• 重要刀剣
  • 鎌倉時代

たち めい さね

太刀 銘 眞(以下切れ)(真利)

太刀 銘 眞(以下切れ)(真利)

太刀は、下野国(現在の栃木県)壬生藩(みぶはん)3万石の鳥居家に伝来した名刀です。

鳥居氏は、「熊野権現」(くまのごんげん/ゆやごんげん)の神職である鈴木家の一族で、子孫が「鳥居法眼」(とりいほうがん)と称したと伝えられています。

「藩翰譜」(はんかんふ:江戸時代の家伝・系譜書)によれば、一族は三河国渡里(現在の愛知県岡崎市)に移り、戦国時代になると「鳥居忠吉」(とりいただよし)が、三河国の戦国大名「松平清康」(まつだいらきよやす)に仕えました。

徳川家康」が今川氏の人質だったときには、徳川家康のもとに衣類や食糧を送り、また人質からの帰還後に備えて物資を備蓄するなど忠臣ぶりを見せています。鳥居忠吉の子「鳥居元忠」(とりいもとただ)は、徳川家康の人質時代から随従。のちの「姉川の戦い」や「長篠の戦い」に参戦し武功を重ねるも、「関ヶ原の戦い」の前に「伏見城」(現在の京都府京都市)を守って壮絶な最後を遂げています。

鳥居元忠の子「鳥居忠政」(とりいただまさ)は、奥州(現在の福島県宮城県岩手県青森県秋田県の一部)を押さえる任務を与えられ、出羽国山形(現在の山形県)に24万石を領しました。

その後、子孫が後継問題などで改易(かいえき:身分を剥奪して所領や屋敷などを没収すること)されますが、名門であるがゆえに家名存続を許され、6代「鳥居忠英」(とりいただてる)の時代には下野国壬生藩3万石を得て、以後明治時代まで続きます。

本太刀は、磨上げられたためにが「真」で切れていますが、銘の切り方や出来栄えから、古備前真利と推定。鎌倉期の美しい太刀姿で、地沸(じにえ)厚く付いた強い鍛えに、刃文小乱れ主調で砂流し金筋が入り、(にえ)が集まって刃中の働きが豊富で見事。古備前物の美点が十分に発揮されている1振です。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「太刀 銘 眞(以下切れ)(真利)」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
古備前真利
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国/岡山県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
下野国壬生藩鳥居家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
71.4
反り 反り
(cm)
2.1

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「太刀 銘 眞(以下切れ)(真利)」は鎌倉時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード