• 重要刀剣
  • 鎌倉時代 初期

たち めい むねつね

太刀 銘 宗恒  - 刀剣ワールド

太刀 銘 宗恒

「太刀 銘 宗恒」の作者である「宗恒」(むねつね)は、鎌倉時代中期の古備前派(こびぜんは)の刀工です。その作風から、「友成」(ともなり)とともに古備前派を代表する「正恒」(まさつね)の系統と言えます。

いわゆる古備前物の太刀姿は、長寸の細身で小鋒/小切先(こきっさき)でありながら、反りが深いだけでなく腰元で身幅(みはば)が大きく開き、踏張り(ふんばり)がみられ、古雅かつ優美です。

本太刀は鎬造り(しのぎづくり)で庵棟(いおりむね)、腰反り高く、小鋒/小切先。(なかご)は生ぶで、彫物(ほりもの)は表裏ともに棒樋(ぼうひ)を(はばき)元で丸どめしています。小板目(こいため)み、地沸(じにえ)が付き、映り(うつり)鮮明に立った鍛えです。

刃文(はもん)は、小互の目(こぐのめ)・小丁子(こちょうじ)・小乱れ(こみだれ)交じりで、小(こにえ)がよく付きわずかに金筋(きんすじ)がかかり、気品に満ちて古備前らしい風格を備えた作風を呈しています。

は「宗」の字が目釘孔(めくぎあな)にかかって読みにくくなっていますが、明らかに「宗恒」と判読できます。現存作の少ない宗恒の貴重な1振で、平成2年5月25日、重要刀剣に指定されました。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「太刀 銘 宗恒」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代 初期
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
宗恒
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国/岡山県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
石見小笠原家伝来 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
68.2
反り 反り
(cm)
2.3

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「太刀 銘 宗恒」は鎌倉時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード