一覧に戻る
  • 重要刀剣
  • 鎌倉時代

たち めい もりいえ

太刀 銘 守家(重要刀剣)

太刀 銘 守家(重要刀剣)

初代「守家」は当初、備前国長船村(びぜんのくに・おさふねむら:現在の岡山県瀬戸内市)と小川をひとつ隔てた隣接地である「畠田村(はたけだむら)」に住していたことから、「畠田守家」とも呼ばれた名匠であり、彼を祖とする一門は畠田派と称されています。
のちに長船村に移住したため、その銘には「長船住」と切られた刀はありますが、「畠田住」の銘がある日本刀(刀剣)はまったくありません。
「畠田守家」の名は、「田畠(田畑)と家を守る」という意味に通じることから縁起が良いとされ、守家の作刀は、贈答品として特に大名家などで重宝されてきたのです。
初代・守家の出自については諸説ありますが、一説には「福岡一文字(ふくおかいちもんじ)」派の刀工「守近(もりちか)」の孫であったと伝えられ、長船派における実質上の祖「光忠(みつただ)」とは、互いに交流を深めていました。
本太刀は、貴族好みの上品な優しい姿で、丁子乱(ちょうじみだれ)に互の目(ぐのめ)を交え、小足・葉(よう)がしきりに入り、匂(におい)深く小沸(にえ)が付き、冴える働きを示す名刀です。また、同工の作刀には、普段は映りが目立たない刀が多いですが、本太刀は地鉄(じがね)がよく詰んで冴え、鮮やかに乱映りが表れています。
守家のもっとも古い年紀作は「文永九年(1272年)」の日本刀(刀剣)であり、同名が数代続いたと推測されていますが、その区別は明確になっていません。
なお本太刀は、1959年(昭和34年)に「愛媛県指定有形文化財」に指定を受けている優品です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
守家
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
68.2
反り 反り
(cm)
1.8
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「太刀 銘 守家(重要刀剣)」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「太刀 銘 守家(重要刀剣)」は鎌倉時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る