南北朝時代 検索結果

鑑定区分順[ 1〜5振/16振 ]

短刀 銘 備州長船住長義 正平十五年五月日

「名物」と評される本短刀は、別名「大坂長義」とも呼ばれ、長義を代表する1振りです。「大坂長義」の名前の由来については諸説ありますが、「豊臣秀吉」(とよとみ...

鑑定区分 重要文化財 時代 南北朝時代
制作国 備前伝 刀工 長義
鑑定区分 重要文化財
時代 南北朝時代
制作国 備前伝
刀工 長義
詳細を見る

太刀 銘 備州長船住成家 貞治二二(四)年十二月日

長船成家は景秀の流れを汲む物と伝えられていますが、明らかではありません。同銘を名乗る刀工が室町時代にわたり複数存在しますが、この太刀はその初代の作に該当す...

鑑定区分 重要文化財 時代 南北朝時代
制作国 備前伝 刀工 成家
鑑定区分 重要文化財
時代 南北朝時代
制作国 備前伝
刀工 成家
詳細を見る

刀 無銘 貞宗(重要文化財)

鎌倉時代末期から南北朝時代初期にわたって活躍した名工・貞宗、通称彦四郎は、正宗の直系であり、正宗の養子となって、佐兵衛尉に任じられました。 師である正宗...

鑑定区分 重要文化財 時代 南北朝時代
制作国 相州伝 刀工 貞宗
鑑定区分 重要文化財
時代 南北朝時代
制作国 相州伝
刀工 貞宗
詳細を見る

太刀 銘 直綱作

本太刀は、大和国小泉藩(現在の奈良県大和郡山市小泉町)一万一千石、片桐家に伝来した名刀です。二代小泉藩主片桐貞昌(石州)は、賤ヶ岳七本槍のひとりとして有名...

鑑定区分 重要美術品 時代 南北朝時代
制作国 相州伝 刀工 石州直綱
鑑定区分 重要美術品
時代 南北朝時代
制作国 相州伝
刀工 石州直綱
詳細を見る

刀 無銘 伝志津(重要美術品)

美濃は元来、大和伝系に属していましたが、相州正宗の十哲のひとり「志津三郎兼氏」が美濃に移住したことで相州伝法が入りました。そして、南北朝期の戦の旺盛な刀剣...

鑑定区分 重要美術品 時代 南北朝時代
制作国 美濃伝 刀工 志津三郎兼氏
鑑定区分 重要美術品
時代 南北朝時代
制作国 美濃伝
刀工 志津三郎兼氏
詳細を見る

①「刀の種類から検索」、②「鑑定区分から検索」、③「制作時代から検索」、④「古刀五箇伝から検索」の中から、目的の情報にたどり着きやすい方法で日本刀を検索できる「日本刀(刀剣)一覧検索」。このページは、「南北朝時代」の検索結果です。
バーチャル刀剣博物館の掲載内容は、日本刀・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
ページトップへ戻る