• 重要刀剣
  • 南北朝時代

けん(つるぎ) めい じょうわしじゅういちがつひよしひろ

剣 銘 貞和二二十一月日〇弘(義弘)

剣 銘 貞和二二十一月日〇弘(義弘)

「剣 銘 貞和二二十一月日〇弘(義弘)」は、南北朝時代の貞和年間から観応年間(1345~1352年)に、大和国(やまとのくに:現在の奈良県)で鍛刀をした「千手院義弘」の作と伝わる1振。

千手院義弘は「天下三作」(てんがさんさく)に数えられる「郷義弘」(ごうのよしひろ)の作風と共通点が多いため、同一人物である可能性も指摘されています。しかし郷義弘には在作がないため、真偽のほどは明らかになっていません。

本剣は両鎬造り(しのぎづくり)で鎬は高く、小振り。柾目(まさめ)が流れ地沸(じにえ)のついた鍛え(きたえ)です。刃文(はもん)は直刃(すぐは)で(にえ)がつき、ほつれ互の目(ぐのめ)交じり、砂流し(すながし)・金筋(きんすじ)がかかり、大きく焼落しています。帽子(ぼうし)は小丸(こまる)、掃きかけ(はきかけ)です。(なかご)は生ぶで、裏には「貞和二二十一月日」の年紀があり、その下は1字不明で「弘」の字があります。

大和伝(やまとでん)の特徴がよく表された1振で、作風や銘から千手院派の作と考えらます。南北朝時代の大和伝で在銘の剣は少なく、さらに貞和4年(1346年:銘には「二二」とありますが、これで4を表します。古文書でも同様の表現をすることがあります)の年紀から義弘の活動期間を明らかにすることができるため、史料的価値も高いです。昭和38年3月10日、重要刀剣に指定されました。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「剣 銘 貞和二二十一月日〇弘(義弘)」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
南北朝時代
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
刀工 刀工
千手院義弘
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(大和国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
24.3
反り 反り
(cm)
0

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「剣 銘 貞和二二十一月日〇弘(義弘)」は南北朝時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード