一覧に戻る
  • 重要刀剣
  • 鎌倉時代 中期

かたな むめい でんにおう

刀 無銘 伝二王

刀 無銘 伝二王
二王派は、「二王三郎清綱」(におうさぶろうきよつな)を事実上の始祖とする周防国の刀工集団。鎌倉時代中期から室町時代末期に繁栄し、江戸時代の新刀期まで絶えることなく続きました。「二王」の呼称の由来は、同国の仁保庄(におのしょう)に居住したことが有力な説だと考えられています。 周防国には、大和国(やまとのくに:現在の奈良県)の東大寺領の荘園が多く存在したことにより、二王派は大和鍛冶との交流が深く、その作風にも大和気質が色濃く現れているのです。 例えば、本刀においても、大磨上でありながらも腰反りが高く、鎬と棟も高い造り込みになっており、その気質が窺えます。また、平肉が豊かに付き、沸(にえ)映りが鮮明に現れ、地刃に少しの緩みもない作風は、無銘でありながらも鎌倉時代中期の二王清綱による、極めて健全な典型作です。 付属されている糸巻太刀拵の金梨子地塗りの時代は古く、また、鞘の無駄のない重ねや形状は、江戸時代の初期の制作であると見え、金具類も同時代であると鑑せられる物です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代 中期
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
-
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(周防国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
75.4
反り 反り
(cm)
2.6
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 無銘 伝二王」の関係についてご紹介します。

刀 無銘 伝二王の動画

刀 無銘 伝二王

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 無銘 伝二王」は鎌倉時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る