以来五ッ胴落」(てんかかいびゃくいらいいつつどうらく)と切られた作例もありました。これは、5体分の胴を一度に切り落としたことを意味しています。

大和守安定の作風は、反りが浅く先反りになった「江戸新刀」らしい姿。刃文は「沸出来」(にえでき)、または「互の目乱」(ぐのめみだれ)を豪快に焼き、江戸物の刀の中でも、地肌が最も黒ずんでいるのが特長です。

詳細情報を見る
大村加卜

多数いる刀工の中でも、「大村加卜」(おおむらかぼく)ほど異質な経歴を持つ人物は稀です。越後国・高田藩(現在の新潟県)で医者として働きながら、鍛刀も行っていました。

鍛刀は若い頃から趣味で行っており、その始まりは、1644年(寛永21年/正保元年)のこと。一説によると、現在の東京都八王子市を中心に活動していた「下原鍛冶」(したはらかじ)に技術を学んだとされています。

1681年(延宝9年/天和元年)に高田藩のお家騒動、いわゆる「越後騒動」が起こると、大村加卜は浪人となり江戸へ移住。その後、常陸国(現在の茨城県)の「徳川光圀」(とくがわみつくに)に招かれ水戸へ移り、「侍医」(じい:貴人に属する医者)、及び「御伽衆」(おとぎしゅう:大名などの側近として話し相手などを務める者)となりました。

その間も鍛刀は続けており、自著「剣刀秘宝」によれば、生涯で作刀したのは100振余り。これらの作例が、余技(よぎ:専門以外に身に付けた技術)で鍛えたとは思えないほど品質が高く、多くの偽物が流通するほど人気を博したのです。

作風は大きく系統分けすると、「本位」(にえほんい)となる「相州伝」(そうしゅうでん)と、「出来」(においでき)となる「備前伝」(びぜんでん)の技法が用いられており、自ら考案した「真之十五枚甲伏作」と称する鍛法を駆使して、日本刀が作られていました。

詳細情報を見る
石堂是一

「石堂是一」(いしどうこれかず)は、「江戸新刀」の隆盛期に繁盛した「江戸石堂派」(えどいしどうは)を率いた刀工です。近江国(現在の滋賀県)出身で、備前国(現在の岡山県東南部)の「一文字助宗」(いちもんじすけむね)の末裔とされています。

江戸へ移住し、江戸石堂派と称される一大流派を築くと、1721年(享保6年)に江戸幕府のお抱え刀工に就任。以降、8代にわたり「是一」の銘が受け継がれました。初代が「懐宝剣尺」(かいほうけんじゃく)において「良業物」(よきわざもの)に格付けされている他、後継にも恵まれ、代々繁盛します。特に、幕末期に活躍した「7代 是一」、通称「運寿是一」(うんじゅこれかず)は、石堂派を代表する名工です。

1841年(天保12年)に「伊勢神宮」(いせじんぐう:三重県伊勢市)と「日光東照宮」(にっこうとうしょうぐう:栃木県日光市)、両宮の奉納刀鍛造を命じられ、「徳川家」の家紋である「葵紋」の切り添えを許されました。

また、1854年(嘉永7年/安政元年)にはアメリカへ送る日本刀を、さらに1859年(安政6年)には、イギリスへ送る薙刀(なぎなた)を作刀するなど、数多くの御用を江戸幕府から拝命したと伝えられています。

詳細情報を見る
水心子正秀

「水心子正秀」(すいしんしまさひで)は江戸時代後期、日本刀の作刀に一大変革をもたらした名工のひとりです。出身は出羽国(現在の山形県、及び秋田県)であり、本名は、「川部儀八郎」(かわべぎはちろう)と言います。

幼い頃に父親が亡くなると、母親の実家である赤湯町(現在の山形県南陽市)の「外山家」へ、母親や兄と共に移住。水心子正秀は、同家のもとで農具制作を始めて鍛冶の道に入り、その基礎を下長井小出(現在の山形県長井市)在住の「吉沢三次郎」(よしざわさんじろう)に学びました。

ほどなくして刀鍛冶への転身を決めた水心子正秀は、1771年(明和8年)、22歳で武蔵国八王子(現在の東京都八王子市)の「宮川吉英」(みやがわよしひで)に入門。「下原派」(したはらは)による作刀技術を学びます。同派は八王子を中心に、江戸時代後期から幕末にかけて繁栄した刀工の流派であり、実戦本位の日本刀を作刀することで知られていました。

出羽国に帰国すると、1774年(安永3年)、鍛刀の腕前を認められて、「山形城」(山形県山形市)城主「秋元永朝」(あきもとつねとも)のもとに出仕します。「水心子」の号は、このときから用い始めました。

1781年(安永10年/天明元年)に出府(しゅっぷ:地方から江戸へ出ること)し、日本橋浜町(現在の東京都中央区)にあった「秋元家」の中屋敷(なかやしき)に居を定めると、持ち前の旺盛な探求心を遺憾なく発揮。「古刀期」(日本刀の歴史において、平安時代中期から安土桃山時代末期に当たる時代区分)の「相州伝」(そうしゅうでん)と「備前伝」(びぜんでん)の作刀技術を学び始めます。

相州伝とは鎌倉時代、相模国(現在の神奈川県)において大成された鍛刀技術です。薄いながらも強度抜群の刀身と鋭い切れ味が特長であり、実戦向けの日本刀を必要とする、鎌倉武士の需要に合致していました。備前伝とは、備前国(現在の岡山県東南部)に伝承された作刀技術です。同国は良質な砂鉄が採取できたため、古くから日本刀の作刀が盛んであり、多くの流派が誕生。幾多の名工を輩出しました。

古刀期の鍛刀技術を学ぶ中で、水心子正秀は、その当時の華美で反りの少ない日本刀に対して、次第に物足りなさを感じるようになり、独自の刀剣理論である「刀剣復古論」を提唱します。これは、「日本刀は、すべからく古刀の昔に復するべき」と論じる考え方であり、提唱者の水心子正秀自身も、反りが深い棟区[むねまち]から鋒/切先[きっさき]までを直線で結んだ際に、とその線まで最も離れている部分が長いこと)、実用本位の日本刀作りに邁進します。この刀剣復古論が登場すると、刀鍛冶の多くがこれに共鳴。日本刀は、刀剣復古論の影響のもとに、作刀されることが主流となっていくのです。

そして現在では、1596年(文禄5年/慶長元年)頃から、水心子正秀ら刀剣復古論を推し進めた刀工達が登場する以前の日本刀を「新刀」(しんとう)、以後を「新々刀」(しんしんとう)と呼んで区別しています。

水心子正秀は、「刀剣実用論」や「刀剣武用論」などの著作を刊行するかたわら、門弟教育にも意を砕き、多くの門下生を育てました。なお、新々刀期における日本刀の中で、水心子正秀とその弟子「大慶直胤」(たいけいなおたね)、別系統出身の「源清麿」(みなもとのきよまろ)の3人の名工が鍛刀した作例を「江戸三作」と呼んでいます。

詳細情報を見る
源清磨

「源清麿」(みなもときよまろ)は江戸時代後期、小諸藩赤岩村(こもろはん・あかいわむら:現在の長野県東御市)に、郷士(ごうし:半農半士の者)であった「山浦昌友」(やまうらまさとも)の次男として生まれました。

本名は「山浦内蔵助環」(やまうらくらのすけたまき)と言い、兄で刀工の「山浦真雄」(やまうらさねお)から日本刀の鍛造技術を学んだあと、江戸へ出ることに。撃剣(げっけん:刀や木刀などで相手を打ち、自分の身を守る武術)習得のために源清麿は、幕臣の武術家「窪田清音」(くぼたすがね)の門下に入ります。

しかし窪田静音は、源清麿が撃剣よりも鍛刀に優れた才能を秘めていることを看破し、屋敷内に鍛刀場を設けて「旗本から名刀を借り受け、研究せよ」と下命。これを受けて源清麿は、実戦本位に作刀された古(いにしえ)の名刀を直に(じかに)吟味しつつ、それに近い日本刀の作刀を始めたのでした。この「名刀から直に学ぶ」という経験が、のちに独自の立ち位置を確保し、源清麿は、名工としての地位を確立するのです。

1826年(文政9年)、同じく江戸で名を馳せていた刀工「水心子正秀」(すいしんしまさひで)が、「刀剣復古論」に基づく作刀を提唱します。「刀剣復古論」とは、実用性の観点から、「日本刀はすべからく鎌倉時代の昔に復するべき」と主張し、反りが深く棟区[むねまち]から鋒/切先[きっさき]までを直線で結んだ際に、棟とその線まで最も離れている部分が長いこと)、実用本位の日本刀を作刀しようとした動きです。源清麿も、この復古新刀論に賛同。日本刀は復古新刀論の影響を受けつつ、作刀されるようになりました。

このため日本刀の世界では、水心子正秀登場以前の日本刀を「新刀」、それ以後を「新々刀」(しんしんとう)と呼んで区別しているのです。源清麿は、水心子正秀とその弟子「大慶直胤」(たいけいなおたね)と共に、「江戸三作」のひとりに列せられています。

源清麿の腕前が広く知れ渡るようになると、1839年(天保10年)、窪田清音は「武器講」(ぶきこう)と呼ばれる、日本刀の販売システムを考案。これは、1振を3両(現在の貨幣価値で約390,000円)で作り、窪田清音の門下生達に売るという仕組みになっていました。すぐに100振もの依頼が殺到しますが、源清麿はすべて作刀し終えないうちに、長州藩(現在の山口県)における藩士の重鎮であった「村田清風」(むらたせいふう)の招聘(しょうへい)に応じ、萩(現在の山口県萩市)へ赴いてしまったのです。

この源清麿による長州藩行きは、通説では、「源清麿が窪田静音のもとを出奔(しゅっぽん:逃げ出して行方不明になること)した」と説明されていますが、村田清風の蔵刀控帳には「江戸より召し下され」とあり、源清麿を名工として特別に招いたことが分かります。

2年ほどで萩から戻った源清麿は、江戸の四谷(よつや:現在の東京都新宿区)に自身の鍛刀場を開設。ここで「相州伝」(そうしゅうでん)と「備前伝」(びぜんでん)を融合させた独自の作風を確立します。これにより源清麿は、南北朝時代から鎌倉時代にかけて活躍した名工、「正宗」(まさむね)再来との呼び声が高く、「四谷正宗」の異名で称えられるようになりました。

その後、源清麿は、深酒による心身の衰弱を悲観して42歳で自害してしまいますが、劇的な生涯と作例の見事さが相まって、現在でも、幕末の刀工中随一の人気を誇っています。

詳細情報を見る
国宗

「国宗」(くにむね)は、鎌倉時代末期に伯耆国(ほうきのくに:現在の鳥取県)で作刀した刀匠です。
通常は、備前の国宗との混同を避けるため「伯耆国宗」と呼ばれています。作例は、太刀が数振現存。腰反りの太刀姿が、鎌倉時代末期の日本刀の様を現在に伝えています。
地鉄(じがね)は板目がやや肌立っており、伯耆物の特徴が現われ、刃文直刃(すぐは)に小乱をまじえており、古調な趣きを有していました。
銘は、「国宗」のみであり、長銘の作例は、確認されていません。

詳細情報を見る
直綱

「初代 直綱」は、「相州伝」(そうしゅうでん)随一の名工として名高い「正宗」(まさむね)の門人となり、その10人の高弟である「正宗十哲」(まさむねじってつ)のひとりにも数えられています。

相模国(現在の神奈川県)から石見国(現在の島根県西部)に移住し、南北朝時代から戦国時代にかけて、4代にわたり鍛刀を続けました。特に永和年間(1375~1379年)に活躍した「2代 直綱」の作例は評価が高く、江戸時代に、刀工ごとに切れ味を格付けした「古今鍛冶備考」(ここんかじびこう)において、「良業物」(よきわざもの)に選ばれています。

鍛えは地鉄(じがね)に「杢目肌」(もくめはだ)が交じり、刃文は「互の目乱」(ぐのめみだれ)が揃っています。厚く付いた「地沸」(じにえ)や「金筋」(きんすじ)、「砂流し」(すながし)などの働きが見られるのも直綱の特色です。

