一覧に戻る
  • 特別保存刀剣
  • 南北朝時代

やまとこけん むめい

大和古剣 無銘

大和古剣 無銘

は、茎(なかご)の先をわずかに摘んだ程度で、ほぼ制作当時のまま残る生ぶ茎(うぶなかご)の大和古剣(やまとこけん)です。刀身の鍛えは、沈みがちで良く詰んだ板目に、所々柾目(まさめ)が交じり、地沸(じにえ)が付いています。刃文は、細めの直刃湾れ調(すぐはのたれちょう)で小付き。帽子(ぼうし:鋒/切先の刃文)の先は、掃掛(はきかけ)焼詰(やきつめ:刃先まで焼刃が延びて返りがない状態)です。
現代になって制作された外装の三鈷柄剣(さんこつかけんこしらえ)に入っています。
剣の作例は、平安時代より見られますが、実戦用ではなく、御神体や仏像の持ち物、仏教的な魔除けとしての意味合いが強く、政(まつりごと)のための特注品でもあったため、主に僧侶が所持するために作刀されました。
の剣で南北朝時代以前の作品は、作られた地域にかかわらず「大和古剣」と総称します。それは、他国の鍛冶であっても、剣の場合は総じて大和風の出来になるためです。室町時代以降の作品は、「古剣」とのみ表記されます。本剣は、大和国で制作された剣と考えられます。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別保存刀剣
時代 時代
南北朝時代
刀剣種別 刀剣種別
刀工 刀工
不明
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(大和国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
23.3
反り 反り
(cm)
0
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「大和古剣 無銘」の関係についてご紹介します。

大和古剣 無銘の動画

大和古剣 無銘

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「大和古剣 無銘」は南北朝時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る