一覧に戻る
  • 重要刀剣
  • 鎌倉時代 中期

かたな むめい いちもんじ

刀 無銘 一文字

刀 無銘 一文字

一文字派は、鎌倉時代初期から南北朝時代の備前国(びぜんのくに:現在の岡山県南東部)において、「古備前鍛冶」の次に活躍した一大流派です。
「一」の字を銘として茎(なかご)に切ったことから「一文字」と呼称されるようになり、刀工の居住地などによりいくつかに呼び分けられています。

その中には、古備前派で「後鳥羽上皇」(ごとばじょうこう)の御番鍛冶(ごばんかじ)にも任じられていた「則宗」(のりむね)を祖とする「福岡一文字」(ふくおかいちもんじ)、その北方の地で隆盛を極めた「吉岡一文字」(よしおかいちもんじ)、福岡の東南の地で興った「片山一文字」(かたやまいちもんじ)などがあります。
しかし、「一文字」と呼ばれるのは、福岡一文字か吉岡一文字であることがほとんどです。国宝に指定されている作品が多いことでも知られる一文字派の作風は、江戸時代以降も現代に至るまで、備前伝を学ぶ多くの刀工の手本となっています。
本刀は磨上げられていますが、その茎(なかご)の先には、古い茎の一部分が残っていることが窺えるのです。また、板目肌で地沸(じにえ)が付く鍛えには、乱れ映りが立ち、刃文は、直刃(すぐは)調に丁子(ちょうじ)及び互の目(ぐのめ)が交じり、刃中の働きは見事だと言えます。これらの作風から、鎌倉時代中期の一文字派による作と極められる健全な1振です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代 中期
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
-
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
蜂須賀家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
71.1
反り 反り
(cm)
1.5
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 無銘 一文字」の関係についてご紹介します。

刀 無銘 一文字の動画

刀 無銘 一文字

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 無銘 一文字」は鎌倉時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る