詳細情報を見る
宝寿

現在の東北地方は古来、「陸奥国」(むつのくに:現在の青森県岩手県宮城県福島県)と呼称されており、「奥州鍛冶」の根拠地となっていました。平安時代末から室町時代初期まで活動し、舞草なる流派に属した「宝寿」(ほうじゅ)は、この奥州鍛冶を代表する刀工集団です。
源頼朝の奥州征伐のあと、宝寿の刀工は全国へ移り、本国は衰退しましたが、舞草鍛冶の名前を高めました。古備前正恒の父・有正が奥州鍛冶の出と伝わることや古伯耆の出来に近似することから、日本刀創成期に深くかかわる刀工一派と考えられています。
源義経の生涯を描いた「義経記」には、追手に追い詰めたられた源義経の家臣が「舞草が鍛えし太刀ゆえ、腹を切るのに手ごたえがない。」と切れ味を絶賛しつつ、自害する様子が描かれているのです。

詳細情報を見る
和泉守兼定

「会津兼定」(あいづかねさだ)は、戦国時代末期から江戸時代末期まで会津(あいづ:現在の福島県)で作刀した刀匠であり、11代が「和泉守」(いずみのかみ)を受領しました。日本刀の区分では、新々刀の刀工に分類されます。
11代「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ)も会津兼定系の掉尾を飾る名工で、(におい)の深い直刃(すぐは)や、相伝風の(にえ)の強い互の目(ぐのめ)乱れに金筋・砂流しかかる刃文を得意としました。は、「會藩士和泉守兼定」、「和泉守兼定」などがあります。



詳細情報を見る
長曽祢虎徹

「長曽祢虎徹」(ながそねこてつ)は、江戸時代中期、江戸で作刀した刀匠です。
もともと越前国(えちぜんのくに:現在の福井県)の甲冑師であり、50歳前後のころ江戸に出府して刀鍛冶に転じました。師について確たる説はありませんが、和泉守兼重とする説が有力視されています。
長らく甲冑師だったこともあり、鉄鍛えが良く、地刃ともに冴えを見せます。彫物は、甲冑師の経験から特に上手で、彫りのある物は一層人気が高いです。
また、用の美もかね備え、最上大業物としても名高く、新選組局長近藤勇の佩刀と伝えられるなど、数多くの著名人に好まれました。







「長曽祢虎徹」刀工・刀匠YouTube動画



長曽祢虎徹|刀工・刀匠YouTube動画





詳細情報を見る
繁慶

「繁慶」(はんけい)は、江戸時代初期にかけて活動した刀匠です。鉄砲鍛冶として鍛冶職人の道に入り、徳川家より俸禄を支給されて鉄砲制作にあたりました。
徳川家康が駿府(現在の静岡市)に移るとこれに従い、鉄砲と日本刀の両方を鍛造。徳川家康が没すると江戸に戻り、鉄砲町に在住して鍛刀に専念したのです。
正宗十哲」(まさむねじってつ:正宗の影響を受けた相州伝の名工10名)のひとりである越中則重に私淑していた影響もあり、相州伝上工の作を再現した作風が多いです。
注目すべきは「ひじき肌」と呼ばれる黒く太い地景が盛んに入り、肌立つ地鉄が特徴。刃文湾(のた)れ調に互(ぐ)の目が主であり、刃中の働きには砂流しと金筋が目立ち、匂口は沈みごころになっています。
銘は「繁慶」と二字に切り、「繁」の字の「敏」の部分の造りが、「ル又」(るまた)と「ロ又」(ろまた)の2種がありました。

詳細情報を見る
越前康継

「越前康継」(えちぜんやすつぐ)は、戦国時代末期から江戸時代末期にかけて作刀した刀匠で、代々「康継」を称します。
初代は近江国(おうみのくに:現在の滋賀県)に誕生後、越前国福井(えちぜんのくに:現在の福井県福井市)に移住し、美濃伝の刀鍛冶として活動。徳川家康に召し出されて鍛刀したところ、大いに徳川家康の意にかない、「康」の一字を拝領。茎に葵紋を切ることも許されました。
これを機に「康継」を称し、江戸と越前のあいだを往復しつつ日本刀を制作。大坂の陣後、焼けた古名刀を焼き直し、その写し物も制作しました。
初代没後、嫡子が2代目を継承するも、この2代目の没後に相続争いが勃発し、康継は江戸と越前に分立することになります。

詳細情報を見る
江義弘/郷義弘

「江義弘/郷義弘」(ごうのよしひろ)は、南北朝時代に越中国(えっちゅうのくに:現在の富山県)で活躍した刀工。「正宗十哲」(まさむねじってつ:正宗の影響を受けた相州伝の名工10名)のひとりで、夭折(ようせつ)したこともあり、作刀が極めて少なく、すべて無銘で正真の在銘がないことから、多くの謎に包まれた刀工です。
それにより、「世間ではあるとされているが実際に見たことのない物の例え」として、「郷(江)と化物は見たことがない。」と言う言葉が生まれました。
地刃ともに明るく冴える姿は、師である「相州正宗」に勝るとも劣りません。
また江(郷)の名は、彼が越中国松倉城下の「松倉郷」(まつくらごう:現在の富山県魚津市)に住んでいたことから、その地名をもとに名付けたと言う説と、本姓が「大江氏」なので、この大江から1字取り「江」を使用したと言う説があります。







詳細情報を見る
則重

「則重」(のりしげ)は、鎌倉時代末期、現在の越中国(えっちゅうのくに:現在の富山県)で作刀した刀匠。相州正宗門、もしくは初代新藤五国光の門と言われる。
相模国(さがみのくに:現在の神奈川県)鎌倉で作刀を学んだあと、越中国婦負郡御服(ねいこおりごふく)に移住しました。
在銘作の太刀は数振で、多くは短刀。短刀は細身にして重ねは厚く、内反りが目立つ。地鉄(じがね)の鍛えは独特であり、「松皮肌」と呼ばれます。
これは、硬軟の鉄を混ぜて鍛えた影響で、渦巻状の肌が現れ、地景・地沸が激しく付くところが松皮に例えられたことから付いた則重ならではの特徴。
銘は、「則重」、「佐伯則重」、「越中国佐伯則重」などがあります。




詳細情報を見る
井上真改/真改国貞

「井上真改」(いのうえしんかい)、別称:真改国貞(しんかいくにさだ)は、江戸時代初期、初代・国貞の次男として誕生し、摂津国(せっつのくに:現在の大阪府)で活動した刀匠。24歳で家督を継承すると、翌年、藩主より「和泉守」を与えられて、本格的に作刀の道に入りました。
刃中の働きは匂口が明るいのが特徴。刃文は覇気のある直刃(すぐは)調と、冴えた湾(のた)れ刃の評価が高く、津田越前守助広とともに「大坂正宗」と讃えられ、1661年(寛文元年)に朝廷より十六葉菊花紋を入れることが許されました。
中江藤樹と熊沢蕃山に師事して陽明学を習得。熊沢蕃山より心身ともに「真に改める」の意をこめて「真改」の称を与えられ、銘は「井上和泉守国貞」、「井上真改」などになります。

詳細情報を見る
粟田口忠綱

「粟田口忠綱」(あわたぐちただつな)は、江戸時代中期にかけ、摂津国(せっつのくに:現在の大阪府)で3代にわたって作刀にあたった刀匠。3代とも「近江守」を称しました。このうち、2代目粟田口忠綱が「一竿子」の号で知られ、最も評価が高かったと言われています。
刃文は、足長丁子にはじまり、徐々に助広の「濤瀾乱刃」(とうらんみだれば)に近くなり、玉焼も見られます。
刀身彫りの名手としても知られ、その場合「彫同作」、「彫物同作」と切り、銘は「一竿子忠綱彫同作」、「粟田口近江守忠綱」などになります。

詳細情報を見る
津田越前守助広

「津田越前守助広」(つだえちぜんのかみすけひろ)は、江戸時代初期、摂津国(せっつのくに:現在の大阪府)において作刀をした刀匠です。

父・初代「ソボロ助広」のもとで修業して23歳で独立。47歳で没するまで作刀に励み、「越前守」を受領しました。
海の波濤がぶつかりあって崩れ落ちる様を彷彿とさせる「濤瀾乱刃」(とうらんみだれば)を創作して世間を驚かせ、刃文の名手として一世を風靡しました。
また、直刃(すぐは)でも優れた作例が多く、銘は「越前守助広」など多数あります。

詳細情報を見る
村正

「千子村正」(せんごむらまさ)は、出生の折、母親が桑名の「矢田走井山」(やだはしりいさん)に祀られている千手観音に祈願し、「村正」を産んだことから、自身を「千手観音」の申し子だとして「千子」の姓を名乗りました。


千子村正から数代にわたって同名の村正が続きましたが、何代にわたるのか諸説あります。また江戸時代以降は、徳川家の忌避する村正の名を憚ってその銘を消したり、改竄して他の銘字に変えられたりした例がありました。


村正の特徴として、太刀打刀よりも脇差や短刀が多く、室町時代末期に流行した「美濃伝」の作風と、隣国の「相州伝」の作風の影響を受けています。
(なかご:を嵌める部分の刀身)が、「タナゴ腹」という個性的な姿になるのが特徴です。






詳細情報を見る
正真

「正真」(まさざね)は、室町時代後期の刀匠。伊勢国(現在の三重県)と三河国(みかわのくに:現在の愛知県東部)で作刀し、三河においては「三河文殊」と讃えられました。千子村正一門と伝わります。
正真は、「徳川四天王」のひとり本多忠勝が愛用した名槍「蜻蛉切」の作刀者として著名。
の名称は「飛んできたトンボが槍の刃に触れたところ、真っ二つになって落ちた」というエピソードに基づきます。
は、「正真」、「藤原正真作」などがあります。








詳細情報を見る
安綱

「安綱」(やすつな)は、平安時代中期に伯耆国(ほうきのくに:現在の鳥取県)で作刀した刀匠です。日本刀の様式が完成した時期に活躍した刀工であり、「刀工の祖」とされています。
なかでも「鬼丸」、「名物童子切」は、代表作として著名です。
太刀刀身腰反りが高く、踏ん張りがあって力強い印象。ただ、鋒/切先のかたちは「小鋒」(こきっさき)を採用しているため、豪壮ななかにも優美さを秘めた太刀姿です。
地鉄(じがね)は板目が肌たち、地中の働きは地沸(じにえ)が強くつき、地斑(じふ)が入っています。刃文は小乱や小互(こぐ)の目、小湾(このた)れなどがまじり、刃中の働きは匂が深く、砂流しや金筋が際立つ。
銘は、「安綱」の二字に切る。「安」の字より、「綱」の字を大きくする点が特徴です。







詳細情報を見る
真守

「真守」(さねもり)は、平安時代末期に伯耆国(ほうきのくに:現在の鳥取県)で活動した刀匠。国宝「名物童子切」で有名な伯耆安綱の子であり、自身も平忠盛の佩刀「抜丸」を作刀し、後世に名を残しました。

地鉄(じがね)は板目に杢目がまじり、地中の働き地沸(じにえ)がつき地景が入ります。刃文は小湾(このた)れ調の直刃(すぐは)と、互(ぐ)の目に小乱のまじった作例が多く、刃中の働きは(にえ)がよくついて、砂流しや金筋が顕著ですが匂口がうるみ冴えがありません。

銘は「真守造」、「大原真守」、「伯耆国大原真守造」の3種あります。

詳細情報を見る
恒次

「恒次」(つねつぐ)は、鎌倉時代を通じて備中国(びっちゅうのくに:現在の岡山県西部)で作刀をした刀匠です。古青江派に属し、複数の刀工が恒次を名乗って活動しました。
このうち鎌倉時代初期に作刀に携わった恒次は、後鳥羽院番鍛冶の「五月番」であり、備中守に任じられています。
作例は、身幅が狭めで腰反りの高く、鎌倉時代初期の特有の太刀姿。銘は「恒次」の二字に切る。この他にも、「左兵衛尉恒次」(さひょうえのじょうつねつぐ)などの存在が知られています。
なお、恒次はこの古青江派が著名だが、同時代には、古備前に属する恒次も盛んに作刀をしていました。このうちの「左近将監(さこんしょうげん)恒次」が最も著名です。

詳細情報を見る
正恒

「正恒」(まさつね)は、備中国(びっちゅうのくに:現在の岡山県西部)は、大和国(やまとのくに:現在の奈良県)、山城国(やましろのくに:現在の京都府)、備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)と並ぶ日本刀の生産地であり、鎌倉時代から南北朝時代にかけて、多くの名刀工を輩出しました。正恒もそのひとり。通常は流派名を冠して「古青江正恒」と呼ぶ。古青江の祖・則高の子とされるが、弟とする伝もあります。

作例は太刀のみ。腰反りが高く、踏ん張りが強く、鎌倉時代初期の豪壮な太刀姿を現在に伝える。地鉄(じがね)は小板目がつんで杢目がまじり、繊細な起伏が見られる縮緬肌(ちりめんはだ)が顕著。刃文直刃(すぐは)調に小乱・小丁子をまじえた作例が多く、鋒/切先の刃文となる帽子は小丸になる。銘は「正恒」と二字に切ります。

詳細情報を見る
盛高

「盛高」(もりたか)は、鎌倉時代末期から室町時代末期にかけ、筑前国(ちくぜんのくに:現在の福岡県)で作刀した刀匠達であり、金剛兵衛(こんごうひょうえ)という流派に属しました。南北朝期の正平(1346~1370年)の盛高が祖とされ、最も有名です。

西蓮(国吉)の甥とされており、「盛高」、「源盛高」、「金剛兵衛尉源盛高」(こんごうひょうえのじょうみなもとのもりたか)と銘を切った作例が現存。

この盛高が鍛えた日本刀は、地鉄(じがね)は板目に柾目がまじり、地中の働き地沸(じにえ)が顕著。刃文直刃(すぐは)を多く採用し、刃中の働きは小沸がよくついています。

詳細情報を見る
西蓮/国吉

「西蓮」(さいれん)は、鎌倉時代に筑前国(ちくぜんのくに:現在の福岡県)で活動した刀匠。俗名を「国吉」(くによし)。入道して西蓮を称しました。

実阿の父、左文字の祖父と伝わり、最初の蒙古襲来(中国大陸の元帝国の日本襲来)のあと、北部九州の防衛力強化のために設置された博多談議所に属して作刀にあたりました。作例の太刀姿は古風な趣きがあり、九州古典派の伝統を今に伝えています。

地鉄(じがね)は板目が流れてよくつんだ物と肌立つ物があり、刃文直刃(すぐは)で匂口がうるむ古い九州物の特徴が出ています。

銘は「国吉」、「西蓮」、「談議所西蓮作」、「筑前国博多住人談議所国吉法師西蓮」、「筑前国博多談議所西蓮法師国吉」と多岐にわたっています。

詳細情報を見る
光世

「光世」(みつよ)は、平安時代末期から室町時代中期にかけ、筑後国(ちくごのくに:現在の福岡県)三池を拠点に活動した一派で、いずれも「光世」を名乗って作刀に携わり、名刀を輩出しています。このうち平安時代末期に鍛刀した光世は、加賀の前田家に伝わる大典太光世の作刀者として著名です。
この1振は「享保名物帳」に「大傳多」と記される名刀であり、室町時代以来「天下五剣」のひとつに挙げられています。
また「ソハヤノツルキ」も作刀しており、徳川家康秘蔵の名刀として有名。徳川家康が「我亡きあと三池の太刀鋒/切先を西に向けて安置せよ」と遺言したとのエピソードが伝わっており、これは、倒幕勢力が来るとすれば西からと予想してのことだったと考えられています。
この他にも、後世の光世が複数おり、多くの名品を生み出しました。



