• 重要刀剣
  • 鎌倉時代

たち めい くにむね(びぜんさぶろう)

太刀 銘 国宗(備前三郎)  - 刀剣ワールド

太刀 銘 国宗(備前三郎)

「太刀 銘 国宗(備前三郎)」を作刀した「国宗」(くにむね)は、備前国(現在の岡山県)長船派の分派「直宗派」(なおむねは)派の出身で、鎌倉時代に活躍した刀匠です。直宗派の開祖である「直宗」(なおむね)は祖父にあたり、父親は「国真」(くにざね)。国宗は三男のため、「備前三郎国宗」と呼ばれました。鎌倉時代中期に鎌倉幕府第8代執権・北条時宗の招致で、備前から鎌倉へ移住し、作刀します。鎌倉幕府に召し抱えられたのは若干18歳のとき。

身幅(みはば)の広い力強い太刀姿に、華やかな乱刃(みだれば)から細身の優しい姿に穏やかな直刃(すぐは)までと作域が広く、特に乱刃に染みが現れる特徴は、古来より「備前三郎の白染み」と称されています。

北条時宗が同時期に鎌倉へ招いた刀工である「粟田口国綱」(あわたぐちくにつな)、「助真」(すけざね)とともに相州鍛冶の基礎を築きました。相州伝の実質的な創始者「新藤五国光」(しんとうごくにみつ)は、国宗の子と伝わります。

本太刀は、身幅広め、中鋒/中切先(ちゅうきっさき)の迫力のある姿。板目(いため)に(もく)を交えた(きたえ)に、地沸(じにえ)付き、乱映りが立っています。刃文(はもん)は互の目(ぐのめ)に丁子(ちょうじ)交じり、(あし)・(よう)さかんに入り、小(こにえ)よく付き、金筋(きんすじ)入り、砂流し(すながし)掛かり、全体的に潤んでいるのが特徴です。

乱れ込んだ焼詰帽子(やきづめぼうし)で、(なかご)は磨上げ(すりあげ)、鑢目(やすりめ)は筋違(すじかい)、目釘穴は2つの内ひとつが埋められています。肉置(にくおき)がよく、鮮明な太い「国宗」(めい)が切られ、国宗の作風が表われた太刀です。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「太刀 銘 国宗(備前三郎)」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
国宗
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国/岡山県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
71.2
反り 反り
(cm)
1.8

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「太刀 銘 国宗(備前三郎)」は鎌倉時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード