一覧に戻る
  • 重要刀剣
  • 鎌倉時代 後期

ながまき めい びぜんおさふねじゅうしげざね

長巻 銘 備前長船住重真

長巻 銘 備前長船住重真

本長巻は、陸奥国二本松藩(現在の福島県)10万石「丹羽家」(にわけ)に伝来した「備前長船住重真」(びぜんおさふねじゅうしげざね)在の作品で、徳川家に献上され、徳川第15代将軍「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)の愛刀としても有名な1振です。
長巻とは、長い刀身に、それより少し短いを付けた武器のこと。平均的な長さは、刀身が2尺3寸(約70cm)ならば柄は2尺(約60cm)になります。
織田信長」や「上杉謙信」も有利さに目を付け、部下に持たせて戦場で活用しました。
本長巻の制作者である「次郎兵衛重真」(じろうべいしげざね)は、備前(現在の岡山県)の刀工「大蔵允元重」(おおくらのじょうもとしげ)の弟で、1326年(嘉暦元年)~1360年(延文五年)頃にかけて作られた作品があります。
本長巻は、身幅(みはば)広く、反りが浅い、静形の薙刀の姿で、板目肌杢目肌(もくめはだ)交じり、備前特有の鍛えで、映りが鮮やかです。「静形の薙刀」とは、「源義経」の側室「静御前」(しずかごぜん)が使った薙刀と同じ型とされる薙刀を指します。刃文は、中直刃(ちゅうすぐは)に深く小(こにえ)つき。帽子(ぼうし:鋒/切先の刃文)は直ぐに掃きかけて焼き詰めています。鎌倉・南北朝時代の姿でそのまま現存する貴重な作品です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代 後期
刀剣種別 刀剣種別
長巻
刀工 刀工
重真
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
徳川慶喜 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
63.7
反り 反り
(cm)
1.2
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「長巻 銘 備前長船住重真」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「長巻 銘 備前長船住重真」は鎌倉時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る