詳細情報を見る
行平

最も古い「豊後刀」(ぶんご:現在の大分県)で、刀工「僧定秀」(そうさだひで)の教えを受け継いだのが「紀新大夫行平」(きしんだゆうゆきひら)。通称「行平」(ゆきひら)です。
行平は、僧定秀の子とも弟の子とも伝えられ、豊後六郷満山(ぶんごろくごうまんざん:現在の大分県国東半島一帯)の「執行」(しゅぎょう:政務や事務を行うこと)を務めていました。
しかし、源氏・平氏の九州での戦いで執行としての動静を読み間違い、その責任を問われて流刑となります。刑を終えて帰る途中、「後鳥羽上皇」に拝謁。御番鍛冶(ごばんかじ:各月交替で作刀を担当する刀工)を命ぜられるのです。
そののち、故郷に戻り、刀工として活躍。しかし、帰郷から約20年後、六郷満山の里人達と訴訟問題を起こして、また流刑に。流刑先の相模野国(さがみのくに:現在の神奈川県)で、最期を迎えたとも言われていますが、定かではありません。その一生には、不明な点も多い人物です。



詳細情報を見る
正国

「正国」(まさくに)は、戦国時代に肥後国(ひごのくに:現在の熊本県)で作刀した同田貫派の刀匠。同派は肥後延寿派の末裔で、菊池郡同田貫に居を定めて作刀にあたり、地名を流派名としました。
複数存在する同田貫派の刀工中、同田貫正国は天正期に作刀しています。
初銘は国勝、のちに加藤清正より正の字を下賜され正国と名乗りました。作例は幅広で長寸、頑丈な造をしており、実用本位に徹した同派の特徴が顕著。地鉄(じがね)は板目に柾目が流れ、肌が立っています。刃文直刃(すぐは)調に互(ぐ)の目を焼き、が沈んでいる。
銘は「九州肥後同田貫藤原正国」などがあります。

詳細情報を見る
左文字

「左文字」(さもんじ)の本名は、「左安吉」(さのやすよし)。通称「左文字・左」(さ)。もとの名である「左衛門三郎安吉」の略号が左であることに起因します。
一派の名称と区別するため「大左」(おおさ)とも呼ばれます。法名は、「源慶」(げんけい)。
相州伝」(相模国[現在の神奈川県]で生まれた鍛錬法)の有名な刀工「正宗」(まさむね)の門人で、「正宗十哲」(まさむねじってつ:正宗の弟子の中でも特に優れた10人の弟子)のひとり。






詳細情報を見る
行安

「行安」(ゆきやす)は、平安時代末期から明治時代に、薩摩国(さつまのくに:現在の鹿児島県)で作刀した波平一派の刀匠。姿は踏張りの強い腰反りで、は薙子股になる。
刃文は小沸出来細直刃匂口がうるみ、鎺元で焼き落としにしており、地鉄は板目に柾目や大肌が交じります。
初代行安の代表作は、京都国立博物館に所蔵されている「波平行安」の太刀1振。
「笹貫」(ささぬき)の号を持つ銘品であり、波平刀工の伝統を現在に伝えており、銘は初代が「行安」、「波平行安」、2代目が「波平行安」、「薩州住人波平行安」に切りました。

詳細情報を見る

現代刀の名工・名匠
現代刀を代表する作品を生み出し、突出した技術を持っている刀匠を紹介します。
美濃伝の刀剣 関市
世界でも有数の刃物の産地である美濃伝の岐阜県関市についてご紹介します。
刀剣名刀図鑑(刀剣・日本刀)
日本に伝わる代表的な名刀の数々をご紹介致します。

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは「刀工名一覧」のトップページです。
「刀剣ワールド」には、刀剣写真・日本刀画像や刀剣の基礎知識など、刀剣・日本刀に関する情報が教科書のように豊富に掲載。歴史上の武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀の魅力を余すところなく伝えています。
また、「刀剣ワールド」では、刀剣の生産が盛んだった平安から江戸までの6つの時代の刀剣キャラクターが登場します。各刀剣キャラクターの様子からはその時代の文化的背景を感じることもできるでしょう。
日本が世界に誇れる文化のひとつである刀剣・日本刀。刀剣・日本刀の専門サイト「刀剣ワールド」で刀剣・日本刀について詳しくなってみてはいかがでしょうか。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード