一覧に戻る
  • 重要刀剣
  • 南北朝時代 中期

かたな むめい でんよしかげ

刀 無銘 伝義景

刀 無銘 伝義景

「義景」は、古くは長船派(おさふねは)の名工「長義」(ちょうぎ)あるいは初代「兼光」(かねみつ)の門人であったとされてきましたが、近年では同派の「近景」(ちかかげ)の門人であったとの見解もあり、その出自については定かにはなっていません。
本刀は大磨上無銘ですが、身幅が広く反りは頃合いで、中鋒/中切先が伸びて棒樋(ぼうひ)は樋先がやや下がるなど南北朝時代の造込みが見られ、同時代の義景の特色をよく示した傑出の1振であると鑑みることができます。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
南北朝時代 中期
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
義景
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
70.6
反り 反り
(cm)
1.8
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 無銘 伝義景」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 無銘 伝義景」は南北朝時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る