• 重要刀剣
  • 鎌倉時代

かたな むめい でんのりくに

刀 無銘 伝則国

刀 無銘 伝則国

「則国(のりくに)」は、粟田口6兄弟の長男「国友(くにとも)」の子。「藤馬允(とうまのじょう)」と称し、「景国(かげくに)」や「国綱(くにつな)」と共に、「後鳥羽上皇(ごとばじょうこう)」の「隠岐御番鍛冶(おき・ごばんかじ)」のひとりに選ばれたと伝わる名工。同工の在銘作については、太刀と短刀の両方に見られますが、その数はほんのわずかであることから、本刀は貴重な1振です。
本刀は大磨上(おおすりあげ)であるため銘はありませんが、先伏しごころのある細身、小鋒/小切先という鎌倉時代前期の太刀姿を示しており、地鉄(じがね)も小板目が非常に詰み(つみ)、地沸(じにえ)が微塵に付いて潤いがあります。

この他にも、刃文は中直刃(ちゅうすぐは)を焼いて輝く刃沸がよく付き、帽子は小丸に返り、沸は地の方に向けて喰下がりが見られるなど、粟田口物の特色をよく示していることなどから、則国作と見極めることが可能です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
則国
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
山城伝
(山城国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
68.95
反り 反り
(cm)
1.5
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 無銘 伝則国」の関係についてご紹介します。

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「刀 無銘 伝則国」は鎌倉時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード