鎌倉時代 検索結果 [1/13]

総掲載予定数:67振
鑑定区分順[ 1〜5振/63振 ]

鎌倉時代 検索結果 [1/13]

総掲載予定数:67振
鑑定区分順[ 1〜5振/63振 ]

太刀 銘 備州長船住景光

古来、刀剣の産地として名高い備前国南部の吉井川流域に居住し、鎌倉時代に栄えた長船派の名匠、景光の作です。景光の祖父は、長船派の実質的祖である光忠。同じく父は、初代・長光で、景光は「左兵衛尉」...

鑑定区分 重要文化財(旧国宝) 時代 鎌倉時代
制作国 備前伝 刀工 景光
鑑定区分 重要文化財(旧国宝)
時代 鎌倉時代
制作国 備前伝
刀工 景光
詳細を見る

短刀 銘 光包 延慶二年二月日

光包は、「備前長船派」の刀工・長光の庶子と伝えられ、「来派」を代表する名工「来国俊」(らいくにとし)に師事しました。長光と国俊の両者に学んだとも言われています。比叡山延暦寺の「根本中堂」(こ...

鑑定区分 重要文化財(旧国宝) 時代 鎌倉時代
制作国 山城伝 刀工 光包
鑑定区分 重要文化財(旧国宝)
時代 鎌倉時代
制作国 山城伝
刀工 光包
詳細を見る

太刀 銘 国行

「来国行」は、鎌倉時代中期頃から山城国で栄えた「来一派」の事実上の開祖とされる名工。その作風は、大きく分けて2種類あり、細身で優美さを感じさせる古雅な物と、幅広で中反り、または腰反りが高い豪...

鑑定区分 重要文化財 時代 鎌倉時代 中期
制作国 山城伝 刀工 国行
鑑定区分 重要文化財
時代 鎌倉時代
制作国 山城伝
刀工 国行
詳細を見る

太刀 銘 来国光

「来国光」は、「来国俊」(らいくにとし)の子、またはその門人であったと伝えられています。そのため、国光の作風は国俊に似ていますが、大部分の姿が豪壮な物で、焼刃の働きも多くなっています。また、...

鑑定区分 重要文化財 時代 鎌倉時代
制作国 山城伝 刀工 来国光
鑑定区分 重要文化財
時代 鎌倉時代
制作国 山城伝
刀工 来国光
詳細を見る

刀 無銘 吉岡一文字

吉岡一文字は、吉井川左岸の赤磐群吉岡の地に住した一派で、一族みな紀氏を姓とし、助の字を頭に用いています。 吉岡一文字の作風は、丁子乱れの焼頭の揃ったやや腰の開いた乱れ刃に互の目風の乱れが目...

鑑定区分 重要文化財 時代 鎌倉時代
制作国 備前伝 刀工 助光
鑑定区分 重要文化財
時代 鎌倉時代
制作国 備前伝
刀工 助光
詳細を見る

①「すべての刀から検索」、②「刀の種類から検索」、③「鑑定区分から検索」、④「制作時代から検索」、⑤「古刀五箇伝から検索」の中から、目的の情報にたどり着きやすい方法で日本刀(刀剣)を検索できる「日本刀(刀剣)一覧検索」。このページは、「鎌倉時代」の検索結果です。
バーチャル刀剣博物館の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る