• 重要刀剣
  • 南北朝時代

かたな むめい らいくになが

刀 無銘 来国長

刀 無銘 来国長

「刀 無銘 来国長」(かたな むめい らいくになが)は、南北朝時代に「来国長」(らいくになが)の手によって作刀された打刀です。備前国(現在の岡山県東南部)龍造寺家四天王のひとり「木下昌直」(きのしたまさなお)が所有し、島津軍との戦いである「沖田畷の戦い」(おきたなわてのたたかい)において用いたと伝わっています。

本刀は大磨上無銘(おおすりあげむめい)で、身幅(みはば)が広く中鋒/切先(きっさき)が延び、輪反りが深く付いた豪壮な姿。鍛えは小板目肌(こいためはだ)がみ、地沸(じにえ)が微塵に付いて美しく、中直刃調(なかすぐはちょう)の刃文(はもん)に小丁子(こちょうじ)や小互の目(こぐのめ)を交え、(あし)・(よう)がしきりに入った美しく繊細な作風をしています。山城国(現在の京都府)で活躍した名匠「来国光」(らいくにみつ)に通ずるところがありますが、(にえ)の強さと刃中の働きが盛んな様子が来国長の作刀と鑑せられる、同工の作中で出色の出来栄えを誇る1振です。

作者の来国長は山城国で活躍した来一派の刀工「来国俊」(らいくにとし)の門人で、摂津国(現在の大阪府北中部・兵庫県南東部)中島に居住したことから、「中島来」とも呼ばれています。「可然物」(しかるべきもの:備前国・備中国[現在の岡山県西部]に住した業物60名の刀工)に数えられ、名前の縁起が良いことから贈答にも用いられました。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「刀 無銘 来国長」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
南北朝時代
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
来国長
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
山城伝
(山城国/京都府)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
63.8
反り 反り
(cm)
2

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「刀 無銘 来国長」は南北朝時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード