• 重要刀剣
  • 鎌倉時代

かたな むめい りゅうもんのぶよし

刀 無銘 龍門延吉

刀 無銘 龍門延吉

本刀は、「三条藩」(現在の新潟県三条市元町)の藩主である「市橋長勝」(いちはしながかつ)の佩刀(はいとう)です。市橋長勝は、美濃国(現在の岐阜県)の豪族「市橋長利」の長男として生まれ、「織田信長」、「豊臣秀吉」の両者に仕えました。

1587年(天正15年)に「今尾城」(現在の岐阜県:1万石)を与えられ、1600年(慶長5年)「関ヶ原の戦い」では「徳川家康」に属して武功を挙げ、伯耆国(ほうきのくに:現在の鳥取県)の「矢橋藩」(現在の鳥取県東伯郡:2万3,000石)を立藩。「大坂冬の陣・夏の陣」でも活躍して大幅に加増され、三条藩(4万1,300石)藩主となった人物です。

本刀を制作したのは、「龍門延吉」(りゅうもんのぶよし)。大和国(現在の奈良県)吉野村龍門に住した千手院派の刀工で、後水尾天皇(ごみずのおてんのう)の御料で国宝となった「太刀/銘 延吉」が有名です。

作風は、大和伝風の直刃と、備前伝風の乱刃(みだれば)の大きく2つ。「龍門」は登竜門、「延吉」は長く良いことが続く縁起が良い名前と好まれています。

本刀は、刃文が大和伝風で直刃調(すぐはちょう)。小丁子、小互の目(こぐのめ)を交え、口明るく冴え金筋(きんすじ)・砂流し(すながし)が細かにかかり、地鉄(じがね)は板目肌が流れ、地沸(じにえ)厚く付き、地景(ちけい)も入っています。まさに、龍門延吉の技術と美点がよく現われている1振です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
延吉
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(大和国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
三条藩藩主
市橋長勝→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
70.5
反り 反り
(cm)
1.6
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 無銘 龍門延吉」の関係についてご紹介します。

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「刀 無銘 龍門延吉」は鎌倉時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード