• 特別保存刀剣
  • 室町時代 後期

たんとう めい むらまさ

短刀 銘 村正(素剣)

短刀 銘 村正(素剣)

短刀は、室町時代後期に伊勢国桑名(現在の三重県桑名市)で隆盛した刀工一派「村正」によって作刀された短刀です。本短刀には合口の短刀拵が附属しており、には金色の桐紋が描かれ、三所物(みところもの)にも同様に桐紋の意匠が華やかに施されています。

本短刀は平造り庵棟(いおりむね)で、板目肌(いためはだ)を基調とした鍛え肌はやや白けており、直刃(すぐは)に大湾れ(おおのたれ)が交じった刃文が堂々としたもの。鋒/切先(きっさき)はふくら枯れ、表には素剣の彫刻が、裏には腰樋(こしび)が掻かれているのが特徴的です。は村正派特有のタナゴ腹形で、「村正」のが入れられています。素剣とは、「不動明王」が持つ剣である三鈷柄剣を簡略化したもののこと。刀身彫刻には、不動明の加護を得るなど、魔除けの目的として、密教の法具を象った意匠が多く施されています。

作者の村正は、「千子村正」(せんごむらまさ)を始祖とする村正派のひとりで、村正派は鋭い切れ味が特徴とされている一派です。太刀や刀よりも脇差・短刀の遺例が多く、「美濃伝」の作風と「相州伝」の作風を交えた作柄をしています。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「短刀 銘 村正(素剣)」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別保存刀剣
時代 時代
室町時代 後期
(末古刀)
刀剣種別 刀剣種別
短刀
刀工 刀工
村正
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(伊勢国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
26.1
反り 反り
(cm)
0

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「短刀 銘 村正(素剣)」は室町時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード