• 未鑑定
  • 室町時代

すやり めい ふじわらかねさださく

素槍 銘 藤原兼定作

素槍 銘 藤原兼定作

素槍」(すやり:刀身に枝刃が設けられていない直線状の。同音で「直槍」とも表記する)に分類される本槍は、刀身の断面が三角形に見えることから「三角素槍」と呼称され、戦国時代末期に作られたと見られる本槍は、同時期における他の刀剣と同様に、頑丈な造込みになっていることが特徴です。

本槍を手掛けた「藤原兼定」は、美濃国(現在の岐阜県南部)を代表する古刀期の名工「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ)の系譜を継ぐ刀工。
2代兼定である和泉守兼定は、「定」のウ冠の下に「之」(の)の字を書く銘を用いていたことから、通称「之定」(のさだ)と呼ばれ、その息子にあたる3代兼定は、「定」のウ冠の中を「疋」(ひき)の書体で切っていたため、「疋定」(ひきさだ)と称されていました。藤原兼定は、之定、疋定の後代にあたり、天正年間(1573~1593年)頃に活躍した刀工であると考えられています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
室町時代
刀剣種別 刀剣種別
刀工 刀工
藤原兼定
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(美濃国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
21.0
反り 反り
(cm)
0
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「素槍 銘 藤原兼定作」の関係についてご紹介します。

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「素槍 銘 藤原兼定作」は室町時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード