• 重要刀剣
  • 鎌倉時代 後期

たち めい らいみなもとのくにとし

太刀 銘 来源国俊

太刀 銘 来源国俊

「国俊」は、山城国で鎌倉時代中期頃に興った「来一門」(らいいちもん)の祖「来国行」(らいくにゆき)の子と伝えられています。その技量の高さは、名工であった父に次ぐものであったと評されているのです。

国俊の作刀における年紀には、古くは「弘安元年」(1278年)の刀から「元亨元年」(1321年)までの刀が見受けられていますが、同工の「正和四年」(1315年)の年紀作には、「七十五歳」との銘が切られおり、その作刀時期と年齢を窺い知ることが可能になっています。

太刀における、比較的細身で小の優しい姿は、国俊の初期の頃の作品によく見られた物であり、その刃文は、純然たる中直刃(すぐは)調に小丁子(ちょうじ)足が入り、口はややしまって小(こにえ)が付くなど、同工の常作と比較すると、より落ち着いた作風を示しているのです。

付属の(こしらえ)は、江戸時代制作と思われる「衛府太刀拵」(えふだちこしらえ)。「近衛府」(このえふ:平安時代に、宮中における護衛を担当した役人)が佩用したことがその名称の由来となっており、この拵様式は、公家が野外に出行する際に用いられたことでも知られているのです。総金具となっている本拵には、星梅鉢紋及び葵紋が散らされています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代 後期
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
来源国俊
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
山城伝
(山城国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
64.1
反り 反り
(cm)
1.8
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「太刀 銘 来源国俊」の関係についてご紹介します。

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「太刀 銘 来源国俊」は鎌倉時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード