一覧に戻る
  • 重要刀剣
  • 南北朝時代

たち めい らいくにつぐ(でんらいくにつぐ)

太刀 銘 来国次(伝来国次)

太刀 銘 来国次(伝来国次)

「来国次」は、山城国(現在の京都府南部)で栄えた「来一門」の4代目当主として、南北朝時代に活躍した刀工です。「来国俊」(らいくにとし)の弟子、あるいは「来国光」(らいくにみつ)の従兄弟とも伝えられています。

国次は古来、相州伝の実質的な創始者である名工「正宗」(まさむね)の10人の高弟と称された「正宗十哲」(まさむねじってつ)のひとりに数えられ、「鎌倉来」と呼ばれていました。これは、国次の作風が、それまでの来一門のものとは異なり、乱れ主張で沸の強い相州伝を多分に強調した出来口を示していることによります。

本太刀においても、身幅が広く腰反りは深く付いて大鋒(きっさき)となる南北朝時代の典型的な姿に、刃文は浅い湾れ(のたれ)に金筋・砂流しを交えて沸(にえ)が付くなど、相州伝の気質が窺えるのです。
現存する国次の在銘作は、短刀や小脇差がほとんどであり、太刀の在銘作は、重要文化財に指定された2振をはじめ、わずか数振りが知られるのみであることから、本太刀は大変貴重であると言えます。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
南北朝時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
来国次
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
山城伝
(山城国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
71.5
反り 反り
(cm)
2.6
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「太刀 銘 来国次(伝来国次)」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「太刀 銘 来国次(伝来国次)」は南北朝時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る