• 重要刀剣
  • 鎌倉時代

かたな むめい じつあ

刀 無銘 実阿

刀 無銘 実阿

本刀は、佐土原島津家に伝えられた1振です。佐土原島津家は、薩摩藩主・島津家の分家。有名なのは、佐土原藩(現在の宮崎県西都市佐土原)11代藩主「島津忠寛」です。
島津忠寛は、1863年(文久3年)に起こった「薩英戦争」の事態収拾に苦慮していた、宗家の薩摩藩に講和を勧告。1862年(文久2年)に起きた「生麦事件」の賠償金を宗家・薩摩藩に代行して英国に支払い、解決した人物です。数々の功績が評価され、小藩主でありながら明治維新後には、「子爵」、「伯爵」の称号を与えられました。

本刀を制作したのは、「実阿」(じつあ)。実阿は、筑前国(現在の福岡県福岡市)で活躍した九州鍛冶「西蓮国吉」を父に持ち、息子は「左文字」(さもんじ)と呼ばれる左文字派の祖「左安吉」(さのやすよし)です。

左安吉は相州伝を目指しましたが、実阿の作風は九州古典派の作域を墨守しており、刃文(はもん)は直刃調(すぐはちょう)、ただし地鉄(じがね)は大板目肌(おおいためはだ)で荒ぶり、綾杉肌を伴うのが特徴です。

本刀の地鉄は、大板目肌が荒く流れ、綾杉肌も観え、地沸(じにえ)が厚く付いて地景(ちけい)が入ったもの。刃文は直刃調に互の目(ぐのめ)が交じり、打のけ、金筋(きんすじ)、砂流し(すながし)かかるなど秀逸。まさに、実阿の特徴が顕著に現われた1振と言えます。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
実阿
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(筑前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
佐土原島津家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
70.0
反り 反り
(cm)
2
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 無銘 実阿」の関係についてご紹介します。

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「刀 無銘 実阿」は鎌倉時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード