一覧に戻る
  • 特別保存刀剣
  • 鎌倉時代 後期

たち めい らいくにとし

太刀 銘 来国俊(本庄松平家伝来)

太刀 銘 来国俊(本庄松平家伝来)

「来国俊」は、鎌倉時代中期頃、山城国(やましろのくに:現在の京都府中南部)に興った刀工集団・来一派の3代目頭領にあたる刀工です。同派は、事実上の祖と伝えられる「国行」(くにゆき)を初代として2代目となる「二字国俊」(にじくにとし)、来国俊と続き、のちの南北朝時代においても子や弟子達が作刀技術を継承し、多くの名刀を残しています。
本太刀とこれに付属する「衛府太刀拵」(えふだちこしらえ)は、丹後国宮津藩(たんごのくに・みやづはん:現在の京都府宮津市)藩主「本庄松平家」(ほんじょうまつだいらけ)に伝来しました。
「衛府太刀」とは、平安時代「近衛府」(このえふ)と呼ばれる宮中の警護にあたった官人が佩用(はいよう)した太刀のこと。江戸時代になると、公家の最も格式の高い礼服であった「束帯」(そくたい)を、宮中の儀式などに出席するときに武家も着用するようになり、その際、儀仗(ぎじょう:儀礼などに用いられた武具)用の日本刀(刀剣)を佩用しなければならず、衛府太刀拵はその1様式でした。
こちらの拵に添えられた「九目結紋」(ここのつめゆいもん)は、江戸幕府5代将軍「徳川綱吉」(とくがわつなよし)の生母「桂昌院」(けいしょういん)の実家であった本庄松平家の物。また同紋は、桂昌院が寄進した「室生寺」(むろうじ:奈良県宇陀市)や「護国寺」(ごこくじ:東京都文京区)の寺紋にも用いられています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別保存刀剣
時代 時代
鎌倉時代 後期
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
来国俊
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
山城伝
(山城国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
本庄松平家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
69.3
反り 反り
(cm)
1.9
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「太刀 銘 来国俊(本庄松平家伝来)」の関係についてご紹介します。

太刀 銘 来国俊(本庄松平家伝来)の動画

太刀 銘 来国俊(本庄松平家伝来)

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「太刀 銘 来国俊(本庄松平家伝来)」は鎌倉時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る